絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

15 件中 1 - 15 件表示
カバー画像

阪神淡路大震災とリスク管理

2022年1月17日阪神淡路大震災から27年。阪神淡路大震災 1.17のつどいと人と防災未来センターに行ってきました。神戸生まれ、神戸育ちで今まできちんと阪神淡路大震災に向き合ってこなかったと思う。自分が住んでいた地域は神戸市でも比較的被害が少なかったため、震災当時は子供だったことや家族・親戚・身の回りの人で亡くなった方はいなかったのもあるかもしれない。今、2022年はリスクの時代と言って良いと思うリスクについて具体的にあげればキリがないが、自分が学生時代に比べて想像もしなかったようなリスクが恐ろしいほどに増えている。テクノロジーの異常な進化スピード。グローバルな2極化した経済格差。地球環境の異常なレベルでの災害の多発。新型コロナウィルスの世界的蔓延。世界的なインフレ。食料資源の急激な減少。薬の調達困難。半導体不足によるデジタルデバイス・家電・自動車・二輪車の供給不足。世界の地政学的リスク(台湾情勢、ウクライナ情勢 etc)地域コミュニティ・地域経済の崩壊。社会不安による自殺・無差別殺傷事件の多発。もはやリスク管理と言っても複雑多様、さらにグローバルにつながっているのでなにがどうなっていてこんな状況になっているのかわけがわからない人が多いだろう。そして、リスク管理するにしてもバラバラにある情報をわかりやすく教えてくれるものは見たことがない。今年の阪神淡路大震災から27年という区切りを機に、今のリスクに対してどのように対応すれば良いのだろうかというある種の使命感のようなものがわいてきた。東遊園地に追悼に訪れたら、かなり大量のメディアが1.17の竹燈籠のまわりを四方八方取り囲んでい
0
カバー画像

中小企業経営のための情報発信ブログ84:企業の危機管理

今日もブログをご覧いただきありがとうございます。今年に入り、新型コロナウイルスのオミクロン株が各地で感染拡大しています。オミクロン株は重症化リスクが低いからといって侮ることはできません。その感染力は強力で、アメリカでは1日当たりの感染者が100万人を超え、欠勤者の急増で社会インフラが機能不全に陥りつつあります。日本でも沖縄では医療従事者の感染が拡大し医療体制がひっ迫しています。昨日、東京都の小池都知事は「(急激に感染拡大している現状は)医療体制だけでなく、多くの事業や社会活動の停止につながる。首都直下型地震に相当する」との認識を示したうえで、「事業継続計画(BCP)について、今回の感染拡大を踏まえ、改めて優先業務を洗い出して応援要員の手配方法や具体的な段取りを支給点検して貰いたい」と述べています。各企業においても、今一度、危機管理体制について点検すべきかも知れませんし、まだ危機管理体制が不十分な企業は危機管理体制をしっかりと構築することです。そこで、今日は「企業の危機管理」について考えたいと思います。 コロナ禍の今、多くの企業が危機管理の重要性を認識していると思いますが、政府ですらこのような状況で危機管理能力の欠如を露呈し、企業、特に中小企業は何をしていいのかわからないというのが現実でしょう。 1.危機管理とリスク管理 危機管理と似た言葉にリスク管理という言葉があります。両者は同一に論じられることもありますが、全く別物です。  リスク管理(リスクマネジメント)は、近い将来から遠い将来まで、これから発生するかもしれないリスクを洗い出し、それらのリスクを回避するための管理活動です。
0
カバー画像

