絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

18 件中 1 - 18 件表示
カバー画像

【Google】は2022年3月に製品レビューをリリースし、追加のランキング基準を追加しました。

Googleは2022年3月に製品レビューをリリースし、追加のランキング基準を追加しました。新製品レビューの更新では、詳細な分析、実際の製品の使用、固有の情報、および同等の製品カバレッジが求められます。Googleは、製品レビューの更新の第3バージョンの展開を開始しました。これは、検索者にとって最も有用で役立つWeb上の製品レビュー関連コンテンツのランク付けを対象とした検索ランキングアルゴリズムの更新です。最初の製品レビューアップデートは2021年4月8日にリリースされ、2番目は2021年12月1日にリリースされ、現在3番目は2022年3月23日にリリースされています。新しい名前は2022年3月の製品レビューアップデートです。 Googleの製品レビューが更新されました。 Googleの製品レビューの更新は、ウェブ上に表示されるテンプレート情報の多くを超えたレビューコンテンツを宣伝することを目的としています。グーグルは、検索結果のランキングでこれらのタイプの製品レビューを宣伝すると述べた。 Googleは、「一連の製品を単純に要約した薄いコンテンツ」を含む低品質の製品レビューを直接罰しているわけではありません。ただし、そのようなコンテンツを提供し、他のコンテンツが自分より上に宣伝されているためにランキングが降格されている場合は、間違いなくペナルティのように感じられます。技術的には、グーグルによれば、これはあなたのコンテンツに対するペナルティではありません、グーグルはあなたより上のランキングでより洞察に満ちたレビューコンテンツでサイトに報酬を与えるだけです。 技術的には、この更新
0
カバー画像

【WordPress制作サービス購入者向け】最低限の準備!サーバー・ドメイン・解析ツールの契約から導入とテーマ購入

こちらのサービス購入にあたり、新規でWebサイトやHP制作の納品を希望される方は、ご自身で設定していただく必要がございます。なぜなら、エックスサーバーとエックスドメインとテーマ購入は、僕に金額を支払うわけではなく、各提供元に支払っていただくからです。特に、エックスサーバーとエックスドメインは記事や画像のデータの管理であったり、個人情報を含むIPアドレスなど、情報漏洩に大きくつながります。WordPressのテーマ購入も、こちら側で全て用意する場合はライセンス取得をしなければならず、法に触れる可能性が大いに考えられるためです。お手間をかけさせてしまいますが、料金は別途でかかることは変わりません。お客様に安心・安全にWordPressでのWebサイト制作と運用をしていただくためですので、ご了承ください。※Googleアナリティクス・Googleサーチコンソールは完全無料でご利用できますので、もしGoogleアカウントのメールアドレスやパスワードをご教示いただけるのでしたらこちらで設定・導入します。その場合は後にパスワードの変更を推奨します。※それぞれココナラブログです。転載も可能ですのでご自由にお使いください。1.エックスサーバー契約〜入金まで2.エックスドメイン契約〜入金まで3.WordPressテーマ購入〜入金まで4.Googleアナリティクス登録5.Googleサーチコンソール登録6.Googleアナリティクス・Googleサーチコンソール紐付け
0
カバー画像

