記事作成代行会社のおすすめ12選!料金相場・サービスを比較

記事作成代行会社のおすすめ12選!料金相場・サービスを比較

Webサイトやブログの運営には、こまめな更新がかかせません。

ですが、肝心の記事制作は非常に面倒なため、ついつい更新が滞りがち。企業によっては、そもそも記事を執筆するリソースが社内にないケースも考えられます。

そんな方におすすめなのが、記事作成代行です。ただ記事を書いてもらうだけでなく、検索サイトの上位に表示させるためのSEO対策や追加するべき記事のネタ提供など、さまざまなコンサルティングを依頼できる制作会社もあります。

今回は、記事の作成代行を依頼する際に知っておきたいサービス内容や料金相場とともに、おすすめの記事作成代行会社を紹介。記事作成代行サービスの利用を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

記事作成にはどのようなサービスがあるのか

記事作成会社は、大きく次の2つのタイプに分類できます。

  • クラウドソーシングタイプ
  • ライティング専門タイプ

それぞれの違いや特徴は、以下の通りです。

クラウドソーシングタイプ

クラウドソーシングタイプは、仕事を依頼したい人や企業と仕事を受けたい人や企業・フリーランスとをマッチングさせるサービスです。

仕事の依頼からライターの選定、完成した記事の内容チェックなども依頼した側が行う必要がありますが、その分、料金は安い傾向にあります。

ライティング専門タイプ

ライティング専門タイプは、直接ライターとやり取りをする必要がありません。

代表窓口から依頼すると、依頼内容にあったライターが選ばれ、コピーチェックなどを行った上で記事を納品してもらえます。

記事作成前のキーワード選定からSEO対策までWeb制作全般を依頼できる会社もありますが、高品質な記事が担保される代わりに料金は高くなる傾向にあります。

おすすめ記事代行サービス12選

ここからは、おすすめの記事作成代行サービスを厳選して12社紹介します。

クラウドソーシングタイプとライティング専門タイプ、それぞれにメリット・デメリットがあります。依頼するに当たっては、自分が重視するポイントがなんなのかによって、どちらにするか決めると良いでしょう。

安く記事を集めたい=クラウドソーシングタイプ
  • ココナラ
  • Lancers(ランサーズ)
  • クラウドワークス
  • Bizseek
  • シュフティ
SEO対策や専門知識が必要な記事がほしい=ライティング専門タイプ
  • Shinobiライティング
  • 記事作成代行ドットコム
  • リファイド
  • サグーワークス
  • サクラサクマーケティング
  • エディトル
  • コンテンツウォーカー

ココナラ

出典:ココナラ

ライティングタイプ クラウドソーシングタイプ
料金体系 初期費用:無料
※単価・価格はテーマ・ライターによって異なる
支払い方法 請求書払、クレジットカード、銀行振込、BitCash、コンビニ決済、キャリア決済(NTTドコモ、ソフトバンク、au)
運営会社 株式会社ココナラ

ココナラは、さまざまな特技を持った人たちが自分の知識や技術を提供するサービスです。

気になるサービスを出品している人を探して、直接依頼します。見積もりをもらってから購入し、作業・納品してもらうという流れです。

今回は、評価の高い出品者を2名ご紹介します。

ココナラでブログ記事作成・代行します。10記事代行!SEO・キーワードを意識したブログ記事を作成! 12,000円〜

まとめてお得!10記事をまとめて執筆します 月間25万PVの知識を活かしたSEO記事をまとめて納品!

