【韓国語編】動画を翻訳するには?正確に、魅力的に、内容を伝えるための方法

このページをご覧になった方は、動画を翻訳することの必要性を感じはじめているのではないでしょうか?「日本語の動画を韓国語に、韓国語の動画を日本語に翻訳したら、もっとたくさんの人に見てもらえるのではないか」と思っても、どうやって動画を翻訳すればいいのかわからないですよね。そこで今回は、動画を翻訳する方法、正確で魅力的に翻訳するために必要なこと、翻訳にかかる費用などについて解説します。

今、さまざまな場面で動画翻訳が必要とされている

YouTubeなどで海外の動画をみているときに、「この動画の内容が分かったらいいのに」、「動画が翻訳されていたらよかったのに」などと思ったことはありませんか?
自分がそう思うように、外国の方も、そのようなもどかしさを感じているのではないでしょうか。

昨今の動画サイトは英字幕機能も充実していますが、やはり母国語のほうが、内容も自然に入ってきやすいでしょう。

たくさんの人にみてもらうために、エンターテイメント的な動画にかぎらず、いろいろなシーンで翻訳が必要とされています。

では、どのようなシーンで、動画の翻訳が行われているのでしょうか。

プロモーション

海外進出やインバウンド需要を考えている企業であれば、その国の言語に翻訳し、自社の商品やサービスをアピールすることもあるでしょう。

会社や事業の紹介、観光PR動画などが考えられます。

会社・事業紹介の動画

会社や事業自体を、広くアピールしたいときに作る会社紹介動画。
基本的な会社紹介からはじまり、社長の挨拶や経営方針、業務内容などを紹介しているものが多いです。

ホームページや、ホームページにある動画が翻訳してあると、企業としての信頼や海外の企業と取引をしたいといった熱量も伝わりやすいでしょう。

また、ホームページサイト自体の翻訳もされていると、自社がどのような企業か、海外の取引先に知ってもらいやすくなります。

観光PR動画

現状は厳しいものの、今後インバウンド需要を見込みたい地域の方にとっては、観光地PR動画の翻訳も必要に。

自分たちの住む地域の魅力をしっかり相手の母国語で伝えることで、親和性も高まります。

社内教育・研修・マニュアル

日本だけでなく、韓国や海外にも支社がある企業の場合、社内教育や研修で使っている動画を、その国の言語に合わせて翻訳する必要があります。

産業機械や電子機器、コンピューター、自動車、環境関連のものなど、専門性の高いものを翻訳するときは、高度な語学力が求められるでしょう。

翻訳の正確さを比較してみよう

翻訳が必要になったとき、もっとも欠かせないのは「翻訳の正確さ」です。

翻訳するにはどのような方法があるのか、また、それぞれの正確さについてみていきましょう。

1.アプリやソフトを使って翻訳する

アプリやソフトを使って翻訳した場合、「言葉が合っているのか」、「表現は正しいのか」、「言葉遣いに失礼はないのか」などの確認ができません。

個人が楽しむ動画で多少間違いがあっても許してもらえるような場合なら、それでも問題ないでしょう。
しかし、会社の資料やプロモーション動画など、企業同士のやり取りでは、そのようにはいきません。

内容が、きちんと正しく伝わらないだけでなく、信用や信頼の問題にまで発展してしまいます。

資料やパンフレットなどの静止画であれば、アプリやソフトで読み取りもしやすく翻訳もしやすいですが、動画や専門性が高いものはアプリやソフトを使って翻訳しても、正確でナチュラルな表現はされにくいでしょう。

2.きちんとプロの翻訳家に翻訳してもらう

正確でナチュラルな表現を考えるなら、翻訳家にきちんと翻訳してもらうのがおすすめです。

しかし、いざ翻訳家を探そうと思っても、身近に翻訳ができる人は、なかなかいないですよね。

しかも、特定の言語に長けている人を探さなければいけないとなると、どのように探せばよいのか、見当もつきません。

そこで、おすすめなのが、ココナラのサービスです。
ココナラでは、日本語を韓国語に、韓国語を日本語に、翻訳できる出品者がたくさん登録されています。

ココナラのおすすめの出品者を紹介する前に、動画翻訳の相場や費用をみてみましょう。

動画を韓国語に翻訳するのにかかる費用は?