【WordPress】Googleアナリティクス・Googleサーチコンソール紐付け

💡このような方必読です!✔︎僕に自社メディアを制作・運用のアドバイスをもらいたい方✔︎これからWordPressで自社メディアを運用していきたい小規模事業主様✔︎ブロガー・アフィリエイター初学者✔︎Web制作を学びたいWebデザイナーWebメディアを制作して納品するにあたり、僕は運用保守の費用をいただいておりません。サーバーの契約やテーマ購入はもちろん、運用の際に何か不具合が起きた場合にも全て担当者様ご自身で知見を培っていただき、無駄な制作費用と労力を削減していただくのが僕の役割だからです。それに今はWebサイト制作”だけ”に数十万〜数百万もかける必要はないためですね。残念なことに、「効果を最大化する!」と言って施策を紹介しただけの制作会社やマーケティング会社があるのは事実で、本当に効果がでると思い込みすぎて時間もお金も労力も損をするという企業様もいらっしゃいます。言い方は悪いですが、”情弱を辞めていただく”ために僕のサービスは存在しているんですよ。「いや待て、お前も結果出せないんじゃないのか?ただ作ってアドバイスして、はいサヨナラじゃないのか?」と疑心暗鬼になられたかもしれません。おっしゃる通り、「サヨナラまではしませんが、作って終わりでアドバイスして終わりです。」なぜなら、自分の結果は出せても、他の人の結果を出せる人はWeb周りの企業・個人でWebが発達した今でも一握りだからです。Webでなくても、例えば営業で部下は上司に同行しながら営業力を高めていきますが、どんなに上司があーだこーだ言いつつも背中を見せたって、結局やるのはその部下じゃないですか。僕のサービスが格安で成果の
0
カバー画像

【WordPress】Googleアナリティクス 登録

💡このような方必読です!✔︎僕に自社メディアを制作・運用のアドバイスをもらいたい方✔︎これからWordPressで自社メディアを運用していきたい小規模事業主様✔︎ブロガー・アフィリエイター初学者✔︎Web制作を学びたいWebデザイナーWebメディアを制作して納品するにあたり、僕は運用保守の費用をいただいておりません。サーバーの契約やテーマ購入はもちろん、運用の際に何か不具合が起きた場合にも全て担当者様ご自身で知見を培っていただき、無駄な制作費用と労力を削減していただくのが僕の役割だからです。それに今はWebサイト制作”だけ”に数十万〜数百万もかける必要はないためですね。残念なことに、「効果を最大化する!」と言って施策を紹介しただけの制作会社やマーケティング会社があるのは事実で、本当に効果がでると思い込みすぎて時間もお金も労力も損をするという企業様もいらっしゃいます。言い方は悪いですが、”情弱を辞めていただく”ために僕のサービスは存在しているんですよ。「いや待て、お前も結果出せないんじゃないのか?ただ作ってアドバイスして、はいサヨナラじゃないのか?」と疑心暗鬼になられたかもしれません。おっしゃる通り、「サヨナラまではしませんが、作って終わりでアドバイスして終わりです。」なぜなら、自分の結果は出せても、他の人の結果を出せる人はWeb周りの企業・個人でWebが発達した今でも一握りだからです。Webでなくても、例えば営業で部下は上司に同行しながら営業力を高めていきますが、どんなに上司があーだこーだ言いつつも背中を見せたって、結局やるのはその部下じゃないですか。僕のサービスが格安で成果の
0
カバー画像

【Google】は2020年に検索に4,500の変更を加えました。

Googleは2020年に検索に4,500の変更を加えました。Googleはまた、検索の仕組みのウェブサイトを更新しました。Googleは本日、Google検索の仕組みのウェブサイトポータルを更新し、検索会社が2020年に検索するために4,500の「改善」を行ったことを知らせた。「2020年だけで4,500のそのような改善があった」と同社は述べた。4,500の変更。Googleは2020年にGoogleがGoogle検索に4,500の更新をしたと言った。これらの変更には、ランキングの変更、ユーザーインターフェイスの変更などがあります。比較すると、2019年にGoogleはGoogle検索に3,200の変更を加えました。さらに振り返ってみると、2010年には、Googleが1日に約1回変更したことを取り上げました。グーグルは2019年に2009年に約350-400の変更を加えたと述べた。明らかに、Googleは何年にもわたってそれらの変更を促進し、グーグル検索を更新する速度を上げています検索の仕組みサイ​​トを更新しました。Googleはまた、「検索の詳細を説明する完全に再設計された検索の仕組みのウェブサイト」を立ち上げました。 2013年、Googleは最初に説明的なインフォグラフィックを備えたHow SearchWorksサイトを立ち上げました。このサイトには、スパムのためにGoogleが削除したページの例を表示するなど、かなりすばらしい機能がいくつかあります。Googleはそのスパム機能を廃止し、2016年にポータルを再開し、一般の人々がGoogle検索の仕組みをどのように
0
カバー画像

