絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

7 件中 1 - 7 件表示
カバー画像

偶察力(セレンディピティ)を今日知って、なるほどこれかも? って思った話

偶察力(セレンディピティ)、それは偶然×察知の能力である。「観察の領域において、偶然は構えのある心にしか恵まれない」(Dans les champs de l'observation le hasard ne favorise que les esprits préparés.)ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%94%E3%83%86%E3%82%A3素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見すること[1]。また、何かを探しているときに、探しているものとは別の価値があるものを偶然見つけること。平たく言うと、ふとした偶然をきっかけに、幸運をつかみ取ることである。wikiだとこんな感じで解説しているが、俺は直感で思った。あー、俺の能力これかも!俺は無理して努力してもストレスで集中できないし、誰かに交流で伝えて潤滑に進める、なんてコミュ力もない。自信を持って言えるのは、直感力と偶察力の2つである。 (今日2個目追加)直感力は、直「観」は率直に観察して見渡す俯瞰する能力とは違う。ふわっとした、その人間が持っていない「外から来る情報」を受信することだ。そして、その無数のヒラメキに対して、取捨して「未知へ全力オールインする能力」である。ハッキリ言えるが、3割の過去再現型という序列や再現性を重視する人には、この未知への全力投資はまずできない事であり、愚かで無駄な行為に見える。そして6割の現在共感型という流行や感情を重視する人には、誰も共感できない未知への全力投資は「
0
カバー画像

「カントの呪いをぶっ壊す!」 これを日本で30年以内にやりたいという夢を語る

※今回は占いではなく、妄想全開の話なので。話半分で読んでください 30歳を過ぎた頃、夢に何度も出たのである。元NHK党の立花さんがやっていた「アレ」だ。自分の未来創造型の呪が解けたのは「カントの呪をぶっ壊す!」という謎直感が降って来て、それを後で調べたら衝撃の事実だったのがわかったからである。 今回は、自分が直感族で、なすべき至誠(情熱+使命)を見つけた話をする。まず、このカントとは何か?1724年生まれで1804年に亡くなった西欧の哲学者で、1770年以降、『純粋理性批判』『実践理性批判』『判断力批判』の本を出している。中世ヨーロッパ時代で、産業革命が起きる1830年の前である。1869年のドミトリ・メンデレーエフが周期表を作って以降、化学が急激に進歩するのだが、それよりも前はまだ物質がどうなっているのかわからず、錬金術、神学というものは残っていた。カントは物質界と現象界というざっくり2つの分類に分けていて、ざっくり「物質界=見えない精神」、「現象界=主観でわかる物体世界」となる。全く知らない人向けに、わかりやすい動画があるので興味ある方は見てほしい。「物質と超次元=精神の世界があるけど、精神はみえねぇから探求しても時間の無駄だ(存在自体は否定しない)」これが支持され、化学や物理の急発展に伴い、「科学はみえる範囲のみが真理である」ということが既成事実化した。実際は、超次元=精神=知りえないモノの領域の中にも、量子力学の「スピンやねじれ」のような不思議情報が次々に出ているのである。だから、見えてるものだけが真理ではなく、常に見えない分からないモノは「徐々に解明されていく」もので
0
カバー画像

3タイプは時代によって「優遇・不遇」があった。AI時代からは再現性から創造性へ

今の時代、共感性、再現性、創造性の3つがあったらどれが評価されるだろうか?時代やインフラによって有利不利があったのである。ざっくり、1439年以降から現在までの遷移を図にしてみた。活版印刷が普及すまでの間は、個人間で物を作って売買するという対面方式であった。聖書などを大量に増刷して売ったり広げたりできてから、3タイプのバランスは変わって来た。①活版印刷以降、アイデアと言う思想、神や託宣と相性が良い未来創造型と、感情に訴える共感性が得意な現在共感型が優遇された②カントの純粋理性批判の出版以降、神学が衰えて科学や物理が急発展する 実験による再現性から技術や金が生まれ、共感性で売る時代になった③個人が自由に情報発信できるホームページやSNS、ツイッターの登場で共感性がより強くなり、流行の消費と変化が早くなった④対話型AIのchatGPTやnovelAIによる絵の生成するAIの登場により、再現性ある職業はAIにとって代わり、0から1を生み出す未来創造型が注目された情報発信をする媒体の変化や思想の変化が、3タイプの優遇不遇に影響を与えて来た。実は同じ時代でも国家の構成によっても、タイプの相性が変わって来る。自由な情報発信が制限されている、独裁国家においては「コネや軍事力による圧力」で支配できる。そのため、再現性=家系や財産、コネという過去の遺産を維持することが価値に繋がる。普通の資本主義国家とは別に、まだ技術発展できない発展途上国以下の国では、自由な発想や発信をする余力がないため、生活ができる根幹の産業を重視するため「創造性」は強く求められなくなる。こういった国の特性による差はあれど、お
0
カバー画像

