今日からできるSwift勉強法を伝授!|独学でも大丈夫。iOSエンジニアまでの道のりをサポートします

iOSアプリの開発に欠かせないSwift。勉強しようか悩むくらいなら、勉強しておいて損はない、と断言できる言語です。本記事では、Swiftの勉強方法から開発手順、さらには将来性の解説もしています。皆様がSwiftをいち早く習得できるようにまとめられた記事です。

Swiftの概要


改めておさらいをすると、SwiftはApple inc.が2014年に発表したプログラミング言語。
Apple社製品の、あらゆるOS上で動作するアプリケーションの開発を目的としています。
オープンソースであるので、誰でも無料で扱うことができます。

AppleはSwiftを、次のように表現しています。

  • モダン
  • 安全性を重視したデザイン
  • 高速でパワフルな言語

特に、モダン=現代的とは、構文が非常に分かりやすく理解がしやすいということを意味するもの。
実際にAppleはSwiftを「パワフルなプログラミング言語でありながら、簡単に習得することができます。」と説明しています。
よって、他のプログラミング言語と比較すると、参入障壁は低いと言えるでしょう。

Swiftの将来性は?

結論、Swiftは非常に高い将来性がある言語です。
Swiftはリリースされて早6年ですが、すでに多くの注目を集めています。
それもそのはず、あらゆるApple製品のアプリケーション開発にSwiftが必須だからです。
Appleが今後も拡大する限り、必然的にSwiftの存在も大きくなると言えます。
実際に教育機関のカリキュラムに導入された事例もあり、スタンフォード大学やカリフォルニア大学などで使用されているとのことです。

Swiftでできること


Swiftで開発するアプリケーションは、主に以下のOSで動かすことが可能です。

  • macOS:iMacやMacBook向け
  • iOS:iPhoneやiPad向け
  • watchOS:Apple Watch向け
  • tvOS:Apple TV向け

過去には同様にAppleが開発したObjective-Cという言語が、アプリケーション開発に用いられていました。
しかしこの言語は、オブジェクト指向というやや難しいと言われる分類であり、誰でも簡単にアプリケーション開発ができる、ということではなかったのです。
それがSwiftの登場により、“誰でも簡単に”が可能になりました。

最初に準備しておきたいもの

もしも将来的にiOS、Mac、Apple TV、Apple Watch向けのアプリケーションを開発するのであれば、MacBookかiMacは必須ツールです。
というのも、上記のアプリケーションをApple Storeでリリースするには、XcodeというAppleが提供するエディタが必須。
さらにこのエディタはMac App Storeでのみダウンロードができるので、MacBookかiMacは問答無用で必要というわけです。

ただしSwiftのみを勉強したいと言う場合は少し事情が変わります。
前述の通りSwiftはオープンソースなので、macOS上以外でも機能します。

LinuxというこちらもオープンソースのOSがあり、 WindowsPCを使用している人はLinuxをインストールすることで、Swiftが扱えるのです。
Linuxのインストールはこれまた専門的で、初心者の方は頓挫してしまうこともしばしば……。
難しそうと感じたら、無理せずアドバイザーに相談しましょう!

こんな人におすすめ
  • Windows PCでSwiftを勉強したい方
  • Linuxの使い方が分からない方

Linux初心者をしっかりサポートします Windowsしか触ったことがなくてもOKです。

Swiftの勉強ステップ


Swiftはモダンな言語と言っても、圧倒的に習得が簡単である、というわけではありません。
しかしSwiftは他のプログラミング言語に比べて、圧倒的に学習環境が整っており、学習コストも抑えることができます。

【STEP1】Apple公式の学習ツールを使う

Apple公式サイトには、Swift Playgroundsなどの学習ツールが用意されており、無料で利用することが可能です。
Swift Playgroundsはゲーム感覚でSwiftのコーディングが学べて、もちろん日本語にも対応しています。
詳細な情報が気になる方は、公式HPを見てみましょう。

【STEP2】独学

Apple公式の学習ツールは、元々小中高等学校向けです。
ある程度学習が進んだ人は、やや物足りないと感じることも。
そんな時は、1冊の学習本を用意しましょう。
それを元に、まずは何かを開発するのがベストです。
プログラミング学習において、書籍は大切な情報源。
見ているだけでは全く技術力は向上しないので、手を動かしてコーディングすることを忘れずに。

【STEP3】誰かに相談しよう

プログラミング学習は独学でも十分にスキル習得ができます。
しかし慣れていない人は挫折をしてしまうことが多いのも現実……。
もし少しでも壁にぶつかってしまった方は、すぐに誰かに相談することをおすすめします。
初学者が壁になりがちな各分野のアドバイザーを厳選しました。
ぜひ参考にしてみてください。

PCの環境構築について

こんな人におすすめ

PCの環境構築が初めての方/慣れていない方

ツールの動作環境を構築します そのツールあなたの環境でも動きます!

