絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

88 件中 1 - 60 件表示
カバー画像

新規サービスの価格設定戦略:3つのアプローチ

新規サービスの価格設定は、ビジネスの成功において非常に重要な要素です。価格設定が高すぎれば顧客は購入を躊躇し、低すぎれば収益性が損なわれます。ここでは、新規サービスの価格を決める際に役立つ戦略を紹介します。 1. コストプラス価格設定 まず、サービスの提供にかかるコストを正確に計算します。これには、直接コスト(材料費や労働費)と間接コスト(家賃、ユーティリティ、マーケティング費用など)が含まれます。コストを把握した上で、希望する利益率を加えて価格を設定します。この方法はシンプルで理解しやすいですが、市場の需要や競合他社の価格戦略を考慮していないため、市場から乖離する可能性があります。 2. 競合ベースの価格設定 競合他社の価格設定を分析し、それに基づいて自社の価格を設定する方法です。類似サービスの価格を調査し、自社サービスの品質や独自性を考慮して、価格を高く設定するか、あるいは低く設定するかを決めます。この戦略は市場に即した価格設定が可能ですが、競合との価格戦争を引き起こす可能性もあります。 3. 価値ベースの価格設定 顧客がサービスに見出す価値を基に価格を設定する方法です。顧客がどれだけの価値を感じ、どの程度支払い意欲があるかを理解することが重要です。顧客に対する調査やインタビューを通じて、顧客のニーズや価値観を把握し、それに合わせて価格を設定します。この方法は顧客中心であり、高い顧客満足度とブランド価値を築くことができますが、市場調査には時間とコストがかかります。新規サービスの価格設定は、ビジネスモデルや市場環境、顧客ニーズに密接に関連しています。各方法には利点と欠点があり
0
カバー画像

【価格改定】海外クラウドファンディング制作代行

いつもご利用いただき、ありがとうございます。この度、海外クラウドファンディング制作代行サービスをよりご利用いただきやすい価格に改訂し、海外でのテストマーケティングや知名度向上をサポートいたします。 私たちYOROZUYAは、これまで数多くの海外クラウドファンディングプロジェクトの制作を承ってまいりました。この度、より多くの中小企業様や個人のお客様に弊社のサービスをご利用いただけるよう、価格体系を見直しました。この価格改定により、海外でのテストマーケティングや知名度向上に向け、より多くの企業様が当サービスを利用しやすくなります。■価格改定の詳細 旧価格:30万円(税込) 新価格:15万円(税込)この価格改定により、より多くのお客様が弊社のサービスを利用でき、海外展開に向けた一歩を踏み出すことが可能になりました。 ■価格プランの詳細 低コストでの制作: ベーシックプランでは、プロフィールページおよびプロジェクトページの制作に必要な基本的なサービスを低価格で提供。少人数の会社だからこそできる低価格を実現しました。 オプションの追加によるカスタマイズ: 多数のオプションを追加し、お客様は必要な機能を選択してプランをカスタマイズ可能になりました。 ■ベーシックプランに含まれる内容 ベーシックプランの内容は以下の通り。 プロフィールページ制作: ・文章翻訳 ・画像翻訳・編集(トリミング/文字入れなど) プロジェクトページ制作: ・タイトル文章翻訳 ・本文文章翻訳 ・バナー画像翻訳・編集(トリミング/文字入れなど) ・リターン画像/文章翻訳、作成(トリミング/文字入れなど) ・クラウドファン
0
カバー画像

新規事業における市場理解を読み間違うリスク

新規事業を立ち上げる際、市場理解は成功の鍵を握ります。しかし、この市場理解を誤ることは、事業の失敗に直結する大きなリスクです。本記事では、市場理解を誤る原因とその対策について考察します。 市場理解を読み間違うこと市場理解の読み間違いは、顧客のニーズ、市場のサイズ、競合状況など、市場に関する重要な要素を正確に把握できていない状態を指します。これには、過小評価や過大評価などが含まれます。 原因1:情報の偏り 新規事業において、市場に関する情報が偏っていることがあります。例えば、既存の顧客やビジネスパートナーからの情報に頼りすぎることで、市場全体の実情を見落とすことがあります。 対策:多角的なデータ収集 市場調査を多角的に行い、様々な情報源からデータを収集することが重要です。アンケート調査、フォーカスグループ、業界レポートの活用などが有効です。 原因2:過度な楽観主義 特にスタートアップにおいて、自社の製品やサービスに対する過度な楽観主義が市場理解を歪めることがあります。自社の強みばかりに目が行き、市場のリアリティを見失うのです。 対策:客観的なフィードバックの収集 客観的な第三者からのフィードバックを積極的に収集することが重要です。また、競合他社の成功や失敗の事例研究も有効です。 原因3:変化する市場環境の見落とし 市場は常に変化しています。その変化を見落とすことで、市場理解が古くなり、誤った判断を招くことがあります。 対策:継続的な市場監視 市場の動向を常に監視し、定期的に市場調査を更新することが重要です。特にテクノロジーの進化や社会的トレンドの変化には敏感であるべきです。 まと
0
カバー画像

祝🎉海外クラファンで素晴らしいプロジェクトに選出!

なぜか犬に好かれます、YOROZUYA中の人です。さて、私が提供しているサービス、海外クラウドファンディング制作代行に関して素晴らしいニュースがあるので共有させてください。今回のお客様(ココナラ以外です)、世界で絶大な人気を誇るKickstarterというクラウドファンディングサイトを用いております。この度、プロジェクトページ制作を任せていただきました。プロジェクト開始2日で、Kickstarterスタッフが選ぶ厳選プロジェクトに選出されました!!!!!(スタンディングオベーションで拍手お願いします!)これ、何がすごいって、数あるプロジェクトの中からKickstarterのスタッフが「これはいいプロジェクトだ!」てな感じで選んでくれた、完全にフェアな環境での選出なのです。PRに一切お金をかけていません。スタッフ厳選プロジェクトに選ばれると、「Project we love」というタグが付き、特集ページも組まれます。選ばれるだけでPR効果が絶大です。こんなに素晴らしい経験をさせていただけて、とても嬉しいです!プロジェクトの成功を心より願っております!海外クラウドファンディングには、多くの可能性があります!海外での認知度向上やテストマーケティングなど目的は様々。もし海外クラウドファンディングにご興味のある方は、ぜひこちらからお問い合わせくださいませ。YOROZUYA中の人
0
カバー画像

市場調査における調査設計の重要性:見落とされがちなリスクとその影響

市場調査はビジネスの意思決定に不可欠なプロセスですが、その前段階である調査設計を軽視すると、さまざまなリスクに直面する可能性があります。ここでは、調査設計を十分に行わない場合に生じる主なリスクと、それらがビジネスに与える影響について考察します。 1. データの信頼性の欠如 十分な調査設計がないと、収集されるデータの信頼性や妥当性が低下します。例えば、サンプリング方法が不適切だと、対象市場を正確に反映しないデータが得られ、その結果、誤ったビジネス決定を下す原因となり得ます。 2. 時間とリソースの無駄遣い 不十分な調査設計は、無効なデータや無関係な情報を収集するリスクを高めます。これにより、市場調査にかかる時間とリソースが無駄に消費され、他の重要なビジネス活動への影響も生じかねません。 3. 誤った市場理解 市場のニーズやトレンドを誤って解釈することは、製品開発やマーケティング戦略に誤った方向性をもたらします。例えば、ターゲット顧客のニーズを正確に把握できなければ、市場に受け入れられない製品やサービスを開発してしまう恐れがあります。 4. 競争優位の喪失 市場調査の目的の一つは、競合他社との差別化を図ることです。しかし、調査設計が不十分だと、競合に関する深い洞察を得ることができず、市場での競争優位を築く機会を逸することになります。 5. 調査結果の誤用 調査設計が不適切な場合、データの解釈が難しくなり、誤った結論に至るリスクが高まります。これは、マーケティング戦略や製品開発計画の誤った方向付けにつながる恐れがあります。 まとめ 市場調査の成功は、適切な調査設計に大きく依存します。
0
カバー画像

オープンデータを活用した仮説出しのプロセス

オープンデータは、政府機関や企業が一般公開している大量のデータです。このデータを活用して、市場動向や消費者行動などの仮説を立てることが可能です。この記事では、オープンデータから仮説を導き出すプロセスを紹介します。 ステップ1: データの選定 まず、仮説を立てるために必要なデータの種類を特定します。例えば、消費者の購買行動に関する仮説を立てたい場合は、消費者調査データや売上データが有用です。重要なのは、目的に合ったデータを選定することです。ステップ2: データの収集と整理 次に、選定したデータを収集し、分析のために整理します。オープンデータは、多くの場合、ダウンロード可能な形式で提供されています。収集したデータを整理し、分析しやすい形に加工します。 ステップ3: データ分析 データを分析し、潜在的な傾向やパターンを探します。このステップでは、統計分析やデータマイニング技術が役立ちます。目的は、データ内に隠された有意な情報を見つけ出すことです。 ステップ4: 仮説の形成 分析結果を基に、具体的な仮説を立てます。例えば、「若年層はオンラインショッピングを好む」という仮説などが考えられます。ここでのポイントは、データに基づいた合理的な推測を行うことです。 ステップ5: 仮説の検証 立てた仮説を検証するために、さらなるデータ収集や分析を行います。仮説が正しいかどうかを確かめるために、追加のオープンデータや市場調査を利用することもあります。 ステップ6: 結論の導出と応用 最終的に、検証結果をもとに結論を導き出します。仮説が正しい場合、その知見をビジネス戦略や製品開発に活用することができま
0
カバー画像

市場調査の目的を明確にするための5つのステップ

市場調査は、ビジネス戦略を形成し、製品やサービスを成功に導くための重要なステップです。しかし、市場調査の目的が不明確であると、その効果は薄れ、時間とリソースの無駄につながりかねません。ここでは、市場調査の目的を明確にするための方法をいくつか紹介します。 1. ビジネス目標を特定する 市場調査を始める前に、ビジネスが達成しようとしている具体的な目標を特定することが重要です。新製品の開発か、既存製品の改善か、それとも市場の新規参入か。目標が明確であれば、それに沿った市場調査の方針が立てやすくなります。 2. ターゲットオーディエンスを理解する 市場調査の主な目的の一つは、ターゲットとなる顧客層を理解することです。彼らのニーズ、欲求、行動パターンを把握することで、より効果的な製品開発やマーケティング戦略を立てることができます。 3. 競合分析を行う 市場には競合他社が存在します。彼らの製品、価格設定、マーケティング戦略などを理解することで、自社のポジショニングを明確にし、競争優位を築くことが可能です。 4. データ収集方法を選定する 市場調査の目的に合わせて、最適なデータ収集方法を選定することが大切です。アンケート調査、インタビュー、フォーカスグループ、オブザーベーションなど、目的に応じた方法を選ぶことで、より有効な情報が得られます。 5. 実行可能な結果を目指す 市場調査の最終的な目的は、実行可能な結果を得ることです。収集したデータを分析し、具体的な行動計画に落とし込むことが重要です。市場調査の結果は、製品開発、マーケティング戦略、販売計画など、具体的なビジネス活動に役立てるます。
0
カバー画像

