絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

2 件中 1 - 2 件表示
カバー画像

住宅費は、長い目での教育費との兼ね合いが大切

家を建てる人の平均年齢は、30代が最も多いのはご存知でしょうか?お子様が生まれて住宅を購入したいと思う方が多く、特にお子様が小学校に上がるときに、その気持ちはマックスになります。お子様が小学生の時は、習い事はしていても、塾などの教育費はあまりかからないため、貯金などもできたりします。そして、この状態がずっと続くと思ってしまいがちです。そのため、住宅購入は、当初考えていたよりも、ローンを多く組んで高い額の住宅を購入する方が多いのです。しかし、ここで考えてみてくださいね?塾や大学の授業料などの教育費が、悲鳴を上げるほどかかってくるのは、子どもが中学生以降です。そして、塾代金と子どもの高学歴は、悲しいほどに比例しています。もし、お子様に高学歴をつけたい場合は、先々かかってくる塾代や授業料などの教育費を予測して、住宅購入費用の予算を割り出してくださいね?これからの時代は、学歴ではない!といわれ続けて数十年、いまだに「東大王」などの番組が人気なので。。わたしも、学資保険などで準備していたので、大学の授業料はまかなえましたが、そこにいくまでの塾代金が、あまり計算していませんでした。ちなみに、塾代金は、河合塾や駿台などが一般的ですので、そこを目安に計算するとよいですよ!in move
0
カバー画像

教育費。大学入学だけじゃない!!!

これね。今、私の周りで中学受験の相談が増えています。小学校受験も去年とはくらべものにならないくらい多いです。世間、世界が究極に不安定な時。我が子に早い段階で教育環境を整えたい、将来、手に職を付けてもらいたい。そのように思う親御さんのお気持ち、わかります!で、皆様、口を揃えて仰るのが「そんなつもりじゃなかったんですけど」「お友達みんな受験を考えてるって言うから」「うちはオール公立の予定だったけど、地元中学の評判が悪すぎて、、、」予定外の大きな出費。特に私のように高齢で出産されたかたは、教育費と、老後の費用をダブルで貯めていかなければならない。えっ、、無理。受験は諦めよう。高校からがんばってもらおう。いや、なんとかなるから、お友達がおすすめする小学校を受験させよう。塾に行かそう。日々、いろんな思いが巡り、悩んでいませんか。一度、じっくりお金と向き合ってみましょう!それからでも決断は遅くないですよ。
0
2 件中 1 - 2
有料ブログの投稿方法はこちら