絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

161 件中 1 - 60 件表示
カバー画像

壁紙張替 下地調整、下地処理って何?~壁紙張替リフォーム基礎知識~

昔、下地調整を体験させてもらいましたが、あれめっちゃ難しいです!動画などでも見れますが、うまくこねくり回して、簡単そうに壁をなだらかにしてますが、マジで難しいです・・。どーも、Ponchaです('ω')リフォームの中でも、手軽かつ安価に行える壁紙張替リフォーム。壁紙張替リフォームを行う上で、下地調整、下地処理という項目が見積もりに含まれていることがあります。この下地処理や下地調整という言葉、壁紙のリフォームを行ったことがある方は、一度は聞いたことがあるかもしれません。そもそもこの下地調整や下地処理というのは、いったいどういう作業なのか?ということで今回は、壁紙・クロス張替リフォーム 下地調整、下地処理とは?というテーマでお話ししたいと思います!壁紙張替を行う上で、下地調整、下地処理は大変重要な作業工程です。どういった作業なのか、費用は掛かるのか?その辺についてお話をさせていただければと思います!近年は大変多くの情報に溢れています。相談する場所はいっぱいありますが、いきつくところポジショントークになってしまうことがほとんど。営業マンの言葉をそのまま鵜呑みにしていませんか?本当に正しい内容・情報なのかをしっかり判断する必要があります。リフォームや新築・不動産など、住宅に関わったプロの第三者の目で、初歩的な内容から専門的な内容までご相談のっております。建築工事・設計といった建設業の内容から、お部屋探し・不動産購入といった不動産業の内容まで幅広く扱っております。気になることがある方はお気兼ねなく、お問い合わせフォームよりお問い合わせください!お仕事のご依頼・ご相談はこちら!お問い合わせ
0
カバー画像

マンションリノベーションの秘訣

理想の住まいを実現するマンションリノベーションの秘訣を紹介。計画段階のポイントからデザインのコツまで詳しく解説。1. はじめにマンションリノベーションは、既存の空間を自分のライフスタイルや好みに合わせて改造するプロジェクトです。新築では得られない独自の魅力や、既存の構造を活かしたデザインが可能です。しかし、リノベーションには慎重な計画と実行が必要です。本記事では、マンションリノベーションの秘訣を紹介し、成功に導くためのポイントを詳しく解説します。2. マンションリノベーションのメリットマンションリノベーションには多くのメリットがあります。以下にいくつかの主な利点を挙げます。2.1 コストの削減新築物件を購入するよりも、既存のマンションをリノベーションする方がコストを抑えられることが多いです。特に、内装や設備の更新のみであれば、大規模な工事を必要としないため、経済的です。2.2 自分好みの空間作りリノベーションでは、自分のライフスタイルや好みに合わせたデザインを実現できます。壁紙の色や素材、照明の配置、キッチンやバスルームの設備など、細部に至るまで自分の好みにカスタマイズ可能です。2.3 環境への配慮既存の建物を再利用することで、資源の無駄を減らし、環境への負荷を軽減できます。また、エネルギー効率の高い設備を導入することで、長期的なエネルギーコストの削減にもつながります。3. 計画段階でのポイントリノベーションを成功させるためには、計画段階での準備が非常に重要です。以下のポイントを押さえておきましょう。3.1 予算設定リノベーションの最初のステップは予算設定です。現実的かつ詳細な
0
カバー画像

住宅購入 買取再販物件に部分リフォームを行う~上級者向けの住宅購入~

買取再販のお部屋を部分リフォームしたのですが、お客さんが途中からこだわり過ぎて、ほぼ全部リフォームしたことがありました・・。どーも、Ponchaです('ω')中古住宅を購入する場合、多くの方は・ちょっと古い物件購入をして自身でリノベーション・リノベーション済物件(買取再販物件)を購入の2パターンが比較的多いかと思います。しかし、あまり知られていないのですがリノベーション済物件に、プラスアルファで自身でリフォームをするパターンがあります!ということで、今回は住宅購入 買取再販物件に部分リフォームを行うというテーマでお話しをしたいと思います!不動産会社の方でも、相付加価値がついている買取再販の物件は相場より高いのに、+αでリフォームなんて高すぎる!思っているかと思います!実は、買取再販業者の裏側を知れば、買取再販の物件を購入+部分リフォームって結構お得ということが理解できます!近年は大変多くの情報に溢れています。相談する場所はいっぱいありますが、いきつくところポジショントークになってしまうことがほとんど。営業マンの言葉をそのまま鵜呑みにしていませんか?本当に正しい内容・情報なのかをしっかり判断する必要があります。リフォームや新築・不動産など、住宅に関わったプロの第三者の目で、初歩的な内容から専門的な内容までご相談のっております。建築工事・設計といった建設業の内容から、お部屋探し・不動産購入といった不動産業の内容まで幅広く扱っております。気になることがある方はお気兼ねなく、お問い合わせフォームよりお問い合わせください!お仕事のご依頼・ご相談はこちら!お問い合わせは、こちら('ω')ノ
0
カバー画像

リフォームの旅、一時的な引越しで得られる快適さ!

