絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

444 件中 1 - 60 件表示
カバー画像

#406 1万3000人超が答えた「じゃらん人気温泉地ランキング2023」発表!

1万3000人超が答えた「じゃらん人気温泉地ランキング2023」発表! もう一度行ってみたい「全国の温泉地」1位は?  リクルート(東京都千代田区)の観光領域の地域振興機関である「じゃらんリサーチセンター」が、全国の温泉地利用に関する調査を実施。その結果を「じゃらん人気温泉地ランキング2023」として発表しました。 1位は「20~40代を中心に高い支持」  今回で17回目となる同調査は2022年8月、旅行サイト「じゃらんnet」の会員を対象に、インターネット上で実施。1万3375人から有効回答を得たものです。なお、調査対象は全国の328温泉地(東京都・沖縄県除く)です。  これまでに行ったことがある温泉地のうち、「もう一度行ってみたい」スポットについて聞いた「全国人気温泉地ランキング」では、神奈川県の「箱根温泉」(2470票)が1位に。前年(2021年)の2位からワンランクアップし、トップとなりました。  僅差となった2位は、前年1位だった群馬県の「草津温泉」(2446票)。3位は前年と同じく、北海道の「登別温泉」(1696票)でした。  1位となった箱根温泉の取り組みについて、同センター研究員の松本百加里さんは「旅行者から旅先でアンケートを回収する仕組みを構築し、データ分析結果に基づいて観光戦略を策定。強化テーマの一つに『サステナブル』を設定し、自然教育につながる体験アクティビティなども提供。20~40代を中心に高い支持を獲得しています」とコメントを寄せています。1⃣ 割引クーポンをゲットする。 1000円割引クーポンをゲットする。 https://coconala.com/
0
カバー画像

旅行予約あるある!温泉宿、納得して予約してます?

こんにちは!旅行会社勤務20年、毎日企画し、接客し、たくさんのお客様のご希望やお困りごとを聞いてきた、旅行コンサルタント ナツと申します。旅行会社ではお伝えしにくい、予約のコツ、旅行を予約する上でのポイントなどをお伝えしたく、ココナラで電話相談を始めました。今回は、特に温泉宿の予約についてお話しますね。まずは温泉宿を決定するまでに時間を要しますね。あれこれ検索して、やっとこの宿にしよう!といざ予約画面に入ると…え?こんなに部屋タイプあるの?料金もピンキリ。安い部屋でいいか!待てよ。せっかく行くから少し高めの部屋?でもな…中間くらいの料金の部屋が無難かな。新館?新しいのかな?本館?リニューアルオープンって書いてるぞ。別館?夕食会場に近い?なんか面倒になってきたな…さっぱり分からないし、行くのやめよっかな…こんなこと、ありませんか?私も始めはよくつまづいてました。せっかく数ある温泉宿からお気に入りの1軒を見つけたのに、これでは少し残念ですね。でも大丈夫です。それぞれのお部屋には理由があって料金設定がしてあります。それは、一概にこの部屋を選ぶといいよ!ということではなく、人それぞれ、満足するお部屋は違います。〇お子様連れの方であれば、子供が騒いでも気にせずゆっくりできるところが 良いかもしれません。〇お部屋や食事会場、お風呂までの距離が短いほうが良い方も いらっしゃるでしょう。〇お部屋からの景色を楽しみたい方であれば、眺望重視が良いですね。〇お布団ではなくベッドで寝たい方は、ベッドのあるお部屋を選ぶと 良いですね。・・・あるいは景色も良くて、お風呂にも近いところが良い方もいらっしゃる
0
カバー画像

軽井沢を一人旅!

ゆーまです!紙媒体や看板のデザイナーをしております。今回は11月に休暇を取り、2泊3日で軽井沢を楽しんできました!昔から一人旅を多くしてきたので、慣れてはいるのですが今回は珍しく新幹線を使っての旅なのでそわそわしてました(笑)そもそも旅行を計画する際に、普段は温泉地を優先&新幹線はお値段が気になるので高速バスで行ける範囲内で決めてます…が、この時期は全国旅行支援があったので、なんと2泊で-16000!内訳は「信州割 観光クーポン券」6,000円分と、「ツアー割」10,000)これは絶対新幹線を使うしかないでしょ!そんなわけで到着!たしか万座温泉に行く際に、送迎バス乗り換えで訪れて以来です!駅を出ると「軽井沢・プリンスショッピングプラザ」がすぐにお目見え!11月中旬なので、周辺の紅葉はほぼ終わっていましたがまだ残っていた紅葉を一枚!平日の昼間はこんな感じで落ち着いていましたが土日は家族連れやペット連れの人がかなり多くいました!かなり広い広場があるので、子供やワンちゃんは思いっきり走り回れます!ペット可な施設もあるのでぜひオススメです!ちなみに自分は特に買い物とかはしない派なのでコーヒーだけ飲んで去りました(笑)軽井沢駅の反対側に出た後、ホテルのチェックインまで時間あったので「雲場池」へ行ってみました。道中、まだ残っていた紅葉や日本では珍しい「ラウンドアバウト」を見てきました!景色も東京都は全然違うので、なんか異国感があって楽しいです!う〜〜〜〜〜んもっと早く来ていればすごいの見れた絶対(泣)湖がとても澄んでいるので、逆さ紅葉的なものも期待できると思います。見頃はやっぱり10月中旬
0
カバー画像

ワーホリでホームレス in Canada(モントリオール)

第7章 再会と計画9月も終盤、ピアノも無事撤去され、寒さを感じ始めた頃、携帯に一通のメッセージが来た。連絡を半年ほど絶っていた父からだった。なんと偶然Whatsappで見つけ、連絡したのだという。突然連絡が途絶えたので、もう捜索願いを出そうかと考えていたところに、ちょうど見つけたそうだった。こちらも状況が状況だったので、経緯を話し、現在の状況も伝えた。幸い理解をしてくれ、とにかく無事でよかったとのことだった。しかも彼らは10月にカナダを訪れる計画を立てているとのことだった。最初モントリオールへ行き、トロントへ移動、その後バンフへ行き、バンクーバーから帰国するという内容の旅だった。当時は誰一人としてこの計画がいかに無謀で恐ろしい距離と時間がかかることは気づかず、一旦モントリオールで再会してそこから一緒に旅に同行することになった。なんとその旅には祖母も来るから驚きである。しかし、この旅も、とんでもない波乱を巻き起こすことになるのであった。
0 500円
カバー画像

ワーホリでホームレス in Canada(モントリオール)

第四章 ピアニストとの別れ、フランス産ヲタクとの出会い郊外の遠足のあとも、ピアニストには大変お世話になった。彼に特別枠で招待されるクラシックコンサートに何度も同行したり、お気に入りのレストランに通ったり、さらには、ピアニストも大好きというあのシルクドソレイユにも連れて行ってもらった。サーカス自体人生で初めてだったのだが、もはやサーカスの域を超えたものだった。サーカスといえば!のアクロバティックなパフォーマンスや派手なメイクと衣装を始め、まさかの楽器生演奏や、ステージ転換、一部と二部の間の休憩さえも計算された演出の一部であり、当然ながら人生で忘れられない体験の一つになった。あれはサーカスというより”シルクドソレイユ”というパフォーマンスだった。行ったことのない人はぜひ行ってほしい。しかしある日、ピアニストから”婚約者が来るので早急に出て行って欲しい”と言われた。まず、婚約者がいたことに驚きで、しかも数日後に来るらしい。大急ぎで次の場所を探しはじめたが、なかなか見つからず、いよいよ当日、公園で寝ることを覚悟していた。が、幸い、夜にカウチサーフィングを通して、一人のホストを見つけることができた。タクシーで迎えにきてくれたのは、フランス出身の人だった。この男性がまた大変キャラが濃く、今までにあったことのタイプの人だったので、書いておきたい。
0 500円
カバー画像

