絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

8 件中 1 - 8 件表示
カバー画像

【完全ガイド】広告映像を依頼する時に必要な情報

映像広告は、ビジネスの世界において最も魅力的かつ強力なコミュニケーション手段の一つです。この記事では、映像広告を作成する際に必要なステップを詳しく解説し、プロの映像制作者の視点から、効果的な広告制作の秘訣をお伝えします。映像広告がどのようにして視聴者の心を掴み、メッセージを伝えるのか、その過程を紐解きながら、映像制作の基礎から応用までを網羅的にご紹介します。SEOを意識して、読者が映像広告制作に関する情報を探す際に役立つような内容を心がけています映像広告制作の完全ガイド1. 広告の目的の特定映像広告制作の最初のステップは、その目的を明確にすることです。広告の目的は多岐に渡りますが、一般的には新商品の紹介、ブランドの認知度向上、特定のイベントやキャンペーンへの誘引などが挙げられます。この目的は、制作する映像の内容やスタイルを決定する際の基準となります。例えば、若者をターゲットにした製品の場合は、ダイナミックで斬新なスタイルが適しているかもしれません。2. ターゲットの分析映像広告を見てほしい人々、ターゲットを特定します。年齢、性別、興味や趣味など、様々な要因を考慮に入れることが重要です。ターゲットオーディエンスの理解は、メッセージをどのように伝えるかを決める上で非常に重要な要素になります。3. メインメッセージの明確化映像広告で伝えたい中心的なメッセージを明確にします。このメッセージは、視聴者に影響を与え、行動を促すものである必要があります。例えば、環境に優しい製品を宣伝する場合、そのエコフレンドリーな特徴を強調することが効果的です。4. 字コンテと絵コンテの準備映像広告の骨組み
0
カバー画像

カジュアル版復縁相談、はじめました【佐藤への相談の選び方】

夏だから、まるで冷やし中華のようにはじめてみました。そしてますます商品が複雑になってしまったので、本日は私の恋愛相談、復縁相談の選び方について書いて行こうと思います。私はご相談者様によって、怖い、厳しいと言われたり、思ったより怖くない、話してて楽しかった、と逆の事を言われることが多々あるのですが、これはどの商品をご相談者様がどの様なスタンスで依頼するかで異なるからなのです。実はどの商品から予約の依頼を受けても、最初にコースを選ぶ案内をトークルームで送って確認しているのでその内容を読んでから決めるのでも構いません。なので、もしどうしても良く分からなかったらとりあえず何かの商品から予約依頼をしてみてください。では、上から順番に厳しくない順で紹介していこうと思います。①プロの資格有:カジュアル版復縁のアドバイスします今回新設した商品です。これは普通の復縁相談です。(復縁カテゴリに入れてますが、復縁以外の恋愛相談も受け付け可能です)予約必須の商品で、最低1時間の相談から可能です(結果論としてなので予約段階では予約のルールに従っていただく必要があります)。最もカジュアルに相談を開始出来る商品なので気軽に依頼できる分、ご相談者様の話す内容によっては傾聴に専念するため、必ず具体的なアドバイスをするとは限りません。どの様に進めたいかは事前にアンケートで確認します。お好きなように好きな事を話してくれればそれに対して必要な事をお伝えします。※この商品の出品に伴って既存商品をいくつか削除しました精度を気にしてこちらの商品への依頼をためらう人がいるようなのですが、この商品の「評価・実績」を読んで頂けれ
0
カバー画像

ロゴデザイナーに素敵なロゴを作ってもらう依頼方法の秘訣

ロゴマークは、ブランドのアイデンティティを表すとても大切なものです。初めてロゴマークをデザイナーさんに依頼をされる際どうすれば良いか分からないと思います。こんにちは、マスターサンキュウデザインオフィスです。今回は、ロゴデザイナーさんに素敵なロゴを作ってもらうためのいくつかの秘訣をご紹介いたします。まず、ロゴデザイナーさんを選ぶ際には、実績や経験、制作スタイルなどを確認することが大切です。皆様の希望するイメージやコンセプトに合ったデザインを制作できるデザイナーさんを選ぶことが、理想のロゴ制作につながります。次に、依頼内容を明確に伝えることが必要です。ロゴの用途やブランドのコンセプト、ターゲット層などを詳しく説明し、デザイナーさんがイメージしやすいように具体的に伝えましょう。また、デザインのイメージや要望がある場合は、具体的なイメージや資料を用意してデザイナーさんに伝えると、イメージを共有しやすくなります。さらに自社の特徴や目的、理念、ターゲット層、希望するイメージや雰囲気などを伝えることでよりイメージに近いロゴマークを提案してもらえます。ただし、あまり細かい指示を出しすぎると、デザイナーさんのアイデアを制限することになるため、バランスを考えて伝えることが重要です。デザイナーさんに適度な自由度を与えることはとても大切です。最後に、ロゴ制作の流れや期間、報酬などを明確にすることが大切です。報酬の交渉やロゴの著作権の有無、ロゴ制作の進捗状況の確認など、コミュニケーションを密にしておくことが大切です。ロゴデザイナーさんに素敵なロゴを作ってもらうための秘訣でした。皆様のブランドや商品をより
0
カバー画像