翻訳家の中には、大手の翻訳会社に所属して翻訳の仕事をしている人と、フリーランスで翻訳の活動をしている人がいます。

同じ内容の翻訳でも、大手に所属している人とフリーランスでは、値段が変わってくるでしょう。

大手の翻訳会社に依頼する場合

一般的な翻訳であれば、1文字8円~14円くらいが目安です。
日本語→韓国語の翻訳よりも、韓国語→日本語の翻訳の方が、若干費用が高めになります。

また、専門性が必要な翻訳や、翻訳の難易度で値段が変わることも。

翻訳会社では、「ミニマム文字数」や「ミニマム料金」を設定している場合があります。

ミニマム文字数やミニマム料金とは、翻訳する最低の文字数・金額のこと。
翻訳してほしいところが、決まった文字数や決まった金額を上回っていないと、翻訳依頼を受けてもらえません。

フリーランスの方に依頼する場合

翻訳会社への依頼に比べると、フリーランスの方に依頼したほうが、柔軟に対応してくれるでしょう。
翻訳にかかる費用も、安くおさえられる可能性が高いです。

ところで、フリーランスかつ翻訳にかかる費用も安めと聞くと「きちんと翻訳できるのか」、「納期に間に合うのか」といった心配がでてくるかもしれません。

しかし、値段を安く設定しているからダメ、費用が高いから仕上がりがいいというわけでもありません。

翻訳者のスキルや経験、実績が、なによりも重要です。
仕事に対するまじめさや、翻訳という作業に向き合う姿勢によっても、変わってくるでしょう。

きちんとプロフィールや実績を確認して、できることなら、実際にやり取りをして依頼を決めましょう。

ページの後半では、「翻訳家の選び方」についても書いていますので、ぜひ参考にしてください。

ココナラで依頼できる日本語、韓国語に翻訳サービス

では、ココナラに登録している出品者の中から、翻訳のスキルや、経験の豊富な出品者を紹介していきましょう。

翻訳歴20年、ナチュラルな翻訳が魅力

翻訳・添削・解説・検索 なんでもします 韓国語 ⇔ 日本語 ならお任せください。文字数制限無し!!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:’https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://coconala.com/js/coconala_widget.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,’script’,’coconala-wjs’);

動画翻訳専門、韓国語以外にたくさんの言語にも対応できる

多言語対応可!動画を翻訳して字幕作成いたします 各言語のネイティブによる翻訳と字幕挿入経験者による連携で安心!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:’https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://coconala.com/js/coconala_widget.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,’script’,’coconala-wjs’);

観光案内で現役翻訳、さまざまなジャンルの翻訳も可能

韓国観光業界で現役翻訳業務者が日⇔韓の翻訳承ります PC画面のスクリーンショットや写真内の韓国語、住所翻訳もOK!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:’https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://coconala.com/js/coconala_widget.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,’script’,’coconala-wjs’);

韓国語字幕作成の実績あり、簡単な文章からビジネス翻訳まで

日↔韓翻訳!韓国語で悩む皆様へ全力サポートします 違和感のない韓国語、韓国関係の手続きなど気軽に問い合わせを!!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:’https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://coconala.com/js/coconala_widget.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,’script’,’coconala-wjs’);

動画の文字起こしが得意、専門的な翻訳も可能

韓国語翻訳承ります 韓国語⇔日本語翻訳、動画の文字起こし!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:’https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://coconala.com/js/coconala_widget.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,’script’,’coconala-wjs’);

どんな翻訳家を選ぶといいの?

翻訳の仕事は、特別な資格を持っていないとできないという訳ではありません。

ただ、語学力の目安として、持っていたほうがいいスキルや資格があります。
それらをもとに、どのような基準で選んだらよいのか、みていきましょう。

「日本語→韓国語」「韓国語→日本語」に翻訳をする、それぞれのパターン別に紹介します。

日本語→韓国語

日本語を韓国語に翻訳する場合は、スムーズな韓国語が使えるか、適切な韓国語を使って、うまく表現ができるかが必要になります。

韓国語をどのくらい習得しているかがわかる資格として、「韓国語能力試験(TOPIK)」や「ハングル検定」をチェックすると良いでしょう。

韓国語能力試験(TOPIK)は、韓国の教育機関が行っている検定試験で、問題はすべて韓国語で出題されます。

ハングル検定は、日本のNPO法人が行っている検定試験で、問題は日本語で出題されます。

資格としては、全世界で通用する「韓国語能力試験(TOPIK)」を持っている方がいいでしょう。

韓国語能力試験(TOPIK)は、1級~6級までの、6段階あります。
6級がもっとも高い階級になり、翻訳や通訳の仕事をしている人は、TOPIK5級~6級を持っている場合が多いです。

