絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

8 件中 1 - 8 件表示
カバー画像

auユーザーは住宅購入で得をするのか?

今回はauじぶん銀行と肥後銀行の比較をして参ります。auじぶん銀行はその名の通り、au(KDDI)が母体のネット銀行となります。メガバンクの一つ三菱UFJ銀行と共同設立しており、これから様々なサービスが展開されていくのではないかと考えております。 特徴の一つで、「au端末ユーザー」が「じぶんでんき」もセットで加入した場合、住宅ローンの金利を0.1%引き下げるサービスを行っております。その場合、ネット銀行の中でも最低金利の0.31%と破格の金利で住宅ローンを借りれることになります。 ただ、povoユーザーは対象となりません。povoの料金が通話5分込みで2,980円。auの場合ですと、4GB~7GBの通信料で5,980円+5分以内の通話800円になります。 住宅ローン4000万円、35年で借りた時 金利0.31%:100,510円 金利0.41%:102,251円 住宅ローン5000万円、35年で借りた時 金利0.31%:125,638円 金利0.41%:127,813円 住宅ローン8000万円、35年で借りた時 金利0.31%:201,020円 金利0.41%:204,502円 auを35年間使い続ける自信がなければ、素直に通常金利で借入しておいた方が、トータルコストは抑えられそうです。なので、0.31%は2021年5月時点で最低金利ではありますが、この数字は使いません。 こちらが簡易比較表となります。前回肥後銀行と比較したイオン銀行と似たように見えます。イオン銀行との違いは、土地と建物の分割融資を行っていない点になります。 イオン銀行と肥後銀行の比較はこちらを参考にしてくださ
0
カバー画像

これからのメインスマホ

こんばんわ ジンです。久しぶりの投稿になります。頻度はこれから少し減るとは思いますが、またちょこちょこ更新をしていくつもりです。これから事業転機にも向け忙しい日々が続いておりましたのが落ち着き始めたのでまた見てくださっているみなさまよろしく願いします。今月の3月から始まるメインキャリアたちのオンライン申し込み、おおよその値段が横並びになった中、普段から使っているキャリアのままでいいかなって思う人も最初のドコモの発表から増えてきているのではないでしょうか?その中でどうしようかなと悩んでいる方は是非参考にしてもらえればと思います。現時点でお勧めしたいのは・ahamo(2780円)KDDIが出してきた分離プラン2480円に対抗すべく、5分無料の通話定額をつけた状態でこの価格、さらにユーザーの抵抗値である3000円を消費税込みでも下回る満足感もあります。今はまだコロナ禍で海外への旅行も難しい状態ではありますが、海外のでのローミングも込みで考えれば国内外問わず、選んでいいでしょう。またエリアの安定感も抜群でいう事なし。さらにd払いやポイント制度もかなり優遇しているので、これからのキャッシュレス、モバイル事業も安定して利用してもらえると思います。・楽天モバイル(0円~980円~1980円~2980円)中級者向けにはなってきますが、楽天経済圏にも加入でき利用する容量にもかかわってきますが、通話し放題、通信し放題、かつ使わないユーザーにも0円から持てる解約防止の怒涛の策。エリアに関してはまだまだ劣りますが、設備投資金額は2021年には使い物になるエリアと言って差し支えないでしょう。2021年3
0
カバー画像

各社出そろった中容量廉価プラン

こんにちは ジンです。後出しジャンケンのauのプラン発表が本日ありました。これでMNO4社すべて4G,5Gの料金を出した形になります。恐らく、プラン分けしてきたauにドコモ、ソフトバンクも追従する形になるでしょう。2480円のプランは非常に魅力的で、中高生であれば親御さんも納得してご利用いただけるかと思います。注意しなければならないのが、ソフトバンクとドコモとは違って5分間の何回でものかけ放題がついていない事(オプションでは+500円)ラインの電話がメインである学生では問題ないと思われますが、大人の利用であればお店や会社に電話することがあればご注意ください。また、+200円で制限なしの無制限にも出来るオプションも追加されており、どこまでの無制限なのかは気になるところ。ポケットワイファイは死亡間違いないですし、ゲームなど重たいやり取りをしていない家庭であればそれこそ利用する時に使い分ければ家のネット自体もいらなくなります。UQモバイルも1480円で3Gのプランがでてさらに繰り越しも出来るようになってしまっており、格安SIM(LINEやOCN、BIGLOBEなど)の3GBは平均して1500円前後。回線が貧弱で値段が同じであればするメリットは何もないですね。前に記述したお小遣い稼ぎやyoutube専用機としてであればまぁ契約自体はメリットしかありませんが、常用する、メイン回線しか持たないという方にはおとなしくMNOでいいんじゃないか?って思います。現時点の7割の方が20GB以上のプランに入っており、その1割未満の方が15.5GB以上使っているとの発表がありました。格安SIMはもう3G
0
カバー画像

auのプランは失望?

