絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

15 件中 1 - 15 件表示
カバー画像

#7 ガンプラ製作代行を始めるまで道のり(後編)

後編になります!前回のあらすじは適当に文書いて出品したらたまたま頼まれてラッキーって感じですね。そしてその後、袁術ズサの全塗装を依頼されました!その時受けた金額が4000円!!!この金額がどれぐらいかというと材料費抜いた時給換算すると多分100円ぐらい(笑)でもそのおかげで何回かリピートしてもらえました!そのようにしているうちに次の人にも依頼されというように軌道が乗りました。そしてとうとう依頼件数10件達成🎉🎉🎉レギュラーバッチからブロンズバッチになりました!私の肌感ですがバッチが変わってから依頼件数がかなり多くなったと思います。こんな感じで私の製作代行は始まりました!これにて道のりシリーズは終わりとなります!次回(できるだけ頑張ります。)からはガンプラのハウツーやガンプラ製作代行というニッチな部分のコツなども紹介できればいいなと思います!ガンプラ製作代行に関しては有料で紹介させていただこうかなと思います😎見ていただけるとモチベも上がりますので是非少しのぞいてみてください!
0
カバー画像

#7 ガンプラ製作代行を始めるまでの道のり(前編)

お久しぶりです。前回の更新から1年が経っていました😎2年間続いた(投稿してないだけ。。。)道のりシリーズですが、いよいよ最終です!まずこのサムネの画像のプラモデルしっていますでしょうか?これは袁術ズサというBB戦士のプラモデルですねちなみに私は知りませんでした。こちらが私の製作代行初めての作品になります!今回は私の初作品完成までのお話を少ししようかなと思います。初めはココナラをインストールして適当に文を書いて製作代行やってますってやってたんですが、なんと2か月連絡すらない。。。まーそんなものなのかな、世の中甘くないなと思いながら閲覧数数人のグラフを見てそっとアプリを閉じました(笑)そして2か月後、正直ココナラのこと忘れてました(笑)意見連絡が来ました。今思うと運が良すぎたと思います。考えてみてください、ログイン2か月前の実績なし商品誰が買いたいんですよ。それでもその人は頼んでくれました。その時はうれしさもありましたけどそれよりも緊張しました😓そして袁術ズサを作ってほしいという依頼をもらいました。そこから私の代行ははじまりました!もしいずれ出品してみたいなと思っているひとが少しでも踏み出せたらいいなと思います。私からのポイントは2つです😎✌️・とにかく出品すべし! ほんと適当でも出品ですね、だめでも売れないだけです。・自信がないのは当たり前!全力でやるだけ 私も頼まれて初めて人の物を加工するということを行いました。 まだ売れてないことは依頼者の人も分かってます。 今回は1年ぶりなんで少し偉そうなことを言いながら終わろうと思います。長くなったので全編後編に分けて次はその最初の取引に
0
カバー画像

K’s work shop 1/12 YZR500 1992 ウェインレイニー 

プラモデルをやっているとメジャーなメーカーの仕様では飽きたらない場合があります。そんな時はトランスキットで違った仕様を制作することもあります。コレクションを増やすこともできるので覚えておきたいアイテムとなります。今回はK’s work shopというメーカーのYZR500を’92ウェインレイニー仕様で制作します。トランスキットの場合そのほとんどがレジンといった素材でできている、いわゆるレジンキットとなります。プラスチックとは扱いが異なってきますが、慣れてしまえば難しいものではありません。トランスといった単語が示す通り、別途プラモデルのキットが必要になってきます。今回はタミヤの2001年式YZR500です。あくまでもベースはK’s work shopのキットになり、タミヤのキットは部品取りとなります。レジンキットの場合それほど精度は高くないので仮組みと下地の調整に十分な時間を割きます。またプラスチックに比べて非常に割れやすいので、ディテールの一部を金属に変えたりすることもあります。
0
カバー画像