【Google】広告が中小企業で機能しなくなった理由を説明。

Google広告が中小企業で機能しなくなった理由を説明します。Googleは、中小企業がGoogle広告プラットフォームを使用するだけで成功するという印象を与えました。それがもはやそうではないかもしれない理由を学びましょう。Google広告はもはや中小企業向けではありません。私の代理店や他の多くの代理店は、月額3,000ドル未満のメディアを使用する新規クライアントにとってGoogle広告の効果が薄れることをますます見ています。ちょうど1年前、新しい小さなアカウント($ 3,000 /月未満)を持つ企業が、すべての業種で最初の1か月の広告を掲載した後、平均して3:1の広告費用対効果(ROAS)を達成しました。小規模アカウントの平均ROASは1.5対1であり、過去6か月でもほとんど損益分岐点に達していません。もちろん、これは1つの機関の経験にすぎません。そこで、私は知っている他の代理店の所有者に連絡を取り、FacebookやTwitterで、他の人が何を見ているのかを尋ねる質問をしました。 まだ十分な利益を主張している人もいれば、私が見ているのと同じことを見ている人もいるようです。Google広告は、月額3,000ドル未満の企業では機能していないようです。Google広告が中小企業で機能しないのはなぜでしょうか?過去数年間、Googleはゆっくりとしかし確実にゲームを変えてきました。これらの変更の一部は、プライバシーの名の下に行われました。あまり洗練されていないマーケターのためにプラットフォームを管理しやすくすることを装ってやってきた人もいます。しかし、Googleはより多くのお金
0
カバー画像

【Yelp】は「ワクチン接種の証明が必要」と「スタッフが完全にワクチン接種された」プロファイル属性を導入します。

Yelpは「ワクチン接種の証明が必要」と「スタッフが完全にワクチン接種された」プロファイル属性を導入します。ユーザーはこれらの属性を使用して検索をフィルタリングできるようになり、Yelpはそれらを追加する企業のレビューを監視しています。2つの新しいCOVID関連のプロファイル属性である「ワクチン接種の証明が必要」と「スタッフが完全にワクチン接種された」属性を導入すると発表しました。ユーザーはこれらの属性を使用して検索をフィルタリングでき、「ワクチン接種の証明が必要」属性が検索結果に表示されます。「アイデンティティ属性であれワクチン接種属性であれ、これらの属性の1つを選択する企業のコンテンツをプロアクティブに監視するために、追加の安全対策を講じています」と、Yelpのユーザーオペレーション担当副社長であるNoorieMalikはSearchEngineLandに語りました。そのため、これらのビジネスに関する不快で有害なコンテンツを積極的に探しています。」COVIDのデルタバリアントが急速に普及していることを考えると、これらの属性は、顧客が地元の企業を訪問するときに安全であると感じるのに役立つ可能性があります。 。また、Yelpの「追加の安全対策」は、ビジネスでの直接の経験ではなく、COVIDワクチンに関するスタンスに基づいてレビューを残そうとしている悪意のある人物からの潜在的なブローバックを抑えるのに役立つ可能性があります。企業のワクチン接種要件を批判する顧客からのレビューは、YelpのCOVIDコンテンツガイドラインに違反しています。発表によると、今年のこれまでのところ、同社は
0
カバー画像