リフォームの内容によって引っ越しをする必要が出てきます。小規模なリフォームであっても、家具家財を移動する必要があったり、手をつけない部屋に一時的に家具を移動したりする必要があったりと状況によってかわりますが、お勧めなのは、思い切って引っ越ししてしまい、全体的にリフォームをすることをお勧めします。そのメリットは、ちょこちょこリフォームを繰り返すよりいっぺんにまとめて工事を依頼した方が、長い目で見たときに費用を節約できるからです。トイレが壊れすぐにでも何とかしないといけない。風呂が使えなくなってしまったと緊急を要しない場合意外には、ある程度まとめて依頼してしまった方が、経費や養生費など工事以外の費用を節約する事が出来るからです。数日で終わるような工事であればいいのですが、住みながらの工事で2~3週間、それ以上の工事になった場合には、防犯面でも不安が生じてきます。例えば、玄関の鍵やりとり一つとっても職人さんや、依頼した業者さんと都度確認しなければならなかったり、ちょっとした買い物に出るのも気を使う、職人さんが打ち合わせした時間に来ない、等などリアルでは色々な事が出てきます。また、工事中の埃、粉塵、騒音も無視できません。また、ペットを飼っている場合には、ペットにも人間が想像する以上のストレス(工事の音、職人さんの出入り等など)があるようです。目張りと言って、目に見えない様な粉塵の侵入を防ぐため、出入り口等にビニールシートやプラベニアを当ててその廻りをマスキングテープなどで張る方法をとってくれると思いますが、綺麗に業者さんが行ってくれて完璧な状況であっても完全に完全に防ぐのは難しいです。
0
カバー画像

ワンルームの間取り デメリット6選

築40年、70㎡のマンションをワンルームにリノベーションし、 家族4人で暮らしている我が家。 約2年半この家で暮らしてみて、「ちょっと気になるな。」と 感じているワンルームのマイナスポイントを6つ、ピックアップしました。 「ワンルームの間取りは気になっているけれど、実際のところどうなの?」 という方は必見です。1. 収納家具を置ける壁が少ないワンルームの場合、間仕切り壁が極端に少ないです。 そのため、壁を背に棚などの収納家具を配置できる場所が限られます。 モノが増えても簡単に収納場所を増やすことが難しいです。 しかし、「収納できる分しかモノを持たなくなる」という良い面もあります。 無駄な買い物が減り、意識も変わったので時間の使い方などにも良い影響を与えていると感じます。2. 感染者を隔離できないコロナ禍真っ只中の2020年末、このワンルームでの暮らしがスタートしました。幸い私たち家族にコロナ感染者は発生しておりませんが、その他の風邪や感染症に罹ってしまったときに個室に隔離することが出来ません。主な感染経路は子どもたちが保育園などからもらってくるルートなので、どちらにせよ接触しないわけにはいかず、大人ももらってしまうわけですが、気持ち的にも、隔離できる環境があれば落ち着くのではないかと感じます。3. 在宅ワークが捗らない快適な環境なので、通常時はむしろ会社のオフィスより作業が捗ります。 問題は、子供が発熱などで保育園に行けない時です。 ワークスペースがオープンなので、仕事中も構わず子供は遊びを求めてきます。カーテンで仕切ることは出来ますが、音は遮れないため、ビデオ会議などは気を使
0
カバー画像

ワンルームの間取り 良かったこと6選

築40年、70㎡のマンションをワンルームにリノベーションし、 家族4人で暮らしている我が家。 約2年半この家で暮らしてみて、「ワンルームにして良かったな」と 感じていることを6つ、ピックアップしました。 「ワンルームの間取りは気になっているけれど、実際のところどうなの?」 という方は必見です。1. 開放的で気持ちが良いまずは何といってもこれです。 以前住んでいた43㎡1LDKの賃貸だと、1日中家にいるとどんよりとした気持ちになりましたが、この家に住み始めてからそんなことはありません。 ゆとりのある空間は、心にもゆとりをもたらしてくれます。 家中どこにいても自然光が入り、風が抜ける心地よさ。 隣地の緑を借景に季節感を感じることもできます。2. ゲストにとっても居心地良いワンルームの広さを活かして、ホームパーティーを頻繁にしますが、 「居心地が良くてつい長居をしてしまいました。」とゲストによく言われます。 人がその場所を「居心地が良い」と思える一つの要因として、 “その空間をどこまで把握できているか”ということが大きいと思います。 ワンルームであることで、この家の中のすべてを把握している状態となり、 初訪問の人にとっても居心地良い場所になっているのではないでしょうか。3. どこにいても家族の気配別の場所でそれぞれのことをしていても、常に気配を感じられます。 自然と家族とのコミュニケーションも増えます。 我が家ではベッドスペースにベビーベッドも置いており、 日中も0歳の子供をそこに寝かせていることも多いですが、 リビングやワークスペースにいて直接見えなくても、泣き声や息遣いを感じるこ
0
カバー画像