アイディエーションのコツ

新規事業の立ち上げは、創造性と革新性が求められる挑戦です。成功への鍵は、アイディエーション、つまり効果的なアイデア創出プロセスにあります。この記事では、新規事業のためのアイディエーションにおけるコツと戦略に焦点を当てます。 1. 市場のニーズを理解する 新規事業のアイディエーションは、市場のニーズの理解から始まります。顧客が何を必要としているか、または将来必要とするかを洞察することが重要です。リサーチ、市場分析、トレンドの追跡を通じて、未開拓の市場ニーズや痛点を発見しましょう。 2. ブレインストーミングを活用する ブレインストーミングは、多様なアイデアを生み出すための強力なツールです。チームメンバーと共に、制約を設けずにアイデアを出し合います。この段階では、量より質を重視し、批判や評価は避けて、自由な発想を促進しましょう。 3. ユーザーセントリックなアプローチ 顧客の視点を中心に考えることが、革新的な事業アイデアを生む鍵です。ユーザーの日常生活、課題、願望を深く理解し、それらを解決する製品やサービスを考案しましょう。 4. プロトタイピングとフィードバック アイディエーションの過程では、プロトタイプの作成とフィードバックの収集が不可欠です。初期段階でのプロトタイプは、アイデアの検証と改善のための実験的な試みとなります。顧客やステークホルダーからのフィードバックを活用して、アイデアを精緻化しましょう。 新規事業のアイディエーションは、単なるアイデア生成にとどまらず、市場の深い理解、顧客との連携、そして継続的な改善を伴うプロセスです。
0
カバー画像

ローカルビジネスで競合に勝つための分析手法

ローカルビジネスにおいて競合に勝つためには、効果的な競合分析が不可欠です。以下にその手法を紹介します。 1. 地域内の競合を特定する まず、自分のビジネスと直接競合する他のローカルビジネスを特定します。これには、インターネット検索、地元のビジネスディレクトリ、顧客からのフィードバックなどが役立ちます。 2. 競合の強みと弱みを分析する 競合のビジネスモデル、価格設定、製品・サービスの質、顧客サービス、マーケティング戦略などを分析して、彼らの強みと弱みを理解しましょう。 3. 顧客のニーズと嗜好を理解する 自分のターゲット顧客が何を求め、どのような価値観を持っているかを理解することが重要です。アンケート、インタビュー、ソーシャルメディアの分析などが有効です。 4. 独自性を見つける 競合との違いを明確にし、独自の価値提案を作り出します。これは、新しいサービス、ユニークな顧客体験、特別な価格設定などを通じて実現できます。 5. ローカルマーケティングを強化する 地元のイベントへの参加、地域コミュニティとの連携、ローカルメディアを利用した宣伝など、地元密着型のマーケティング戦略を強化しましょう。 6. 定期的なレビューと調整 市場は常に変動しています。定期的に競合分析を行い、必要に応じて戦略を調整することが重要です。 まとめ ローカルビジネスにおける競合分析は、市場の理解、競合の強みと弱みの把握、顧客ニーズの理解、独自性の追求、地域密着型マーケティングの強化、そして定期的な市場レビューと戦略の調整を含みます。これらを踏まえて、地域市場での優位性を築きましょう。
0
カバー画像

個人と法人のための市場調査:異なるニーズに対するアプローチの違い

市場調査は、製品やサービスを成功させるための重要なステップです。しかし、個人と法人向けの市場調査は、その目的とアプローチにおいて大きく異なります。この記事では、これらの違いを探ります。個人向け市場調査の重点ポイント個人向け市場調査は、消費者の嗜好、行動、購買動機を理解することに重点を置きます。ここでは、感情的な要素やブランドへの忠誠心が重要な役割を果たします。主に次の方法が用いられます。 アンケート調査: 消費者の意見や好みを直接尋ねる。 フォーカスグループ: 特定の製品やサービスに関する詳細な意見を集める。 観察研究: 実際の購買行動や使用パターンを観察する。 法人向け市場調査のアプローチ 法人向け市場調査では、企業のニーズ、業界の動向、経済的要因が中心になります。このタイプの調査は、より具体的なデータと、業界特有の知識を必要とします。 業界分析: 特定業界の動向、規模、競争状況を分析。 B2Bインタビュー: 業界の専門家や意思決定者にインサイトを求める。 ケーススタディ: 類似の事例や成功事例を研究する。 共通点と異なる点 両者の市場調査には共通点もあります。例えば、どちらも市場のニーズやトレンドを理解することが目的です。しかし、個人向けは「感情」にフォーカスし、法人向けは「データ」と「具体的な経済指標」に重きを置きます。 終わりに市場調査は、ターゲットが個人消費者か法人かによって、大きく異なるアプローチが必要です。効果的な市場調査には、ターゲットの特性を理解し、適切な方法を選択することが不可欠です。このようにして、製品やサービスを市場に適合させ、成功へと導くことができます
0
カバー画像

成功する市場調査の鍵:明確な目的の設定

市場調査を行う際、最も重要なステップの一つが「明確な目的の設定」です。正確な情報を得るためには、どのような目的で調査を行うかを明確にすることが不可欠です。では、なぜ明確な目的の設定が重要なのでしょうか? 1. 調査の方向性を定める 明確な目的が設定されていれば、調査の方向性が明確になります。何を知りたいのか、何を達成したいのかを明確にすることで、調査のスコープを絞り込むことができます。例えば、新商品の受け入れ可能性を知りたいのか、競合他社との差別化ポイントを把握したいのか、その目的に合わせた調査手法を選択できます。 2. 不要なコストを抑える 明確な目的が設定されていれば、不要なコストを抑えることができます。必要のない領域や情報にリソースを使うことを避け、調査の焦点を絞ることができます。限られたリソースを最適に活用し、効率的な市場調査を行うためには、明確な目的が欠かせません。 3. 正確な結果の得られる可能性を高める 明確な目的があることで、最終的に得られる結果の正確性が向上します。調査の目的が明確であれば、データの収集方法や分析手法を適切に選択できます。結果として、より有益な情報を得ることができ、ビジネス上の意思決定や戦略の立案に役立てることができます。 目的の設定方法 目的を設定する際には、SMART原則(Specific(具体的な)、Measurable(測定可能な)、Achievable(達成可能な)、Relevant(関連性がある)、Time-bound(期限がある))を意識しましょう。 例えば、「次世代スマートフォンの市場動向を調査する」という目的は具体的で測定可能
0
カバー画像

市場調査の重要性と成功するための手法

ビジネス展開や新商品の導入を考える際、市場調査は成功への近道です。正しい手法と理解があれば、効果的な市場調査を行うことができます。 市場調査の重要性 市場調査は、ビジネス戦略の基盤です。正確な情報を得ることで、顧客のニーズや市場の動向を把握し、成功するための戦略を構築できます。具体的な重要性は以下の通りです。 顧客ニーズの把握: 顧客が何を求めているのかを知ることで、需要に合った商品やサービスを提供できます。競合環境の理解: 競合他社の動向や市場シェアを分析することで、自社の強みや改善点を見つけられます。新たな機会の発見: 新しい市場や成長の可能性を探り、ビジネス展開のチャンスを見逃しません。 市場調査手法 市場調査にはさまざまな手法がありますが、主な手法とその特徴は次の通りです。 定性的手法: インタビューやフォーカスグループディスカッションなど、顧客の感情や意見を探る手法です。洞察を得るための貴重な手法です。 定量的手法: アンケート調査やデータ分析など、数値データを取得する手法です。客観的な情報を集めることができます。 デスクリサーチ: インターネットや文献を活用して情報を収集する手法です。市場データやトレンドの把握に有効です。 成功のためのポイント 成功する市場調査を行うためには、以下のポイントを押さえることが重要です。 明確な目的の設定: 調査の目的やゴールを定め、それに合った手法を選択します。 正確なデータ収集: 正確で信頼性のあるデータを収集するために、適切なサンプリングや調査方法を選択します。 データ分析と戦略立案: 収集したデータを分析し、戦略を立案する際に活
0
カバー画像

市場調査の落とし穴から学ぶ:失敗事例と成功への教訓

市場調査は成功するための不可欠なステップですが、時には失敗もつきものです。この記事では、市場調査における失敗事例とそこから得られる教訓について探っていきます。 失敗事例1: 適切なターゲットの見極め不足 ある企業が、新しい製品を若者向けに販売するための市場調査を行いました。しかし、彼らはターゲット層の実際のニーズや動向を把握せず、結果として製品は市場で受け入れられませんでした。重要なのは、ターゲットのニーズや行動を理解し、それに基づいた調査を行うことです。 教訓: ターゲット層の洞察を得ることが市場調査の鍵です。定性的・定量的手法を組み合わせ、ターゲットの習慣や要望を把握することが成功の道です。 失敗事例2: データの偏りによる誤った結論 別の企業が、地域ごとの市場需要を調査しましたが、サンプルデータが特定の地域に偏っていました。その結果、全体の市場需要を誤った判断に基づいて評価してしまいました。偏ったデータに基づく結論は、事業計画に大きな影響を及ぼす可能性があります。 教訓: 調査データの収集段階で、偏りを避けるために慎重にサンプリングすることが重要です。地理的、人口的、意見の多様性をカバーするよう心がけましょう。 失敗事例3: 競合分析の欠如 競合他社の存在を無視したまま市場調査を行い、自社製品の優位性を過信してしまった事例もあります。競合分析を怠ることで、市場での位置づけを正しく評価できず、予期せぬ競争の波に巻き込まれることもあります。 教訓: 競合分析は重要です。他社の戦略や製品、市場シェアを理解することで、自社の強みや改善点を見つけることができます。 これらの失敗事例
0
カバー画像

市場調査データを活用するための5つの戦略:ビジネス成功の鍵を手に入れよう

市場調査データは現代ビジネスの鍵を握る貴重な資産です。そのデータをただ収集するだけでなく、戦略的に活用することが成功の秘訣です。この記事では、市場調査データを活用し、競争力を高め、新たなビジネス機会を見つけるための実践的な戦略を探求します。成功への第一歩を踏み出しましょう。市場調査データの価値を最大限に引き出す方法 市場調査データは貴重な資産です。その情報を活用するためには、収集したデータを分析し、トレンドや顧客の行動パターンを理解することが不可欠です。データが提供するインサイトに着目し、ビジネス戦略に組み込むことで競争力を高めることができます。 顧客洞察を活かしたターゲティング戦略 市場調査によって得られる顧客の好みやニーズに関する情報は、ターゲティング戦略を立てる上で重要です。データから得られる傾向を見極め、顧客セグメンテーションを行い、より効果的なマーケティングキャンペーンを展開することが可能です。 競合分析から学ぶ競争力強化の手法 市場調査は競合他社の戦略や動向を理解するのにも役立ちます。競合分析を通じて、他社の成功や失敗から学び、自社の強みを見出し、市場での差別化ポイントを見つけ出すことができます。 新たな機会を発見する方法 データは新たなビジネス機会を発見する手助けをしてくれます。市場調査によって新たな需要や成長市場を見つけ出し、そのニーズに応えるサービスや製品を開発することが可能です。 持続的な改善と成長のためのデータ活用 最後に、市場調査データを使ったビジネス戦略は持続的な改善の源です。定期的にデータを分析し、市場の変化に迅速に対応することで、ビジネスを成長させ
0
カバー画像