個人間取引において心配になる支払いに関してはココナラが間に入るため、トラブルも防げて安心です。

副業としてサービスを提供している方も多く、プロフェッショナルな技術を要した人が安く提供している場合もありますよ。出品者プロフィールをよく読んで、活発に活動している人かどうかも確認しておきましょう。

依頼できる内容やオプション料金についてなど、出品者によって内容が異なります。購入前によく確認してから申し込みましょう。

▶︎ココナラの記事・Webコンテンツ作成出品者の一覧はこちら

また、ビジネス案件に特化した「ココナラビジネス」は、プロジェクトごとの案件管理が可能です。

▶︎ココナラビジネスについてはこちら

Lancers(ランサーズ)

出典:Lancers(ランサーズ)

ライティングタイプ クラウドソーシングタイプ
料金体系 初期費用:無料
1文字0.5円〜5.0円(テーマ・ライターによって異なる)
支払い方法 請求書払、クレジットカード、PayPal、銀行振込
運営会社 ランサーズ株式会社

Lancers(ランサーズ)は、ライターをはじめ、エンジニアやグラフィックデザイナーなど、さまざまな専門スキルを持ったフリーランスが集まる、クラウドソーシングサービスです。

ベンチャー企業から大手企業まで40万社以上の利用実績があります。

記事の執筆は、次の4つの方法で依頼が可能。

  • 提案・見積もりを集める 「プロジェクト方式」
  • 実際の制作物を集める 「制作物コンペ方式」
  • 求人への応募を集める 「求人募集形式」
  • 複数人に単純作業をしてもらう 「タスク方式」

どんな人に依頼すればいいのか迷った場合は、ランサーズに選んでもらうこともできます。まずは、無料登録をして相談してみましょう。

▶︎ランサーズの無料会員登録はこちら

クラウドワークス

出典:クラウドワークス

ライティングタイプ クラウドソーシングタイプ
料金体系 初期費用:無料
1文字0.5円〜(テーマ・ライターによって異なる)
支払い方法 請求書払、クレジットカード、PayPal、銀行振込
運営会社 株式会社クラウドワークス

クラウドワークスは、大手企業から政府関連まで72万社の利用実績があるクラウドソーシングサービスです。

豊富なスキルをもったフリーランスが集まっており、次の4つの方法のどれかで依頼したい仕事を公開すると、ライターが応募してきます。

  • プロジェクト形式(固定報酬制)
  • プロジェクト形式(時間単価)
  • コンペ形式
  • タスク形式

仕事の依頼を掲載する際には、より募集内容が目立つようにできるオプションや、急募マークをつけるオプションなども用意されています。

また、電話でサポートしてくれる「CWコンシェルジュ」も利用可能です。無料登録のうえ、確認してみてください。

▶︎クラウドワークスの無料会員登録はこちら

Bizseek(ビズシーク)

出典:Bizseek(ビズシーク)

ライティングタイプ クラウドソーシングタイプ
料金体系 初期費用:無料
1文字0.5円〜(テーマ・ライターによって異なる)
支払い方法 クレジットカード、銀行振込
運営会社 株式会社ビズシーク

Bizseek(ビズシーク)への仕事依頼方法は、次の3つです。

  • コンペ形式
  • プロジェクト形式
  • 直接依頼

自分で掲載依頼した仕事内容に対してライターが応募・提案をするスタイルで、気に入ったら採用となります。

また、気になるスキルを持った人をスカウトして仕事を依頼する「直接依頼」も可能です。

どのようなライターが在籍しているのかは、ビズシークの公式HPを確認してください。

▶︎ビズシークの無料会員登録はこちら

シュフティ

出典:シュフティ

ライティングタイプ クラウドソーシングタイプ
料金体系 初期費用:無料
1文字0.4円〜1円(テーマによって異なる)
支払い方法 クレジットカード、後払い(手数料5%上乗せ)
運営会社 株式会社うるる

シュフティは、その名の通り「主婦の在宅ワーカー」が多数在籍するクラウドソーシングサービスです。

ライティングだけでなく、データ入力やアンケートの依頼、商品の検品などの軽作業も依頼可能。体験談やリライトなどの簡単なライティングは1文字0.4円と、相場よりも安く依頼できるのが特徴です。