ワーホリでホームレス in Canada(モントリオール)

第三章 どんぐりの町の遠足遠足の目的地までは別の友人夫婦が車を出してくれ、ほとんど草原と森しか見えない高速道路で3時間ほど走ったあたりで小さな街が見えてきた。それを横目にちょっと過ぎたあたりに、大きな川と白い大きな家が見えてきた。中から友人夫婦が出てきて、挨拶をした。状況的には彼らの家に泊まらせてもらっているので、ちゃんと状況を説明して、初対面にもかかわらず快く承諾してくれた。それから家の周りを案内してくれた。家の目の前にある大きな川には野生のビーバーがおり、あの小さな体で作ったとは思えない巨大なダムがそびえたっていた。近くの森は後日案内してくれるそうだ。それから家の中を案内してくれて、建築家という旦那さん手製の家具やデザインが施されている内装は素晴らしかった。大量の書物がある部屋があると思いきやテーブルと椅子一脚しかないシンプルな部屋もあった。中でも一際目を引くのがリビングにあった茶色いグランドピアノである。早速ピアニストは友人たちから唆され、ピアノを弾き始めた。プロの生ピアノが演奏される中、シャンパン片手に手作りのタパスを頬張り、たわいもない会話をしていた。この贅沢な時間は今でもはっきり覚えており、皆、当方もピアノを弾けるとわかると興味津々に弾いて欲しいというのでシャンパンとタパスのお礼に何曲か弾いた。プロ目の前に非常にやりづらかったので、あえて弾き語りを披露した。皆弾き語りは新鮮だったらしく、非常に喜んでいた。その日の夜は町にあるいわゆる”ジビエ”のユニークなお店でユニークな料理を楽しんだ。計3泊4日のスケジュールで、コンサートは3日目の夜の予定だった。ここから下は2日目
0 500円
カバー画像

石和青果市場という天国

今年の夏が終わって風鈴がいらなくなるころに山梨に旅に行きました。目的はシャインマスカットを中心に旬のぶどうを食べられるだけ食べながら、素敵に古びた温泉宿に泊まるため。山梨はぶどうの収穫量日本一だというから、本場に行けばきっといいことがあるだろうと言うことで胸を踊らせながら山梨へ向かいます。山々に囲まれた甲府盆地に入るとそこはフルーツ王国こと勝沼で、その名に違わず道々に果樹園の直売所が林立しています。が、平日であり時間も早いためまだお客さんの姿は見えず、私も一人で旅行をしているものだから入るのがためらわれます。もし「おや、美味しそうな果物が沢山並んでますねぇ」と誘惑に釣られて入ったとして、もし値段がびっくりするほど高くても、きっと笑顔で一生懸命育てたぶどうたちを勧めてくるおばちゃんを無下に断ってその場を後にするなんて出来るはずがありません。ここはチラ見して過ぎ去るが賢明です。そんなわけで数多ある直売所を横目にまだ薄くセミの鳴き声がひびくフルーツラインを走り、かの有名な石和温泉のメイン通りを横切って郊外のような道を少し行くと、そこにあったのはタイトルにある石和青果市場という建物でした。見た目は完全に倉庫のような外観ですが一応八百屋ということらしく、外には僕の地元では見られないような単位で旬の果物が売られていたりします。さすがは市場という感じ。踊る胸そのままに店内(?)に入ると、まずは低めの棚に並べられた果物達がお出迎えをしてくれて、奥を見ればいかにも新鮮そうな野菜たちが薄暗い店内にズラッと並べられています。いかにもスーパーなんかとは違う空気感にワクワクを禁じえませんが、やはり驚いた
0
カバー画像

ワーホリでホームレス in Canada(モントリオール)

第0章 到着2019年某日、成田から乗り換え用にデトロイトに到着。モントリオールが目的地である。出発時間が近づいているが、搭乗口が何やら騒がしい。電光掲示板を見ると煌々と”ディレイ”の文字が。元々の出発時間が22時ごろだったので、モントリオールに着くのは真夜中になるのは確実だった。到着後は前から連絡を取っていた*カウチサーフィングで見つけた家にお世話になる予定だったが、到着がかなり遅くなることを伝えると、幸い、週末であったため、朝まで飲んでるからいつでもいいよと言ってくれた。暇を持て余しているとどこからともなく突然”飛行機遅れてますね”と日本語で話しかけられた。顔をあげるとそこには日本人女性がおり、お互いなぜモントリオールに行くのかという会話をした。どうやら彼女は旦那がオタワにいるらしく、モントリオールからオタワにこの後移動する予定らしかったが、時間も時間だったので明日にしようかと悩んでいるとこだった。お互い頑張りましょうねと別れをつげ、暫く待って飛行機は飛んだ。空港で拾ったタクシーに不安になるぐらい短いシンプルな住所を伝え、お支払い時に運転手と若干揉め終え、結局彼らの家に着いたのは2:30ごろだった。そこの家にはフランス人が3人住んでいて、彼らの友人であり、ワーホリで来ているオージーのカップルと計5人で飲んでいた。家の中はすごくお洒落で、とても居心地がよかった。しばらく飲んでいると、近くにイケてるバーがあるので一杯だけ飲みに行こうとなり、氷点下の中、2分ぐらい歩いてそのバーへ。中は薄暗く、生ピアノが置いてあり、奥にはほぼ真っ暗な照明の部屋にでかいソファーがあった。テキーラサン
0
カバー画像

テクノロジー「巨大亀の都市」

【移動型水上都市】 イタリア人デザイナー 「ピエルパオロ・ラッザリーニ」が 6万人収容できる船の建設を 本気で始めるそうです。 現在の客船で1番大きい シンフォニー・オブ・ザ・シーズが 収容人数8000人なので この船の大きさがうかがえます。 この船の名前は 「パンゲオス」と名付けられ 建築費用が1兆1000億円もかかり 全部作るのに8年もかかるそうです。 この巨額のお金を いったいどこから出すのかと言うと クラウドファウンディングで 資金集めをするとの事。 このパンゲオスの名前の由来は 2億年前に実在した全ての陸地が 1つにくっついた巨大大陸 「パンゲア大陸」の意味です。 この船の形は 何故かカメの形をしていて 「全長550m」「全幅660m」と とてつもなく巨大な船です。 東京ドームの幅が約216mで 収容人数5万人という事を考えると パンゲオスがどれほど巨大な 移動型水上都市か解ります。 〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓 【内部構造】 2億年前にパンゲア大陸は 地殻変動により大陸が分裂して 徐々に離れて移動していき 今の大陸分布になりました。 この巨大大陸が移動し その上で生活するイメージで 巨大海上都市「パンゲオス」と 名前が採用されたようです。 パンゲオスの真ん中には メイン広場が建設してあり ここに様々なお店や公園や イベント施設が作られます。 更にパンゲオスのお尻の穴から 小型船舶も入港出来て ヘリコプターや小型機が着陸する 空港まで建設される予定。 パンゲオスの真ん中から下部には 約3万もの区画が作られて そこに居住スペースや 船を維持する機械が入ってます
0
カバー画像