市場調査抜きの新規事業立ち上げ: リスクとデメリット

これまで市場調査を行う意義やメリットについて紹介してきました。今回はあえて勢いのままで事業を立ち上げた場合のリスクとデメリットについてまとめてみます。リスクについて 市場調査を省くことは、多くのリスクを引き起こす可能性があります。まず、市場のニーズや競合状況を把握せずに事業を始めることで、需要の不足や競争の激化などが予測できない状況に陥る恐れがあります。また、消費者の嗜好やトレンドの理解が不十分なまま商品やサービスを提供することで、市場への適合性が低くなり失敗するリスクが高まります。 さらに、財務面でのリスクも考慮すべきです。十分な市場調査を行わないことで、資金の適切な配分や収益性の見込みが不透明になります。需要の見誤りや競合の存在を無視した事業計画は、経済的な損失や負債の増加につながる可能性があります。 デメリットについて 市場調査を怠ることは、事業全体に多くのデメリットをもたらします。まず、消費者ニーズや市場動向の把握が不十分なため、商品やサービスの設計やマーケティング戦略が効果的でないことがあります。それに伴い、顧客獲得が難しくなり、売上や利益の低迷が予想されます。 さらに、競合他社との差別化や競争力の確保が困難になります。市場のニーズや競合状況を把握せずに事業を展開することで、顧客からの支持を得る難しさやブランドの立ち位置の欠如が生じる恐れがあります。 まとめ 市場調査を行わずに新規事業を立ち上げることは、多くのリスクやデメリットを伴います。需要の見込みや競合状況を把握せずに事業を始めることは、経済的損失や失敗のリスクを高めるだけでなく、消費者との接点を失い、事業の成功
0
カバー画像

エリア攻略:エリア競合調査の手順

エリア競合調査の重要性 新規ビジネスで成功するためには、競合環境を理解することが不可欠です。エリア競合調査は、市場での位置づけや顧客のニーズを把握し、競合他社の動向を把握するための貴重な手段です。1. 目的を明確にする まず最初に、競合調査の目的を明確にしましょう。自社の強みや弱みを把握するためか、新しい市場参入の機会を見つけるためか、より詳細な競合分析を行う必要があるか、目的に応じて調査の焦点を定めます。2. 競合企業を特定する 市場で競合している企業を特定します。直接的な競合他社だけでなく、間接的な競合相手も見逃さずに把握しましょう。これにより、より包括的な競合環境の把握が可能になります。 3. 情報収集の方法を選定する 情報収集にはさまざまな方法があります。インターネットや公開情報、業界レポート、調査会社のデータ、さらにはフィールド調査や顧客インタビューなどを活用することで、より深い洞察を得ることができます。 4. データの分析と評価 収集した情報を整理し、分析します。競合他社の戦略、商品やサービスの特徴、価格設定、顧客のフィードバックなどを評価し、自社との比較を行いましょう。この段階で重要なのは、客観的な視点を保つことです。 5. 結果の活用と戦略の立案 最後に、得られた情報を活用して、自社の戦略を見直しましょう。競合分析から得られた洞察を基に、自社の強みを活かした戦略やマーケティングアプローチを構築し、市場での競争力を高めていきましょう。 まとめ エリア競合調査は中小企業にとって重要な戦略の一部です。競合環境を把握することで、市場でのポジションを強化し、成長につなげる
0
カバー画像

市場調査でデータ収集から洞察を得るための効果的なアプローチ

市場調査においてデータ収集は重要ですが、そのデータから真の価値を引き出すためには適切な分析手法が必要です。データ収集後の段階で洞察を得るための効果的な分析手法についてご紹介します。 データの質と適切な収集方法: ・品質基準の設定: データの品質を確保するために、正確性、完全性、信頼性などの基準を設定します。たとえば、データの入力エラーを最小限に抑えるための検証プロセスや、データセキュリティの確保などが含まれます。 ・収集方法の選択: 目的に合わせた収集方法を選択することが重要です。オンライン調査、直接インタビュー、購買データの収集など、最も適切な方法を選ぶための議論を展開します。また、各手法の利点と欠点、コストや時間の観点からの比較も重要です。 定量データ分析手法: ・回帰分析、クラスター分析、因子分析など: 各手法の基本的な概念や使い方を解説します。例えば、回帰分析では変数間の関係性を理解し、クラスター分析ではデータをグループに分類する方法などがあります。 ・実践的なガイダンス: 実際のデータセットを使って、これらの手法をどのように適用するかを具体例を用いて解説します。適切な手法の選択や結果の解釈に役立つヒントを提供します。  定性データ分析手法: ・フォーカスグループ、インタビュー、テキストマイニングの解説: 各手法の特徴や適用範囲、得られる情報の種類などを明確にします。 ・活用のヒントとベストプラクティス: 例えば、インタビューを行う際の質問の構成や、テキストマイニングでの有用なツールやアプローチなどの実践的なアドバイスを提供します。  洞察の獲得とビジネスへの応用: ・
0
カバー画像

「ビジネスの成功を支える! ランチェスター戦略の効果的な活用法」

ランチェスター戦略とは何か? ランチェスター戦略は、競争の激しいビジネス環境で顧客獲得に焦点を当てる戦略の一つです。この戦略では、市場を顧客の購買力や購買意欲に基づいて「高購買力層」「低購買力層」などに分類し、購買力の高い顧客セグメントに特化してビジネスを展開します。つまり、特定の少数の顧客層に重点を置き、彼らのニーズや要求に的確に応えることで、効果的な成果を上げることを目指します。 この戦略では、顧客セグメンテーションが重要な要素となります。例えば、高購買力層にフォーカスを当てることで、彼らのニーズに合わせた製品やサービスを提供し、購入意欲を引き出すことができます。これにより、競合他社よりも顧客ロイヤルティを高め、市場シェアを拡大することが可能となります。 つまり、ランチェスター戦略は、市場を洞察し、自社の強みを最大限に活かすために顧客セグメンテーションに基づいた効果的な戦略を立てることを重視するアプローチです。ランチェスター戦略の重要な要素 1. 顧客セグメンテーション(顧客層の分割) ランチェスター戦略では、市場を細かく分割し、特定の顧客層に焦点を当てます。これにより、顧客のニーズや要求を理解しやすくなり、彼らに最も適したサービスや製品を提供できます。 2. 強力なマーケティングと販売戦略 この戦略では、選ばれた顧客セグメントに対して、ターゲットに合わせた効果的なマーケティング戦略を展開します。顧客の関心を引くコンテンツや広告を活用し、自社の魅力を伝えることが鍵となります。 3. 継続的な改善と競争力の維持 ランチェスター戦略は静的なものではなく、常に変化する市場環境
0
カバー画像

メリットとベネフィットの違いを理解する

メリットとベネフィット一見すると似たような意味を持つと思われがちですが大きく異なります。違いをしっかりと理解することは製品やサービスの特徴や顧客への提供価値を伝える上で重要なポイントとなります。 まず、メリットは商品やサービスの特性や機能から得られる利点を指します。これは直接的に製品が提供する機能や特長に関連しています。例えば、スマートフォンのメリットとして高性能のカメラや長いバッテリー寿命が挙げられます。これらは商品の具体的な特徴であり、顧客がその商品を使うことで享受できる利点です。 一方で、ベネフィットは商品やサービスを使用することで得られる利益や満足度を指します。これは顧客が製品やサービスを利用した際に得られる具体的な利点や価値です。例えば、スマートフォンの高性能カメラは、美しい写真を撮ることができるというメリットから、思い出をより鮮明に残し、楽しい体験を提供するというベネフィットがあります。 つまり、メリットは商品やサービスの提供する機能や特性そのものを指し、それがもたらす利点を表します。一方、ベネフィットはその利点や価値が顧客にもたらす具体的な利益や満足度を示しています。マーケティングでは、商品やサービスの特徴だけでなく、それが顧客にもたらす利点や価値を伝えることが重要です。顧客は製品やサービスを購入する際に、そのベネフィットを重視し、自分のニーズや欲求を満たすために購入を決定することがあります。そのため、メリットとベネフィットの両方を明確に伝えることが、製品やサービスの魅力的な販売ポイントとなります。ベネフィットが顧客のペインを解消することができるのならば売りやすく
0
カバー画像

カスタマージャーニー作成のメリット

カスタマージャーニーは顧客が商品やサービスを知り得てから、購入・利用すし、その後継続や再購入の意思決定をするまでの一連の体験を旅と捉え可視化したものになります。メリットは数多くあります。①顧客の視点の理解: カスタマージャーニーを作成することで、顧客が商品やサービスを利用する過程で経験するステップや感情、ニーズを理解できます。顧客中心のアプローチを取る手助けとなります。 ②問題の特定: ジャーニーマップを作成することで、顧客が直面する問題点や不満、ストレスポイントを特定できます。製品やサービスの改善に繋がり、顧客体験の向上につながります。 ③効果的なコミュニケーション: カスタマージャーニーは、顧客との関わり方を示すための重要なツールとなります。顧客が求める情報やサポートを提供するための戦略を構築し、顧客とのコミュニケーションを向上させます。 ④マーケティング: 顧客ニーズに合わせた製品開発やマーケティング戦略の調整など、企業の戦略的な決定に反映させることができます。⑤顧客体験の改善: カスタマージャーニーを作成し、理解することで、顧客体験を向上させるためのアクションが明確になります。これにより、リピート購買や顧客満足度の向上につながります。 カスタマージャーニーの作成は、顧客との関係を深め、ビジネスの成功に不可欠な要素です。顧客中心のアプローチを強化し、顧客が求める価値を提供するための基盤となります。
0
カバー画像

二次データからあたりをつける(市場調査)

市場調査を行う時にどの情報を集めますか?顧客へ直接ヒアリング、調査会社へ依頼し独自データを収集する。手段はいくつもあります。ただ時間とコストを鑑みると初手から自社特集の情報を集めるのはハードルが高くなります。世の中には公開され誰でも入手可能ではあるものの有益なデータが存在しています。まずはクイックに二次データを収集し、仮説立てやアクションを決めるのも一手です。一度二次データのメリットについて整理してみます。二次データは、他の研究者や組織が収集した情報やデータであり、それを利用して市場調査を行うことには数々のメリットがあります。 時間とコストの節約: 二次データはすでに収集されたものなので、新たに調査を行う手間やコストを削減できます。自社のリソースを使わずに市場情報を獲得できるため、迅速に分析を進めることができます。 広範囲な情報収集: 二次データは、多くの場合、広範囲かつ多様な情報を提供してくれます。これにより、市場全体のトレンドや顧客の嗜好、競合他社の戦略などを包括的に把握できます。 信頼性と信憑性の向上: 信頼できるソースや専門家が収集したデータを使用することで、信頼性の高い情報を得ることができます。信頼性の高いデータをもとに分析を行うことで、意思決定の質を向上させることができます。 歴史データの活用: 二次データには過去の情報も含まれており、市場の変化や推移を理解するための歴史データを活用できます。これにより、過去の傾向やパターンを分析し、将来の方向性を予測する上で有益です。 市場を客観的に評価: 自社が収集したデータとは異なる視点を得ることができます。他者の視点から市場
0
カバー画像

提案資料作成のコツ

法人向けに提案資料を作成することがあると思います。作り込んだはずの資料が全く相手に刺さらない、そのようなご経験はありませんか?もしかしたら単にこちらが言いたいことをまとめるだけだったからかもしれません。次のポイントを意識すると結果が変わるかもしれません。①目的を明確にする: 提案資料を作成する前に、その提案の目的を明確にしましょう。何を提案し、どのような結果を期待しているのかを明確に定義することが重要です。 ②ターゲットを理解する: 提案資料の受け手を考えて、顧客のニーズや期待を理解しましょう。受け手に合わせた情報やアプローチをすることが成功の鍵です。 ③簡潔かつ分かりやすい言葉を使う: 専門用語や難解な言葉を避け、分かりやすい言葉を使いましょう。提案資料は読み手にとって理解しやすくすることが大切です。④関心を引くタイトル: 提案資料の最初の数ページで読み手の関心を引くために関心を引くタイトルを使いましょう。⑤グラフィックや図表を活用: 数値データや複雑な情報を視覚的に表現するためにグラフィックや図表を活用しましょう。視覚的な要素は理解しやすさを向上させます。 ⑥提案の利点を強調する: 提案の利点や独自性を強調し、なぜこの提案が他の選択肢よりも優れているのかを明示しましょう。 ⑦課題と解決策を説明: 提案の背後にある課題や問題点を説明し、それに対する解決策を明確に提示しましょう。相手にとって提案の論理性が分かるようにすることが重要です。 ⑧実績や成功事例を共有: 過去の実績や成功事例を挙げて、提案の信頼性と実現可能性を裏付けましょう。 他にもポイントはありますが、大切なことは顧
0
カバー画像

