絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

2 件中 1 - 2 件表示
カバー画像

📚社会科と総合💻 どう違うの?

校内研究の次年度に向けての話し合いで、いつもの「できない理由探し」がはじまりました 「これは、できない」「あれは、できない」 「総合は面倒だ」「社会科の地域教材って見えない」 子どもができないのではなくて、先生ができないというのです ある意味、正直😿・・・なのはよいのですが、 指導教諭さんは、懸命に答えようしてくれるんだけれど 図表を書いて 説明しないとわからないな・・・と感じました つまり啓蒙と説明です ここでは簡単に書きます・・・と書いたけど、長くなっている👿 1 社会科は「学問」 総合的な学習の時間は「学習活動、探究活動」 (1)社会科は、「社会科学」=「学問」です    「人類の英知」を蓄積した「学問」です     学校教育のねらいのひとつには これらの「文化を伝承する」ごとが    あります     学年の発達段階に沿って「人類の英知」を「伝承する」のです    だから、小学3年生から始まる「社会科」は、領域や深まりをもっ    て、細分化していきます    中学では、地理、歴史、公民    高校では、これに加えて、倫理、地誌、情報・・・           (名前は、総合社会 等に変わってはいますが)    大学になれば、もっともっと細分化した題材となり、専門的な研究へ    と移行します  こうして、「学問」は、研究・検証を重ねて、常に新しい発見や学説が深  化・統合・拡充して「進歩」していきます (2)総合的な学習の時間は「学習活動、探究活動」です 生活科もそうです これらは、学問ではありません これらの在り方や指導法等を 大学で研究しています しかし、これ自体
0
カバー画像

🌞ねらいを明確にして、外に出かけよう🌞👣

理由付け例④ 総合的な学習の時間 地域や学校によって多彩な課題です 中には、環境教育として、地域特有の動植物の定点観測に取り組んでいる学校もあります その地域にしかいない蝶の観察を請け負っている学校や、 渡り鳥保護活動をしている学校の実践もありますちょっといい感じなのが、福祉・社会貢献活動の実践です1学期から、近くの老人施設やグループホームと交流があったときのことです年に、3回ほど高t流を準備するのですが、その一回を「秋のお散歩をご一緒に💘」にしました施設内のお庭を一緒に歩くだけです車いすを押しても行きましたポイントは、「建物の外に出て日差しを浴びる」ことです屋内とは違った解放感がありますお庭と言っても駐車場わきの植え込み付近をうろうろするだけです20-30分ほどの時間です大した会話もなく、ただ「気持ちいいねえ」といういい感じの組み合わせもあれば、落ち葉や植え込みの効用を見て騒いでいるご老人と子供の姿もあります様々でいいんです、同じ時間と同じポカポカを共有する「心地よい体験」💚実は、以前は秋の交流は、音楽の演奏を聴いてもらうことをしていました授業でどうせ発表会をするし、出前参観日的な感じでいいじゃない💘と、一石二鳥!!しかし、コロナ過がありましたまた、音楽の授業が進まなくて、人様にお聞かせしようと思うと、時間を取ってしまう・・・と、困ってしまう担任が出てしまうこともありました😢子どもは、さほどプレッシャーはないのですが、「何でもきちんとさせたい先生」って、いらっしゃるでしょうその指導を見ているのも、辛いのよね😿なんか、違う方向に行っているなあ・・・そこで、「小春日和お散歩」を提
0
2 件中 1 - 2
有料ブログの投稿方法はこちら