菊池渓谷に行ってきました

私が住んでいる地域は、ここ最近お天気いいです。小春日和が続いています。みなさんはいかがお過ごしですか?昨日は熊本県の菊池渓谷に行ってきました。菊池渓谷は菊池川の水源で紅葉の名所としても有名です。前日に熊本市に一泊してから出発です。熊本市から車で一時間ちょっとで到着します。前回来た時は7年前で、8月でした。お店の人に聞くと、夏がお客さんが多いそうです。避暑がてら来るんでしょうね。今回は、平日だったんですが、駐車場は満車でした。ただ、渓谷は広いので、そんなに人が混んでいる印象はありません。本格的な紅葉まではあと一歩でしょうか。マイナスイオンが出ているような感じがします。自分の写真ながら綺麗ですね。癒されます。冬になると一面雪になるそうです。最後にヤマメの塩焼きを食べてきました(写真忘れた!)。
0
カバー画像

再会の約束

本日も記事をご覧いただきありがとうございます。ひろです。人について考える。今回のテーマは、「別れ」です。友人が実家に帰ってきて、「仕事終わったけん、駅まで送るよ」「りょーかい!」いよいよ大阪へ帰る時。彼の運転する車に、ご家族みんなが乗り込んでいく。「佐賀の親戚の所に、みんなで顔を出さんといかんから、その流れでひろちゃんをみんなで送る事になった!」「何か悪いですね(笑)」「いえいえ、また福岡に来てくださいね」車内はにぎやかな雰囲気で、駅に向かって進んでいく。今回の旅行は色んな学びがあった。親友とその家族との再会、赤ん坊の学び、そして。新しい目的ができた。次にこの地を訪れるのはいつになるんだろう。「今回のかーくんを見たら、成長を見守らなきゃいけないって思うようになったよ」友人に今後も訪れる楽しみを伝えてみる。もしかしたら、福岡を訪れる回数は増えていくかもしれない。「かーくんの成長は早いけん。1ヶ月ごとに見に来てくれてもいいと」1ヶ月ごとに親友の子どもを見に行く男。そんな人生も面白いかもしれない。後ろの座席、チャイルドシートに座っているかーくんに目をやる。僕が渡したプレゼント。コツメカワウソのぬいぐるみを抱きながら眠っている。このタイミングで、かーくんにぬいぐるみを持たせてくれたのは、友人の奥さん。できた奥さんだと、つくづく思う。「本当にまたいつでも遊びに来てくださいね」そう言ってくれたのはお母さん。旅行先で友人に会う。その家族に会えるというのはとても幸せなことかもしれない。「くれぐれも身体に気をつけて」そう言ってくれたのはお父さん。駅に到着。かーくんを起こさないように静かに車のドア
0
カバー画像

【ほのぼの日記通信♡第484号】月のお肌がみえた♡

おはようございます♡みなさん、いかがお過ごしでしょうか♡今日も、お仕事や、家事、がんばりましょうね♡いつもの朝✨外を見渡すと青空です☺️ここ最近はずっと晴れですね🌤いつも晴れだとなんだか不思議になります。*写真はイメージです綺麗な青空を見るとなんだか空を飛びたくなります。羽を広げてどこまでも行けたら良いなって思ったり✨*写真はイメージです私たちにはできないけどでも本当は飛びたいですよね✨鳥さんのようにどこまでもいきたいな。*写真はイメージです空を飛びたいといえばやっぱり国内や海外にいきたいなって思いますよね✨実は密かに旅行の計画は練っています✨まぁ、いつ行くかはわからないけどそのうちに行きたいな🛩*写真はイメージです私が行きたいのは京都かな✨何度か行っていますがちょっと東京のような雰囲気もあったり好きなんですよね✨ちょっと近々行けるように計画しようかな✨考えてみます☺️(今朝見えた月。すごく綺麗に見えました。)さっき撮った朝のお月さまです。すごく綺麗でした✨なんだか皆既月食に並んで神秘的✨朝のお月さまはすごく輝いてましたね☺️朝なのに月のお肌が見える✨綺麗でぴちぴちのお肌です☺️*写真はイメージですさて、今日もお仕事です✨本業は研修期間でいろいろ学んでいるところ☺️経理について勉強できるのは嬉しいですね✨そのほかは経理案件や執筆もありそうなので少しずつ進めていきますよ✨✅本業✅経理案件✅執筆✅家事みなさんもお仕事や家事をゆっくりがんばってくださいね♡それでは今日もあなたにとってステキな1日でありますように♡
0
カバー画像

親の気持ち

本日も記事をご覧いただきありがとうございます。ひろです。人について考える。今日のテーマは、「親」です。「じゃあ、かーくん寝かしてくるね」「はーい」リビングから奥さんがかーくんを連れて寝室へ。時刻は午後9時。「やっぱ寝るのは早くなったね」「うん。子どもに合わせるとどうしてもね。だからすごい健康的な生活~!」そう言って友人は伸びをする。「寝なくて大丈夫?」「今日はひろちゃんが来てるから。久しぶりに語り合おうって決めてるから!」嬉しい発言。「本当は飲みに行きたかったけどね」「まぁ、奥さんがいるからしょうがないよ」ほとんどの男性は結婚すると飲みの付き合いが減っていく。結婚してるのに、家に泊まりに来ている。今回のケースの方がめずらしい。「昔は朝まで飲みに行って楽しかったな~」「初めて福岡来たときはやばかったね~」思い出話に花を咲かせる。「でも、お子さんができて本当に良かったよ。結婚したいっていうのもずっと言ってたし」「うん。まぁ、なんとかね。あとはかーくんがちゃんと育ってくれればいいかな」子どもができると、やっぱり気になるのは子どもの将来。「頭が良いとか、スポーツができるとか。そんなことよりも、ちゃんとした人に育って欲しいっちゃ」「ちゃんとした人?」「うん。自分もそうだったけど、やっぱり若い頃は色んな失敗もするし、間違えることはたくさんある」友人が昔の話を語りだす。「俺も高校卒業してからは、バーで働いてフラフラしてたけど。そこの店長の考え方聞いて、ちゃんとやろうってなったから」「そうなんだ」全く知らなかった。「若いときは失敗するのは仕方ないし、むしろ色んな経験をして欲しいっちゃ」「そうだ
0
カバー画像