下地がなくても、壁にものを固定できる?~間柱を下地として利用する方法~

下地という概念を知らなかったころ、壁掛けのテレビに憧れて、下地が入っていないのにもかかわらず、壁にテレビを設置したら、10分で落下し、TVが大破しました・・。どーも、Ponchaです(‘ω’)お部屋にちょっとしたスペースに棚板やハンガーパイプなどを設置したいと思った方は多いのではないでしょうか?だけど、棚とか設置するには下地が必要とか言うし・・。下地がそもそも入っているかとかわからないし・・。と悩まれている方も多いはず!ということで、今回は下地がなくても、壁にものを固定できる?というテーマで詳しくお話ししたいと思います。どうやったら下地が入っているのか確認できるのか?入っていなくても棚板って取り付けられるのか?その辺についてご説明したいと思います!近年は大変多くの情報に溢れています。相談する場所はいっぱいありますが、いきつくところポジショントークになってしまうことがほとんど。営業マンの言葉をそのまま鵜呑みにしていませんか?本当に正しい内容・情報なのかをしっかり判断する必要があります。リフォームや新築・不動産など、住宅に関わったプロの第三者の目で、初歩的な内容から専門的な内容までご相談のっております。建築工事・設計といった建設業の内容から、お部屋探し・不動産購入といった不動産業の内容まで幅広く扱っております。気になることがある方はお気兼ねなく、お問い合わせフォームよりお問い合わせください!お仕事のご依頼・ご相談はこちら!お問い合わせは、こちら('ω')ノ壁に物を固定する時の下地って何?壁に物を設置する際、下地が必要!!と言われることがあると思いますが、そもそも下地が何か?わからな
0
カバー画像

ライフスタイルに合わせた空間再生 リフォームorリノベーション?

ここで「リフォーム」と「リノベーション」の違いについて触れておきます。 リノベーションとは、既存建物を大規模に改装し,用途変更や機能の高度化を図り,建築物に新しい価値を加えること。 リフォームとは、建物を改築すること。壁紙を替える程度のものから間取りを変更するような大規模なものまである。 上記内容はネットで出てきたものですが、明確に定義が定まっていないのが現状です。私の見解は、リノベーションは、ライフスタイルに見合った間取りも含めた大規模な工事、リフォームは、リノベーションまで行かない工事といった認識です。更にスケルトンリノベーションとは、壊して支障のない部分を全て解体し、配管、配線、ダクトなど普段目に見えない部分の更新も行う事を指していますが、こちらも定義が決まっているわけではないので、各業者さんによって違いがあるかも知れません。なので、しっかりと内容を確認するしかありません。特に大事と思っていることは、給水管、排水管の更新をするかしないかです。最近は、架橋ポリエチレン管を使用しているマンションがかなり多くなりましたが、築古物件では、それ以前の配管を使用している可能性が高い為、特に注意が必要です。万一、漏水が起きたときに他の居住者への被害は相当なものになる場合があります。築年数、使用している配管、他のお宅で漏水被害が出ていないか等を業者さんに確認してもらい少しでも不安がある場合には、更新してもらう事をお勧めします。給水管に関しては、水道メーターから先の部分から、排水管に関しては、共用部分である竪管から分岐した付け根部分から更新してもらいましょう。ただしメーターBOXの位置や、
0
カバー画像

見落とし厳禁!大事なマンション管理規約 Ⅲ!

リフォーム・リノベーション工事を行う事になった際、マンションの管理組合に工事の届け出が必要になります。工事申請(工事届)は、2週間前に提出してください等の記載がある所が多いです。早いところだと1ヶ月半前には提出必須だったりします。 更に近隣の方の承認印だったり、リフォーム工事承諾書も添付が必要という場合もあります。そうなると、もっと早くからの準備が必要となります。近隣の方に承諾書をもらいに行った際に、いつ行ってもいない方、長期出張で不在にしている方、居留守を使って出てくれない方等もおりますので、それなりの時間と対策に準備が必要です。 マンションのリフォーム工事をあまり行っていない業者さんによっては、そのあたりの認識が甘かったり、そもそも知らなかったり、それが原因でトラブルになるケースもありますので注意が必要です。 業者に依頼したんだから大丈夫と過信は禁物です。 工事の申請は、業者さんがやってくれる事がほとんどかと思いますが、あくまで申請者は所有者です。一緒に届け出書類を持って行くくらいの気持ちで進めていくことが大事かと思います。以上のことから、プランと金額が決定したからといって、直ぐに工事にとりかかることは出来ません。時間的計画性も持っておく事が、大切になります!また、工事申請をするときに、管理人さんに「いつから、いつまで工事を行います」と声を掛けておくと、想定外の事柄、例えば、共用部の修繕工事や大規模の清掃、エレベーターの修繕、駐車場が使えないなど、思わぬ事が発覚する時があります。いよいよ工事となったときには、産廃(撤去したキッチン等の設備機器、壁、床、天井等を解体して出た廃
0
カバー画像

見落とし厳禁!大事なマンション管理規約 Ⅱ!

マンションは共同住宅なので、下階の方への音を配慮して床の構造に遮音の等級が決められている事がほとんどです。今までには、等級が決められてない築古マンションも何件かありました。その時には、工事後トラブルにならないようにLL40の遮音等級を確保する床の工法を提案して施工した記憶があります。一般的にはLL45以上、更に上の等級はLL40となります。数字が少ない方が遮音性能は高くなります。 今ではLLではなく新しい等級のΔ(デルタ)等級を採用し始めたマンションもあります。遮音等級だけでなく、使用する床材に規制をかけているマンションも存在します。フローリング使用禁止でカーペットのみ可能!とか。未だにそういったマンションもありますので特に注意が必要です。カーペットのみだと、掃除しにくかったり、衛生上も支障をきたしたりと色々な事が考えられますが、管理規約で決まっている以上は、それに従わなくてはなりません。折角、中古物件を購入したのに、憧れのフローリングに貼替え出来ないなんて!ということにならないよう注意が必要です。マンションが大手デベロッパーとか、管理会社が有名であるとかは、全く関係ありません。大手の業者さんが施工主のマンションで、管理会社がその子会社であった物件で、何度かフローリング禁止のマンションをリフォーム担当したことがあります。どうしてもフローリングが希望ですという方は、マンションの理事会で 管理規約の変更を申し出る方法もあります。必ずしも成功するとは限りませんが、居住者の中には、同じようにフローリングに貼替え希望の方がいたり、マンションの資産価値を下げないように考えてくれる方が賛同し
0
カバー画像

見落とし厳禁!大事なマンション管理規約!