Swiftのコーディングについて

こんな人におすすめ

Swiftのコーディングを基礎から教えてもらいたい方

swiftプログラミング教えます iOSアプリ作りをゼロから始める方向け

その他全般

こんな人におすすめ

とにかくSwiftに関して色々質問したい方

プロがiOSアプリ開発の困りごと解決します 【実績&リピート多数あり】一人で悩まず、ぜひお任せください!

開発をしよう!


あらゆるプログラミング言語の習得を、最も後押しするのは自己開発。
Swiftの場合は、例えばiOS(iPhone、iPad向け)アプリを開発することで、確固たるスキルとなります。
開発したアプリは実際にApple Storeにリリースすることも可能、また転職活動の際にポートフォリオとして扱うことも可能です。

開発する意味の大きさは読者の皆様も感じるでしょう。
開発を進めるにあたり、必要な情報を時系列に沿ってお教えします!

①Xcodeをインストール

前述の通り、iOSのアプリ開発にはXcodeというエディタが必要です。
macOSをご利用の方はこちらからインストールが可能。
早速用意をしましょう。

②Swiftをコーディングする

XcodeにSwiftをコーディングしていきます。
Swiftの習得について不安な方は、もう一度前章の『習得の方法』を読みましょう。

また実際にコーディングをしていると、エラーは付き物。
コーディングに関する疑問は、経験者が一番よく分かっています。
無理をせずアドバイザーに相談しましょう!

こんな人におすすめ

Swiftのエラー解決法が分からない方

Swift iOSアプリ開発で相談にのります iOSアプリを作ってみたい方エラーで困っていて相談したい方

③アプリのアイコン設定

いよいよアプリを公開する直前です。
その前に一つ、アプリのアイコンをデザインしないといけません。
アプリのアイコンはアプリの顔、第一印象を与えます。
もちろんデザインのスキルがあれば、自力で作成できるでしょう。

しかし、もしデザインスキルが不十分な時、それを習得するのは学習コストが高くついてしまいます。
ココナラには、安価にアプリのアイコンを作成してくれるアドバイザーが在籍しています。
無理に自分で作ろうとせず、ここはデザインのプロに任せましょう。

こんな人におすすめ

アイコン作成を依頼したい方

ロゴマーク | 信頼感のあるロゴを作ります キャッチーで分かりやすいロゴデザインで企業やサービスに最適!

④Apple Developer Program

Appleには、Developer Programというものがあります。
これはApp Storeにアプリを公開する時に、必ず登録をしなくてはいけないものです。
注意すべきなのは、年間メンバーシップの料金が11,800円発生するということ。
アプリをリリースできる、という段階で登録をしましょう。
公式HPに概要や詳細内容、利用方法などが記されています。
あらかじめリサーチしておくと安心です。

その他疑問点がある時に……

アプリをリリースすることは、誰でも簡単にできます。
しかし初学者がいきなり100%のものを作ることは非常に難しいでしょう。
多くの壁や、失敗は付き物……。
そのせいでせっかくのアプリ開発が頓挫してしまっては元も子もないですよね。
iOSアプリの開発に関して、詳しいアドバイザーをご紹介します。
困った時は相談しましょう!

こんな人におすすめ

iOSアプリの開発〜リリースまで幅広く質問したい方

まとめ


Swiftが扱えると、あらゆるApple向けのアプリケーションを開発することができます。
他の言語に比べると圧倒的に馴染みやすい言語。
すなわちプログラミング初学者でも、挑戦できる領域であるのです。

Swiftについて深い知見が得られれば、エンジニア転職も可能になってきます。
今後の時代においてSwiftが扱えるエンジニア(=iOSエンジニア)は、Appleが拡大する限り半永久的に需要があるでしょう。
エンジニアとして成功したい人、自らのサービスを立ち上げたい人、どんな人にも幅広く関係するのがSwiftというプログラミング言語です。

この記事が皆様の目標に向けての、Swift学習の一助になれば幸いです。

ABOUT US

Ren
ココナラマガジン編集部ライターのRenです! 趣味は一人旅、カメラ、ドライブ、アルペンスキー、ディズニーe.t.c.、 広く深く趣味を楽しんでいます。 最近はプログラミング学習に力を注いでおり、先日“Python3エンジニア認定基礎試験”に合格しました。 皆様の生活をより良くできる様な記事執筆を目指します。 どうぞよろしくお願い致します。
ココナラを詳しく見る