見極めるポイントをチェック!
・韓国語能力試験(TOPIK)の階級を持っている
・ハングル検定の階級を持っている
・韓国への留学経験がある
・韓国の大学院、通訳・翻訳学科を卒業している
・翻訳・通訳の専門校に通っていた など

韓国語→日本語

韓国語を日本語に翻訳する場合も同じように、スムーズな日本語が使えるか、適切な日本語を使って、うまく表現ができるかが必要でしょう。

日本語を使いこなせるかをはかるために、基準としている資格は、「日本語能力試験(JLPT)」「日本語検定」です。

日本語能力試験(JLPT)は、国際交流基金と、日本国際教育支援協会が運営しています。
問題は、すべて日本語で出題されます。

日本語能力試験(JLPT)の階級は、N1~N5までの、5段階あります。
N1が、もっとも難しいレベルになります。

日本や日系の企業で働く場合は、最低でも、N2レベルが必要とされています。

日本語検定は、日本のNPO法人の日本語検定委員会という機関が行っている検定試験です。
正しい日本語を使えるかをはかるための試験で、外国人はもちろん、日本の企業や団体、中高・大学生なども受験しています。

また日本には、国家資格の「全国通訳案内士」という資格があります。
全国通訳案内士は、その名前のとおり、通訳をしながら外国人の旅行を案内できるようにするための資格です。

受験資格に、性別や年齢、学歴、国籍は問いませんが、高度な語学力が求められます。

語学力以外にも、日本全国の歴史や地理、文化、一般常識などが出題されるこの資格。
文章だけでなく教養や知識を入れた上で翻訳して欲しいときには、この資格を持っている方に依頼するのがベターです。

見極めるポイントをチェック!
・日本語能力試験(JLPT)の階級を持っている
・日本語検定の階級を持っている
・国家資格「全国通訳案内士」を持っている
・日本への留学経験がある
・日本の大学、大学院の国際科、外国語大学などを卒業している
・翻訳・通訳の専門校に通っていた など

語学力は、資格ではかれない場合もある

動画を翻訳する上では、活きた日本語や韓国語を使えるかが、もっとも重要です。

とくに、資格を持っていなくても、日本や韓国に長く住んでいるため、問題なく言葉が話せる人もいます。

また、実際に企業で通訳の仕事をしていた、翻訳をしていた人という経験があれば、とくに資格を持っていなくても申し分ないということも考えられます。

企業で働いていたスキルや経験、実績を活かして、フリーランスで活動しているという場合もあるでしょう。

そのため、さきほど紹介した検定試験の階級をどのくらい保有しているかよりも、出品者とコミュニケーションをとって、どれくらいの語学力がある出品者なのか、実際に確かめてみましょう。

翻訳動画を作るためには、動画が編集できる人も必要

動画を翻訳できたけれど、動画に字幕を入れて、動画を編集できる人がいないという悩みはありませんか。

できれば動画を翻訳して、サイトにアップできるような動画を作ってほしいという場合もありますよね。

そんなときは、「翻訳者とは別に、動画編集できる人」を探すか、もしくは「動画を翻訳して、動画も作成できる出品者」を探さないといけません。

ココナラでは、動画に字幕を入れて、動画編集までできる出品者も登録しています。

ダイレクトメッセージで、出品者と簡単にやり取りができるので、不明な点や質問があれば、出品者に気軽に相談してみてください。

動画広告 制作

ココナラなら、やり取りもスムーズにできる

ココナラでは、全ての出品者のプロフィールが公開されています。

出品者にどのようなスキルや経験があるのか、評価・口コミなどをみることができるため、正しくナチュラルな言葉を使って、翻訳してくれる人なのかを確かめやすいでしょう。

また、テキストでやり取りしたり、ビデオチャットで話したりして、実際に相手のスキルや経験、語学力について聞いてみるのもおすすめです。

ココナラには、韓国語に限らず、英語や中国語、スペイン語、ドイツ語、イタリア語など、さまざまな言語を翻訳している出品者がいます。

今回は韓国語の動画を翻訳する方法について紹介しましたが、ほかの言語の翻訳が必要な場合でも、ぜひ利用してみてください。

ココナラを詳しく見る