こんにちは ジンです。ahamoの後に発表されたauの発表会。多くの方が落胆した。と声をネットであげておりました。単純な話だけで言えば・20GBで2980円のドコモ・5G使い放題で9480円のau確かにここだけを抽出すると圧倒的なブーイングもわかります。しかもわかりにくい料金体系はいただけませんでした。それなら割引なしで9480円のほうが良かったのではないかと感じます。現状、満足にエリアもきてなければサービスもない段階でこれでは消費者は納得しないのは見えていたはず。auは映像系に今力を入れているように見えますが、例えばアマゾンプライム、DZAN、ネットフリックスなどこれらのサービスが常時、VR形式でサービスを始めたら?映画館で見ている以上の3Dサービスや物語の主人公の目線となって映画が進むような視野角の共有する映画など5Gであればコンテンツの幅の広がりは計り知れません。あくまで「現段階」での評価は下回ってしまったかもしれませんが、では5Gが供給されて、コンテンツも充実した際にどちらが良いのでしょう?コネクテッドシティのように、常時IOTを必要とする街や、自宅でVRゴーグルを常用しだした時代であれば不思議な料金ではありません。それこそeスポーツも盛んになり、定着した段階でゲームにも応用できると思います。Beat Saberよりももっと複雑なFPSだったり、今はやりのAPEXも視点が自分の視野角で行われるとしたら・・・。この5Gの料金も個人的には違和感はありません。現状4Gがまだ主流な段階で、5Gコンテンツもほとんど浸透していない現状では意味もなければ高いだけではありますが、ドコモ
0
カバー画像

今一番辛いのはau

こんにちは ジンです。ahamo発表からモバイル業界はかなり慌ただしく情報が錯綜しております。打ち出すはずだったプランの改定やシステムの改善。MNOキャリアからサブブランドを巻き込んだプラン改定。さらにMVNOに貸し出ししている回線の料金変更や通話料金の変更など、こちらまでは届かないものの各キャリアでは対応に追われていることでしょう。さて、このモバイル騒動今一番大変なのは「au」です。・ユーザーからの期待感でいっぱいなdocomo安定の通話、通信品質で20GBの容量を使えるのは破格。経済圏はまだ持っていない事と、今回のプランがお一人様用で固めていることからターゲットをかなり絞ってきて現代のニーズに合わせてきた。囲い込みから少し外してきた所を見るとハンドセットとDカードのみに絞ってきたか?・一年間無料、かつ2980円でデータ、通話し放題の楽天一番ネックになっているエリアを無料期間内に90%以上にすればやりすごせる可能性は高い。品質が同程度であれば使う放題というのは大きなメリット。通話かけ放題もahamoなら3980円、楽天なら2980円のまま。楽天経済圏の方であればSPUもあがり、ポイント充当で支払いまで出来る。3月までにどこまで安定させられるか?が勝負の肝になりそうです。他には楽天の付随するサービスに「楽天モバイル契約者限定で+@」というSPUだったり、他の特典などがあれば完全に住み分ける事でしょう。・paypayで覇権をとってきたソフトバンク楽天と同じように経済圏を大きく持ち出したソフトバンク。paypay経済圏で楽天と同じ土俵に立てる。優位店は先行して安定したエリア。周波数
0
カバー画像

auの最安プランを教えます!

やまちゃんです♪ 最近は格安SIMや5G等、スマホ関係の情報がたくさん出回っています。そんな中スマホ料金を安くするための情報をやまちゃんブログでも記事にしてきました。 格安SIMを使えば安くなるのは分かったけど・・・ 読者の皆さん 読者の皆さん これまでに数社のMVNO、格安SIMの紹介をしてきました。なので、この記事を読んでいるあなたはスマホ料金を安くする方法を知っているはずです。 しかし、実際に格安SIMを使ってみたいけど初めてだから分からない。やっぱり大手キャリアが安心して使える。という声もあるはずです。 そういうあなたへ向けて今日は記事を書いていきますのでぜひお読みください。 ちなみに今日はauのスマホ料金プランのお話をします。ドコモ、ソフトバンクは次回やりますね~! 共通部分のプラン まず、一番最初にどのプランにしても関係する共通的な部分から説明します。 通話プランは2種類しかないので難しく考えないで行きましょう。 通話プラン名 料金 特徴 通話定額 1,700円/月 国内通話が24時間かけ放題 通話定額ライト 700円/月 1回の通話が5分以内であればかけ放題(回数制限なし) 最安プランはこれだ! ごちゃごちゃ説明する前にもう答えいいますね。 一番安いのはこれだよ!!もう最初におしえちゃうよ! その名も「新auピタットプランN」です。 元々はただの「ピタっトプラン」でしたが、新しいプランがころころ出て名前が変わりました。 割引後の料金だと月額1,980円です。 こちらのプランの料金を細かく見ていきます。 ①データプラン料金=>2,980円/月
0
カバー画像

ahamoフックに続きpovoフック…

みなさんこんにちは❗️たぴです❗️本日は料金プランのお話しでは