【Bing】すべての機能をバイナリにする検索の関連性を向上させるためのスパースニューラルネットワーク。

【Bing】すべての機能をバイナリにする検索の関連性を向上させるためのスパースニューラルネットワーク。MEBは、純粋なセマンティクスを超えた関係を理解することにより、Bingが検索意図に近づくのに役立ちます。Bingは、本番のTransformerモデルを補完して検索の関連性を向上させる大規模なスパースモデルである「MakeEvery feature Binary」(MEB)を発表しました。現在、すべての地域と言語でBing検索の100%で実行されているこの新しいテクノロジーにより、上位の検索結果のクリック率が2%近く増加し、手動によるクエリの再編成が1%以上削減されました。ページ付けのクリック数が1.5%減少します。 MEBが行うこと。MEBは、単一のファクトを機能にマップします。これにより、個々のファクトのより微妙な理解を実現できます。MEBの背後にある目標は、人間の精神が潜在的な答えを処理する方法をよりよく模倣することであるように思われます。 これは、「______が飛ぶことができる」の空欄に記入するときに過度に一般化する可能性のある多くのディープニューラルネットワーク(DNN)言語モデルとは対照的です。Bingは例として提供しています。ほとんどのDNN言語モデルは、「鳥」という単語で空白を埋める可能性があります。 「MEBは、各ファクトを機能に割り当てることでこれを回避します。そのため、ペンギンとツノメドリなど、飛ぶ能力を区別する重みを割り当てることができます」と、Bingは発表の中で述べています。鳥、またはそのことに関する任意のエンティティまたはオブジェクトを特異にす
0
カバー画像

【0からはじめるSEO生活】vol.1【検索エンジン】

①インフルエンサーである【検索エンジン】企業が商品をつくったとき世の中に知ってもらうために有名人やインフルエンサーに頼んで宣伝してもらいますよね。Webサイトも同じです。サイトを作ったら誰かに見てほしいとおもうでしょ?(基本的には)そんなときに宣伝してくれるインフルエンサーが【検索エンジン】なのです。②【検索エンジン】の種類 日本でのシェアは2021年5月現在・Google 75.69%・yahoo  16.25%・bing    7.49%yahooはGoogleの検索データを利用しているのでGoogleが90%以上になっています。引用元: Desktop Search Engine Market Share Japan | StatCounter Global Stats要は Googleの検索エンジンにどんなWebサイトかを伝えることは重要 ってことですね。③モバイル(=スマホ)優先に!PCとモバイルの検索回数はモバイルでの検索の方が多くなっています。ですから、GoogleはMFI(モバイルファーストインデックス)というモバイル版のサイトを積極的に評価する宣言をしています。さらにPCとモバイルでは検索結果の表示が異なります。モバイルでは動画や画像が表示されることが多い傾向にあります。ここで注意なのがGoogleがモバイル優先するといっても自分の目的とする人に合わせて対策を取らなければいけません。PCはあってもスマホを持ってない層にアプローチしたいときモバイル優先でWebサイトを作るのはまずくないですか?目的に合わせた対策が必要なだけです。
0
カバー画像

【Google】2020年12月のコアアップデートが完全に公開されました

サイトが悪影響を受けた場合は、分析とデータを確認し、必要な手順を実行してください。グーグルは「2020年12月のコアアップデートの展開が完了した」と述べた。 以前に報告したように、Googleからわかって いることは、2020年12月のコアアップデートが12月3日木曜日の午後1時頃に開始されたことです。すべてのコアアップデートと同様に、これはグローバルアップデートであり、特定のものではありませんでした。 Webサイトの地域、言語、またはカテゴリ。これは、Googleが数か月ごとにリリースする古典的な「幅広いコアアップデート」です。この場合、通常の3か月の時間枠とは対照的に、確認された広範なコア更新から最長のストレッチであり、7か月弱かかりました。 大きなアップデートでした。多くのツールプロバイダーとSEOコミュニティによると、このアップデートは非常に大きなアップデートでした。マイナスまたはプラスの影響を受けた多くの人は、以前のレベルのオーガニック検索トラフィックの10%から100%を超える増減を見ました。 以前の更新。 最新の以前のコアアップデートは2020年5月のコアアップデートでした 。このアップデートは 大きくて広範囲で あり、完全に展開されるまでに数週間かかりました 。それが2020年1月のコアアップデートである前に、 ここでそのアップデートに関する分析を行い ました。その前のものは 2019年9月のコアアップデートでした。そのアップデートは 以前のコアアップデートほど大きな影響はなかったと多くの人が言ったように、多くのSEOやウェブマスターにとっては弱いと感じまし
0
カバー画像

