絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

5 件中 1 - 5 件表示
カバー画像

住宅ローン減税の控除率縮小 0.7%になるかも

はじめに 今朝(11月18日)の読売新聞オンラインにこんな記事がありました。 「住宅ローン減税」控除率縮小、自民・宮沢氏「1%からの引き下げは間違いなくやる」 政府・与党は来年(2022年)の税制改正で住宅を購入した際の「住宅ローン控除(減税)」を見直す方向で検討に入ったとの事が報じられていました。当事務所でも住宅ローンに関する相談は非常に多く、お客様の関心は非常に高い内容です。そこで今回は、そもそも 「住宅ローン控除(減税)」 とは何かを含めて、この課題について考えてみたいと思います。 住宅ローン控除とは?住宅ローン減税(控除)制度は、住宅ローンを借入れて住宅を取得する場合に、取得者の金利負担の軽減を図るための制度です。正式名は「住宅借入金等特別控除」と言い、確定申告をすると税金の控除の適用を受ける事ができます。 住宅ローン控除の主な要件 ・住宅ローンの返済期間が10年以上であること ・自ら所有し居住する住宅であること ・住宅の床面積(登記簿面積)が50平米以上 ・床面積(登記簿)の1/2以上が居住用であること ・住宅取得から6ヶ月以内に居住し、適用を受ける各年の12月31日まで引き続いて住んでいること ・控除を受ける年の合計所得金額が3000万円以下 ・中古住宅の場合、以下のいずれかを満たすものであること   木造:築後20年以内   マンション等:築後25年以内   一定の耐震基準を満たすことが証明されるもの   既存住宅売買瑕疵(かし)保険に加入していること 控除できる金額の計算方法 住宅ローン減税によって控除できる額の計算方法は、取得した物件の消費税率によって異なりま
0
カバー画像

最も大きな節税対策?住宅ローン控除とは

おはようございます!「お金」への苦手意識を解消するための情報を発信し、ズボラな私でもできるような「楽」して「お金を管理」できる「楽金(らくかね)」情報をお届けするワーママFPのITSUKIです!本日は「税編」です!先日の記事で少しお話していましたが、私は少し前まで「ふるさと納税」をしていませんでした。それはもっとお得な「節税」がされており、それでほとんどかかる税金がなかったから!そしてその「節税」になっていたものがこの「住宅ローン控除」(と呼ばれていますが、正式には「住宅借入金等特別控除」です)なんです!✨私は家を建てたのがおよそ5年前なのですが、当時、所得税の還付がとてつもない金額になっていたのを見てかなり驚きました🙄もちろんある一定の条件は在りますが、基本的に、「住宅ローンを使って近年家を建てた人は対象になる」制度です。ここのすごいところが「税額控除」というところ!簡単にいうと、4000万円のローンを借りていて、年末の残高が3800万円だとすると、その1%の38万円分まで「税金から差し引かれる」んです!!✨所得税が38万円というと、いろんな控除なしにしても、年収約740万円の方までは所得税がほぼかからない、ということです!!✨さらに、所得税で引ききれない分は住民税からも控除をうけられます!そうなの!?めちゃすごいじゃんー!!✨なんて感動する方もいらっしゃると思います。但しここで注意点。「節税できてると思ってふるさと納税してませんか?」ということです。お客様でも、「毎年ふるさと納税」をしていたから、家を買った後も変わらずしていた、という方が本当に多くてですね…それって「タダで
0
カバー画像

次のYouTubeネタ進捗

ここまでの動画ができました!「ぢゃぶや」「住宅ローン」「住宅ローン控除」「団信」------------------------------------------------------------------------【ぢゃぶや家資産状況】 ・2021年1月ぢゃぶや家を買う ・建物4370万円、土地2135万円、あれやこれや895万円(!?)  →トータル7400万円 10%分くらいはあれやこれやがある ・当時保有現金3900万円 ・住宅ローン5500万円借りた→なぜか?  ・住宅ローン控除>利子(実際は変動金利なので何とも言えないが)  ・手元に現金2000万円残る→運用に回せる  ・団信:死ぬかガンにかかればチャラ   超低リスクでも利回り1.0%保証 ローン利子0.5%より高い   実際は変動(以下略) ・今後のラフな資金計画の話 ・絶対の方針:住宅ローン控除が終了する13年後までに  残額を一括返済できる現金を貯める 約3600万------------------------------------------------------------------------ 次回以降のネタ予定------------------------------------------------------------------------・①13年後までに得るべき金と②13年後以降に得るべき金を明確に分ける  ①・会社の単利1%の資産運用   ・米国高配当ETF180万円。   ・インデックス(オルカン+SP500)  ②・NISA2人分 ・13年後に一括返済したとする
0
カバー画像