マンションリフォームを考えている方、これから勉強したいと考えている方、 今、まさにマンションリノベーションをしている営業の方、ご覧いただきまして誠にありがとうございます! 私の今までの約25年間、建築業界での経験してきたこと、お役に立てそうな事をお伝えしていける内容を作成していこうと思います! マンションにお住まいで家族構成が変わったから間取りを変えたい、 中古物件を購入したので思い通りの間取りにしたい、お金をかけずに最小限のリフォームをしたい等などいろいろな方がいらっしゃると思いますが、一番初めに確認しないといけないことは、マンションの管理規約の確認です。 マンションの管理規約には、リフォームに当たっての注意事項が記載されています。専有部分と共用部分の違い、床の遮音等級、工事にあたり近隣の方に承認をもらう必要がある記載があったりします。管理規約とは、マンション入居時・購入時にもらう冊子です。中には、どこにいったか分からない方もいるのではないでしょうか。そういった場合でも大丈夫。管理人さん、管理会社さんに確認して閲覧させてもらうとか、手元にないようであれば、再発行してもらいましょう!再発行には、費用がかかる場合もありました。その管理規約ですがマンションによって内容は様々。中には管理規約がないマンションもあったりします。ビックリしますが!マンションによって熱心な管理組合さん、理事長さんが規約を更新しているケースもあるので、必ず、最新の内容を確認しましょう。 マンションの専有部分とは、簡単に言ってしまえば、コンクリートで囲われた内側で、パイプスペース(PS)を除いた部分となります。
0
カバー画像

住宅購入 リノベ費用も借り入れする時のスケジュール~タイトすぎるので要注意~

フルリノベーション費用を借入のお客さんが金消契約までに仕様が全然決まらず、お客さんと一緒に、徹夜で内容や仕様を決めたことがあります。無事全部が決まった時は泣きそうになりました・・。どーも、Ponchaです('ω')ここ近年リノベーションありきで、中古住宅を購入する方が増えました。またリノベーション内容も、1000万近くかけてフルリノベーションをするのが当たり前のようになってきました!リノベーション費用が高額の場合、リノベーション費用も住宅ローンと併せて借入をすることがあります。リフォーム一体型住宅ローンについてはこちらの記事を参考にどうぞ!住宅購入 リフォーム一体型住宅ローンの注意点~金融機関によって異なる条件~ただ、リフォーム費用も借り入れをする場合、通常のリフォームと比べて、早い段階で金額確定する必要があり、大変バタバタします。金額確定するためには、プランはもちろん、仕様もある程度きめなければいけません。恐らくいまいちイメージが出来ない方が多いと思いますが、リノベ費用借入時の、スケジュール感を抑えておく必要があります。不動産の契約をしてから、何をするかを考えていると、スケジュール感についていけず、せっかくのリノベが中途半端になってしまいます。ということで今回は、住宅購入 リノベ費用も借り入れする時のスケジュールというテーマでお話ししたいと思います!リノベ費用も借り入れの場合のスケジュール感がイメージできない方もいると思いますので、通常のスケジュールと比較しながらご説明したいと思います!近年は大変多くの情報に溢れています。相談する場所はいっぱいありますが、いきつくところポジシ
0
カバー画像

アンティーク好き必見!リノベの内装のはなし🪞💐

こんばんは!atelier usagiです🌼本日は(ナチュラルアンティーク、シャビーテイストの)アンティーク空間をつくるときに採用したいポイントをまとめました。マンションのリノベーションをお考えの方、新築でアンティーク風の空間をつくりたいとお考えの方にはぜひ最後まで見ていただけたら嬉しいです○アンティーク家具に合う内装5選最初にアンティーク家具に合う内装についてお話しします。まずは、家具が置かれていない状態のアンティークの空間を想像してみてください。・陰影のある壁・シックな花や植物柄のクロス・薄暗い(雰囲気がある)照明・古材・タイルこのような特徴が思い浮かびます。①陰影のある壁陰影のある壁を作るためのポイントは塗り壁がおすすめです。漆喰、珪藻土のようなコテで塗るタイプはコテの跡がつくため凹凸ができるため、陰影が出やすいと言えます。塗り壁は職人さんが手作業で行い、下処理をしたり、時間と手間がかかるため、金額が高いです。DIYでもできる材料もありますので、自分で試してみるのも味が出ていいと思います。また、クロスでも塗壁風の加工が施された商品があり、こちらは塗り壁に比べて施工も材料費も抑えられ、汚れにも強いため、キッチン、洗面などの水回りはクロスで施工費を浮かすのもいいと思います!②植物柄、花柄、動物柄のクロス柄がお好みの方は、植物柄、花柄などの柄クロスもアンティーク空間によく似合います。アクセントとして採用する場合もございますが、アンティーク空間には上下セパレートで下側は板張り、サンメントと呼ばれる装飾のある部材で見切りを作り、上側を柄クロスにするのもおすすめです。③雰囲気のある照
0
カバー画像