知らないうちに犯罪者にされないように気を付けること

最近実際にあった話なんですけど、ヘッダー制作のご依頼で、お客様から使用希望として渡された画像に違和感があったんですよ。꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°・正方形に切られている解像度低めな写真。(あふれ出るインスタ感)・雑誌に載っているような綺麗なレイアウトなのに ファイルサイズが小さい写真。(プロっぽい構成とチグハグな素人っぽい画像サイズ)・そして他人のブログヘッダーと 酷似したデザインのご希望。(ほぼパクり)꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°これは……(`✧ω✧)キュピ-ン不審に思って調べたら、やっぱり他人のインスタから勝手にとってきた写真でした。あっぶな!うっかりこの画像使ってヘッダー制作してお金もらったら、私が著作権侵害で逮捕されちゃうやつーーー!!パクリデザインをする人って著作権法の存在をまず知らない。ネットで勝手に他人の画像拾って、使おうとしてくるんですよ。デザインをそっくりそのままパクることがダメなことだっていうのも知らない。ネット上のものは大体タダだと思っている人が多いです。モラルのないお客様によって知らない間に犯罪者にさせられることのないよう、ココナラデビューしたてのデザイナーさんたちに注意喚起したいと思います。お客様の持ち込み画像がある時のチェック項目① 写真サイズ・解像度 縦横1000px以下の写真は お客様が撮った写真じゃない可能性が高いです。 解像度の低いjpgファイルにも注意が必要です。 無断で拾ってきたネット上の画像かもしれません。② 正方形の写真 インスタに上がっている写真の可能
0
カバー画像

令和3年9月7日(火)友引☆今日も笑顔で☆

今朝は久しぶりの青空です☆そして秋の空気、清々しい朝です☆SNSでは、富士山の初冠雪だよりがよせられました☆季節ですね〜☆さて、今朝のお話は「ヒヤリハット」についてお届けしよう思いますキャリアコンサルタントと並行して経営コンサルタントもやらせて頂いております私の経営コンサルタントは、主に事業アイディア出しや、新規事業の基本設計、プロジェクトの立ち上げ、などの起案・P進行支援や関連会議のファシリテータなどをさせて頂いております今回は製造業のコンサルケースについて少しご紹介します。製造業では、事故防止策についてのご相談も寄せられます製造業だけではありませんが、生産体制のなかで発生する事故は、自身の怪我だけに留まらず、企業の運営・経営にも支障をきたす重大事項です! 事故を未然に防ぐために、決められたルール、マニュアルを準備し、その通りに作業をしていても、事故に繫がる場合があります中でも”事故”とまではいかずとも、怪我の危険性があるヒヤリハットから対策や改善案をねることが一般的です小さな事故から大事故につながる例も多くありますからこのヒヤリハットを発見するのが「ヒヤリハット報告」ですちなみにヒヤリハットから災害防止に結びつけることを「ヒヤリハット活動」と呼びます「ヒヤリハット」については、厚生労働省の「職場の安全サイト」という専門サイトで「安全衛生キーワード」というページで紹介されています☆彡この厚生労働省の「職場の安全サイト」、色々な安全衛生についての情報が盛りだくさんです参考になると思いますさて、「ヒヤリハット」ですが、その代表的な原因を上げてみますと、・混乱や焦り・疲労・油断・ス
0
カバー画像

私、「見誤らないように」が今年のテーマです。

TVに出ている某占い師さんに、35,36歳あたりでお金に失敗する、だから投資とか色々やらない方がいい、とアドバイスを頂きました💡風の時代に入り、誰もがなんでもやりたくなる、なんでも仕事にしたくなる、スキを形にしたくなるなど、なんとなく雰囲気は変わったな〜と感じているのですが、ここで、『風の時代に乗りすぎて、色々やり始めるところだった!』と思い出しました💦失敗して学ぶこともたくさんあるのですが、お金で失敗はなるべく避けたい!!!なので、フリーランスあるあるですが、各種支払いや、ちょっとしたトラブルが起こった時、一日かけて、落ち着いて、どうするのが一番ベターか、考えるようにしています。(もちろん、慌てていたり動揺している時は特に、一日二日時間をかけると冷静になれます)ベストな選択ができたら良いけれど、せめてベターでおさめよう、そんな風に考えながら、御の字におさまるように「見誤らない」をテーマに、残り3ヶ月、今年もマイペースにがんばります♬メンバーさんも、ちょっとしたハプニング、常に気をつけていると良いことなどあったらシェアお願いします✨(もちろん観ているだけでもOKなので、私の独り言になりますが見てやって下さい 笑)もう少しタスクが残っているので、バランスよく終えて気持ちよく寝よーっと🌟皆さんの明日も穏やかで優しい日になりますように...🍀
0
カバー画像