タミヤ フォードGT完成

タミヤのフォードGTが完成しました。以下今回行った作業内容になります。◉塗装面を艶やかにするための面出し◉ラジエターへのダクト内側、サイドステップなどの合わせ目消し◉自作のリキッドブルーを塗装◉フィニッシャーズのオートクリアで塗装した後2000番から8000番のやすりで研ぎ出し◉タミヤ粗目、細目、仕上げ目でコンパウンド掛け、プレクサスでコーティングしてあります。◉各所カーボンデカール使用◉アクステオンのエッチングパーツで各開口部のメッシュ化◉各ライトをLEDらしく加工◉インテリアのアルカンターラをアクリルガッシュで表現◉シートベルト追加◉フロアマットはベロアにて制作◉このキットでよくあるボディとシャーシの間にできてしまう隙間は裏側にガラス繊維を接着することで解消。全体を通して足回りなどかなり簡略化されているので、非常に作りやすいキットと言えますが、研ぎ出しなどを行う際は車のデザインが仇になって磨きにくい車体でした。
0
カバー画像

カーモデルの研ぎ出し

一般的には車のプラモデルの場合、ボディ塗装の表面を研ぎ出しというテクニックを使って艶やかにしていきます。ショールームやモーターショーに置かれた磨き込まれた車をイメージしていただければわかりやすいと思います。その表面を覗き込めば顔が映り込むかと思います。あのような感じをプラモデルに再現したいわけです。そのためにはまずランナーから切り出した部品を1000番程度のヤスリによる整形から始めて、歪みのない素材を作ります。次に下地であるサフェーサーをエアブラシで塗装して、1500番程度のやすりでその表面を整えます。ボディ色もできるだけ平滑に塗装して、その上にクリアを厚めに塗ります。私の場合は濃いめのクリアを2〜3回、薄めのクリアを4〜6回塗ることで、できるだけ平滑な塗装表面を作っています。クリアは時間をかけて完全に乾燥させる必要があります。完全に乾燥したらその表面を複数の番手の研磨剤を使い塗料の凸凹を取り除き、尚且つ塗料に残るやすりの傷を消していきます。やすりと研磨剤による研ぎ出しが終わったらコンパウンドによるポリッシングを行い、映り込みに歪みがなくなるまで磨き込みます。丁寧に仕上げることで、よりリアルな仕上がりを得ることができます。注意点として、研ぎ出しや塗装作業は細かな作業が多いため、注意深く行うことが大切です。過程を楽しんで取り組むことで、素晴らしい完成品を作り上げることができます。今回の作品はボディの一部にカーボンデカール を使用したので、ここも実車さながらに磨き込みました
0
カバー画像

キネティック1/48 Cー2Aグレイハウンド

今回はリピーター様からのご依頼になります。ご依頼いただいた時に送っていただいた参考画像の中に結構汚れた機体の写真があり、今回はそれに即したウェザリングを行っています。デカールがキット付属のものではなく、お送りいただいたカラカルモデルのデカールを貼っての仕上げとなります。ご要望内容の中にフラップを下げてとの指示があったのですが、内翼側のフラップが胴体に当たってしまい、どうにも下げることができません。フラップを5mmほど短くし、胴体をその分伸ばすことで対処しました。主翼および尾翼の放電索はテグスを使っています。また胴体上部のアンテナ線はストッキングをほぐして使っています。全体のウェザリングは油絵具を使って、送っていただいた写真などを参考に工夫して施しています。機体下面が意外にいい感じになりました。取引終了後、「こうして実物を手にしていると、PC上で見るのとは違い、まるで実機を目の前にしているかの感覚です。今回も素晴らしい出来に言うまでもありませんが、特に白色ベースの機体のために、ウェザリングも見事であることが本当によくわかります。」とのメッセージが届きました。ありがとうございます。
0
カバー画像