SEO対策のプロが本気で教える!これだけSEO必須7選

このブログ記事では、 ✅もっと検索順位を上げたい!✅もっとアクセスが来るようにしたい! ✅自力で検索エンジン対策ができるようになりたい!!  こんなことをお考えの方におすすめの内容を書かせてもらっています。 後半は有料パートとなりますので、 それがご自身に必要であるかどうかを、前半の無料パートを読んでご判断ください。※有料パートは、期間限定の特別価格で公開中です。また有料パートご購読者様には通常『この価格ではありえない特典』もお付けしておりますので、ぜひご活用ください。▽ここから前半(無料)パート■一年中閑古鳥が鳴いているホームページ「せっかくお金をかけてホームページを作ったのに、誰も見に来てくれない・・・」 「検索しても自分のホームページが出てこない・・・」弊社にお問合せをいただく方たちの多くは、このような悩みを抱えていらっしゃいます。 最近特にご相談を多くいただくのは・10年以上前にホームページを開設された店舗のオーナーさん ・新規にホームぺージを立ち上げた治療院や女性向けサロンのオーナーさん・WixやJimdoなどでホームぺ―ジ運営をされている方・ホームページ担当がいない企業の経営者さん ・ココナラで格安のホームページ制作を依頼された方などです。そしてその大半が、 ・SEOって何?・検索エンジン対策って何をすればいいの? ・とりあえず新着情報やニュースだけは更新してるけど・・・  という方たち。 正直にお伝えしますが、 検索エンジン対策のやり方を知らずして、お客さんがやってくるホームページを作ることはできません。ですので、一年中閑古鳥が鳴いているホームページから脱
0 500円
カバー画像

SEOコンサルタントが教える効果のあるSEO対策の総まとめ

こんな悩みありませんか?ホームページを作ったけど、なかなか事業の利益につながらない。購入や資料請求・お問い合わせが全然来ない。そんな悩みをお持ちの方も多いかと思います。そもそも、ユーザーがホームページを訪れているのでしょうか?Google Analyticsなどのアクセス解析ツールを使えば、どのぐらいのユーザーが訪れているか具体的な数値が見ることができます。しかし、ほとんどのホームページは訪問者がそもそも少ないのではないでしょうか?ユーザーに訪れてもらうためには、検索結果の1ページ目、最低でも2ページ目までに入る必要があるというととはよく言われます。検索する人の多くは、2ページ目まで見て、目的の情報が見つからないと検索キーワードを変更するからです。しかし、1ページ目に表示されたとしても、どうでしょうか?検索順位別クリック率以下はSISTRIX社が公開した2020年7月の検索順位別クリック率です。1位 28.5%2位 15.7%3位 11.0%4位 8.0%5位 7.2%6位 5.1%7位 4.0%8位 3.2%9位 2.8%10位 2.5%(引用元:Why (almost) everything you knew about Google CTR is no longer valid – SISTRIX)上記の通り、例え1ページ目でも10位だと、たったの2.5%です。なので、2ページ目に表示されたとしても、クリック率は非常に低いのです。それに対して、1位ならば、28.5%というすごい数値が出てます。SEO対策の効果を、享受するには、検索結果画面(SERP)の1ページ目に表示され
0 500円
カバー画像

「GAFA」に司法のメス‼️

GAFAって❓ 知らない方もいるかも知れませんが、グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンの4大大手IT企業の頭文字のことです。 アメリカの司法は1998~2002年にマイクロソフト(MS)に訴訟を起こし、今回がIT大手に対する2回目の大型訴訟となります。 さて、今回のグーグルが何故、独禁法のターゲットにされたかというと、私たちが普段、何かしらの検索をしている検索エンジンと呼ばれるもの、これ全てグーグルがベースなんです。 ここから個人情報を収集してビッグデータになり、そこに広告を浴びせて収益を得る… グーグルは大き過ぎるから一人勝ち❣ ってことが独禁法に当たるというんですね。 確かに大きい企業でなければ、大した収集力ではないから目に留まることはないでしょうけど、グーグルだからなんですね。 2005年から始まったYouTubeもその翌年にはグーグルの傘下となりましたから、全世界中で猛威を振るっているのが分かりますね。 ちなみに、自分は Yahoo!で検索してるよ!という方、この Yahoo!検索システムのベースにはGoogleのエンジンが使われています。これは他のポータルも全てです。グーグル無しに検索は出来ないんです。 時代のニーズにマッチして巨大化してきたグーグル。 世の中のためになっていると思いがちですが、路線を誤ると悪いことにもビッグデータが利用されると司法は目を付けたみたいです。 Adsence(アドセンス)と呼ばれる広告収入で稼いでいるユーチューバー達の収入にも影響が出そうな今回の訴訟、目が離せません👀
0
カバー画像