住宅購入 リフォーム一体型住宅ローンの注意点~金融機関によって異なる条件~

中古住宅購入をしたお客さんが当初、クロスの張替だけのリフォームだったのですが、契約のタイミングいきなりスイッチが入ってしまって、そこからフルリノベで1000万円の内容になりました。急展開過ぎて自分がついていけなかった・・。どーも、Ponchaです('ω')ここ近年、新築ではなく、安い中古物件を購入して、フルリノベーションをする方が大変増えました!ただ、フルリノベーションって少なくとも500万~700万ほどかかります。ちょっとこだわった仕様にすると1000万円超えになることも。そうなるとリノベーション費用を手持ちで支払うってちょっと難しいですよね・・。そういった方は、リフォームローンを利用することが一般的です。そもそも、リフォームローンが何なのか?注意すべき点は何か?詳細を知りたいですよね!ということで今回は、住宅購入 リフォーム一体型住宅ローンの注意点というテーマでお話ししたいと思います!リフォームローンとリフォーム一体型住宅ローンの違いや、銀行によって異なる条件などなど。中古物件+リノベーションを検討されている方は、是非参考にしてみてください!近年は大変多くの情報に溢れています。相談する場所はいっぱいありますが、いきつくところポジショントークになってしまうことがほとんど。営業マンの言葉をそのまま鵜呑みにしていませんか?本当に正しい内容・情報なのかをしっかり判断する必要があります。リフォームや新築・不動産など、住宅に関わったプロの第三者の目で、初歩的な内容から専門的な内容までご相談のっております。建築工事・設計といった建設業の内容から、お部屋探し・不動産購入といった不動産業の内
0
カバー画像

【リフォームでよくある言った言わない問題を9割解決する方法】

日刊リフォームマガジンVol.12こんばんは! リフォームのお得情報の毎日更新を目指しているユウジです。 今回のテーマはリフォームでありがちな『言った言わない問題』についてお話していきたいと思います。「あの時に●●してって言ったのにできていない!」「ここは無料で工事してくれるって言ってたのに、、」こういった問題がリフォームではよく起きます。正直リフォーム時の不満はすべてここから始まっているといっても過言ではない内容ですね。営業側がプロなのですからちゃんと記録しろと言いたいところなのですが、お客様も営業も双方歩み寄ることが大事になってきます。結局はお互いの時間がムダになってしまうので、、ということでその解決策をここではお話させていただきます。【リフォームの打ち合わせ議事録を作成する】
0 500円
カバー画像

【リフォームの前に家の劣化度合いを確認しよう】主に木造編

日刊リフォームマガジンVol.11こんばんは! リフォームのお得情報の毎日更新を目指しているユウジです。今回のテーマは『家の劣化度合い』についてお話していきたいと思います。 「今後の為にリフォームしたいけどこのままやって大丈夫なのかな?」 「家の傾きとか白蟻とか見えない部分が気になる」 そんな方にとってお得な情報になるかと思います。 ※今回のお話は設備を単品で交換するような話ではなく、戸建ての構造に関するお話です。 【リフォーム前に自宅の調査をしよう】 せっかく綺麗に表面をリフォームできても、内部の柱等の木材が白蟻の被害にあっていたりしたら全く意味が無くなってしまいます。そんなことが無いように、『ある程度の規模でリフォームする場合は事前の調査をオススメ』致します。◆調査したい内容は以下の通りです。・家の傾き→柱の傾きや床の傾きを確認する・白蟻被害→床下や屋根裏の白蟻被害や痕跡を確認する・水漏れ、湿気による木材の劣化等→床下の配管からの水漏れや、屋根や壁面からの水漏れ有無の確認するです。これらを事前に調査して、それを修繕するとともに希望のリフォームをしていくことが大事です。【事前の調査はどこにお願いするの?】事前の調査は大手ハウスメーカーであれば無料でやってくれるところが多いです。しかし、劣化調査は有料でもやってもらう価値があるものなのでケチるわけにはいきません。(だいたい10万以内くらい)1.ハウスメーカーやリフォーム業者、工務店に調査してもらう2.ホームインスペクター(住宅診断のプロ)に調査してもらう3.各場所のプロにお願いする。以上3点です。1.ハウスメーカーやリフォーム業
0
カバー画像

リフォームしてた側の立場で考える【新築か?リフォームか?】戸建て編

日刊リフォームマガジンVol.10こんにちは! リフォームのお得情報の毎日更新っを目標にしているユウジです。 今回のテーマは私が営業時代にベスト5に入るお悩み『新築か?リフォームか?』をテーマにお話ししていきたいと思います。「終の住み家としてどちらにしようか悩んでる」「2世帯で住む為、リフォームか新築かで悩んでいる」「親から家を受け継いだのでリフォームを考えているが、正直悩んでいる」こういったご相談が本当に多かったです。また、それをどうやって決めるのか?・費用?・生活環境?・思い入れ?このようなお話を今日はさせていただこうと思っています。ちなみに私の個人的な意見ですが、『お金が許すなら新築一択』です。それでは解説させていただきます。(小難しい話はしません)【新築か?リフォームか?で考えなければいけない事】・法規(建築するうえでの規則、法律の事)➤実家の家の道路を見たときに非常に狭く、救急車や消防車が入れないなんてことは無いですか?このような場合、現在の建築基準では道路を『緊急車両等が通れるように家の土地を削らないと建築ができません。』この場合、新築を選べば必ずセットバックが必要となってきます。(リフォームの場合でも、大手は工事をお断りする可能性が高いです)➤無理な増築をしていませんか?増築にはルールがあり、『ある一定以上の増築をする場合は届け出が必要であったり、土地や地域ごとに建てられるサイズというものが決められています。』それが守られていないと新築時には既存の家より規模が縮小する場合があります。(リフォームの場合でも本来、違法建築は是正しなければいけませんが、、、)・既存の物
0
カバー画像