記事の作成を依頼する方法は次の2通りです。

  • タスク形式
  • プロジェクト形式

気に入ったワーカーが見つかった場合は、継続して発注できる機能もあります。

▶︎シュフティの無料会員登録はこちら

Shinobiライティング

出典:Shinobiライティング

ライティングタイプ ライティング専門タイプ
料金体系 初期費用:無料
1文字1円
※発注金額が5,000円(税抜)未満の場合手数料176円(税込)が必要
支払い方法 クレジットカード、Pay-easy
運営会社 CROCO株式会社

Shinobiライティングは、登録しているライター数が31万人と多く、さまざまなジャンルに対応している記事代行サービスす。

直接ライターとやり取りする必要はなく、申し込み内容に対して社内でライターを選抜し、記事のコピペチェックまでしてから納品してくれます。そのため、文字単価は高めです。

ですが、100記事が最短3日で納品可能と、依頼する記事数が多い場合でも対応できる強みがあります。

依頼から納品までの流れは、次の通り。

  1. Shinobiライティングに発注する
  2. 申込内容の審査
  3. 支払い
  4. Shinobiライティング内で記事募集開始
  5. 納品

▶︎Shinobiライティングの公式HPはこちら

記事作成代行ドットコム

出典:記事作成代行ドットコム

ライティングタイプ ライティング専門タイプ
料金体系
  • こだわりコース:1文字3円〜
  • おまかせコース:1文字1円
支払い方法 銀行振込
運営会社 アドバンサー株式会社

記事作成ドットコムは、創業2011年で記事作成に関しては老舗の会社です。

料金体系は2つありますが、一般的な記事作成は「こだわりコース」となり、1文字3円〜となります。2,000文字の原稿を依頼する場合なら、6,000円になる計算です。

ゼロからWebサイトを立ち上げるサポートも受けられますので、まずは問い合わせをしてみてください。

▶︎記事作成代行ドットコムの公式HPはこちら

リファイド

出典:リファイド

ライティングタイプ ライティング専門タイプ
料金体系
  • ニュース型記事コンテンツプラン
  • コラム型記事コンテンツプラン
  • ハイブリッドコンテンツマーケティングプラン
支払い方法 記載なし
運営会社 株式会社リファイド

オウンドメディアの制作・運営や記事作成代行を行うリファイドには3つのプランが用意されています。

  • ニュース型記事コンテンツプラン
  • コラム型記事コンテンツプラン
  • ハイブリッドコンテンツマーケティングプラン

長期間のサポートが得られるほか、自社開発のCMS(コンテンツマネジメントシステム)を使って自動的にWebサイトに記事を投稿してもらえます。

サイトの新規立ち上げから運営まで任せられるうえ、記事の修正回数が無制限という点も大きな特徴です。

価格についてはクライアントごとに変わるため、まずは相談してみましょう。

▶︎リファイドの公式HPはこちら

サグーワークス

出典:サグーワークス

ライティングタイプ ライティング専門タイプ
料金体系 1文字0.75円〜
支払い方法
  • オンライン発注プラン(前払い):銀行振込、クレジットカード、コンビニ
  • オーダーメイドプラン(後払い):銀行振込
運営会社 株式会社ウィルゲート

サグーワークスには、専任コンサルタントが提案から納品まで一貫して対応してくれる「オーダーメイドプラン」と、1記事単位・Web完結で依頼できる「オンライン発注プラン」があります。

料金は、オンライン発注プランの場合で1記事0.75円〜。オーダーメイドプランの場合は1記事1.2円〜となります。依頼するライターのランクによって最低単価が異なる形式です。

ライターのランクを指定して記事を募集するだけで、サグーワークスのディレクターが進行管理や納品まで実行。どの程度のランクを選ぶべきか分からない場合は、一度相談してみると良いでしょう。