顧客ニーズと合致した状態(プロダクトマーケットフィット)

新規事業の分野でプロダクト開発をする際に最近良く用いられている考え方が、PMF(プロダクトマーケットフィット)です。マーケティング用語で以前からマーケットインや顧客志向で開発を行う重要性が言われていますが、その進化版と理解してもよいと思います。プロダクトマーケットフィット(Product-Market Fit、PMF)は、新しい商品やサービスが、特定の人々や市場で本当に受け入れられて、需要が高まり、成功する状態を指します。簡単に言えば、あなたの商品やサービスが本当に人々に受け入れられ、喜ばれるかどうかを示す指標です。 以下に大切なポイントをまとめます。製品と市場が合致していること: 本当に人々の問題を解決するか、彼らのニーズに合致している状態を目指すことになります。本当に需要があるかどうか: 商品が市場で求められているかどうかを確かめることが大切です。人々が本当に欲しがるものを提供しなければ、成功は難しいです。 顧客が喜んでいるかどうか: 商品を使っている顧客が喜んでいるかどうかを見ることも大切です。顧客が満足しているなら、PMFに近づいているといえます。顧客を増やして成長する: PMFを達成していると判断したら、それを保ちつつ、新しい顧客を獲得して成長することが重要です。改良と成長: 商品やサービスを改善し、市場の変化に合わせて成長しましょう。顧客からのフィードバックを受けて、商品を進化させます。 PMFは、あなたが提供する商品やサービスが市場で本当に必要とされているかどうかを確かめるプロセスです。それを達成すると、ビジネスは成功に向かう一歩を踏み出すことができるでしょう。
0
カバー画像

基本のSWOT分析

新たにビジネスを立ち上げる際に自社の強みとビジネス機会を掛け合わせることが基本だと言われています。どのように分析を行うかというと、代表的なフレームワークがSWOT分析です。SWOTとは、それぞれの頭文字を取ったもので、次の要素から成り立っています: Strengths(強み):自社が得意とすることや優れた点です。例えば、独自の製品やサービス、スキルの優位性、強力なチームなどが強みとなります。 Weaknesses(弱み): 自社が改善が必要な点や不得意なことです。過去の失敗やリソース不足、不効率なプロセスなどが弱みとなります。 Opportunities(機会): 外部環境での良いチャンスや成長の機会です。市場の需要増加、新しい技術の登場、競合の弱体化などが機会となります。 Threats(脅威): 外部環境でのリスクや脅威です。競合の増加、法的規制の厳格化、経済の不安定性などが脅威となります。 SWOT分析を行う手順は次の通りです: 情報収集: 内部の強みと弱み、そして外部の機会と脅威を洗い出します。情報収集は調査やデータ収集を通じて行います。 要因のリスト化: 収集した情報をもとに、それぞれの要素をリスト化します。強み、弱み、機会、脅威ごとに項目を挙げます。戦略策定: 強みを活かし、弱みを克服し、機会を活用し、脅威に対処する戦略を考えます。 実行計画: 最終的な戦略をもとに、実行計画を策定します。誰が何をいつ行うのか、具体的な行動計画を立てます。 SWOT分析は、組織やプロジェクトの成功に向けた指針を提供し、リスクを軽減し、機会を活用する手助けをします。自社の状況を整理し、
0
カバー画像

【副業事例】元政府機関の職員からベトナムに特化したコンサルタントに転職。「市場調査、事業計画書の作成等」をココナラで出品し累計実績400件超え!ー得意を活かすことが人生の質を高めるー

こんにちは。ココナラ広報です。ココナラには企業で働きながら、自身のスキルを活かしてサービスを提供している副業出品者の方がいます。今回ご紹介するのは、ベトナムを筆頭にアジア地域に特化したコンサルタントとして働きながらココナラで市場調査や事業計画書作成サービスを出品をする、三浦賢弥@経営コンサルタントさんです。得意や好きなことを活かすことが人生の質を高めていくと語ってくださった三浦さん。仕事への想いや将来の夢を聞きました!サービスURL:https://coconala.com/users/1791236【経歴・キャリア】ベトナムを筆頭にアジア地域に特化したコンサルタント本業は、ベトナムに特化したコンサルティングファームに勤めています。日本企業のベトナム進出に関する市場調査や戦略立案、M&A、マーケティング、営業活動のコンサルティング業務に携わっています。学生時代は、大学院に進学してベトナム研究を行うとともに、ベトナムのホーチミン市でも1年間の留学を行いました。修士論文では、ベトナムの水環境の改善を公的な資金に加え、民間の資金で解決していくことを分析し、優秀論文賞を受賞しました。大学院修了後は日本政府機関に入り、日本企業の東南アジア・ベトナム進出業務に従事した後、ベトナムに深く関係した仕事をしたいと、転職して現在に至ります。【副業をはじめたきっかけ】好奇心が誰よりも強い研究気質な性格を生かし、市場調査のサービスを出品。コロナウイルスが世界中に感染拡大した2020年、外出もできずに時間が生まれたため、自分の得意を生かしてみようと、市場調査のサービスをココナラに出品してみようと思いまし
0
カバー画像

顧客理解の重要性

マーケティングにおける顧客理解は、顧客のニーズ、要求、嗜好、購買行動、および市場全体の動向を理解することです。企業が製品やサービスを効果的に提供し、顧客満足度を向上させるために非常に重要です。 顧客理解の第一歩は、市場調査を通じたデータ収集です。顧客の属性、行動、購買履歴、フィードバックなどのデータを収集し分析することで、顧客セグメンテーションやターゲット市場の特定ができるようになります。これにより、異なる顧客グループのニーズや優先事項を理解し、それに合わせたマーケティング戦略を立てることができます。 顧客理解は、製品やサービスの開発段階からマーケティング戦略の策定、販売促進、顧客満足度向上まで、あらゆるプロセスに影響があり、長期的な顧客関係の構築や顧客ロイヤルティの向上にも寄与してきます。ただし、いきなり深い顧客理解を得るのは到底難しく、長年時間をかけていく必要があります。まずはいくつかのデータや経験からくる仮説に基づいて思考を深めていくことから始めるとよいと思います。
0
カバー画像

ペルソナを設定するメリット

"ペルソナ"聞いたことはありますか?マーケティングを検討する上でとても有効な手法の一つです。ペルソナ設定は、製品やサービスを開発する際に、想像上の「理想の顧客像」を具体的に描くことで、その製品やサービスを最適化する手助けをするツールです。この理想の顧客像をもとにすることで、商品やサービスのデザイン、マーケティング戦略、コミュニケーションの方法などを合理的に決定することができます。 まず、ペルソナ設定は、顧客の多様な特徴やニーズをひとつの具体的な人物像にまとめることから始まります。たとえば、「30代のサラリーマンで、時間が限られていて効率的なサービスを求めている」というように、特定の顧客像を想像します。この顧客像は、実在する顧客の要素を組み合わせて作成されるものです。 この理想の顧客像を明確にすることで、製品やサービスをその顧客に合わせてカスタマイズできます。たとえば、使いやすさや必要な機能を重視した設計になるでしょう。また、この顧客像を基にマーケティング戦略を立てることで、効果的な広告やプロモーションを展開することができます。 ペルソナ設定は、製品やサービスが実際の顧客にとってどれだけ有用で魅力的かを評価する重要な指標でもあります。製品やサービスが多くの顧客に受け入れられるためには、顧客の視点に立って設計し、それに沿った戦略を立てることが欠かせません。 要するに、ペルソナ設定は、製品やサービスを開発する際に、具体的な顧客像をイメージし、それに合わせて最適な方向性を示すものです。初心者でも、顧客の視点を大切にし、それに基づいて物事を進めることで、製品やサービスの成功につなげる手助
0
カバー画像

ヘルスケア市場の外部環境(PEST分析)

日本は世界に先駆けて超高齢化社会を迎え、今後数多くの企業が参入することが見込まれます。全体の市場規模は100兆円を超えると言われており、魅力的なマーケットの一つと言えるかと思います。一方で法規制などの厳しい側面もあり、参入が難しいとも言えます。市場の外部環境について整理してみましょう。政治(Political): 規制環境: ヘルスケア市場は厳格な政府規制に影響を受けており、新しい医薬品や医療機器の承認プロセス、医療施設の認可要件、個人情報保護などが政府の規制の焦点です。 医療政策: 政府の医療政策はアクセス、保険制度、予算割り当てなどを規定し、ヘルスケア提供者や患者に影響を与えます。 国際関係: 貿易政策や国際的な協力が、医薬品の輸出入、疾患の国際的な対応に影響を与えています。 経済(Economic): 医療費用: 医療費用は国ごとに異なり、保険制度や国の経済状況に依存しています。高い医療費用はアクセスに影響を及ぼす可能性があります。 経済成長: 経済成長率がヘルスケア市場に影響を与え、人々の収入水準や医療支出に影響を及ぼします。 通貨の安定性: 通貨の安定性が輸入医薬品の価格や外国からの医療観光に影響を与えます。 社会(Social): 人口構成: 高齢化社会や若年層の増加は、慢性疾患の増加や医療ニーズの変化につながります。 健康意識: 人々の健康意識の高まりは、予防医療や自己管理の重要性を増大させ、新たな市場を生み出しています。 文化的要因: 文化的な信念や習慣は、医療へのアプローチや治療法の選択に影響を与えます。 技術(Technological): デジタルヘルスケ
0
カバー画像

市場分析がもたらすもの

市場分析は、ビジネスが成功するために不可欠なプロセスであり、市場環境や競争状況を理解し、戦略的な意思決定を行うための重要なステップとなります。市場分析の重要性市場ニーズの理解: 市場分析は、顧客のニーズや要求を理解し、それに合った製品やサービスを提供するための出発点です。これにより、製品開発やマーケティング戦略が効果的に調整できます。 競合状況の評価: 市場分析は、競合他社の存在と競争状況を明確にします。競合分析を通じて、自社の強みと競合他社との差別化ポイントを識別できます。 市場の機会特定: 新たな市場セグメントや成長機会を特定するのに役立ちます。未開発の市場領域を発見し、それに合った戦略を構築できます。 リスク管理: 市場分析は、リスクを最小限に抑えるのに役立ちます。市場のトレンドや変化を追跡し、ビジネスプランを調整することで、リスクを管理できます。 市場分析の手法 市場分析にはさまざまな手法がありますが、一般的なステップは次の通りです。 市場セグメンテーション: 市場を異なるセグメントに分割し、各セグメントの特性を理解します。これにより、最も有望な市場セグメントを特定できます。 顧客インサイトの収集: 顧客とのインタビューや調査を実施し、彼らのニーズ、問題、好みを理解します。これは製品開発やマーケティング戦略の指針となります。 競合分析: 競合他社の製品やサービス、戦略を詳細に分析します。彼らの成功と失敗から学び、自社の戦略に適用します。 市場のトレンド分析: 市場のトレンドや変化を追跡し、将来の方向性を予測します。技術、社会、経済的な要因を考慮に入れます。 SWOT分析
0
カバー画像

市場調査とマーケティングリサーチは異なる?