キッズ多めのユーチューバー(通常のGoogle対策SEOにも関連)に激震、YouTubeがデフォルトで18歳未満非公開へ

海外ニュースメディアが、各所で大きく報道していました。ぜひ、くわしくはそちらのソースを確認してください。「YouTube 13-17 news」検索などで出てくると思います。今後、米YouTubeでおこる変更は以下です。※私の誤訳の可能性はあります。日本のメディアが報じてから判断されることをおすすめします。・動画投稿時デフォルトで18歳未満は非公開に・18歳未満は、休憩と就寝のアラートがデフォルトに・18歳未満は、動画の自動再生がオフに・YouTubeキッズからは、過度な商業コンテンツが削除へかなり厳しめの極端な施策にみえます。ただ、YouTubeをはじめGoogleは機械で自動でできるロジックを好んで実装する傾向があります。今回もそうしたフィルタリングしやすい、設定しやすい、制限なのかなという印象です。関連動画での露出にも影響するでしょうから、ユーチューブへ動画投稿している人は、ひきつづきキャッチアップしていきましょう。なお、Google検索やGoogleアシスタントでも、同様の変更があるようなので、ユーチューブをやっていない人で、SEO対策などをやられている人は、かならずチェックしましょう。また、Instagram IGTVやTikTok、ライブ配信プラットフォームなど、だいたいアカウントも検討してみるのも良いと思います。アマゾンも先日大幅規約改定を行いましたが、GAFAMに対する風当たりがますます強くなっている一方で、プラットフォーマーも規制を強める動きが加速しています。今後もこの流れはよわまることはないでしょうから。では、続報をみなさんでチェックしてみてください。
0
カバー画像

米アマゾンがサードパーティ販売品について補償を進めているという話

米国のアマゾンがサードパーティ問題について、動きはじめています。すでに米アマゾンは売上の6割をサードパーティセルラーが占めると言われています。そのサードパーティセルラーの販売品によるトラブルが多発していることを受けて、対応をはじめたかたちです。アメリカ議会で問題視されるほどのトラブルも起きているようで、対応を迫られていました。・先日、サードパーティセルラー販売品購入に関する利用規約を改定・9月1日からは、トラブルがあれば、直接アマゾンに伝えてよいとなる・さらに8月11日の発表ではトラブルに応じて、最大1000ドルの損害補償を支払うかなり具体的でつっこんだアクションプランになっています。すでに集団訴訟なども多数おきているようですので、サードパーティセルラー問題が、アマゾン内で、それだけ火急の事案となっている所作といえます。アップルをはじめ、GAFAM米国IT大手は、近年非難の矛先になることが多いですが、今回のトラブルはアマゾンの体制が招いた事案です。今後アマゾンがどう火消しをしてくるのか、対応とその後について、EC事業者は引き続き注視していく必要があるでしょう。
0
カバー画像

1年は早いもの

新年度はみごとな青空とすばらしい桜から始まりました.何かいいことが起こりそうです.毎年恒例のある仕事の新年度の打ち合わせをしました.そういえば一年前,この打ち合わせは田舎の実家の小座敷の屏風の前で初めてオンラインで行ったことを思い出しました.今年はビデオでなく名前での参加となりました.オンライン使いもここ1年で随分慣れたものです.もう1年になるのだと感慨深かったです.人間は何事にも慣れるものです.ZoomもMS Teamsもどんどん機能追加が行われていますね.人間もその変化に柔軟に対応していけばいいのですが,新しいことが怖いのも人間の特性です.リスクが何かを抑えつつ,失敗を怖がらず挑戦することは大切です.
0
カバー画像

不機嫌になるとき

不機嫌になる時ってみなさんありますか?実は、この話題はあまり触れたくなかったのだけど、ちょっとチャレンジしてみようと思って。僕は、前よりは減ったのだけど、実はまだ時折あります。不機嫌になる時って、自分に余裕がなくなって、どうしたらよいか分からなくなって、それで不機嫌になってしまうんですよね。不機嫌って、実は自分の中ではかなりやってはいけない事の分類に入っていて、やってしまうたびに、自己嫌悪に陥ります。自分で勝手に余裕がなくなって、自分で勝手に周りに当たり散らす訳だからね。不機嫌になられると、相手はどうしたらよいかわからなくなるし、無駄に気を遣わなくてはならなくなるし、腫物のように扱うしかなくて、だんだん会いたくなくなって、実際会わなくなる。まさに必然の結果だと思います。やっぱりいつも心に余裕を持っていないとね。どういった場合にも対応できるように、あらかじめ考えておくことが大切だと思いました。あなたは不機嫌になることありますか?
0
カバー画像

