頑張りすぎて疲れている人へ

記事
学び


「どんなに頑張っても自分に満足できない・・」
「一つ終わったらまた次の目標を見つけて頑張る・・」


あなたはなぜそんなに頑張りたいのでしょうか?


これ・・
実は私も陥っていた状態です。






頑張りすぎて疲れて
毎日追い立てられているような感覚・・


今を楽しめない・・
いつも時間を気にしてしまう・・


「このまま人生が終わったら
私は後悔するな・・」そう思っていました。


でも何をどうすればいいのかわからない。



とは言え、私はラッキーでした。
その頑張り癖の無限ループから脱出することができたから。



だからあなたもできます!!




この無限ループから飛び出すのに
自分の潜在意識に向き合うことが必要だとわかれば・・



できるんです!




今日は私のクライアントさんAさんをご紹介します。


歯ぎしりや食いしばりで「歯が削れてきていた」Aさん。




彼女の歯ぎしり食いしばりの原因はどこにあったのでしょうか?





Aさんはすごく頑張り屋さんです。



勉強も一生懸命やって、

中学校でも常に1番でした。



そして仕事を始めてからも、



会社でも誰よりも成績を残し、



社長にも信頼され、

周りの人たちからの羨望の眼差しを受けていました。






でも彼女はあることで悩んでいたんです。





どんなに頑張ってもなぜか

満たされない。



毎日次から次へと、



目標を見つけて頑張っているのに。


いつまでたっても自分に満足してないんです。







セッションの中で

中学校2年生の時の

両親に対する思いが浮かんできました。







彼女のご両親は中学生の時に離婚されてます。

心配をかけまいと自分の気持ちをあまり表に出せませんでした。



そしてお母様に新しい恋人がいたこともその頃知ったそうです。



Aさんの中に、

「自分はお母さんに愛されていない」

と言う不安な思いがありました。





頑張る事は良いことなんです。





ただその頑張る目的が、

Aさんの場合はちょっとだけ間違ってたんですね。







潜在意識が、



「自分は愛されてないから頑張らなきゃ!

愛されるために!頑張る。」





「自分は頑張らなきゃいけない!」



という状態を実現するように

潜在意識が頑張る状態を作っていきます。



Aさんは疲れているのに。





セッションでは、記憶を調整し

「自分のために頑張る!」とセットしなおしました。

誰か他に認められたいから!が理由にならないように。







「頑張る」こと自体はいいことなのですが

Aさんの場合は

その裏に隠れている「頑張る理由」が

少しずれていたんですね・・







Aさんの歯ぎしり・食いしばりを
起こしている理由の一つが

これでした!





誰かの承認を得るために・・

誰かに褒めてもらうために・・



と言う理由では

「頑張れば頑張るほど

自分はこのままではダメ・・

もっともっと頑張らなきゃ・・」





「自分はダメ!愛されない!」

と言う感覚が助長されてしまいます。





だからAさんには

「私は〇〇したいから頑張る!」
「私は自分がこうなりたいから、頑張るの!」


という自分基準で!すべて行動できるように
自分の潜在意識を調整していきました。



今では歯ぎしり食いしばりも改善傾向にあります。





だからあなたも
今の悩みを解決していくには
自分の潜在意識にアプローチすれば
謎が解けますよ!

サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す