市場調査とマーケティングリサーチという言葉があります。 一見同じことを指しているようにも思いますが、実は違います。 ビジネスや企業の戦略立案や意思決定において重要な役割を果たす、顧客や市場に関する情報を収集し分析するプロセスであることには変りないのですが、 主な違いを解説します。 目的:市場調査: 市場調査は、特定の市場におけるトレンド、需要、競合情報、市場規模などを理解するために行われます。主な焦点は市場全体や特定の市場セグメントに関する情報収集です。平たく言うと、現状を把握するためのプロセスとなります。 マーケティングリサーチ: マーケティングリサーチは、製品やサービスに関する顧客の意見や嗜好、広告効果、ブランド認知度など、マーケティング活動全般に関する情報を収集し、ビジネス戦略の立案や実行に役立てることを目的とします。どのようなアクションに落とすのかまでを踏まえたリサーチというイメージになります。 対象: 市場調査: 市場調査は、市場全体や競合他社、市場セグメントなど、広い範囲の対象に関する情報を収集します。 マーケティングリサーチ: マーケティングリサーチは、主に顧客や潜在的な購買者に焦点を当て、その行動や意向に関するデータを収集します。 方法: 市場調査: 市場調査は、主にデスクリサーチ(文献調査)や競合分析、市場データの収集などの二次情報を利用することが一般的です。 マーケティングリサーチ: マーケティングリサーチは、主にプライマリリサーチと呼ばれる直接的なデータ収集方法を用います。具体的には、アンケート調査、フォーカスグループインタビュー、インタビュー、観察などが
0
カバー画像

秘書がおすすめする9月グルメ5選

9月の美食の季節がやってきました。全国各地で楽しめるグルメの宝庫が、秋の訪れとともに満開です。季節の恵みを味わい尽くすなら、ぜひ以下のおすすめを試してみてください。今回、9月にお勧めのグルメはこちらです!ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーココナラでは、このようなリサーチを始め、オーダメイドの3Dメッセージカード制作、Metaビジネスサポート、InstagaramDM代行、翻訳など様々な範囲の依頼を承っております。いつでもお気軽にお声かけください。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー🎯北海道▶︎うに専門店 世壱屋 余市実家店
🎯神奈川▶︎とびっちょ 江ノ島本店
🎯滋賀▶︎松茸屋 魚松本店🎯大阪▶︎サーモンLabo
🎯福岡▶︎糸島食堂 本店🎯北海道▶︎うに専門店 世壱屋 余市実家店名物は『5大うに食べ比べ丼』!本マグロや甘エビ、サーモンにいくらも鮮度抜群!■営業時間:10時〜17時■定休日:火曜日■価格帯:5,000円~■駐車場:あり🎯神奈川▶︎とびっちょ 江ノ島本店その日に獲れた生しらすが食べられる!かき揚げ丼やサザエのつぼ焼きなども人気メニュー♪■営業時間:平日11時〜21時土日祝11時〜21時半■定休日:不定休■価格帯:1,180円〜■駐車場:なし(近隣にPあり)🎯滋賀▶︎松茸屋 魚松本店一生分の松茸と近江牛が食べられる人気店!松茸ご飯、土瓶蒸し、すき焼きなどで思う存分堪能♪■営業時間:9時〜19時■定休日:不定休■価格帯:2,500円~(あばれ食いは8,800円)■駐車場:あり🎯大阪▶︎サーモンLaboサーモン好きにはたまらない!インスタ映えの店内で出世サワーとサーモ
0
カバー画像

住宅型有料老人ホーム 市場調査に意味はない

おはようございます。本日は『住宅型有料老人ホームの市場調査に意味はない』という内容を考えていきます。先日、とあるコンサルティング会社より関東圏内の住宅型有料老人ホームの市場調査の一部として、弊社に相談がありました。市場調査の内容は、ある特定の地域の中で住宅型有料老人ホームの競合調査、施設を運営している会社の特性調査でした。この調査の目的は不明ですが、競合調査と特性調査ということで、おそらくこれから新規の住宅型有料老人ホームを設立するための、材料集めを依頼されたということでしょうかね。私の意見として、この調査はまったくの無意味であると感じております。なぜなら、住宅型有料老人ホームの数は、どの地域にも存在し競合ばかりのレッドオーシャンビジネスだからです。さらに言えば、住宅型有料老人ホームだけの調査をするのもナンセンスです。なぜなら、住宅型有料老人ホーム以外にも介護付有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホーム、特別養護老人ホームなど競合に近い施設はさらに多く存在しているからです。つまり、競合他社を調べたところで何の意味もなく、また特性を調べるとしても、各会社の中にいたことはありませんから、回答が印象に偏ってしまうことで、これもナンセンス・・・さらには、運営会社が同じでも、各施設の特徴は地域性や施設長の運営方法によって異なり、施設長が移動すれば施設の雰囲気はガラッと変わってしまうので、こういった調査の意味はないのです。そもそも、住宅型有料老人ホームは採算が合わないところも多く、いずれは介護付有料老人ホームを狙うか、訪問介護、居宅介護支援事業所、デイサービスなどを併設し、利
0
カバー画像

リサーチをせずに新規事業を作ることの怖さとは?

良いアイディアが思いついた!早速やろう!実行力は最も大切ですが、一度冷静になってみませんか?情報収集を十分に行わずに事業を立上げると、次のような失敗に遭遇してしまうかもしれません。①市場需要との不一致: リサーチを行わずに新規事業を始めると、市場の需要やトレンドを理解せずに商品やサービスを提供してしまう可能性があります。結果として、顧客のニーズに合わない商品や競合他社との差別化が困難なサービスになり、売上げや利益に影響を与えることが考えられます。 ②リスクの増大: リサーチを怠ると、競合他社の動向や市場の変化に対する感度が低くなります。市場のトレンドや新技術の進展を見逃し、市場シェアを失ったり、ビジネスモデルが陳腐化したりするリスクが高まります。 ③資金の無駄遣い: 十分なリサーチがないまま新規事業を開始すると、資金を無駄に使う可能性が高まります。例えば、需要のない商品や競合が既に提供しているサービスに再投資してしまったり、不適切な広告費用をかけたりすることで、収益性が低下する可能性があります。 ④顧客満足度の低下: リサーチを怠ると、顧客のニーズや意見を理解する機会が減ります。顧客とのコミュニケーションが不十分なまま商品やサービスを提供すると、顧客満足度が低下し、リピート購入率や口コミによる影響が悪化することが考えられます。 ⑤法的・倫理的問題: リサーチをしないまま事業を展開すると、法的な規制や倫理的な問題を見落とす可能性があります。これにより、訴訟や評判の悪化といったリスクが生じることがあります。 ⑥人材採用の難しさ: リサーチを怠ると、事業戦略やビジョンが不明確になる場
0
カバー画像

競合調査を行うメリットとは?

競合調査は、企業やビジネスにとって非常に重要な要素であり、市場調査の一部として実施することをお勧めします。ではどの様なメリットがあるのか?次に解説します。競合状況の把握:競合調査により、競合他社の製品やサービス、マーケティング戦略、価格設定などを詳細に把握できます。これにより、自社の位置をより良く理解し、競合との差異や利点を明確にすることができます。競合他社の強みと弱みを知ることで、自社の戦略を改善し、競争上の優位性を確立できます。 マーケットのトレンド把握:競合他社の動向を追跡することで、市場のトレンドや変化を把握できます。これにより、市場の需要や顧客の好みを理解し、迅速に対応することができます。トレンドに合わせた製品やサービスの提供は、競争力の向上と市場シェアの拡大につながります。 新たなビジネス機会の発見:競合調査により、自社が未開拓の市場やニーズを発見することができます。競合他社が提供していない製品やサービス、顧客層を見つけることで、新たなビジネス機会を探ることができます。マーケティング戦略の改善:競合調査は、マーケティング戦略の改善に寄与します。競合他社の広告やプロモーション活動を分析することで、成功事例や失敗事例を学び、より効果的なマーケティング戦略を立てることができます。 リスクの軽減:競合調査により、自社のビジネスが直面する潜在的なリスクを特定できます。競合他社の問題や失敗を把握することで、同じ過ちを繰り返さないようにすることができます。また、競合他社の攻撃的な動きや市場シェアの増減を予測し、迅速な対応をとることができます。 競合力の向上:競合調査を通じて得られ
0
カバー画像

市場調査はまずは二次データから仮説を立てる

市場調査は事業展開や製品開発、戦略立案などの意思決定に先立って行う重要なプロセスとなります。しかしながら、新規事業開発の場合、初めから大規模な予算を投下して一次情報を取りに行くことはハードルが高くなってしまいます。そのため二次データの収集は情報を正確かつ効率的に収集することが可能となります。以下は二次データを収集するメリットとなります。第一に、二次データはコストと時間の節約に寄与します。既存のデータベースや過去の調査結果など、すでに収集されている情報を利用することで、新たに調査を実施するよりも手間とコストを削減できます。また、即座に利用可能なため、意思決定のスピードも向上します。 第二に、二次データは信頼性と信憑性を持っています。過去の調査や公式なデータ源から得られる情報は、信頼性が高く検証されたものが多いです。これにより、仮説の立て方に対する自信が増し、より信頼性のある戦略や戦術を構築することが可能となります。 第三に、二次データを活用することでマーケットのトレンドや過去の変化を理解しやすくなります。過去のデータを分析することで市場の動向や顧客行動を把握し、これらの知見を基に未来の予測や仮説を立てることができます。これにより、将来の需要や市場の可能性に関する洞察が得られ、戦略的な判断が容易になります。 第四に、二次データはリスクを軽減する手段となります。新しい市場への進出や新製品の開発などは、多くの場合、不確実性とリスクを伴います。しかし、過去のデータに基づいて仮説を立てることで、リスクを予測し、適切な対策を講じることが可能となります。 最後に、二次データを用いた仮説立案は新
0
カバー画像

市場調査の第一歩は目的とGoalの設定から

市場調査において、目的とゴールを設定することは非常に重要です。これらの要素を明確にすることは、調査の方向性を定め、有益な情報を収集するための指針を提供します。以下に、目的とゴールの設定の重要性について詳しく説明します。 まず、目的とゴールの設定は、調査の対象や範囲を明確化するために役立ちます。どの市場に関する情報を収集するのか、調査の対象とする顧客層や競合他社は何か、といった点を明確にすることで、調査の範囲を絞り込むことができます。これにより、限られたリソースを最適に活用し、効率的な調査を行うことができます。 また、目的とゴールの設定は、調査の方向性や方法論を定める上でも重要です。たとえば、市場の需要動向を把握するための調査であれば、消費者の行動パターンや購買意向に焦点を当てる必要があります。一方、競合他社の分析を目的とする場合には、彼らの製品やサービス、マーケティング戦略に関する情報を収集する必要があります。目的とゴールを明確にすることで、具体的な調査の手法やアプローチを選択することができます。 さらに、目的とゴールの設定は、調査結果の活用方法を考える上でも重要です。調査結果を活用する目的や予想されるアクションに基づいて目的とゴールを設定することで、調査結果を具体的な戦略立案や意思決定のための情報として活用することができます。例えば、新商品の開発やマーケティングキャンペーンの企画など、具体的なビジネス目標に対して市場調査の結果を活用することができます。 最後に、目的とゴールの設定は、チームや関係者間の共有と合意形成にも役立ちます。明確な目的とゴールを共有することで、関係者は調
0
カバー画像

4 つの簡単なステップで市場調査を行うにはどうすればよいですか?