【空き家をリフォームして収益化は現実的?】戸建て編

日刊リフォームマガジンVol.8 こんにちは!リフォームのお得情報の毎日更新を目標にしているユウジです。 今回のテーマは誰しもが一度は妄想する『中古物件リフォーム』についてです。 「中古物件リフォームして貸し出したい」 過去に何度かこのようなお話を頂いたことがあります。 ですが実際にお話を聞いているとほとんど金額的に合わない方が殆どでした。 そんなリフォームする側の体験談としてお読み頂ければ幸いです。 (主に戸建てメインのお話) 【中古物件のリフォーム費用は意外と高く付く】空き家になっている時点で外も中もほどほどに劣化しているものです。 人が住まなくなった家というのは面白いくらい劣化が早いんです。 例えば、室内や床下の空気の循環が悪くなって湿気がたまりやすくなっています。 そうすると、、、 ・白蟻の発生 ・木材の劣化、腐り ・カビの発生こんな症状が簡単に出てきます。 貸し出す事を考えたらこれらは取り除かなければなりませんよね。 そうすると内装の表面部分だけではなく、床や壁、天井の下地の部分から触らないといけなくなってきます。 さらには耐震の補強や、トイレやお風呂を改装したりする費用などを含めると1階部分の中だけで1,000万円くらいは軽く行きます。 「えっ、そんなに?!」 って思いますよね。 300万くらいで出来ろよって私も思います。 下地からやり直すのはなかなか費用がかさみますし、トイレやお風呂が古いままでは借り手もいないでしょう。 さらに外壁や屋根の修繕まで考えると、、足場や塗装もしくは外壁貼り替え費用が必要です。 塗装であれば100万〜150万。 貼り替えであれば200万
0
カバー画像

【失敗しないリフォーム会社の選び方】

過去10年、リフォーム営業する中でお客様からいろんな会社の噂をお聞きしました。「○○会社に頼んだらぼったくられた」「外壁塗料が数年でハゲた」 「仕様をほとんど職人さんに決められた」こう言ったリアルな失敗談はたくさん聞いてきました。 そこで、過去のお客様のリアルな失敗談から『失敗しやすいリフォーム会社選び』の傾向が見えてきたので皆様に共有させて頂こうと思います。 ※これは私が過去に聞いてきたお客様の話をまとめて書いているだけなのでご了承ください。 【よく聞く失敗したリフォーム談3選】 ▶︎知り合い(親戚含め)の職人さん(工務店)に依頼する ・知り合いに頼んで工事をしてもらったが、知り合いな為言いたいことが言えず、職人さんの言われるがまま進めてしまった。 ・そもそも知り合いが工務店をやってるので他の業者に頼みづらい。 ▶︎突撃訪問販売(テルアポ訪問含め)に依頼する ・外壁塗装の訪問販売にかなり安い値段で進められたのでお願いしたけど数年持たなかった。 ・「床下を無償点検するので」と言われてお願いしたらシロアリや湿気で大変なことになってるとの事で床下換気扇や湿気対策に大きな金額を支払ってしまった。 ▶︎複数のリフォーム業者に相談しなかった事 ・後で調べたらぼったくられてた事に気がついた。 ・無理な増改築をしてしまった。後々リフォームしようと思っても「法規的にリフォーム出来ない」と断られてしまう。 ▫️大雑把には上記の3つの理由で失敗してることがわかりました。 これを踏まえて解決策を考えていきます。 【複数の業者に依頼すれば大失敗は無い】 これを聞いて 「まぁ、そんなことかと思った」って
0 500円
カバー画像

【リフォーム会社の手数料はアリorナシ?】

営業時代よくこんなお客様がいらっしゃいました。「リフォーム会社がいるから中抜きされて工事費が高くなるんだよ」 「職人さんと直接やらせてよ」 こんな言葉を過去によく頂きました。 これすごい勘違いです。 そもそも『リフォーム会社がいなければあなたは職人さんと出会えていない』って根本的なことはまず置いておきます。 職人さんとぜひ直接話をしてみてほしいです。 『ほぼお客様の思い描くようなリフォームは出来ません。』 ・リフォーム内容は職人さんの言われるがままの仕様になるでしょう。 ▶︎職人さんからは「この方がもちが良くて、見た目がかっこいいからっ」みたいに言われます。 ・工事中にお客様が思い描いたのと少し違う事に気がつき、職人さんに伝えたとします。 ▶︎「ここの下地はこれだから、そんな風には出来ないよ」みたいに言われます。 ・完成後、お客様は「うーん、、」という声が漏れる事請け合いです。 ▶︎満足そうな職人さんにお客様は何も言えなくなったまま後悔しながらその家で過ごします。 【営業マンがお客様のやりたい事を広げてくれる】 職人さんと直接話して「それは無理だよ」と言われたら一般の方なら「そうなのかぁ、、」で終わります。 それは職人さんが嘘をついてるわけじゃ無いんです。 本当に『その方法』じゃむりなのです。 そこで営業マンの出番です。 ・Aプランは構造的に難しいけど、Bプランなら出来そうだ。 ▶︎それを職人さんに『やんわりとお願い/相談』出来るのが営業マンです。 ▶︎お客様のやりたい形のイメージを具体化して職人さんに伝えられるのも営業マンです。 どうですか?営業マンは必要なのです。 これ別に
0
カバー画像

