絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

2 件中 1 - 2 件表示
カバー画像

【商用可/報告不要】浮遊する図形のイラスト

商用OKの3Dイラストを配布します。 ブログや広告など自由にお使いいただけます。 出品サービスにて色や質感の変更を承っております。 お気軽にご連絡ください。primitive17サイズ:3840x2160※商用利用の場合はクレジットの表記をお願い致します。 ※著作権は放棄していません。著作権の侵害にあたる利用はやめて下さい。
0
カバー画像

図形問題の取り組み

図形の問題は中学からは「積み重ね」が大切になるところです。問題を前にしての取り組み方を考えてみましょう。中1あたりだと取り上げられる内容も少ないのですが、中2から「証明」中3からは円、相似という入試問題頻出の内容が目白押しです。 問題を前にしたらそこで使われる基本事項が頭に浮かぶかが解けるかどうかの分かれ目と以前かいたように、今回も習った基本事項をいくつか書いてみました。さすがに全ては書ききれないので今回は6個だけ書いてみました。こんな具合に頭に基本事項が浮かべばこのうちのどれを使うと解けるか気が付くと方針が立つということになります。 こんな感じのことをやっていると自然とどの基本事項を使うかがすぐに気が付くようになってきます。 さて、今回は③、⑤あたりを使うかな?と思えれば解答を書いてみました。解法は必ずしも一つではないので、他の基本事項を使った解き方なども考えられます。自分なりに気が付いたやり方で解けると楽しいところが図形の勉強の面白いところだと思うのですが...。 それまで習った基本事項のいくつかを組み合わせて解くだけに学年が進むと習った基本事項が増えてくるので、どれを使えばよいか気が付くのに時間はかかることはあります。  こんな具合で図形の問題を前にしたら苦手な人は「基本事項のリスト」を作ってそれを見ながら使うものを予想するようにすると良いでしょう。これをやっていると自然とリストを見なくても解けるようになるはずです。 図形の勉強の参考にしてください。
0
2 件中 1 - 2
有料ブログの投稿方法はこちら