市場調査はビジネスの成長にとって不可欠な要素です。 現在、さまざまな企業がビジネスに関する重要な情報を入手するために市場調査を実施しています。 それによって、その企業のマーケティング戦略が熾烈な競争の中で抜きん出ることができるかどうかがわかります。 しっかりとした市場調査は、健全な意思決定を下すことができ、効率的で費用対効果の高い、競争力のある戦略を立てるのに役立ちます。このブログでは、4 つの簡単なステップで市場調査を行う方法について説明します。 1- 市場調査の目的の決定 調査をより焦点を絞って適切なものにするためには、市場調査の目的を理解することが不可欠です。 分析が外部目的であるか内部目的であるかを判断する必要があります。 研究の種類は目的によって大きく異なります。 たとえば、業務改善のための調査を組織したい場合、調査には指標の決定などが含まれます。 2- 調査の実施 調査は定性調査の一種であり、顧客に一連の質問を行い、その質問はメールまたは画面上の調査で送信できます。 これらのオンライン調査は、安価で簡単に実施できるため、非常に人気があります。 得られた答えは、ビジネスを進歩的に導くためのガイドラインとして機能します。 調査には次のようなさまざまな重要な情報が含まれます。 - なぜ調査を行うのですか? - 具体的になぜ調査を実施しようと思ったのですか? - 製品を改善する必要はありますか? - 新製品の市場投入を検討していますか? - 顧客エクスペリエンスを向上させるために機能を追加しようとしていますか? さらに、質問を構成するためにテクノロジーに精通した人々の助けを
0
カバー画像

[サービスのご紹介]日本ナンバーワン調査総研様

Hello, ¡Hola!, Bonjour, 你好, اَسَّلاَمُ عَلَيْكُم, 안녕하세요, Jó napot, Dzień dobry世界の言葉でこんにちは!うさみなつめです٩( >∀< )۶さてさて、今回はわたくしが受けたサービスのご紹介です。「あなたのサービスの三冠獲得とバナーを作成します」⭐️成果保証⭐️客観的な満足度No.1表示で売上UP・安定日本ナンバーワン調査総研様https://coconala.com/users/3250963各メディアでこうした表記をよく見かけるかと思います。「〇〇で売上No.1」「選ばれてNo.1」「〇〇カテゴリーで人気ナンバーワン」「満足度 1位」etc...こうした表記にはエビデンス(=証拠)の調査と調査機関の併記が必要ですが、その調査を行い、数値化・可視化してエビデンスを提供してくださるサービスです。「日本ナンバーワン調査総研」で検索しますと、会社概要や事業内容などを見ることもできます。今回わたくしは、手相診断サービスにおいて推奨度調査を行なって頂き、非常に高い評価を頂きました!(無作為選定の男女250名を対象)・女性の90%が推奨 ・仕事で悩んでいる人の80%以上が推奨 ・東洋占術ユーザーの80%以上が推奨  (日本ナンバーワン調査総研合同会社調べ)ちなみに、60%以上で高い評価、80%以上ですと非常に高い評価なのだそうです。購入前にやって頂けることや納品の際にもご質問させて頂いたのですが、迅速にわかりやすく教えてくださいましたので、依頼しやすかったです。原則有効期限がないため、ランニングコストがか
0
カバー画像

市場調査(しじょうちょうさ)ってなに?

みなさんは「市場調査」という言葉を聞いたことがありますか?市場調査というのは、商品やサービスを販売するときに、そのターゲットのことや売り場のこと、ライバル商品のことなど、あらゆる情報を収集し、分析することをさします。もしお店を出店するのであれば、その周辺の地域のこと、系統の似ているお店を調べることも市場調査にあたります。ここでは「商品」の場合を中心にお話していきます。※あくまでもrei companyの経験・考えによるものです。ご参考程度に一例としてお読みください。まずは調べてわかることをまとめましょう市場調査といっても「何をしたらよいのかわからない」という場合は、まず調べることから始めましょう。参入したい市場の、すでに販売されている商品について調べていきます。ライバルとなりそうな商品のスペック・価格・販売年など、細かい情報を調べていきます。インターネットの場合、どの情報が正しいかの見極めが必要ではありますが、調べてわかることについてはしっかり調べておきましょう。【例】・その市場にはどんな商品が販売されている?・ライバルの商品にはどんな機能がある?・ライバルの商品の強みはなに?弱みはなに?・自分の商品が勝てる部分はどこ?この時にスペックの比較ができるよう表にまとめておくと、強みや弱みがわかりやすくて便利です。もちろん可能であれば実際の商品を見たり、使ってみたりしながら、使用感や食品であれば味など、細かい部分まで見ていくことが重要です。売り場を見てみましょうみなさんの担当される商品やサービスは、どんなところで販売を予定していますか?・実店舗でしょうか?・大型のショッピングモールの
0
カバー画像

価格設定の考え方〜価格の決め方に悩んでいるあなたへ〜

価格の決め方は、ビジネスにとって非常に大切です。価格を適切に設定することで、顧客のニーズに合った商品やサービスを提供し、競争力を獲得することができます。こんにちは、マスターサンキュウデザインオフィスです。今回は価格戦略についての方法をご紹介いたします。コストプラス価格設定コストプラス価格設定は、生産コストや配送コスト、人件費などの費用に適正な利益を加えた価格を設定する方法です。この方法は、商品やサービスの生産コストが正確に把握できる場合に最も適しています。プライシング戦略プライシング戦略は、商品やサービスによって異なりますが、顧客のニーズや要望に基づいて価格を設定する方法です。市場価格調査市場価格調査は、競合他社の価格を調査する方法です。競合他社の価格を調査することで、自社の価格が適正かどうかを確認することができます。ダイナミックプライシングダイナミックプライシングは、需要に合わせて価格を変更する方法です。需要が高い時期に価格を上げ、需要が低い時期に価格を下げることで、需要を喚起することができます。タクシーが来月から「ダイナミックプライシング」を導入するそうです。価格差別化価格差別化は、同じ商品やサービスを、顧客の属性や需要に応じて価格を異ならせる方法です。たとえば、学生向けには割引価格、ビジネスマン向けには高額な価格を設定することができます。オプション価格設定オプション価格設定は、商品やサービスに、顧客が選択できるオプションを用意して、価格を異ならせる方法です。たとえば、追加の保証やサービスを追加することで、価格を上げることができます。価格戦略をうまく活用することで、ビジネス
0
カバー画像

新規事業のアイディアを出すための手法

新規事業のアイデアを発想するには、以下のような方法があります。 ①ブレインストーミング:何でも良いのでアイデアを挙げ、その中から良いアイデアを選び出す方法です。グループで行うことが多く、他の人の意見を聞くことで自分が思いつかなかったアイデアが生まれることもあります。 ②逆説的思考:普通の考え方と逆の視点で物事を考える方法です。例えば、既存のサービスや商品の欠点を見つけ、その欠点を解消することで新しいビジネスを立ち上げるという発想が生まれることもあります。 ③顧客ニーズの調査:市場の課題やニーズを調査し、それに合わせたビジネスを考える方法です。顧客ニーズに合った商品やサービスを提供することで、市場の需要を掴み、競争優位性を得ることができます。 ④アイデアマップ:あるアイデアから連想されるアイデアを広げていく方法です。あるアイデアから出発し、それに関連するアイデアを書き出していくことで、新しい発想を生み出すことができます。 ⑤外部環境の観察:社会のトレンドやテクノロジーの進歩など、外部環境の変化を観察し、それに合わせたビジネスを考える方法です。時代のニーズに合った商品やサービスを提供することで、市場の需要を掴むことができます。 以上が、新規事業のアイデア出しにおいて代表的な方法です。それぞれの方法を組み合わせることで、より多様なアイデアを生み出すことができます。
0
カバー画像

市場調査で使えるフレームワーク

情報を集めたものの、収集が付かない、どう処理していけばよいかわからない。そのような経験はありませんか?そんな時に使える代表的なフレームワークを以下に紹介します。 「SWOT分析」自社や競合他社の強み、弱み、機会、脅威を整理して分析するフレームワークです。自社の戦略策定や新商品の開発などに有用です。 「PEST分析」市場や業界の政治・経済・社会・技術の四つの要素について分析し、市場環境の変化を予測するフレームワークです。市場進出の際のリスク評価や、新商品開発の際の市場動向予測などに用いられます。 「4P分析」商品(Product)、価格(Price)、販売促進(Promotion)、流通(Place)の4つの要素について分析し、マーケティング戦略を策定するフレームワークです。商品の特徴やターゲット顧客、価格帯、販売チャネルなどを考慮してマーケティング戦略を立てます。 「5C分析」5C分析は、顧客、競合他社、協力会社、環境、自社の5つの要素を分析するフレームワークで、市場やビジネスに関する広範な情報を収集することができます。 「カスタマージャーニーマップ」カスタマージャーニーマップは、顧客がどのようなステップを踏んで商品・サービスを購入するかを可視化し、顧客体験を改善するためのフレームワークです。 「VOC分析」VOC分析は、顧客が求める価値を明確にするために、顧客の声を収集して分析するフレームワークです。 以上が、市場調査によく使われる代表的なフレームワークです。これらをうまく活用することで、市場や顧客のニーズを把握し、ビジネス戦略の立案や改善に役立てることができます。
0
カバー画像

市場調査の手法

市場調査には様々な方法がありますが、以下に代表的な市場調査の方法をいくつか挙げてみます。 ①アンケート調査 アンケート調査は、質問紙を作成して、一定数のサンプルに対して回答を求める方法です。インターネットや郵送、電話、対面など様々な手段で行われます。アンケートは、消費者のニーズや嗜好、商品やサービスに対する満足度などを調べるのに適しています。 ②グループインタビュー グループインタビューは、同じテーマに関心のある人々を集めて行うインタビューです。参加者同士の意見交換や議論が生まれ、深い洞察が得られることがあります。商品やサービスのアイデア出しや、開発前の商品のテストなどに適しています。 ③マーケットリサーチ 市場調査会社が行う調査で、企業や組織が特定の市場における消費者ニーズ、トレンド、競合状況、市場規模などの情報を収集することができます。市場調査会社は、様々な手段で調査を行い、調査結果を報告書として提供することが一般的です。 ④データ分析 企業や組織が保有するデータを分析し、市場や消費者についての洞察を得ることができます。データ分析には、ExcelやR、Pythonなどのツールを使用して行われます。この方法は、過去の売上データや消費者の行動データなどから、トレンドや傾向を分析し、商品開発やマーケティング戦略に活用することができます。 ⑤ソーシャルメディア分析 ソーシャルメディアに投稿される情報を分析し、消費者の意見や需要、トレンドを把握することができます。特に若年層の消費者や、インターネットを多く利用する層に対して、有効な手段となります。 以上が代表的な市場調査の方法ですが、
0
カバー画像

市場調査を行う意味

ひとえに市場調査と言っても事業のステージ、目的によって意味合いが変わってきます。一般的な市場調査の意味をご紹介いたします!①顧客ニーズを理解することができる:市場調査は、顧客が求めている製品やサービス、それらに対するニーズや欲求についての情報を提供します。この情報を収集することにより、企業は顧客ニーズに合わせた製品やサービスを開発することができます。 ②競合環境を理解することができる:市場調査は、競合他社の製品やサービス、それらの価格、マーケティング戦略、販売促進などの情報を提供します。この情報を収集することにより、企業は自社の製品やサービスを差別化するためのアイデアを得ることができます。 ③新しい市場の発見や機会を見つけることができる:市場調査は、新しい市場の発見や既存市場での新しい機会を見つけることができます。また、新しい市場や機会に関する情報を提供することにより、企業は市場参入の可能性を探ることができます。 ④マーケティング戦略を改善することができる:市場調査は、企業が現在使用しているマーケティング戦略の改善につながる情報を提供します。たとえば、市場調査によって、製品やサービスの価格や広告戦略などを改善することができます。 ⑤意思決定をサポートすることができる:市場調査は、企業の意思決定をサポートすることができます。たとえば、新製品の導入や、新しい市場に参入するかどうかの決定などにおいて、市場調査に基づいた情報を収集することにより、より正確な意思決定が可能になります。いきなり調査を行うのではなく、何のために市場調査を行うのか?調査を始める準備から丁寧に進めていかれると無駄
0
カバー画像

PEST分析とは?