子どもに好かれる方法

本日も記事をご覧いただきありがとうございます。ひろです。人について考える。今日のテーマは、「好感度」です。「だぁ! やぁ!」かーくんがリビングを縦横無尽に歩き回っている。「いつになくテンションが高くなってる」友人がそう発言するだけあって、ぬいぐるみをちぎっては投げ、ちぎっては投げ。かーくんの大行進が続く。「やぁ!」突然、背中を押される。「どうした? かーくん」笑顔で迫ってくるかーくん。それを見ている友人。「でも、すごいっちゃんね」友人は感心しながらこちらを見ている。「何かあった?」「いや、俺の後輩の子で。いっつも遊びに来る子がいるんだけど。その子、子どもが好きで。いつもかーくん、かーくんって言いよるっちゃ」やっぱり、かーくんはどこへ行っても大人気らしい。「でも、毎回かーくんに好かれようとするのに、全然好かれないから。ひろちゃん、昨日で会って2日目でしょ」「うん」初日はほとんど絡めなかったのがちょっと残念だった。「かーくんがこんな風になるのってなかなかないから。すごいなぁって思って」「うーん。多分、少年の心を持ってるから」いつまでも子ども心を忘れない40歳。「あとは、ちょっと子どもの事知ってるからかも」「そうなの?」「うん。例えば、赤ちゃんの視力ってどれくらいか分かる?」友人は少し顔を傾けながら、「えーっと。1.0とかかな」真面目に答える。「犬とか猫とかもそうだけど、生まれた時とかはほとんど目がちゃんと見えてないからね。実は1歳までは0.3もないって言われてる」子どもがちゃんと世界を認識できるようになるのは、まだまだ先。「そうなんや」「だから赤ん坊は大きい動きに反応する。ぼやけて
0
カバー画像

孫の法則

本日も記事をご覧いただきありがとうございます。ひろです。人について考える。今日のテーマは、「おばあちゃん」です。「こら、オイちゃん!」お土産に飛びつく猫。そこに負けじと続いたのは、かーくん。「だぁ!」目の前に食べ物があるとすぐ手を伸ばす。「かーくん、ダメ!」猫の野生と同じような、人間の野生。猫と赤ん坊。両方から狙われ始めた、大阪のお土産。それを監視するように目を走らせるお母さん。三つ巴の緊張状態。先に動いたら・・・やられる。「かーくん、汽車だよー」奥さんの声とともに、ポッポー!汽車のおもちゃが、大きな汽笛をあげる。「だぁ!」奥さんの誘導により、かーくんの野望は防がれた。あとは・・・。「オイちゃん~」お父さんの優しい声掛けにより、オイちゃんはお父さんの膝の上に。ようやく、第一次食いしん坊大戦は幕を閉じた。「本当にね。みんな食いしん坊さんだから。大山さん、食べてくださいね」「ありがとうございます」みんなが大阪土産に手を伸ばし始める。「だいぶ賑やかになりましたね」「本当にね。やっぱり、小さい子がいると賑やかになっていいねー」お母さんも嬉しそう。「僕が初めて来た時は、お姉さんのお子さん2人がおられたので。あの時を思い出しますね」当時、小学生に上がる前の女の子と幼稚園生の男の子。二人の姉弟が毎日のように家を賑わせていた。「あら! 大山さん、あの頃から来てたんですね。本当にあの時は大変でした」毎日のように大声をあげていたお姉ちゃん。「あの子に関しては本当に大変でした。絶対に夜の12時過ぎないと寝てくれなかったですからね」「ええ! 本当ですか」「はい。いつも大声出して走り回って。本当に大変で
0
カバー画像

【50%オフ特典あり】現役秘書が選ぶ「2022年紅葉スポット・レストラン(関東)」

はじめまして。 たか(あなた専門の秘書)と申します。 長く経験をした秘書・コンシェルジュの世界で皆様の生活をより豊かに便利にしたいと考えております。 【実績】 ・最大手ブラックカードコンシェルジュ 5年 ・東証一部上場(現プライム市場)企業 社長秘書 3年 ・レストラン紹介件数 全国1,000件以上 【サービス内容】 ・会食・接待・デート等のレストラン検索・予約代行  ⇒今後お手土産の紹介・手配もオプション追加予定となります。 ・ゴルフ場の検索・予約代行 ・お探しの商品の検索/手配 ・デートプランの立案/手配今回はSNSを通じてよくご質問をいただく、2022年紅葉スポット・レストラン(関東)についてご紹介をさせていただきます。また、今回こちらの記事をご購入いただいた方は、 私の提供するサービスを50%オフで提供させていただきますので、 是非ご検討ください。
0 500円
カバー画像

5泊6日♥オーシャンビュー♡弾丸現実逃避の旅

皆さんこんにちわ💕またまたお久しぶりの更新になってしまいました。美月心愛ちゃんです(*´ω`*)♪肌寒い季節🥶になってきましたが、皆さん風邪などひいてませんか?季節の変わり目、なんとなく体調も気分も不安定になりがちですが負けずに無理せずに頑張りましょう(*^^*)♪・・・といいつつ心愛ちゃんは色々こじらせ、5泊6日、現実逃避の旅に出ておりました。。。。笑(とゆうか強制的に出ざる得ませんでした。)なぜ、旅に出なければいけなくなったかはここではふせておきます。笑5泊6日、自宅近くのオーシャンビューホテルにて宿泊(その間仕事には行く)という、極めて珍しいことをしました。笑色々と思うことはありましたが、振り返ってみると色々新鮮で中々面白くもありましたのでせっかくなのでブログに写真を載せておきます(*'ω'*)💕ホテルから見える風景(オーシャンビューと心愛ちゃん)💕いつかの晩御飯(大好きなロコモコ🍳)💕合間に友達と会っていつものカフェで女子会withパフェ自由で新鮮ででも実はちょっぴり(!?)不安な6日間でした。★これは、通勤の朝の風景。海を見ながら最高のロケーションで出勤でした。疲れ切った体と心に海のキラキラ✨と青さ、空とのコラボの景色の美しさに見とれては心癒されておりました💕💕そして、実はここサーファー🏄さん御用達のゲストハウスだったのですが、(HPにはホテルと記載あり。笑)その姿にも刺激を受けました。サーフボードを持って好きな海にキラキラ目を輝かせて、気さくにぼっちな私に話しかけてくれる優しさ。日が昇れば波にのり沈めば眠る。そのために移住しカフェやゲストハウスを営む人もいるらしくそ
0
カバー画像

赤ん坊の生態

本日も記事をご覧いただきありがとうございます。ひろです。人について考える。今日のテーマは、「赤ん坊」です。さて、願掛けも終わったところで。「よし!」友人が腕まくりをして、金色のカエルを眺めている。「久しぶりにやるか!」そう言うと、友人は前かがみの体勢に。「ほら、お父さん。カエルの口の中に入るよー」奥さんが、赤ん坊のかーくんに声をかける。「パパが入るとこ見ててねー」そう言って、友人は黄金のカエルの口の中に、上半身を入れていく。「わー。かーくん! お父さん食べられちゃうよー」「ほら、お父さんが助けてー。って言ってるよ」黄金のカエルに父親が食べられる。そんな姿を見て、息子のかーくんは何を思うのか。かーくんの表情を観察してみる。「無」漢字一文字で表すと、彼の表情は無だった。さっきまであれほど、笑っていたのに。その光景がとってもシュール。赤ん坊は意外とマイペース。「かーくん、お父さん食べられちゃったよー」いやいや、お父さん。かーくんは一切見てないよ。心の中でしっかりとツッコミを入れる。カエルの口の中を通り抜けた友人は、さわやかな表情で戻ってくる。「ひろちゃんもやる??」「そうやね」まぁ、記念にはなるか。カエルの口の中に飛び込んでみる。「ところで、このカエルの口の中に入ると、何かご利益があるのかな」上半身をカエルの口の中に入れたところで、友人にたずねてみる。「分かんないけど。たぶんいい効果がある」「ほら、かーくん。パパの友達がカエルさんに食べられちゃうよー」奥さんの呼びかけの言葉に反応して、かーくんの表情を伺う。やっぱり、「無」なぜかーくんは、大人の男性がカエルの口に入ると無表情になるんだ
0
カバー画像