リフォーム前の近隣挨拶って自分で行う?業者にお願いする?~近隣挨拶の重要性~

昔、リフォーム前に近隣の方にご挨拶をしたら、さんざん文句を言われたので、やばいと思っていたら、最終的にフルリフォームの依頼を受けました! あの時の文句はいったい・・。どーも、Ponchaです('ω')お部屋のリフォームをする際、工事の音や資材の搬入等で、どうしても近隣の方に迷惑が掛かってしまいます。そのため、リフォームを行う前に、近隣の方へ挨拶をするのが一般的です。しかし、近隣挨拶って自分で行った方が良いのか?リフォーム会社さんに行った方が良いのか悩みますよね?ということで今回は、リフォーム前の近隣挨拶って自分で行う?業者にお願いする?というテーマでお話ししたいと思います!近隣挨拶の対応ってリフォーム会社さんによっても大きく異なります。基本的には近隣挨拶の重要性についてお話しをしたいと思います!近隣挨拶をすることでの、メリットデメリットも併せてお話ししたいと思います!近年は大変多くの情報に溢れています。相談する場所はいっぱいありますが、いきつくところポジショントークになってしまうことがほとんど。営業マンの言葉をそのまま鵜呑みにしていませんか?本当に正しい内容・情報なのかをしっかり判断する必要があります。リフォームや新築・不動産など、住宅に関わったプロの第三者の目で、初歩的な内容から専門的な内容までご相談のっております。建築工事・設計といった建設業の内容から、お部屋探し・不動産購入といった不動産業の内容まで幅広く扱っております。気になることがある方はお気兼ねなく、お問い合わせフォームよりお問い合わせください!お仕事のご依頼・ご相談はこちら!リフォーム前の近隣挨拶ってした方が良い!
0
カバー画像

趣味部屋の作り方/プライベート空間 No2

趣味部屋を作る計画を立てるとき、まず何をしたいのか、何にその部屋を使いたいのかをはっきりさせることが大事です。これは、部屋が結局どんな機能を果たすべきかを決めるためのスタート地点になります。たとえば、本を読むための静かな場所がほしいのか、それとも音楽を作るために防音が必要なのか、この初期段階でしっかり考えておくことが重要です。 次に、どこにその趣味部屋を作るかを決めます。家の中で使えるスペースを見て回り、その活動に最適な場所を選びましょう。可能性があるのは地下室や屋根裏、または特定の部屋の一角かもしれません。大切なのは、その場所が活動に合っているかどうかと、家の他の部分とどう調和するかです。 そして、予算を考えます。趣味部屋にどれくらいのお金をかけられるか、そしてその予算内で何ができるかをしっかり計画しましょう。家具や装飾、改修費用、趣味に必要な機材の購入費用など、すべてのコストを考慮に入れます。さらに、何か予期せぬことが起きたときのために、少し余裕を持たせることも忘れずに。 この段階での計画は、後に続くデザインや実装をスムーズに進めるために、非常に大切です。目的を明確にし、適切な場所を選び、リアルな予算を設定することで、夢の趣味部屋を少しずつ現実に近づけていけるはずです。次に、このプランをもとにして、どんなデザインが良いかを考えていきましょう。第3章:デザインの基本 趣味部屋をデザインするとき、その部屋が持つべき雰囲気や機能性を考えることから始めます。趣味部屋は、そこで過ごす時間が楽しく、かつ生産的であるための空間ですから、デザインはその目的を反映するものでなければなりません
0
カバー画像

マンションフルリノベーションの落とし穴

こんにちは! 今日は、マンションフルリノベーションの落とし穴についてお話ししたいと思います。マンションフルリノベーションとは、マンションの全ての部屋を自分好みに改装することです。一見、理想的な住まいになりそうですが、実は色々な問題があります。以下に、Aさんが経験したマンションフルリノベーションの落とし穴を紹介します。 1. 管理組合の承認が必要 マンションは共有部分が多いので、管理組合の承認が必要です。管理組合は、住民の利益を守るために、リノベーションの内容や工事期間などを厳しくチェックします。中には、音や振動が出る工事や、外観や構造に影響する工事を禁止する管理組合もあります。私は、壁を取り払ってオープンな空間にしたかったのですが、管理組合から拒否されました。壁は耐震性や防音性に関係するからだそうです。仕方なく、壁を残して間仕切りを設けることにしました。 2. 工事費用が高額 マンションフルリノベーションは、一部屋だけではなく、全ての部屋を改装するので、工事費用が高額になります。私は、キッチンやバスルームなどの水回りや設備も新しくしたかったので、約2000万円かかりました。しかも、工事中は住めないので、別の場所に住む費用も必要です。私は、友人の家にお世話になりましたが、それでも月5万円ほどかかりました。工事費用や住居費用を考えると、新築マンションを買った方が安く済んだかもしれません。 3. リセールバリューが下がる マンションフルリノベーションは、自分好みに改装するので、他人にとっては不便や不快な点があるかもしれません。例えば、私は寝室と書斎を一つにしたのですが、これでは子供部
0
カバー画像

