絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

12 件中 1 - 12 件表示
カバー画像

中小企業経営のための情報発信ブログ127:褒め方で分かる「できるリーダー」「ダメなリーダー」

今日もブログをご覧いただきありがとうございます。これまでも、何度か部下の褒め方・叱り方、部下の育成方法については書いてきました。そこでも書きましたが、基本は、「認めて、任せて、褒める」ですが、ミスをした時などには「叱る」ことも重要です。もちろん叱った後には常にフォローが必要です。リーダーにとって、オフラインでもオンラインでも、短い時間の中で何を伝えるかということが重要です。これは「褒める」場合でも「叱る」場合でも同じです。短い時間の中で、端的に伝えることです。そして、「この一言で、部下が持つ 素晴らしい可能性を開花させ成長してくれる」ような思いを込めて真剣にその言葉を部下の心に響かせることです。褒める場合も叱る場合も、相手を思いやる心が大切なのです。 1.できるリーダーは、気持ちにゆとりがある  あなたは、部下のことを思い心から「叱る」ことができているでしょうか? 怒りや苛立ちの感情から部下を非難しているだけではないでしょうか? 一度考えてみてください。  「褒める」場合も同様です。単にうわべだけ、口先だけの褒め言葉など、相手の心に響きません。  部下が成果を上げた時、部下の成果を素直に認め心の底から素直に喜べていますか?リーダーは部下の成果を素直に喜べるかどうかで器の大きさが問われます。  人を押しのけて立ち上がってきたリーダーの中には、出る杭を叩きつぶそうとするリーダーもいます。その出る杭が部下であろうと容赦なく叩き潰そうとします。こうしたリーダーは、自分の力に自信がないので人を蹴落とすことでしか今の自分の地位を守れないのです。まさにダメなリーダーです。  できるリーダーは
0
カバー画像

中小企業経営のための情報発信ブログ91:部下の不満を組織の力に変える

今日もブログを御覧いただきありがとうございます。今日は、「部下の不満を組織の力に変える」と題して、その方法につき書いていきます。これまでもにも「部下の褒め方」については書いていますが、部下の育成方法は、「認めて、任せて、褒める」ですから、「褒める」ということが最も重要になります。 ある調査によると、自分の仕事にやりがいを感じているのは日本人の2割程度にすぎません。多くの人は自分の仕事に何らかの不満を持っています。その不満を声高に主張する人もいますが、大半の人は自分の心の中に溜めこんでしまっています。 1.部下の不満とどう向き合うか  部下が職場で感じている不満や悩みが改善に向かっているかどうかは、組織を率いる上司にとっては重要なテーマです。  部下の不満を「不満」というネガティブなマイナスの力ではなく、「提案」というポジティブなプラスの力に変えることが重要になります。部下の不満を提案に変え、組織の力にしていくには技術が必要です。 不満を口にする部下に対して「じゃあ提案して」「反対意見があるなら代案を出して」と要求することはあるでしょう。確かに不満に対して部下が自ら代案を出して提案してくれるなら組織が変わっていくはずです。しかし、闇雲に「代案を出して」「提案して」と言われた部下は、「上司がすべきことを押し付けられた」と感じてしまいます。これは部下が「不満の解消を自分の役割だ」と思っていないいからです。 2.不満の解消は「自分の役割」  「不満を解消するのは会社と上司の役割であり、自分の役割ではない」と、このようにはっきりと考えているわけでなくても、多くの部下は、職場の環境を作るの
0
カバー画像

上手なほめ方しかり方⑥

この講座を受講して、私の子育ては叱ることが褒めることに比べとても多い と気付けました。そして娘にも申し訳ない気持ちです。 叱り方も感情的に叱ることが多いことに気づき、自分が感情的になる原因をきちんと解決しておくことも必要だと感じました。理性的に叱ることは子どもが健全に成長するために必要だと、自分の叱り方を振り返りまたまた反省です。もしかしたら、娘がすぐに怒ったりイライラするのもそのせいかもしれません。。。結果、子育てがとても大変になってしまう。自分本位に子育てをしているとそのときは楽だけどそのつけは必ず自分に戻ってくる感じです。こうして学ぶ機会を与えられるとちょっと立ち止まって今の自分を見つめ直すことが出来て良いですね。これからは褒めることももっと増やしていきます。褒めることは甘やかしではなく、おだてるおべっかご機嫌取りとも違う、子どもをしっかり見つめてその子のいいところに気付き、そこを強化すること。娘の好きなこと、やりたいこと、なりたいもの、大切にしていること、たくさん見つけてあげたいです。そしてたくさん伝えてあげたい、こんなにもたくさんの可能性や素敵なところがあるんだよと。私もそんな風に育ててもらいたかったなぁ。。。
0
カバー画像

上手なほめ方しかり方⑤

叱ることの危険性1.長期的に見ると効果がないことが多く、効果がなくなると叱責「だめよ、やめようね」 ↓大声+恐表情「ダメだって言ってるでしょ」 ↓叩く「何度言ったらわかるの!」 ↓強く叩く「もう許さない」+ゲンコツ 。。。とだんだん強い罰が必要になってくる 2.叱ってばかりいないとその行動が抑制できなくなってしまう 褒める→減らせる 叱る→なかなか減らせない 3.叱った人に対して恐怖感を覚え、自分より弱い者に対して模倣する可能性がある。叱らざるを得ないなら子どもが真似ても良いように。4.親が叱って問題を解決している姿を子どもに見せてばかりいると、理性的に問題を解決する方法を学ばない。結局褒めることは積極的に、叱ることは控えめに
0
カバー画像

上手なほめ方しかり方④

上手なしかり方の大前提は、 どうしても叱らざるを得ない行動にのみ叱るということ。 例えば、命に関わる危険な行動とか、周りに迷惑をかけるような行動 です。 叱るときはすぐに叱る、時間がたつとしかる効力が弱まり、子どもは叱られる理由を忘れてしまいます。そしてコンパクトに、「それはダメだよ、次からはこうしようね」親が意識しないといけないのはしかる目的、それは親の感情を伝えること? それはその行為をさせないこと? 私は感情的に叱ってることが多いので耳が痛かったです。。。わかっていても感情をコントロールできない、原因は何なのか探ろうと思います。→自分が満たされていない?睡眠不足?それとも女性ホルモン?最後は叱りっぱなしにしない こちらの言うことを聞いてくれてしっかり守れたら褒めて終わる。さらに、してもらいたい行動には一層目を向けてあげよう
0
カバー画像

上手なほめ方しかり方③

3.その子が大事にしていることに気付くサッカー頑張っているね ダンゴムシのことくわしいね 英語検定頑張っているね 等々私はこの質問をされたときにすぐに答えることが出来ませんでした。日頃、娘のマイナス行動ばかりに目がいってしまっているのかもしれません。反省です。。。4.子どもの独自性を大切に 短所を長所に書き換えてみる優柔不断な子→思慮深い怒りっぽい子→反応が早い、素早く動けるやんちゃな子→行動力がある上手な褒め方が出来ると子どもの自己効力感を向上させる効果があります。自己効力感とは、自分なら出来る!、チャレンジすればきっと成功する!と目標に向かって歩める力です。チャレンジする子、へこたれない子へと成長します。
0
カバー画像

【モテる男への近道】テクニック編~最強の褒めるテク~