奈良 紅葉のおすすめスポット〜2022年版〜

奈良公園東大寺や春日大社、興福寺といった日本を代表する寺社仏閣が建ち並ぶ古都奈良の中心地。総面積は約660ha。若草の芝生に覆われ、園内は国の天然記念物のシカが愛らしく歩き回っています。遠くに故郷への思いに駆られた阿倍仲麻呂が唐で詠んだ歌「天の原 ふりさけ見れば 春日なる三笠の山に 出でし月かも」でおなじみの風光明媚な若草山(三笠山)を眺めながら、紅葉に彩られた自然景観と古都奈良の悠久の歴史を感じさせる風格ある堂塔伽藍を家族・ファミリーで巡ることができます。奈良公園内にある奈良国立博物館で開催される正倉院展。令和4年(2022)は10月29日(土)~11月14日(月)に開催されます。東大寺二月堂から見渡す紅葉、春日大社境内、そして奈良公園に近接している名勝依水園・寧楽美術館の紅葉がおすすめです。住所:奈良市春日野町ほかアクセス:近鉄奈良駅より徒歩正暦寺正暦3年(992)、一条天皇の発願によって関白九条兼家の子、兼俊が創建しました。境内の3,000本を超えるカエデが秋になる順番に色づきます。木々の黄色と赤の紅葉があでやかに境内を彩ります。紅葉の時期にはJR奈良駅、近鉄奈良駅から臨時バスが出ます。住所:奈良市菩提山町157番地アクセス:近鉄奈良駅よりタクシーで約25分拝観時間: 9:00-17:00(秋の特別拝観、11月3日〜12月4日)拝観料:大人(中学生以上) 800円 小学生 300円(特別拝観期)長谷寺白鳳時代に僧道明上人が天武天皇のために銅板法華説相図を西の岡に安置したことが始まりと伝えられる古刹です。平安時代には貴族、江戸時代には徳川家の崇敬を集め帰依を受けて栄えました
0
カバー画像

願い事のやり方

本日も記事をご覧いただきありがとうございます。ひろです。人について考える。今日のテーマは、「願い事」です。ラーメンを食べ終わって、誕生日用のチョコレートケーキが完成するまで、まだ時間がある。「近くに神社あるから行く?」「有名なとこ?」「かえるの神社。最近、ちょっと話題みたい」「いこいこ!」というわけで、噂のかえるの神社へ向かう。入り口に入り、まず僕らを迎えたのは、赤い針金?で作られたハート型の通り道。「インスタ映えしそうなやつやね」「そうやね。昔はなかったけど」どうやら本当に力を入れ始めている神社らしい。「カエルって縁起がいいって聞いたことある」「ああ、なんか。よみがえるとか、無事かえるとか。いい意味があるらしいよ」へぇ~。あのカエルが・・・。小学校の時、雨が降ると必ず現れたカエル。夏の田んぼは、夜になるとカエルの鳴き声で埋め尽くされる。お盆休み。広島から従兄弟が泊まりに来ると、カエルの鳴き声で眠れないと嘆いていた。あの・・・カエルが。ここではありがたい存在として祀り上げられている。なんか不思議な感じ。「ほら、あの金色のカエル」友人の指差す方向には、金色のカエルが大きな口を開けてこちらを見ている。「金色ってなんかすごいね」「あそこくぐると、いいらしいよ」「カエルの口の中に入るの?」「そうそう!」どうやら、カエルの口に入ると縁起がいいらしい。「なんで?」「分かんないけど」理由は不明。「ちなみにこの神社のご利益って何があるの?」「なんだろう。。多分、縁結びとかその辺じゃないかな」「へぇ~」縁結びか。「なんかお願いしてみたら?」友人がすすめてくる。「基本的に自分のお願い事はしないから
0
カバー画像

思い出のラーメン

本日も記事をご覧いただきありがとうございます。ひろです。人について考える。今日のテーマは、「ラーメン」です。「いらっしゃいませ!」ケーキ屋さんに到着し、早速友人はケーキ選びにはいる。「チョコがいいって言ってたんだけど・・・」色んな種類のケーキが並んでいるショーケース。そこにチョコレートのホールケーキが見当たらない。「チョコレートケーキは売り切れてしまったんですよ」女性店員が申し訳なさそうに声をかけてくる。「どうしようかな・・・」頭をかきながら、考え始める友人。「いつ頃までにケーキが必要でしょうか?」「あ、作れます?」「はい。1時間いただければなんとか。。」「1時間・・・」時計を見ながら考える。「じゃあ、1時間後にまた来るのでお願いします!」「かしこまりました!」店員さんと約束を交わし、1時間の空き時間ができた。「お腹空いてる?」「まぁ、そこそこかな」「福岡らしいもの食べに行こう!」そう言って、友人が提案したのはラーメン屋さん。「一蘭のスープを・・・・・・・」親友のラーメン談義が始まった。少し専門的な用語が多くて理解できなかったが、どうやら、一蘭と関係のあるラーメン屋さんが近くにあるらしい。「そこっておいしいの?」「たぶん。俺も1年に1回食べるかぐらいだから、あんまり覚えてないっちゃんね」それはおいしいって言わないんじゃないのか。心の中でツッコミを入れつつ、彼の紹介するラーメン屋さんに向かう。「いらっしゃいませ」喫茶店のような小さなお店。僕と友人、友人の奥さん、赤ん坊のかーくん。4人席に案内される。「こちらお水です」テーブルに水入りのコップが3つ並べられる。「お決まりになりました
0
カバー画像

意思のある植物

本日も記事をご覧いただきありがとうございます。ひろです。人について考える。今日のテーマは、「食虫植物」です。鳥栖駅に到着!さて、友人は来てるかな・・・。スマホで確認すると、「ごめん。少し遅れるかも」という返信。よし!せっかくだから鳥栖駅を少し探索しよう。大きい駅ではないが、なにか見つかるかもしれない。えーっと。コンビニに、パン屋さんに、あとは駅によくあるうどん屋さんかな・・・。博多駅や天神駅と比べてしまうと、規模が小さくなるのは仕方がない。逆に自分の地元の駅を思い出す。懐かしい。とりあえず小腹が空いたから、カレーパンでも食べるか。パン屋に入ったところで、「どこおると?」友人から連絡。そのまま合流して車の助手席に乗り込む。「今からどこ行くの?」「うちがイチゴを卸してるお店。今日、うちの従業員が誕生日やけん」「ああ、だから待ち合わせが鳥栖駅だったってことね」「そうそう」ああ、全然、競馬目的じゃなかった。むしろ、社長が従業員の誕生日を祝うという、純粋で汚れのない目的のためだった。いつから僕の心はこんなに汚れてしまったんだろう。車の後ろの座席に目をやる。そこには、昨日と同様に可愛らしい笑顔を見せる赤ん坊、かーくんの姿が。「だぁだぁ・・・」かーくん。ごめん、おじさんの心はこんなに汚れてしまったみたいだ。「今日、福岡名物は何か食べられましたか?」僕の視線を感じ取ったのか、奥さんが声をかけてくれる。「それが・・・。植物園の方に展望台カフェというのがあって、そこに入ったんですが」「どうかされたんですか?」「はい。そこのメニューを見たら」・欧州風カルボナーラ・インド風カレー・中華風ラーメン「福岡
0
カバー画像