ネット上の「検索行動」

SNSが流行する以前はGoogleやYahoo!などの検索エンジンで何でも検索をしていましたよね。今や検索行動は2種に分かれ、TwitterやInstagramなどのSNSで検索する方法もあります♪ネットショッピングはもちろん旅行の予約の場合でも、まずはSNSでチェックして気になる商品や観光地を見つけたら、その後Googleなどで詳細をチェックして購入や予約に至る。さらにその後のレビューはもちろんSNSに戻って写真と感想をアップ★といった方が多いのでは?!検索エンジンでの対策はもちろん、SNSでのハッシュタグなどもしっかり対策していく必要がでてきたことがわかりますね!ユーザーが個人で発信し情報を広げる時代です!「映え」や「バズ」を狙うなら、そもそもの商品やサービスの価値が本質的に良くないとマーケティングとして使えるようにはなりません。今後は企業側、サービスを提供側としては良い口コミを増やす努力、SNSや検索エンジンからの行動サイクルの認識などが必要になっていきそうです★
0
カバー画像

SEO対策に関して、よく頂くご質問をまとめました。

弊社ではSEOに強いホームページ制作サービスを提供していますが、事前のお見積時にかなりの確率でSEOに関するご質問を頂きます。しかもそのほとんどは「同じような」質問内容であることが多いです。結局のところ、「SEO対策とかって言葉は聞いたことはあるけど、中身についてはイマイチよくわからない」という方がほとんどなんだと思います。恐らくは今後も、そういった同じようなご質問を多々いただくことになると思いましたので、今回ここで、よくある質問とその回答をまとめておくことにしました。弊社サービスのご利用をご検討中の方のみならず、これからSEO対策というものに取り組みたいという方も参考にしていただければと思います。【質問1】〇〇というキーワードで上位表示するホームページを作ってほしいんですが、可能ですか?弊社のホームページ制作サービスのウリが「SEOに強い」ということで、このようなご質問を多数頂戴します。これについては、「SEO対策済のHPなら集客できる」は勘違い?https://coconala.com/blogs/965952/9060というココナラブログ記事内でも書きましたが、ホームページを購入された方自身が、その後の運用を放棄されたら上位表示は不可能です。SEO対策ができているHPだから上位表示できるということは、ほとんどありません。もしそれで上位表示できるレベルのキーワードであれば、集客力のないキーワードということになります。ここではキーワードの話は詳しくしませんが、集客力のないキーワードでいくら1位を取ってもお客さんは一人もやってきません。「1位が取れた!」という自己満足で終わるだ
0
カバー画像

ここ最近のアフィリエイトやSEO対策のリアルな話

ブログ機能追加とあったので試しに書いてみる。私は今でも、SEO対策を主軸としたアフィリエイトを続けている。仮想通貨や株もやってはいるが、メインがアフィリエイトなのは変わっていない。とは言っても「SEO対策はオワコン」「真面目にやっても飛ばされる」「こんな不安定な集客じゃ無理だ」「安定しないのならやりたくない」「中古ドメイン買っても結局、すぐ飛ばされる」「業者にお願いしてもちょっと上がってすぐ落ちる」とか、色々な意見が聞こえてきそうな現状ではある。しかし10年近くやってきた結論から言って、中古ドメインでは見つからないレベルの「優遇されたドメイン」内で「多少のライティングテクニック」を駆使して勝負をすれば長期的な上位表示は可能だと個人的に行き着いた結論を書いておく。割合としては全体を10として「優遇されたドメイン」9割、「ライティングテクニック」1割ぐらいの比率だと思っている。もちろんテクニックや記事の質は重要で1ページ目に出たとしても、その後には重要なのだが、泥舟(ドメインが冷遇されてる)にどんな良い乗組員を詰めても、いずれは船が崩壊を繰り返し沈んでしまうのが検索エンジン。⭕ドメインには差があるんだよという話例えば、中古ではなく新品のドメインで、ブラックSEOが通用する時代に、高額なドメインになればなるほど効果が高いと言う話もあった。現状、最弱ドメインでも育てればある程度強くはなるため、例え激安でも無駄とは言わないが、簡単に言って「上がりやすいもの」「上がりにくいもの(上がったあと安定しやすいもの)」はあるように思う。比べるなら、JPドメインとSEOに弱いと言われてる無料ブログを
0
カバー画像