▶︎サグーワークスの公式HPはこちら

サクラサクマーケティング

出典:サクラサクマーケティング

ライティングタイプ ライティング専門タイプ
料金体系
  • SEOコンサルティング 月額30万円(税抜)〜
  • 記事作成 1記事6万円(税抜)〜
支払い方法 記載なし
運営会社 サクラサクマーケティング株式会社

サクラサクマーケティングは、コンサルティングから記事作成代行まで、Webサイト運営に関するさまざまな依頼を受け付けています。

予算に合わせた提案が可能なほか、決裁権者向けの資料作成なども対応してくれますので、まずは相談してみましょう。

▶︎サクラサクマーケティングの公式HPはこちら

エディトル

出典:エディトル

ライティングタイプ ライティング専門タイプ
料金体系
  • 初期費用:30万円〜
  • サービス利用料:6万円〜
  • 記事費用:要見積もり
支払い方法 記載なし
運営会社 株式会社ウィルゲート

エディトルは、サグーワークスと同じ「株式会社ウィルゲート」が提供するサービスです。

サグーワークスのライターの中から選抜された優秀なライターやエディターで担当チームを作り、Webサイトの編集管理を行ってくれるというもので、Web担当部署を外部に作るイメージに近いです。

初期費用・サービス利用料が必要で、記事単価は要見積もりとなります。詳しくは、エディトル公式HPを確認してください。

▶︎エディトルの公式HPはこちら

コンテンツウォーカー

出典:コンテンツウォーカー

ライティングタイプ ライティング専門タイプ
料金体系 1文字1円〜
支払い方法 記載なし
運営会社 株式会社フルスペック

コンテンツウォーカーには、次の4種類のコースがあります。

  • バックリンクコース:0.9円〜
  • 通常コース:1.0円
  • こだわりコース:1.15円
  • プレミアムコース:2.0円

執筆を担当するライターによって価格に違いがあり、記事の文字数制限(100文字〜2000文字)がありますが、こだわりコース以上は依頼できる文字数が無制限になります。

その他、コースによって記事への細かい指定ができるものとできないものがあります。詳しくは公式HPをチェックしてください。

▶︎コンテンツウォーカーの公式HPはこちら

記事代行サービスの料金相場

1記事を依頼する際にかかる費用は、1文字ごとの文字単価と書かれた文字数で決まる場合が多く、目安は1文字1円~と考えておくといいでしょう。

クオリティーの高い記事は1文字10円程度の費用がかかることもあり、逆に1円よりも文字単価が安い場合は、記事の質が低い、文字数が少ない記事限定されているといった制限がある可能性があります。

また、記事代行サービスを利用すると、執筆にかかる費用以外に、コンサルティング費用やシステム利用料などが必要になる場合もあります。

価格だけでなく、どのようなサービスが受けられるのかも併せて確認するようにしてください。

記事作成代行サービスを選ぶ5つのポイント

記事代行サービスを選ぶ際に注意するべきポイントは、以下の5つです。

  • 料金設定は適切か
  • サービス内容は適切か
  • SEO対策も任せられるかどうか
  • 得意分野・専門分野が合っているか
  • 誰が書いているのか・再委託していないか