子どもへのプレゼント

本日も記事をご覧いただきありがとうございます。ひろです。人について考える。今日のテーマは、「プレゼント」です。動物園、植物園も満喫して、いよいよ最後の仕上げ。お土産コーナーに立ち寄ってみる。いつも立ち寄る駅や空港のお土産コーナーと違って、動物園のお土産はぬいぐるみが多かった。動物をモチーフにしたキャラクターのぬいぐるみがズラリと並んでいる。うーん。ぬいぐるみかぁ。お菓子や食べ物と違って、ぬいぐるみをあげて喜ぶ人がほとんどいない。大人になると、ぬいぐるみ自体買わないし・・・。あ!ふと昨日の出来事を思い出す。ぬいぐるみを欲しそうな人が、いた!早速店員さんに声をかける。「子どもが喜ぶぬいぐるみってありますか?」「ございます。何歳ぐらいのお子さんでしょうか」えーっと確か。「1歳2ヶ月です」「そうですね・・・。うちの動物園で最も人気があるのは、コツメカワウソのぬいぐるみです。いかがでしょうか?」店員さんに案内されて、コツメカワウソのぬいぐるみと対面する。か、かわいい。。これを昨日の親友夫妻の子ども。かーくんに与えたらどうなるだろう。想像してみる。ああ、絶対かわいい!「じゃあ、これください!」「かしこまりました」早速、袋に入れてもらう。「このぬいぐるみは手触りも好評なんですよ。お子さん、喜ぶといいですね」「はい!」お土産コーナーを出て、買い物も終了。あとはかーくんにこれを渡すだけ。あ、もしコツメカワウソのぬいぐるみを、もう持っていたらどうしよう。買ってから少し不安になる。ここはメールを送って確認してみよう。「かーくんのために買っちゃった」早速友人に連絡してみる。「ありがとう!」「コツメカワ
0
カバー画像

植物の生きるチカラ

本日も記事をご覧いただきありがとうございます。ひろです。人について考える。今日のテーマは、「植物」です。動物園エリアをようやく回り終えて、次はいよいよ植物園。10月のハロウィンにちなんで、かぼちゃが飾ってあるビニールハウスの中に立ち寄ってみる。ハウスの中にはたくさんのカボチャ。そして、このカボチャの大きさはバランスボールに匹敵する。何をどうすればこんなに大きくなるんだろう。これは食べられるのか。何人分になるのか。太郎くんのお家は6人家族です。おじいちゃんとおばあちゃんと、お父さんとお母さん。そして、お姉ちゃんと太郎君。Q.このカボチャは一体、何人のお腹を満たすことができるでしょうか?先程の動物園クイズにやられているのか、勝手に頭の中で植物園クイズが作られている。A.カボチャを食べ飽きなければ、みんなのお腹を満たされる。実際にカボチャだけ出されても、2日目とかはキツイかも。リアルに考えると、スーパーで出されている野菜や果物の量は一家にとって適正かもしれない。自分の中でのカボチャ論争に決着をつけて、次の植物へ。今度はバランスボールぐらいのサボテン。これは・・・。刺さったら痛いだろうな。人が趣味で飼っている手のひらのサイズのサボテンではなく、大き過ぎるサボテン。いや、砂漠でも耐えられる植物なのだから、本来はこれぐらいたくましい姿なのかもしれない。あ、やっぱり。「将軍」という名前のサボテンも発見。「原産地 ペルー南部」という表記も確認。やっぱり、サボテンは強くたくましいイメージがついているんだ。ペルー南部でも言われてるなら、きっとそうだ。自分の中で納得して次の植物へ。道が開けた先には、
0
カバー画像

動物園の楽しみ方

本日も記事をご覧いただきありがとうございます。ひろです。人について考える。今日のテーマは、「楽しみの見つけ方」です。いやぁ・・・。なめてました。動物園はなかなか広い。動物園の後は博物館。そして、その次は太宰府の国立博物館。という計画だったのですが、動物園を一回りするだけで半日かかりそうな勢い。そして、この動物園はただの動物園ではなく、動植物園。植物園まで併設されている。植物も生き物と言えば、生き物。そういう意味では動物かもしれない。コツメカワウソ、キリン、シマウマ、ツキノワグマ、カバ・・・。時間的に余裕がなくなってきたので、少し早めに見て回る。が、やっぱり、動物クイズは全力で楽しんでしまう。画面にキリンのキャラクターが登場して、Q.キリンは1日に何時間寝るでしょうか?1.15時間以上2.20分3.寝ない問題を出してくる。もう!そんなの決まってんだろ!3番のボタンを連打!!「寝ない~、そんなわけないじゃないか~。寝ないと死んじゃうよ~」知ってたよ(笑)動物クイズは全力で楽しむスタイル。「僕たちは20分しか寝ないんだー」へぇ~。すごい。確かに、サバンナだったら眠っている間に襲われたらひとたまりもない。生きるか死ぬかの場所で生き残るには、20分で身体を休めるスキルが身につくのかもしれない。厳しい環境下でこそ、動物は進化する。これも人間に共通するかも。動物園は学びの宝庫。「チンパンジークイズ~」今度はチンパンジーのキャラクターが問題を出してくる。「僕たちチンパンジーの握力はどれくらいでしょう?」1.80kg~100kg2.200kg~300kg3.1トンすかさず3番のボタンを連打!「ブ
0
カバー画像

動物のモチベーション

本日も記事をご覧いただきありがとうございます。ひろです。人について考える。今日のテーマは、「やる気」です。ゾウコーナーを抜けて、次に現れたのはオランウータン。今回は生存しているみたいなので、早速、檻の中を探してみる。ん?いないなぁ・・・。あ!ずっと遠くにいる。左奥の壁際で、背中だけ出している。一体何をしているんだろう。動く気配がない。しばらく待っても変わらないので、次の動物へ。・・・。うーん。なんだろう。みんな元気がない気がする。訪れた時間が早かったせいなのか。寝ているか、その場にずっととどまっている動物ばかり。活発に動く気配がない。ピンポンパンポーン。「ただいま施設内の温度は30度を超えています。水分補給をしっかりとって、園内を回ってください」館内放送が流れる。そうか、暑さが原因かもしれない。朝早い時間に、勝手に訪ねてきているのは人間の方だもんな。暑い中、お客さんを楽しませよう!という義務は動物達にはない。自然な動物達の生態を見る場所。それが動物園。そう考えると、この子達のモチベーションってなんだろう。もし人間だったら。せまい所に閉じ込められて、エサだけ与えられて生活していたら。やる気を失ってしまう気がする。あ、そっか。最初から檻の中で生活してるから。それが当たり前なんだ。最初から広い世界を知らなければ、生き物は檻の中でも満足できるのかもしれない。これは人間と同じ。人と比べなければ。自分の生活だけちゃんとしておけば、人を妬むこともない。もし、広い世界を知りたくなったら、自分が外に出ればいい。最近は自分が広い世界に出ようとせずに、広い世界の人を批判する人が増えた気がする。なんで
0
カバー画像