哲学からの気づき

以前「100分de名著」(NHKEテレ)で、カントの純粋理性批判を取り上げていて、少し興味を持ちました。私は読んだことありませんが、激しく難解そうです。まず哲学の大きな流れを復習してみます。古代哲学(ソクラテスやプラトン)→近代哲学(デカルト~カント~ヘーゲル)→20世紀哲学(実存主義→構造主義→ポスト構造主義)→21世紀哲学。一部では、「哲学の役割はすでに終わった」と主張する人もいます。一気に脳科学・遺伝子工学が発展し、さらに人工知能の時代に入り、もはや哲学の出る幕はないのでしょうか? そもそも哲学とは何か? WEBの辞書では「世界・人生などの根本原理を追求する学問」と記載されています。広辞苑には、「物事を根本原理から統一的に把握・理解しようとする学問」と書かれています。どうやら、「〇〇とは何か?」という問いに対して、その本質を探究することのようです。「自分とは何か?」、「生きることとは何か?」、「愛とは何か?」などなど。で、これに絶対的正解はないから、延々と何千年も続くのです。その探求そのものに意味がある、ということですね。 しかし、自然科学やIT技術が発達した現在、哲学的プロセスへの関心が薄れているような気がします。これに対し、京大の出口康夫教授は言います。「具体的な事柄についての知識をしっかりもった上で、抽象の領域に飛んで、見通しのよい絵を描くことが哲学の役割だ」と。常に具体化に進みがちな世の中で、抽象化の重要性を考えるヒントになり続けたのが哲学です。「哲学がないと人類は生き残れない。社会を支える概念装置という、目には見えないインフラを担っている」と出口教授は語ります。
0
カバー画像

日々の叡智(2020/07/31)

新型コロナウイルス感染症による社会的混乱・不安が収束するまでを目途に、原則的に毎平日、偉大な人物たちのことばをアップします。 このような時代(とき)だからこそ、皆さんが、毎日わずかな時間でも心を落ち着かせることができ、また、皆さんの心に響くことばと出会っていただくことができれば、幸いです。 「哲学ダイアグノーシス Philosophical Diagnosis」 チャンネル登録をお願いいたします。
0
カバー画像

教養としての近代思想:ドイツ観念論

カント:『純粋理性批判』『実践理性批判』『判断力批判』。批判哲学の立場から理性を検討し、主観の働きにより対象が構成されるという認識論を展開して、ロックやヒュームなどのイギリス経験論とデカルトを祖とする合理論を総合しました。また、理性を理論理性と実践理性に分け、理論理性の領域は経験できるものに限られ、それを超えたものは実践理性が明らかにする領域だと考えて、理性の限界を明らかにしました。 『純粋理性批判』:人間の認識能力(理論理性)の限界を検討。概念を形成する悟性は、感性より得た直感的な印象に思考の枠組みを当てはめて対象を構成するとしました。そして、こうした感性と悟性の協働によって認識が成立しますが、事物そのものである「物自体」は認識できないとしました。 感性:認識の素材を受け取る能力。時間・空間という形式を持ち、感覚を受容します。 悟性(understanding):素材を整理し、秩序づける能力。また、感性と悟性をつなぐものをカントは構想力と呼びました。 物自体:現象の背後にある、物そのもの。 『実践理性批判』:人間の道徳能力(実践理性)の限界を検討。経験を超える事柄(神、霊魂の不滅など)については理論理性では判断できませんが、実践理性が関わる領域であるとしました。自然界を貫く自然法則と同様に普遍性を持つものとして、人間の行為の世界における道徳法則を追求しました。 『判断力批判』:反省的判断力について検討。自然美や芸術などの美的対象を考察の対象として取り上げ、それらに関わる想像力(構想力)の自由な働きや自然の合目的性を判断する能力を分析しました。 「内容なき思考は空虚であり、概念
0
カバー画像

日々の叡智(7/27~7/31)

「日々の叡智」 今週は ・ヘラクレイトス ・ボルヘス ・リルケ ・太宰治 ・カント の言葉を紹介いたしました。 皆さんの心に触れる言葉が、あったでしょうか。 「日々の叡智」、来週もご期待ください。
0
7 件中 1 - 7
有料ブログの投稿方法はこちら