ご依頼から納品までの流れ①

こんにちは。↑↑↑先日のご依頼で実績公開許可をもらいましたので、イラストを載せました。食べたい〜🤤依頼ってするほうも受けるほうも初めてはドキドキですよね💦少しでも見ている方のお役に立てたらと思い、今回はご依頼から購入、納品までの流れを詳しくご紹介します!はじめに、ご依頼の仕方はいくつかあります。1.メッセージなどで依頼内容をご相談いただき、出品サービスを購入いただく方法(「背景描きます!」などのサービス)2.見積もり依頼からメッセージをいただき、ある程度内容をお聞きして、こちらの見積もり提案をご購入いただく方法どちらでも大丈夫です!今回はお見積もり依頼がありました。◇お客様:お客様からのお見積もりご依頼メッセージ(枚数による価格についての問い合わせがありました)↓◆私:メニューの数、画像サイズなどをご質問↓◇お客様:ご注文数と画像サイズをご回答↓◆私:条件によってのお値段ご提示(今回はA5サイズ2枚をA4サイズ1枚に収めることでお安くできました)↓◇お客様:納期のご相談どんな食べ物メニューなのかご提示(今回は依頼が重なっていなかったため、お急ぎ無料でお受けしました。)↓◆私:お見積もり提案↓◇お客様:お見積もり提案をご購入ここまでがご購入までの流れです。購入していただいた後に実際の作業に取り掛かることになります。長くなりましたので次回、購入後から納品までの流れを載せたいと思います!
0
カバー画像

ラフと下書きの違いとは?漫画作成のスタートからゴールまで

漫画作成の流れについて、やり方は作成者・発注者によりかなり違うかと思うのですが、私の場合の流れを紹介したいと思います。今回は「不動産チラシ・デザイン処理まで」の場合です。まずは「ラフ」私はこの状態を「ラフ」と呼んでいます。人によっては「ネーム」とも言いますが、一般用語ではない気がしているので個人的にラフと呼ぶことにしています。この時点で行うのは構図やセリフなどの確認など。情報の過不足がないか?もっと目立たせたい部分などはないか?といった部分もこの時点で調整します。ちなみに発注者様側よりラフをいただくこともあり、この状態の作成を省略して次の「下書き」へ進む場合もあります。次に「下書き」です。ここでは詳細な髪型や服装、表情などを確認していただきます。登場人物の年齢や服装なども調整していきます。この後に簡単に色をつけたり、文字をタイプしたものを確認していただき、問題がなければ清書へ進みます。私の場合はこの時点までは修正回数に特に制限はありません。そして完成このサンプルはチラシを想定しているので、文字などデザインを行ない、問題がなければ納品となります。ラフ〜下書き〜完成までを並べてみましたが、制作フローを体験いただけましたでしょうか?繰り返しになりますが、作成者側はもちろん、発注者側によってもやり方が変わることもありますので、ひとつの例として参考にしてくださいね。
0
カバー画像