当たり前が当たり前じゃなくなるとき

本日も記事をご覧いただきありがとうございます。ひろです。人について考える。今日のテーマは、「命」です。動物園の展示コーナーが終わると、いよいよ動物たちとご対面。最初に目の前に現れたのはゾウコーナー。道中にあらわれる看板には、ゾウに関する豆知識がちりばめられている。「動物園の中でゾウがいちばんごはんを食べるよ。青草やさつまいもなどを一日におよそ100kg食べるんだ」100kg?!すごい。やっぱりゾウほどの大きさだと、食べる量も多いんだ。「当園のゾウは1日約100kgのエサを食べて、約40kgぐらいのふんをします」100kg食べて、40kgのふんをする。食べる量も豪快だが、出す量も豪快。まだ見ぬゾウに期待をふくらませる。つづいての看板。「ゾウの鼻はすごい・水を浴びる・あいさつをする・かゆいところをかく・かき集める・つまむ・つかむ」まぁ、それは知ってたけど(笑)奥に進むにつれ、看板の情報が徐々にうすくなっていく。おっ!あれは、ゾウ・・・の銅像か。「はれた日は、ゾウのぞうがあつくなっています」もうええって(笑)さて、気を取り直して。いよいよゾウとご対面! そう思ったら、「2017年に「はな子」はなくなりました」という看板が。。そうか。福岡市動物園には2017年からゾウが不在なのか。。ちょっと残念。気になって調べてみると、ゾウを輸入するために色々と動いてはいるらしい。ミャンマーから4頭のゾウを受け入れ予定だったが、コロナやミャンマーの治安悪化で予定通りにいかないとのこと。ゾウは動物園にいるのが当たり前だと思っていた。いや、大抵の動物は動物園で見られるものだと思っていた。でも、生き物を飼っ
0
カバー画像

動物の豆知識

本日も記事をご覧いただきありがとうございます。ひろです。人について考える。今日のテーマは、「動物の生態」です。福岡に来て2日目の朝。ホテルのベッドで目が覚める。時間は午前8時半。久しぶりにお酒を飲んで、疲れもたまっていたのか、死んだように眠ることができた。今回の旅行は、本当にいい気分転換になっている。さて、二日目に回る観光スポットは・・・。月曜日が定休日だった施設をスマホで再検索する。・福岡市動植物園・福岡市博物館この2つ。あと気になっているのが、・九州国立博物館国立博物館。という響きには惹かれるものがある。ただ、太宰府方面なんだよな・・・。先にあげた施設は福岡市内で回れる。とりあえず、先に2つを回ってから考えよう。ホテルをチェックアウトし、バスに乗って目的地を目指す。最初に向かったのは、・福岡市動植物園観光で動物園に行くのは初の試み。植物園が併設されているということで、期待も高まる。普段1人で動物園に行くことはない。若い頃にデートで回った記憶があるぐらい。だが、デートに使うのは動物園よりも水族館の方が多かった。もしかしたら、動物園は人生で5回も訪れてないかもしれない。そう考えると、1人で動物園に行くのは初めての経験。カップルや家族連れが多いのではなかろうか。少し不安を覚えつつ、バスは目的地へ到着。「いらっしゃいませ」早速、動物園に入場する。最初は展示のエリアから。動物の骨格や、生態にまつわる知識がたくさん展示してある。予想通り、子ども連れやカップルが多い印象。なるべく邪魔にならないように、早めに見て回る。が、とても気になるコーナーを発見?!「気になるチャンネルを選んでね」とい
0
カバー画像

親友の定義

本日も記事をご覧いただきありがとうございます。ひろです。人について考える。今日のテーマは、「親友」です。「今日は楽しかったよ!」親友夫妻とその息子、かーくんとの食事会は楽しく終了。「ひろちゃん、本当にホテルに帰ると?」「そうだけど。なんで?」「それなら、俺もホテルに泊まる! 部屋空いてると?」奥さんと子どもの前で、突然子どもに戻る親友。「まぁ、空いてるとは思うけど」彼の問いに答えながら、奥さんの顔をちらりと伺う。奥様は笑顔。これは、意外と理解してくれてる感じ。「だって、まだひろちゃんと歌も歌ってないし」ああ、確かに!「前はいつも一緒に飲みに行って歌ってたね」「そうそう」昔、ガールズバーに行って、ガールと話をせずにひたすら焼酎のロックを朝5時まで飲み続けたことがある。「ベロベロになって、面白かったね」「もう一回やりたいっちゃね!」奥様の顔が少し険しくなったところで、話を切り上げる。「今日はこれで帰るけど、明日は絶対うちに来てね!」「もちろん、もともとその予定だから!」友人はお酒を飲むと人恋しくなるらしい。「それじゃ、かーくんもまた明日ね!」「だぁ!」僕が手を振ると、嬉しそうに笑顔で返してくれる。本当にかわいい。「じゃあ、また明日!」「はーい」友人夫妻は車で去っていく。冷たい夜風が頬に当たる。気持ちいい。久しぶりにお酒を飲んだ。明日走るとか、筋トレをするとか。普段から考えていると、自分からお酒を飲むことはほとんどない。これも、「旅行」という普段とは違う行動だから、起きた出来事。古くからの友人と、思い出話を咲かす。本当に楽しかった。さて、ホテルに帰ってゆっくりするか。僕はホテルに向か
0
カバー画像

~ゆっくり、急ごう~ 下道旅④ 福岡県/アプテカ・フレーゴ

前回は宇都宮の餃子チェーン店みんみんさんのお話でした。もし良ければ併せてご参考下さいね。アプテカ・フレーゴ福岡県に車でなければ行きづらいお店があります。そこは連日予約で満席の大人気のイタリアン。アプテカ・フレーゴさん。お店の目の前には畑が広がり、そこで作られている南イタリアの野菜を使った料理が店内で購入、また丁寧に調理されたものが頂けます。どのお野菜も活き活きとしていますし、味わいもしっかりとしており南イタリアを感じられる力強さもあります。福岡県に南イタリアがある。そう感じさせてくれるお店です。食事をさせていただきましたが、どの料理も美味しく感動しました。今回はその中の何皿か紹介させていただきます!福岡県の南イタリア料理まずは突き出しと前菜です。先程申し上げた通り、お野菜を中心とした前菜が美しく盛り付けられています。味わいは言うまでもどれも美味しいです。季節によって採れるお野菜が異なるので1シーズンに1度は訪れたいと思わせてくれます。画像でご覧いただける通り、南イタリアらしい調理法を用いた料理の数々に圧倒されます。そしてピッツァ。マリナーラという最もシンプルなピッツァで、トマトソースにニンニクとオレガノだけというシンプルなもの。※写真ではバジルもトッピングされておりますそれだけに職人の腕が試さるピッツァの一つですが、アプテカ・フレーゴさんのピッツァは1人で2枚くらいは食べれてしまいそうな軽やかさがあります。モッツァレッラチーズが好きな方はマルゲリータももちろんおすすめですよ。ただし個人的な意見で恐縮ですが、本格的なピッツェリアでは、モッツァレッラチーズを食べたい場合にはピッツァ
0
カバー画像