「若者よ、リスクを取れ」という間違え

リスクを取って行動しろ!起業やお金を稼ぐのにはありがちな言葉ですが、本当にリスクは取るべきなのでしょうか?当たり前ですがリスクを取るって怖いですよね今回は起業には本当にリスクを取ることが必要なのか? についてです。先に結論を言ってしまえば、不必要に大きなリスクを取る必要はありませんえ?起業家ってリスクを取って果敢にチャレンジしてるんじゃないの?そう思われそうですが実は本業を続けながら起業をしたほうが、本業を辞めた人よりも失敗の確率が33%低かったのです。つまり、本業で安定を取りながら副業として起業を始める人のほうが成功しやすいということです。例えばNIKEの創業者は会計士の仕事をしながらトランクにランニングシューズを積んで売っていましたAPPLEのスティーブ・ウォズニアックはジョブズとアップルを創業したがしばらくエンジニアとして普通に働いていたそうですGoogleの創業者は検索エンジンの開発をして会社の設立ができたけれども大学院を優先していました世界的な企業の創業者である彼らでさえリスクを好まず起業は怖かったのだと思います。ただ単にリスクを取るのではなく、必要なところだけ集中してリスクを取り、それ以外のところでは安定を選んでいたのです。非常に合理的ですね!お金も時間も有限なのでどこに絞ってリスクを取るかを考えないと破綻してしまいます。成功者は必要なところでリスクをとり、それ以外では慎重になることで全体的なリスクを避けていたようです。どこかに安定や余裕がないと新しい発想やいい仕事はできませんね起業家はリスクを恐れていないわけではない、ということです。「将来自分でビジネスをしたいな
0
カバー画像

リスク管理って、とっても大事!

リスク管理・・・失敗したときにかかる費用やダメージ、エネルギーが        大きくなりすぎないように対策をしておくことみなさんこんにちは。桐ケ谷悠宇です♪今日はリスク管理についてお話ししたいと思います。ここで、僕が言うリスク管理とは、上で書いたような内容の事です。例えば、友達の悪口を言ってしまい、その友達が傷ついたとします。そして、あなたは失敗したと感じて落ち込んだとします。その時には、リスク管理を怠ってしまっていたことになります。1:あなたは『人の悪口を言ってしまう癖を持っている』という性質を持っている。2:それは、あなたにとってマイナスの事である。3:よって、あらかじめ対策を考えておく4:対策によってあなたにマイナスの事が回避できる  可能性が上がる5:あなたが失敗する可能性が減り、  幸福になる可能性が上がる。これが、もし、リスク管理をせず対策を考えずにそのままにしておいたら、これからもずっと、失敗し続けることになるでしょう。失敗する可能性を減らして、 幸福になる可能性を増やす。人生で幸せに生きていく秘訣だと思います。あなたにも幸せになって欲しいと思い、自分も幸せになっていくために、今日はリスク管理についてお話しさせていただきました♪ご意見、ご感想がありましたら、教えていただけると嬉しいです♪
0
カバー画像

無自覚・・・自分自身についてよくわかっていない状態

自覚・・・自分自身について、はっきりと知ること     自分の状態・地位・価値がどんなものかを、よくわきまえること。     そのわきまえ。     自分で感じ取ること。こんにちは、桐ケ谷悠宇です。今日は『自覚する』ということについて、書いてみようと思います。皆さんは『自覚』していますか。そもそも、自覚しているかなんて、難しいし、よくわからないという声が聞こえてきそうです。そうですよね。これを書いている僕も書きながら、自覚って何だろう?って思っています(笑)だから、さっき辞書で自覚という言葉を調べました。で、自覚とは『自分自身についてはっきりと知る』という事です。よく、『あなたはこういう悪いことした自覚があるの?』とか『自覚をもって行動しなさい』だとか言いますよね。僕はよく両親から言われたことがあるんですけど、なんとなく聞いていただけで、よく分かっていなかったと思います。で、『自覚を持って行動する』の意味からそのままいうと、『自分自身をよく知ったうえで行動する』という事なんですよね。自分自身を知ったうえで行動する?何だかとっても深そうですね。で、僕もこのことについて考えてみたんですけど、例えば、ある場面があって、自分はこれころこういう性質があるからその場面では、こういうことに気を付けなければいけない。とか自分にはこういった良いところがあるから、こういう時にこうできるなといった感じに、自分自身や相手が生きやすくなったり、傷ついたりしないためのリスク管理の事だと思いました。まあ・・・自分はそういう意味ではたくさんのリスク管理をしなければいけない人間なんですけど(笑)自分自身の性質、
0
カバー画像