ブログ初投稿テスト:次のYouTubeネタメモ

【ぢゃぶや家資産状況】・2021年1月ぢゃぶや家を買う・建物4370万円、土地2135万円、あれやこれや895万円(!?) →トータル7400万円 10%分くらいはあれやこれやがある・当時保有現金3900万円・住宅ローン5500万円借りた→なぜか? ・住宅ローン控除>利子(実際は変動金利なので何とも言えないが) ・手元に現金2000万円残る→運用に回せる ・団信:死ぬかガンにかかればチャラ  超低リスクでも利回り1.0%保証 ローン利子0.5%より高い  実際は変動(以下略)・今後のラフな資金計画の話・絶対の方針:住宅ローン控除が終了する13年後までに 残額を一括返済できる現金を貯める 約3600万・①13年後までに得るべき金と②13年後以降に得るべき金を明確に分ける ①・会社の単利1%の資産運用  ・米国高配当ETF180万円。  ・インデックス(オルカン+SP500) ②・NISA2人分・13年後に一括返済したとするとNISA1000万円しか残らないというリスク・このリスクを低減するために ・頑張って昇格・昇給する ・副業する:今は1.5万円/月程度 ・高配当を13年間受取る4万円/年くらい? ・それでも足りなければ①のETF・インデックスを手放す ・それでも足りなければNISA積立減額 ・それでも足りなければ一括返済しない ・それでも足りなければガンになるか死ぬ・ちなみに13年後でも一括返済はしないのが理想と考えている・なぜなら一括返済分の現金があれば0.5%のローン金利より 高い利回りで資産運用できるから 運用利益>利子・ローン金利が上がってくるなら一括返済も視野に検討
0
カバー画像

住宅ローン控除と住まい給付金の正しいやり方

 2021.12.04こんにちは!管理人のキヨです。 今年の住宅ローン控除は熱いです。なぜなら、①控除期間が13年と歴代最長→私が30年前に住宅ローンを組んだ時は5年でした②最低金利3%→これまた私の時は5%台③住まい給付金がある→最大50万円の給付です④就学支援金制度で確定申告していることが必須になった→源泉徴収と年末調整で終わらせていた方も多いのでは?→住宅ローン控除は確定申告ですのでやっておけば自動的に条件クリアです今回、コロナの影響で色々な制度が発令され、その一環でとてもお得になっています。でも、どうやったらいいんだろう?そうなんですよ。確定申告すらやったことの無い人間にとっては五里霧中の世界です。しかも、きっと一生に一度だけ。その知識がなくて当たり前です。そんな方々の為にその正しいやり方の情報を提供させていただきます。→【住宅ローン控除のやり方をサポートします、実体験に基づく最新情報をお届けします】をご活用下さい⁂ なんとかこのスキルを趣味じゃなく仕事にしたい! ココナラで販売にチャレンジします! 最初の10名様まではココナラ最低出品価格の1000円でやらせてもらいたいと思ってます 応援してくださる方 どうかお願いします!また、住まい給付金の申請方法の情報も提供します。→【住まい給付金の申請方法をサポートします、ご存知ですか?住まい給付金はメディアも知りません!】をご活用下さい⁂ なんとかこのスキルを趣味じゃなく仕事にしたい! ココナラで販売にチャレンジします! 最初の10名様まではココナラ最低出品価格の1000円でやらせてもらいたいと思ってます 応援してくださる
0
5 件中 1 - 5
有料ブログの投稿方法はこちら
カテゴリ一覧