子どもの急成長

本日も記事をご覧いただきありがとうございます。ひろです。人について考える。今日のテーマは、「成長」です。「いらっしゃいませ!」親友のオススメの店に連れてってもらう。「居酒屋だけど、しっかりしてるとこだから」広々とした店内。各席はコロナ対策もあってか、だいぶ離して設置してある。「きれいなお店やね」「うん。ちょっと高級感あっていいでしょ」予約した席に通されて、早速注文。「今日は水炊きでいこうと思うけど大丈夫?」「お、いいね! ぜひ」親友の紹介するお店で、オススメの水炊きを食べる。これだけでも福岡に来て良かった。「こちら、お通しになります」店員さんがお通しを出してくれる。僕と親友、そして親友の奥さんの3つ。赤ん坊のかーくんはそれをずっと見ている。奥さんがすぐさま、お通しをテーブルの隅へ移動する。あれ、どうしたんだろう。「かーくんがすぐ食べようとするから」奥さんの膝の上で待機していたはずのかーくんが、すぐさまお通しに手を伸ばす。「かーくんはこっち」そう言って、奥さんが出したのは離乳食。「だぁ!」嬉しそうにかーくんは離乳食を食べ始める。「なんかすごいね」「かーくん。かわいいっちゃろ。なんでも口に入れようとするけん」「食いしん坊だもんねー」奥さんの腕の中で、かーくんは幸せそうに離乳食を食べ続ける。「食べるものあったら、永遠に食べるから」「食欲すごいね」「うん。最初は心配だったけどね」友人の顔が少し曇る。「何かあった?」「いや、1歳になる前までハイハイが全然できなくって。みんなできるのにかーくんだけ、ハイハイやろうとすると、頭が引っかかって」「そうそう。発達障害かなって心配して」ええ!「どう
0
カバー画像

旅行して良かった場所 2

今まで旅行して良かったと思う場所 その2!アメリカ!その1は日本だったので今回は海外にしました。アメリカは20代半ばで初めての海外旅行だったこともあり、とても思い出に残ってます。(思い出補正大です)会社の友達と休暇取ってラスベガスに3泊してきました。朝起きてからすぐお酒飲んでいろんなカジノ行ってスロットやったりポーカーやったりショー見たり遊園地っぽいところ行ったりして、ずっと二日酔いのまま遊んでました(笑)・・・で、その中でも旅行して良かったと思う場所はグランドキャニオンです。ラスベガスから結構近かったので小型の飛行機でついでに行くか、くらいのテンションで行ったのですが・・・雄大な景色に圧倒されました。写真や動画では感じることのできない、日本で過ごしていたら見ることのなかった景色に、自分のまったく知らなかった自然の大きさに、ただただ感動していました。「世界にはこんな壮大な景色があるんだ」普段の自分の悩みや不満や鬱憤などの些細なことが全て吹き飛ぶくらい衝撃的で強烈な光景でした。自分にとって人生観や価値観が一気に変わった瞬間でした。また、もっと英語勉強しておけば良かったなぁとつくづく思った場所でもあります(笑)みなさんは人生観や価値観が変わった場所ってあるでしょうか?
0
カバー画像

人の可能性の広げ方

本日も記事をご覧いただきありがとうございます。ひろです。人について考える。今日のテーマは、「身近な人で見る可能性」です。プルルル、プルルル。遠くから音が聞こえる。なんだろう。こっちは眠いのに、何で鳴ってるんだろう。・・・。あ!やばっ!!すぐさまスマホを手に取り確認する。「今ホテルに着いたよー」という友人の言葉を最後にメールが途絶えている。周囲を確認する。設置されたテレビ、白いベッド。そして、沸かしていたポット。そうだ!ここはホテルの部屋。風呂に入って、サウナ水風呂で気持ち良くなって、そのまま眠ってしまったんだ。時計を確認。1時間経過している。まずい!急いで返信をして、着替える。「今、ホテルのロビーにいるから」という返信がすぐさま届く。良かった。「ごめん! 遅くなって」ホテルのエレベーターが開いた瞬間、ソファーで待っていた友人に謝る。「いいよいいよ。っていうか、痩せたね!!」僕の姿を見て、友人が叫ぶ。「そうかな?」「痩せたよ! すごい痩せてる!」奥さんと顔を見合わせながら、驚いている。そして、奥さんの腕の中には・・・。「あ、息子さん?」「そうそう。ほら、かーくん挨拶して」目がぱっちりした、まぁるいお顔の男の子。「だぁだぁ」言いながら、こちらを見つめている。か、かわいい!!「今、何歳?」「1歳2ヶ月かな。ほら、ひろちゃんだよ。かーくん」かーくんは、眠そうな目をこすりながらこちらを見ている。ああ、かわいい!「とりあえず、店向かおうか」「あ、ごめんごめん。そうだね」福岡を訪れるのは、コロナ前だから3年ぶり。その3年で友人は夫になって、父になっていた。3年ってすごい!友人の車の中で、3年
0
カバー画像

愛されるサンセバスティアンに愛された⑧

前回はコラカオについてのお話でした。良ければそちらも併せてご参考下さい。今回はビルバオについてのお話です。ビルバオビルバオへはサンセバスティアンからバスで訪れるのがおすすめです。空港もあり、ヨーロッパ各地へのご旅行が可能です。格安でヨーロッパの各地へ行ける航空会社や便があるので、バスクを拠点としている場合にはおすすめです。ただしタクシーで空港まで中心地から25€程かかりますので、そのあたりも含めてご検討ください。ビルバオの街並みは非常に綺麗で歩いているだけで楽しめますよ。ただし、旧市街と呼ばれるエリアは少し危険とも言われております。電車の中心駅付近ですが、旅行ではあまり訪れる地域ではないかもしれません。どのあたりか念のため宿泊先などで地図をもらい確認すると良いでしょう。とはいっても基本的には楽しい街などで適度に恐れるくらいで問題ございません。ビルバオではショッピングや、バル巡り、また博物館に訪れると良いでしょう。サンセバスティアンよりも特にショッピングに関しましてはし易い印象です。現地に住んでいる時はサンセバスティアンではなくビルバオのお店で日用品などを購入しておりました。またお土産もサンセバスティアンよりも見つけやすいかもしれません。バル巡りに関しましては、サンセバスティアンほどではないですが、何回も通っていいと思えるお店が何店舗もあります。スペイン在住時に食べたオムレツで一番美味しいと思えたオムレツはこの街にあります。また次の機会でご紹介させていただきます。博物館はすでに有名なお話かと存じますので割愛させていただきます。サンセバスティアンへの観光をお考えの方がいらっしゃいま