フレームワークは上手に使うと役に立ちます。今夏はPEST分析についてご紹介します。PEST分析とは、自社を取り巻く外部環境が現在もしくは将来に与える影響を把握・予測するためのフレームワークです。政治・経済・社会・技術という4つの外部環境を取り出し、分析対象とします。PEST分析の目的は、自社にとって有利な機会や不利な脅威を洗い出し、マーケティング戦略や事業計画に反映させることです。 PEST分析のやり方は以下の通りです。 まず、自社の事業領域や市場を明確に定義します。 次に、政治・経済・社会・技術の4つの観点から、自社に影響を与える可能性がある要因をリストアップします。例えば、法律や規制、景気や物価、人口動態やライフスタイル、新しい技術やイノベーションなどです。 その後、各要因が自社に与える影響度(高・中・低)と方向性(プラス・マイナス)を評価します。影響度は市場シェアや収益性などの観点で判断し、方向性は自社にとって有利か不利かで判断します。 最後に、評価した結果から機会と脅威を整理し、マーケティング戦略や事業計画に活用します。 以上となります。
0
カバー画像

PEST分析(外部環境分析)とはなんぞや?

フレームワークは思考の整理をするのに役立つツールです。頼りすぎるのも良くありませんが、どのように手を付ければよいかわからない時には頼りにしたい存在です!PEST分析とは、政治・経済・社会・技術の4つの要素に着目し、外部環境の変化を分析するツールのことです。PESTは、それぞれの要素の頭文字をとったものです。 具体的には、以下のように各要素を分析します。 ①政治(Political): 政府の政策や法律、規制に着目し、市場に与える影響を分析します。例えば、政府の規制強化や制度改革により、市場に参入する際の障壁が上がる可能性があります。 ②経済(Economic): 経済成長やインフレーション、為替レート、金利などの要素に着目し、市場に与える影響を分析します。例えば、経済の低迷により、市場の需要が低下する可能性があります。 ③社会(Social): 人口構成、ライフスタイル、文化、価値観などの要素に着目し、市場に与える影響を分析します。例えば、高齢化社会により、医療や介護などの需要が増加する可能性があります。 ④技術(Technological): 技術革新やインターネット、AIなどの要素に着目し、市場に与える影響を分析します。例えば、新しい医療技術の開発や、オンライン販売の普及により、市場の競争環境が変化する可能性があります。 PEST分析を行うことにより、外部環境の変化に対応するための企業戦略や市場予測を立てることができます。ただし、PEST分析はあくまで外部環境の分析であり、企業自身の内部要因については考慮していないため、結果を総合的に判断する必要があります。
0
カバー画像

忙しくて市場調査に手が回らない

日々の業務が忙しく、じっくりと市場調査が行えない。そんな声を聞くことが多いように感じています。まさにスポットで誰かに頼む理由の第一位とも言えるかもしれません。一昔前だと同じようにアウトソースしようとした場合に、まず業者探しや求人掲載を行いそこから面談等調整を行い・・と進めているとかなりの時間がかかっていたと思います。今であればスポットのプラットフォームでお願いできそうな人を探して問い合わせし、内容・金額のすり合わせができれば発注まですぐに終わるようになりました。早ければ数回のやり取りで要件のすり合わせができ、ものの1時間程度で決まり数日後に納品が完了することもあります。ココナラのようなプラットフォームの価値は時間の効率化とも言えるかもしれません。ご自身で調査を行い、資料をまとめるとした場合このようなことが起きていると推測しています。極端な例ですが、例えば市場調査を頼まれたものの、経験がないとした場合。①まず市場調査とは何かを調べる②とりあえずwebで検索をしてみる③たくさんの情報をみる④必要そうな情報をまとめてみる⑤上長へ報告するも、やり直しと言われる⑥一からやり直し・・・⑦気づいたら数日が経過多くの方が上記を回避するために合理的なご判断をされているのではないかと仮設を立ててみました。お気軽にご相談ください!
0
カバー画像

【御礼】累計100件のご依頼ありがとうございました!

早いものでココナラでサービス提供を開始してから1年半が経ちました。地道にやってきた中でついに100件のご依頼を頂きました!(1/31現在102件のご注文)ご依頼頂きました皆様、本当にありがとうございましたm(__)m思い返せばココナラを始めた当初、「自分ができること」と「顧客が求めるニーズ、ペイン」は何か?時間を掛けじっくりと練り込みました。いくつかの仮説をサービスの形にしマーケットにぶつけてみて、反応をみて改良を加えて現在に至ります。100件も超えると、当初よりも品質が上がってきたなと実感しておりますしその分依頼者様のビジネスを進展させることに役立てているのではないかと思っています。ありがたいことに、最もご依頼の多い市場調査をみても5.0の評価を継続できています。慢心することなくスキルアップしていきたいと思いますので、引き続きよろしくお願いいたします!
0
カバー画像

言語化は意外と難しい

先日あるコンサルティングの支援をしているお客様とお話しをしている時に、「考えていることがうまく言葉にできない」「具体的なものが決まっていないので、どう進めていけばよいかわからない」「感覚的に判断されている」こんなキーワードがでてきました。これまで多くのお客様と関わってきた中でも漠然としたお悩みをお聞きするケースは少なくありませんでした。当事者になると客観的に物事をみることが難しくなり、抽象度が高くなることはある意味普通のことです。私も自分事になると偏った考えになることがあります。。そうした背景の中で、何が必要なのかを考えてみると一つ言えるのが "言語化する"ことです。言語化とは定義すると、お互いに齟齬が発生せず共通認識ができる状態を作るために言葉を選択し文章を構成するスキルのことです。例えばこんな会話があるとします。A「今回の調査はどうだった?」B「そうですね、全体的によさそうでした」何が良かったのか、本当によかったのか伝わりませんね。本当であればB「全体の結果としては70%が高評価でしたが、年代別にみると20代が30%しかなく、50代が90%でした。ターゲットになり得るのは50代以上です。」上記よりは具体化されました。このようなイメージです。言語化の磨き方は言葉を発する前に2つ以上の言葉を考え、最も適した単語を選択することを繰り返します。少し個性的な友人を初めての方に紹介する時に言葉を選択するとします。「個性的な人です」「こだわりの強い人です」「探求心が強い人です」「変わってるところがあります」他にもありそうですがポジティブに紹介したいのなら「探求心が強い人です」だと印象がよ
0
カバー画像

調査は泥臭い仕事です。だからこそ面白い。

市場調査、競合調査、事例調査。ビジネスをする上で必ず通る道が調査です。ただ、この調査という行為は中々泥臭く、途中で切り上げて結論を出してしまいがちになります。コンサルティングという文脈で調査を行うというと、煌びやかなイメージがわくかもしれません。実際のところそんなことは全くなく、95%は地道な仕事の積み重ねです。だからこそ人、スキルによって差がつきやすい訳です。単に表層的な情報をサクッとグーグルで検索しても、筋のよい仮説にはたどり着くのは難しいものです。途中で本当にこの方向性であっているのかなと不安に感じることも少なくありません。最初の調査設計と道からズレた時にいかに早く修正できるか。重要度の高い問い立て(論点)ができるかでアウトプットに大きな差が生まれてしまいます。いきなり手を付けるのではなく、どんな結論を出すために調査を行うのか、想定通りに進み上手くいくとそれまでの苦労が全て吹き飛んで喜びに変わる。結構奥深く面白いものです。
0
カバー画像

定量分析の本質とは?

自分自身のスキルアップとより良いアウトプットをご提供できるようになるため、これから3ヵ月間某ビジネススクールのビジネスアナリティクスを受講予定です。第一回目の講義を前に事前学習に励んでいる所で、改めてデータ分析とは何か?について触れました。分析の本質とは、ズバリ「比較」です。全ての事象には因果関係があり、それが何かを解き明かすことで現状とあるべき姿のギャップ(原因)を特定し効果的な改善策に落とし込みができるという訳です。問題解決で用いられるWhat(取り組むべき問題は何か?)Where(問題はどこにあるか?)Why(なぜ問題が起きたか?)に応えるためには比較が不可欠となります。人の感覚ではなく、真実のデータと向き合うことで、思い込みを排除した意思決定ができるようになると思います。学習内容はポイントを少しずつシェアできればと思っています!
0
カバー画像

スモールビジネスから始めるのがお勧めです

皆さんは新規ビジネスを始めようとする時に、どれくらいの規模の売上を狙いますか?大企業であれば100億円以上、中小企業であれば10億円、そして個人でも1億円を目指すかもしれません。もし数千万円~数億円を目指すのであれば、これから先の話がプラスになると思います。私が今年読んだ中でとても参考になった本があります。武田所長著「スモールビジネスの教科書」です。内容を簡単に言うと、既にうまくいっているビジネスモデルを模倣して、少しカスタマイズすることで戦う。さして大手が捨てた一部の市場を狙って取りにいく。成功しているビジネスモデルを改良するだけなので、ニーズ・課題は確認されていて、それを満たすサービスやプロダクトがあり需給が発生しています。そのため、ゼロから考える必要がなく短期間で事業化が可能となります。どんなビジネスでも大手にとっては意味のない市場・セグメントがあります。例えば、1000億円規模の企業が5000万円の市場をわざわざ取りに行くか?全て獲っても売上が1000億5000万円になるだけで、誰も納得しませんよね。そこを狙うという訳です。個人事業であれば5000万円の売上が確保できると十分ですよね?良いものを徹底的にパクり、満たされていない市場にミートさせる。こんな戦い方も良いかもしれません。
0
カバー画像

ビジネスモデルに僅かな変化をつけ差別化する

新たなビジネスを始める時。色んなアイディアや方法があると思います。ところが、99%のビジネスアイディアは既に他の誰かが考えています。さらにその多くは既にビジネス化されていると考えた方がよいでしょう。もしこちらの記事を読んでいる方が、個人事業や副業、はたまた1億円程度の売上を目指す企業様であれば先に書いた前提はむしろ好都合と捉えることができます。なぜならば、市場は存在しているという事実があり、かつ大抵の場合は大手が手を付けないスペースが空いているからです。やり方次第では確実に売上を作ることができます。とはいえ、他社と全く同じことをしても大変なだけなので、ビジネスモデルに多少なりともオリジナリティをだし差別化をする必要があります。そんな時に考え方で参考になるのが、オズボーンチェックリストです。オズボーンチェックリストとはアイデア抽出の手法で、発想を広げることができ想定外のアイデアが生まれることもあります。9つの観点から考えます。①他に使い道はないか?②応用できないか?③修正できないか?④拡大したらどうか?⑤縮小したらどうか?⑥代用できないか?⑦アレンジしたらどうか?⑧逆にしたらどうか?⑨組合せたらどうか?自社、自分ができること、強みをだせるポイントを探し出し、差別化します。他ではやっていない痒い所に手が届くそんなサービス、製品開発のヒントになれば幸いです。
0
カバー画像

2022年も沢山のご依頼ありがとうございました!

