シンプソニクティス・コンスタンシアエ

記事
デザイン・イラスト
こちらは、むつごろうさん家の愛魚さんです。

卵生メダカの一種です。雨季と乾季のある場所で生きるメダカで、卵の状態で乾季を過ごし、雨季にお魚になって泳いで繁殖…というサイクルのお魚です。
おもしろい生き方をしますね!

小学校で習う知識だけだと、学校で習うヒメダカだって卵から生まれるし、何でわざわざ「卵生」って言うんだろう?って思っちゃいました。まさか、土の中から出てくるとは!

描いてみて難しかったのは、背びれの形状です。ちょっと変わった形の背びれで、なかなか形がとりづらかったです汗

色は、紫、青、緑、黒など、いろいろないろがあり、暗がりの中で輝いているような、そんな色合いをしています。色々なブラシと、「覆い焼き」「発光」などの効果を使っています。

つぶらな瞳が結構チャーミングですね!飼育難易度の高いお魚だそうですが、その分、さすが、とても美しいですね!
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す