絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

2 件中 1 - 2 件表示
カバー画像

シンプソニクティス・コンスタンシアエ【ラインきせかえ】

シンプソニクティス・コンスタンシアエの着せ替えが完成し、リリースしました。こちらはそのメイン画像をちょっと変更したものです。モデルは、むつごろうさん家の愛魚さん。シンプソニクティス・コンスタンシアエは、卵生メダカの一種です。そもそも資料が少なく、描くにあたってはむつごろうさんの高画質ですごく美しい写真に頼りっぱなしでした。むつごろうさんの写真は、光と影のバランスがとても美しく、お魚の表情やウロコの微妙な色合いをしっかりと捉えていて、いつも「すごい!」「きれい!」という言葉を連発しながら拝見しています。お魚のイラストを描くのだから、精一杯そっくりにしたい。でも、そっくりそのままだと「もうイラストじゃなく、写真でいいじゃん…」となってしまう…^^;これは描きながらいつも葛藤していることです。この点については、一応私なりの方向性があって、日本画の巨匠の筆致や、水彩のぼかしを参照して、色を塗るときなどに写真ぽくなりすぎないように気をつけています。この辺りはまだまだ試行錯誤しているところなので、最終的に、うまく自分の絵柄に持っていけたらいいなと思っています。シンプソニクティス・コンスタンシアエは暗い紫のような、青のような、また個体によっては茶色っぽい色合いをしていたりします。顔立ちは凛としていて、とても気品あるお魚だと思います!むつごろうさん、モデルありがとうございました!
0
カバー画像

シンプソニクティス・コンスタンシアエ

こちらは、むつごろうさん家の愛魚さんです。卵生メダカの一種です。雨季と乾季のある場所で生きるメダカで、卵の状態で乾季を過ごし、雨季にお魚になって泳いで繁殖…というサイクルのお魚です。おもしろい生き方をしますね!小学校で習う知識だけだと、学校で習うヒメダカだって卵から生まれるし、何でわざわざ「卵生」って言うんだろう?って思っちゃいました。まさか、土の中から出てくるとは!描いてみて難しかったのは、背びれの形状です。ちょっと変わった形の背びれで、なかなか形がとりづらかったです汗色は、紫、青、緑、黒など、いろいろないろがあり、暗がりの中で輝いているような、そんな色合いをしています。色々なブラシと、「覆い焼き」「発光」などの効果を使っています。つぶらな瞳が結構チャーミングですね!飼育難易度の高いお魚だそうですが、その分、さすが、とても美しいですね!
0
2 件中 1 - 2
有料ブログの投稿方法はこちら