料金設定は適切か

まずは、依頼にかかる費用を確認しましょう。記事代行会社によっては、1文字ごとの計算ではなく1記事ごとに単価が決まる場合もあります。

また、クラウドソーシングタイプの場合は、10記事単位で価格が決まっている場合などもあります。

現状の運用体制によっては、SEO対策費用やコンサルティング費用を追加した方が良いかもしれません。

記事代行以外にも不安な点がある場合は、どのような利用が適切なのか、見積もりや提案をもらうと良いでしょう。

サービス内容は適切か

先に紹介した通り、記事代行サービスは「クラウドソーシングタイプ」と「ライティング専門タイプ」の2通りに分類できます。

さらに、運用管理面までサポートをしてくれる会社や、記事の品質を保つ取り組みをしてくれる会社など、細かいサービス内容はさまざまでます。

自社のWebサイトに必要なサポートは何なのか、導入事例なども参考にしながら決めることをおすすめします。

SEO対策も任せられるかどうか

どんなに良い記事を書いても、Goggleなどの検索エンジンから評価されないと、ユーザーに見てもらえる可能性は低くなってしまいます。

そのため、SEO対策はきちんとしておく必要があります。もし自分たちで対策ができない場合は、専門スキルを持った人に相談しましょう。

得意分野・専門分野が合っているか

Webサイトに必要な記事が専門的な内容だった場合は、どのようなジャンルが依頼可能なのか、先に確認するようにしておきましょう。

クラウドソーシングタイプはライターごとに発注をするため、得意なジャンルを公開している場合が多く、必要としている記事内容と合っているライターを選んで依頼が可能です。

ライティング専門会社の場合も、ライターを豊富に抱えていますので、「専門家の監修」として執筆してもらえることもあります。

誰が書いているのか・再委託していないか

ライターと直接やり取りをするクラウドソーシングタイプの場合は、その人が書いているのが前提です。

ただ、ライティング専門会社の場合は、自社内に専属ライターがいる場合と、クラウドソーシング会社へ再委託している場合があるようです。

質の良い記事を書いてもらうためには、どんなライターが書いているのかも確認すると良いでしょう。

内製?記事作成代行?それぞれのおすすめケース

記事作成代行サービスは、簡単で便利な反面、コストを押さえるためには内製できるようにしたほうが良い場合もあります。

内製がおすすめな場合

Webサイトの運営管理を内製化するためには、次の課題をクリアする必要があります。

  • SEO対策など専門的な知識を有した社員がいる・雇える
  • 文章作成能力のある社員がいる・雇える

一般的に、専門知識を要する記事を書く場合、外部ライターよりも社員が書いた方が詳しい記事が書けるはずです。

とはいえ、その分野の専門知識があっても文章がかけるとは限りません。両立が課題となります。

毎日の記事更新に時間を費やせるスタッフを確保し、SEOを意識したライティングができるようにスキルアップを図ることが大切です。

記事作成代行がおすすめな場合

記事をかけるスタッフが不足している、いくら記事を書いても成果が上がらないといった場合は、記事作成代行を依頼すると簡単に解決できる可能性があります。

次のような悩みを抱えている場合は、記事作成代行を検討してみましょう。

  • 更新頻度を上げたい
  • 通常業務が忙しくてHP運営まで手が回らない
  • SEO対策を頼みたい
  • 24時間365日サポートを頼みたい
  • 文章作成の知識がある社員がいない
  • HP制作などの知識をもった社員がいない

Webサイト運営に関する専門知識を持った会社に依頼するとコストの負担は増えますが、その分自社の専門業務に集中できるなどのメリットも多くなります。

目的に合わせた記事作成代行に依頼しよう

執筆してくれるライターに直接依頼する「クラウドソーシングタイプ」と、Webサイト運営に関するさまざまなアドバイスも受けられる「ライティング専門タイプ」。

コストを押さえて料金を安くしたい場合には「クラウドソーシングタイプ」がおすすめ。1記事単位で依頼も可能です。

手始めに2,3記事依頼してみて、納得いく出来かどうかを確認してから、本格的な依頼を検討してみるのも一つの方法ですね。

記事作成代行会社にはそれぞれの特徴や強みがありますので、各社のサービスを比較検討したうえで、自社にあったサービスを選んでください。

この記事で紹介した記事作成代行会社一覧

<クラウドソーシングタイプ>

    • ココナラ
    • Lancers(ランサーズ)
    • クラウドワークス
    • Bizseek
    • シュフティ

<ライティング専門タイプ>

  • Shinobiライティング
  • 記事作成代行ドットコム
  • リファイド
  • サグーワークス
  • サクラサクマーケティング
  • エディトル
  • コンテンツウォーカー
ココナラを詳しく見る