ぼったくり?リフォーム中の追加工事費用が高すぎる?~追加費用の裏話~

以前、リフォーム中に追加工事が発生したのですが、お客さんに『追加工事の代わりに、お昼ご飯を提供するので、工事費用は無しにして!』と言われたことがあります。値切り方が変化球過ぎて反応に困りました・・。どーも、Ponchaです('ω')リフォーム、リノベーションのように、すでに仕上がっている内装を壊し、新しく作る際、壊してみて初めて分かることがあります。こういった予期せぬ事態の場合でも、何かしら対応し工事を進めなければいけません。その時発生するのが、追加工事と追加費用!!こういった見積もり以外の工事が発生してしまった時は、追加工事・追加費用がかかります。その費用はお客さんに負担していただく必要がありますが、中には『追加工事費用が高すぎる!』と思う方も少なくありません。ということで今回は、ぼったくり?リフォーム中の追加工事費用が高すぎる?というテーマでお話ししたいと思います!追加工事の費用については、あるあるのトラブルです。追加工事が発生しても、お互いが気持ちよく進められるように、お客さんと業者さんのズレが何かしっかり把握しましょう。近年は大変多くの情報に溢れています。相談する場所はいっぱいありますが、いきつくところポジショントークになってしまうことがほとんど。営業マンの言葉をそのまま鵜呑みにしていませんか?本当に正しい内容・情報なのかをしっかり判断する必要があります。リフォームや新築・不動産など、住宅に関わったプロの第三者の目で、初歩的な内容から専門的な内容までご相談のっております。建築工事・設計といった建設業の内容から、お部屋探し・不動産購入といった不動産業の内容まで幅広く扱って
0
カバー画像

窓をリフォームすると補助金がもらえる!?

こんにちは!本日はリノベーションの補助金のひとつ、【先進的窓リノベ】についてご紹介したいと思います。先進的窓リノベって??正式名称は、断熱窓への改修促進等による住宅の省エネ・省CO2加速化支援事業といいます。事業概要として、先進的窓リノベ2024事業は、断熱窓への改修を促進し既存住宅の省エネを促すことで、エネルギー費用負担の軽減、健康で快適な暮らしの実現及び家庭からのCO2排出削減に貢献するとともに、断熱窓の生産効率向上による関連産業の競争力強化と成長を実現させることを目的とする事業です。先進的な窓リノベーションを行うことによって以下のような特徴やメリットがあります。 - 高性能Low-Eガラスの採用 - 熱の伝わりにくいLow-Eガラスを使うことで、断熱性能が大幅に向上します。 - 複層ガラスの採用 - 2枚以上のガラスを複層にすることで断熱・遮音性能がアップします。 - アルゴンガスやクリプトンガスによる熱遮断 - ガラスの隙間にこれらの熱伝導率の低いガスを封入することで断熱効果が高まります。 - Low-Eコーティングの採用 - ガラス面に熱を反射するコーティングを施すことで断熱性能が向上します。 - サッシの断熱強化 - サッシの中に断熱材を入れることで熱の逃げを防ぎます。 - エアタイト性の確保 - ガラスとサッシの隙間を完全にシールすることで、熱の逃げを防ぎます。 このように先進的な技術を取り入れることで、大幅に断熱性能を向上させることができます。光熱費の削減にも効果的です。補助金の金額や期間はどれくらいあるの??金額については工事の内容にもよりますが、1住戸辺り5
0
カバー画像

お部屋のリフォーム 仕様が決まっていないのに請負契約しないといけない!?~発注の裏側~

お客さんのキッチンの仕様を決めるのに、ショールームを二日間みっちり付き合ったことがあります。仕様が決まった瞬間、ちょっと涙が出そうになりました・・。どーも、Ponchaです('ω')お部屋のリフォーム・リノベーションする際は、リフォームの内容を聞いてもらい、その後見積の提出、仕様を決めて、金額確定したら、請負契約をして工事着手!という流れです。しかし、リフォームの現場では、完全に仕様が決まり切っていない段階で、請負契約をすることがあります!お客さんからすると、まだ仕様が決まり切っていないのに請負契約して大丈夫なの?金額が変わった場合、どうなるの?と不安になる方が結構います!ということで今回はお部屋のリフォーム 仕様が決まっていないのに請負契約して大丈夫?というテーマでお話ししたいと思います!結論から言っちゃうと、リフォームをやる予定であれば、私用・金額確定前に請負契約をしても大丈夫です!ただ、注意点がありますよ!という感じです!では詳しくご説明したいと思います!関連記事はこちら不動産売買 手付金による解除とは?~手付金の放棄?倍返し?って?~中古不動産購入 引渡後の7日間の設備チェック~引き渡し後にやるべきポイント~不動産の売買契約当日の流れ~売買契約当日ってなにをするの?~不動産取引での両手仲介、片手仲介?~日本の不動産取引の基礎知識~近年は大変多くの情報に溢れています。相談する場所はいっぱいありますが、いきつくところポジショントークになってしまうことがほとんど。営業マンの言葉をそのまま鵜呑みにしていませんか?本当に正しい内容・情報なのかをしっかり判断する必要があります。リフ
0