契約書法務(デューデリジェンス)

デューデリジェンス(略してDD)とは、株式売買、募集株式の引き受けなどの際、対象会社の内容を調査することです。   このデューデリジェンスを盛り込まない場合に何らかのリスクはないのかという問題です。   株式譲渡、出資など(以下、「M&A」という)対象会社の内容(財務、法務、ビジネス、IT、人事、労務、資産の価値等)が重要な取引においては、その契約書に対象会社に関する一定の事項の表明と保証を規定するのが一般的です。   企業買収においては買主側の義務ではなく権利であるとした判例(東京地裁平成18年1月17日、いわゆるアルコ事件)があります。   したがって買主側の方でDD実施をし、その範囲内で問題が見つけられなかった場合には買主側からの損害賠償請求は否定されることにもなります。   そこで、例えば、全株式を譲り受けて完全子会社にしたい会社がある場合に、連結にしても財務上の重要性がないからといって法務DDを省略するのはリスクが大きいと言わざる得ません。少なくとも以下の点は精査することをお勧めします。   対象会社の事業との関連性が不明確な契約、会社関係者との契約はどうなっているか。これを買収した場合に(つまり引継ぎだ場合に)、リスクがないか、ある場合には、それを払拭した内容でM&Aを実施するという内容の契約にしておくなど。   次に、チェンジオブコントロール(いわゆる、支配権変更条項)があった場合の処理についてです。例えば対象会社の支配権が変更した場合、他方当事者が契約を解除できるとしておくなどです。   さらに競業避止義務はどの程度まであるのかについても限度はありますが調査して
0
カバー画像

内部統制でお困りの方へ!

内部統制に20年以上携わった実務経験に基づき、少しでもお役に立てればと、1時間で掴める「内部統制の勘どころ」を取り纏めました。P/Pointx17枚にガバナンス、内部統制、COSO、J-SOX、リスク管理、コンプライアンス、法令遵守のツボを網羅。社会人の素養として、皆さまの内部統制ご理解の一助になれば幸いです。
0
カバー画像

FXで成功を収めるために覚えておきたい大前提

皆さん、おはようございます。 HIROです。 Blog投稿2日目ということでね。 何日続くのか飽き性な僕には検討も尽きません。 市場がオープンして約1時間経ちました。 サマータイムは早起きが必要なので辛いです汗 さて、今日はFXで成功を収めるために 覚えておきたい大前提をご紹介します。 予めお断りをいれておきますが、 今回ご紹介するのはあくまで僕個人の見解です。 世の中にはたくさんトレーダーがいますし、 この考え方こそが正解だなんてものはないと 思ってるぐらいですので。 さ、早速本題に入りましょう。 結論から言っちゃいますと、 「人は確実性を求める生き物である」 ということです。 例えば、世の中の売れているFX商材に 当てはめてみましょうか。 ・必ず結果がだせる取引手法 ・損切りが必要ない手法 ・相場の予測がわかる手法 などなど。 人は物事に確実性を求める傾向があります。 もちろん、僕もそうです。 誰だって損はしたくないし、 リスクだってできれば取りたくないですよね。 ただFXに関わらず世の中の多くの事象は 不確実性なことのほうが多いです。 まぁ確実性なことばかり起きているのであれば なんの苦労もせずに生きられてるはずですし。 トレードもそうです。 ・このトレードは果たして勝てるのか ・今日はどれぐらいプラスになるのか などなど これらが確実にわかってトレードを始める人は いないと思います。 なぜわからないのでしょ
0
15 件中 1 - 15
有料ブログの投稿方法はこちら