【Google】のジョンミューラーが言う。人々があなたのサイトを見つけるのを待ってはいけません。

GoogleのJohn Muellerは最近、まったく新しいWebサイトを立ち上げるすべての人に適用できるいくつかのアドバイスを提供しました。4月9日に開催されたGoogleウェブマスターハングアウトで、ミュラーはSearch Consoleにクエリデータがないことを懸念するサイト所有者からの質問に回答しました。 サイトの所有者は、検索結果で表示されたのは5〜10回のインプレッションのみであり、表示されているクエリを確認したいと考えていました。ミューラー氏によると、サイトの表示回数が増えると、Search Consoleは最終的にクエリデータを表示するとのことです。 彼はまた人々が場所を見つけるのを待たないことが重要であることを強調した。ウェブマスターは積極的に行動する必要があります。 「私の推測では、まだ十分なクエリがまだ不十分だと思います。 したがって、特定のしきい値を下回るクエリをフィルター処理し、しきい値が正確に定義されているとは思いません。 これは、さまざまな要因に依存する可能性があります。Webサイトの5〜10インプレッションについて話している場合、おそらくそれはまだその量を下回っています。 時間が経つにつれ、ウェブサイトのインプレッション数が増えるにつれて、そこにさらに多くのものが表示されるようになると確信しています。」 より多くの訪問者を獲得するために積極的なアプローチを取る確かに、新しいサイトを立ち上げるとき、初期段階の一部には、Googleがクロールしてインデックスに登録するのを待つことが含まれます。 Googleはサイトをクロールして、ウ
0
カバー画像

【COVID-19】今のうちに会社のSEO対策は外部に依頼をして移行する。

今週のAsk An SEOについて、ウッドストックのブランドンから質問があり、彼は尋ねました。「SEOチームの構成にしばらく取り組んでいますが、トピックについてあなたの頭脳を選ぶことができるかどうか疑問に思っていました。私は過去5年間、SEOを私たちのマーケティングチームに焦点を当てることを目指していました。ようやく進歩し始めていますが、コンテンツチームやコミュニケーションマネージャーとの共同作業は難しいことがわかっています。 キーワード研究を前もって望んでいるが、私はこれをするのをためらう。コンテンツチームから「SEOに最適化された」コンテンツを受け取りましたが、やり過ぎであるか、あまりにも多すぎるか、まったくベースから外れています。SEOチームが作成したコンテンツを取得して最適化する一方で、独自のコンテンツの作成と作成に集中することが最善ですか?また、SEOコンテンツ担当者は自分のコンテンツを作成する必要がありますか、それともコンテンツ担当者はコンテンツチームと協力して特定の条件に基づいたコンテンツを作成する必要がありますか?」ブランドン、本当にたくさん質問があります。 それらのいくつかに答えられるかどうか見てみましょう。会社をSEO重視に移行。会社の焦点をSEOに移行する最初のステップを達成したようです。 最初のステップは、SEOだけでなく、Webサイトに関連するその他すべてのものをIT担当者から遠ざけることです。 通常、IT担当者はマーケティング担当者ではありません。  ITは常に、SEOアイテムよりも「重要なシステム」に影響を与えるタスクを優先します。 そして、これ
0
18 件中 1 - 18
有料ブログの投稿方法はこちら