2021年の7月にサービスを開始し、1年半が経過しました。今年は200名以上の方からご相談を頂き、多くのご相談者様のご支援をさせて頂きました。対象の業界は非常に幅広く、ご相談内容も多岐に渡り、期待にお応えできることができ大変良い一年でした。何よりも感謝のコメントを頂けるのが嬉しいですね!特に1-3月には月10件以上のご支援ができ嬉しい悲鳴を上げることができました。ただ一方で4月以降現職が忙しくなり、対応できる数に限りがでてしまいました。全てにお応えできなく歯がゆい思いもしているところです。来年に向けて作戦を練り直し、サービス品質も上げていきたいと思っています!【今年のご支援内容一部例】・お土産市場の市場規模とインバウンド観光客の現状・クリニック開業に向けた商圏調査・e-learning市場参入に向けた基礎調査・語学スクール商圏調査、競合調査・サプリメント市場の市場調査及び推定市場算出・冷凍食品市場調査・酒類EC市場調査・他多数年末まで稼働していますので、お気軽にご相談ください!
0
カバー画像

ビジネスモデルの仮説立てからリサーチを行うこと

新規事業を検討し始めた時、直ぐに市場調査、リサーチを行おうとしていませんか?そんな時は一息ついて、一度立ち止まってみましょう。調べて簡単に見つかった答えは、競合も既に知っています。そこから考えたビジネスは誰かが既にやっている可能性が高いです。ではどうするか?やみくもに情報を集めてそこから考えるのではなく、初めにビジネスモデルを仮説で作ってしまう。それを元に合っているかどうかをリサーチします。これは時間を短縮して進める一つの方法でスタートアップが活用しています。リーンキャンバスというフレームワークに埋めていきます。9つの項目があり①顧客の課題②顧客セグメント③価値提案④ソリューション⑤チャネル⑥収益の流れ⑦コスト構造⑧主要指標⑨圧倒的な優位性で構成されています。いきなり埋めてといっても・・・そう思うかもしれませんがご安心ください。ビジネスを作るときに、何となくでもアイディアは持っているのではないでしょうか?まずは感覚、イメージで埋めてOKです。思い付きでも、埋めるとそうではないのとでは雲泥の差です。リーンキャンバスのメリットは以下の通りです。・短時間で作成が可能・ブラッシュアップが容易・重要項目が抜け漏れなくビジネスモデルを可視化できる・パット見でわかりやすいわからないことがあればいつでもご相談くださいませ!
0
カバー画像

【リサーチ】商品企画をするための競合調査のポイント

こんにちは、ノジーです。日々、新しい商品の企画・開発を考えていると、「他の類似商品はどんな感じなんだろう」「他社はどんなアイデアを取り入れているんだろう」と、周りのことが気になることはありませんか?商品企画において、他社の類似商品(競合商品)を知ることは非常に重要です。今回は商品企画を行う上での、競合調査のポイントを記載しましたので、よければご参考ください。競合とするのは「提供価値」が同じ商品にする良いアイデアが浮かび、商品企画の一環として他の類似商品を探してみることは大変有効です。しかし、競合と認識する商品の選定は正しく行えてますでしょうか。例えば、・カテゴリーが同じもの・その商品業界のリーダー企業が出しているものこのような軸で競合商品を考えていませんか?ある意味ではこの軸も正しくありますが、競合調査の対象とする商品は、そのアイデア(商品案)と同じ価値を提供する商品にするべきです。なぜならば、お客さまはそのカテゴリーの商品が欲しいのではなく、今起こっている問題・悩みを解消したいため、その商品を選ぶからです。例えば、新しい懐中電灯を企画しようと考えます。この場合、競合商品は懐中電灯に限りません。もしかしたら高ルーメンのランタンかもしれませんし、スマホのライトを拡張させるハードウェアかもしれません。※アイデアベースで記載しております。お客様がどんな価値を求めていて、そこに対し、同じような価値を届けている商品を競合と認識しましょう。競合調査のポイント次に調査を進めるポイントです。やみくもにインターネットからテンプレートを持ってきて、進めるだけでは良い結果は判明しません。下記のポイン
0
カバー画像

中小企業診断士って何者?

現在私は会社員として働くかたわらで、自分の会社を立ち上げ主に企業のセールスマーケティングの経営支援をしています。ココナラでは市場調査のご依頼を頂くことが多く、出来る限りお応えできるように取り組んでいます。ところで中小企業診断士ってご存知ですか?ある意味で私がコンサルタントとして一歩を踏み出したきっかけとなる資格です。中小企業診断士とは日本で唯一の経営コンサルタントの国家資格です。試験は一次試験、二次試験とあり、それぞれの合格率が20%程度のため、毎年100人中4人が合格している計算になります。そのため難易度は結構高い資格の一つといえます。学習内容は幅広く、組織、経営、財務、マーケティング、IT、法務etc...ビジネス全般のイメージです。資格なので共通した内容を学習し、試験を受ける訳ですが、実務ではそれぞれのキャリア・経験が生きてきます。例えば私の場合では、セールス・マーケティング分野の経験が長いため、どうすれば売れるのか?事業を拡大できるのか?といった攻めの視点でコンサルティングをすることを得意としています。金融キャリアの長い方であれば、コスト適正化、ファイナンスの観点からのコンサルティングが得意な人も多いです。日常で色んな公的機関の方と関わることもありますが、ありがたいことに信頼を得るまでのスピードが圧倒的に早いと常日頃感じています。一番大切なのはお客様の期待値を超えるアウトプットを出す努力をし続けることですが、お互いに仕事がしやすくなるのは間違いないと思います。「第三者の視点が入ることで新しい気付きを得た」「次に何をすればよいかがわかった」中小企業診断士、コンサルタントと
0
カバー画像

思考を深める魔法の言葉「なぜ?どうして?」part2

前回の続きです。魔法の言葉「なぜ?どうして?」を繰り返すことで本質的な問題、原因、課題がみえてきます。なぜ?を5回繰り返すと良いともよく言われています。元々はトヨタ自動車が自動車の生産効率を上げるために、製造現場で発案された思考法です。実際にはそこまで繰り返さなくてもおおよそ根本原因にたどり着くこともありますので最大で5回と考えておくとよいと思います。例えばダイエットを例にするとこうなります。もし何も考えていないと、「最近だいぶ太ったなー、そろそろ痩せないと・・」「じゃあ運動でもするか・・」結果何が起きるでしょうか?おそらく多くの人(私も含め)はジョギング初めて3日坊主で終了でしょう。仮にジョギングは3ヶ月も続けているのに全く痩せない。そんな人もいるかもしれません。では「なぜ?どうして?」を使って原因を考えてみましょう。まず太った原因は何が考えられるか?普通に考えるとカロリーを蓄えると体重が増えるので、カロリー燃焼以上に摂取が多すぎるか、カロリー摂取以上に燃焼が少なすぎるかですね。次にカロリー摂取が多い原因を深掘りしてみましょう。なぜカロリー摂取が多いのか?考えられるのが①間食を含め食べる回数が多いから②一回あたりの量が多いから③量は少ないものの、高カロリーの肉、揚げ物ばかり食べているからなどがありそうですね。さらに一つ深掘りしてみるとこうなります。なぜ間食を含め食べる回数が多いのか?①直ぐにお腹がすくから耐えられない②目の前にお菓子があるとつい手がでてしまう③口寂しさに食べてしまう色々原因はありそうですね。もういっちょ一つ掘ってみましょう。なぜ口寂しさに食べてしまうのか?・仕
0
カバー画像

マーケティング分析のサポートをさせていただきました!

こんにちは、ノジーです。 先日、ご依頼いただいたお客様から、またまた大変嬉しいお言葉をいただけたので、嬉しさ共有で書きたいと思います!※前回投稿とは別のお客様です! それがこちら! アドバイザーとして、大変嬉しく、誇らしく思えました。 情報リサーチと分析がご依頼者様のお仕事に貢献できてよかったです!では、せっかくなので実際にノジーがどのようなサポートをさせていただいたのかを記載していきます。 ご依頼の内容 今回のご依頼は、あるブランドをマーケティング分析してほしいとのご要望でした。 企業秘密のため、目的はお伝えできませんが、具体的なご要望とやりたいことは明確にお伝えくださりました。 そんな中で、業務負担を軽減されたいということで、マーケティング分析のご依頼を送ってくださいました。 マーケティング分析の中には分析・考察だけでなく、リサーチなどの時間がかかる項目もあります。今回のサービスで別業務に集中いただけたなら何よりです。サポート内容 実際に行ったサポートは以下の通りです。 ◆対象ブランドの3C分析 →ブランドが属する市場(顧客)・対象ブランド自身・競合の3セグメントを調査し、各々の関連性、対応、環境などをもとに分析を行い、当該ブランドが取るべき戦略要素を抽出しました。◆対象ブランドのSWOT分析 →対象ブランドの強み・弱み・参入市場の機会(チャンス)・脅威を調査し、各項目別の要素を抽出しました。◆対象ブランドのX-SWOT →上記SWOT分析で抽出した要素を掛け合わせ、対象ブランドが今後、どのように事業展開するべきか、どのようにリスク回避すべきかを導き出しました。◆調査・分析
0
カバー画像

最先端ビジネス、企画と構想への道

【 小惑星「リュウグウ」から量子生命の世界へ、 未来への視点、着眼大局着手小局 】探査機「はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ」で採取したサンプルを分析したところ、生命に関係が深いアミノ酸が20種類以上検出されたという。生命の起源と宇宙との関係を専門にしている横浜国立大学の小林憲正名誉教授は「画期的な成果だ」と指摘している。はやぶさ2のカプセルが豪州に帰還した2020年12月ころには、生命の痕跡が見つかる可能性が指摘されていたので、その仮説が立証されたような形になった。地球に生命が誕生したときの仮説は、大きく2つあり、地球の太古の大気中でアミノ酸が作られたという説に対して、宇宙から隕石としてやってきたと考える説があったが、宇宙から隕石としてやってきた、との説は昔からあり、なるほどと思わせるものがある。 個人的なことで恐縮だが、昔、担当者レベルの打ち合わせを経て、日本の上場企業の技術トップと、韓国財閥企業の技術トップを横浜の、とある中華の店で、引き合わせ、技術提携の案件を締結させたことがある。そのトップ同士の名前をつなぐと「リュウグウ」、龍宮城になったので、不思議な取り合わせだと感じたことがある。名は体をあらわすと東洋哲学の安岡正篤先生は述べていたが、やはり何かご縁というのは言葉の持つ波動にも関係してくるような気がする。安岡正篤先生の弟子、伊藤肇氏が書いた「人間的魅力の研究」に出ていた大本営参謀だった、Sさんに取材を申し込んだことがあったが、実現できなかった。しかし、「貴君の活躍を祈る」、とはがきをいただいたことがある。現在の日韓関係も厳しいものがあるが、中曽根新首相が誕生したとき、
0
88 件中 1 - 60
有料ブログの投稿方法はこちら