今さら聞けない動画制作シリーズ①「動画は3つに分けられる」

最近、どこもかしこも動画です!しかし、「動画制作」となるとよくわからない人も多いのではないでしょうか?今後、5Gが完全整備され、今よりも動画が急増していきます。そんな中、動画制作という単語も頻繁に出てきます。しかし、こちらに回答できる人は少ないのではないでしょうか?・そもそも動画ってどんな種類があるの?・予算の相場っていくらぐらい? ・完成データはどんな風に納品される?・リモートワークで作れる?などなど…そんな質問を「今さら聞けない動画制作シリーズ」①として解説していきたいと思います。制作会社に依頼する前に読んでいただきたいブログはこちら企画書の制作について解説しているnoteはこちら今回は「動画は3つに分けられる」と題して動画の種類について解説していきます。初歩的な事ですが、これをおさえておくと頭の整理がしやすくなります。動画の種類は大きく3つ①実写動画②CG・アニメーション③VR・ARひとつずつ解説していきます。①実写動画(3〜100万)【概要】一般的な動画といえばこの実写動画になります。例:テレビ、YouTube、映画、Netflix等撮影した動画データや、写真などを使用して動画編集を行った物です。【サンプル】これは皆さんも馴染みがあるのですぐにわかると思います。一般的な動画とは、この撮影を含む実写動画です。最近では自社の商品や、サービスなどをPRする動画や、企業紹介など自社のオリジナル動画をYouTubeにアップしている企業が急増中です。このブログを読まれている理由も動画の急増が関係しているのではないでしょうか?実写動画を一般企業が依頼する場合、大きく2パターンです。動
0
カバー画像

「原稿を依頼したい!」と思った時に読むブログ

はじめまして、ライターとして活動しています河合です。最近「ココナラ」さんのようにフリーで活動する人にとって大助かりなサービスができたことで、依頼する側にとっても、自分にはできないことを知人以外の知らない人にも安価で、気軽に頼みやすくなったのではと感じています。そんな時代背景のなかで1年以上前から「ココナラ」で出品している私がしばしば感じること、それは「依頼はしやすくなったけれども、”どう”依頼したらいいかわからない」という方が多いこと。例えば下記のようなことが思い当たる方、多いのではないでしょうか…?・自分の書いてほしい原稿って、何円くらい出せば受けてもらえるんだろう?・こういう原稿を書いてほしい、ってどう伝えればいいんだろう?・ライターさんにとって何を伝えると受けてもらいやすいんだろう?・ライターさんって何でも書けるのかな、、、結果として、その方がお願いしたい原稿量からすると良くも悪くも不釣り合いな金額を購入されていたり、いやいやその納期では到底間に合わないから事前に相談してほしかった…なんて場面に出くわしたり。でも、冷静になって考えれば当然。出版社や新聞社じゃない人にそこまでわきまえてくれっていうのも無理な話です(笑)前置きが長くなりましたが、そんなことから「初めて原稿を依頼する人にぜひ、ライター(執筆者)へ最初に伝えてほしいこと」をブロクで書くことにしました。1.ずばり!ライターへ伝えてほしいこと もちろんこれは私個人の考え方に過ぎない部分もありますが、一応出版社で依頼する側も経験したうえでの、【最低限、依頼時に伝えてほしいポイント】です。・原稿の文字数(ページ数)
0 500円
カバー画像

【必見】もっと得する!デザインの依頼テクニック

いつもご依頼ありがとうございます。natsunoteです。 今回は、デザインを依頼される場合の効果的なデザイナーへの希望の伝え方について書いていきます。 どのサービスにおいても、お客様からのヒアリングを元にデザインを制作することになりますが、 その際にどんなことを伝えると希望に近いデザインになるかはご存じでしょうか?  せっかくお金を払ってプロに依頼するのであれば、 同じ金額でも「より希望通り」のデザインを作ってもらえる方がお得ですよね?笑  というわけで、現役デザイナー目線で「こういう希望の伝え方をしてもらえると、クオリティの高いデザインを作れますよ」という依頼方法について解説していきます。 ①目的・経緯を明確にするたとえば、レディースファッションの「バナーデザイン」をご依頼予定の場合、 「なぜそのバナーを作成する必要があるか?」というご依頼の経緯や目的によって、デザインは大きく変わってきます。  目的が「期間限定のセール」であるのか「新商品の宣伝」なのかで、売り出していく方向性が異なるからです。 「期間限定」であれば、商品画像を大きく見せるより「期間限定」の「セール」であることが分かった方がお客様の購買意欲を刺激することができますし、 「新商品」であれば、商材画像を効果的に配置した方が「どんなものなのだろう?」「もっと詳しく知りたい」とその先のアクションに繋げることができます。  なので、まずは「目的」を設定しましょう。 ゴールが決まっていない場合は「経緯」をお話頂けるだけでも構いません◎ デザイナーは「ゴール」が明確だと、より効果的な表現方法を提案できます。 「かっこ
0
8 件中 1 - 8
有料ブログの投稿方法はこちら