息抜き製作 ~シャア専用ゲルググ~

こんにちは、オッバマ工房です(^^ゞ今回は最近作成したキットの話をしたいと思い久しぶりに投稿します。誰も見ないだろうなとか思いながら書くんですがわずかでも見てくれている人かいますのでマイペースに続けれたらなって思ってます(~ ̄▽ ̄)~さて、今回ですがドンキで1320円で購入したHGゲルググをひっそりと作ってました!ご依頼されたものを作るのも楽しいですがやっぱりプレッシャーもありますんで自分のキットを気軽に作るのは息抜きになっていいもんです( ´ー`)y-~~割れたー! まーいいかー!ってなもんです。(今回は割れなくてよかったです笑)今回作成したゲルググが下の画像です!当初はキャンディ塗装の練習にしようかと考えたのですがゲルググは黒立ち上げが似合いそうと思い変更しました(╹ڡ╹ )色合いもなかなか気に入ってます(`・ω・´)b今回は初めて肩のスラスターをプラバンから作成しました。ディテールアップのパーツって高いんですよね~しかもこんな大きいのいつ使うんだ!ってサイズのやつがどんどんたまってきます笑デカールはいいのがなかったので小さいのを寄せ集めて使いましたが案外気に入っています♪(´▽`)ちなみに後ろはこんな感じ腰のアーマーは分割されていて可動するようなイメージでスジボリを入れてそれを止めるためのポイントをグレーで入れています。ゲルググのシールドは個人的に1枚の大きい板であってほしいのであえてスジボリは控えめです。ここでも集合デカールが大活躍!模型ショップに飾っていただきました!何気にシャアカラーのMSを作ったのは初めてだったので、次はズゴックとか作ろうかなと思います(楽そうだし
0
カバー画像

ハセガワ F/A-18C ”Chippy Ho! FINAL”

今回ご依頼いただいたハセガワのこのキットは10年前の製品になります。タミヤなどと比べると機体のデザインの影響もありますが、決して組み立てやすいキットではないです。特にエアインテークから胴体後部左右に至って合いも悪いところがあり、調整が必要でした。しかし組み上げてみるとレベルのキットではオミットされていた動翼の構成、機体表面のパネルラインやリベットなど非常に優秀なキットであることは容易に理解できます。ランディングギアはホワイトメタルでできており、素晴らしいディテールを再現しています。今回はストレートインボックスでの製作でご依頼を受けました。作り始めてみると、特にディテールアップを施す必要はない事にすぐ気づきましたね。基本的な塗装と軽いウェザリングを行い、大きめなデカールの貼り付けに気をつければ完成となります。お渡し後、「実物を手にするとさらにしっかり作られていることが分かります。ハイビジ部分とロービジ部分の光り具合の違いもしっかり出されていて、ほんと実機の印象に限りなく近いです。」とのお言葉を頂戴しました。ありがとうございます。
0
カバー画像

#6 ガンプラ製作代行を始めるまでの道のり

製作代行のオッバマ工房です。またまた久しぶりの投稿になりますm( _ _ )m今回はど真ん中仕上げのHGインパルスの紹介です!私の作品はおそらくここから一段成長したと思ってます♪(´▽`)なぜかというとエアブラシを変えたから!成長したのは道具のおかげでした(笑)私がもともと使用していたのは手ごろな価格で購入できる充電式のエアブラシでしたがそれでは粒子が大きくて上手にグラデーションができなかったんですね~(自分が下手だっただけかも)しかし今回購入したものは約12000円ほどのエアブラシです!これからエアブラシ購入を考えてる方は少々高くて邪魔でも据え置くタイプのものをお勧めしますね(* ̄3 ̄)╭話は戻りましてインパルスですが新品エアブラシで張り切ってすべての色を2色で塗分けてます!めちゃくちゃ時間かかりました(笑)しかし画像で見ても全然わからない(-_-;)ちなみにこちらは4400円で購入いただき、利益は1650円でした。正直少ない!おそらく時給50円ぐらいです(笑)今回かなり良くできたと思いましたがあまり利益は出ませんでした。原因は2色に分けたこだわりが画像からわからないことであったり苦労が画像に表れていないことが原因かと思いました。また今回はベタ塗でしたがこれを黒立ち上げなどのグラデ塗装にすることでもう少し価値を上げられたと思いますねちなみに手前においてあるコアスプレンダーは最初真っ白です(笑)ここはビフォーアフターを比較して画像をアップすべきでしたしかし今回の基本に戻った塗装は基礎に戻るいい機会でした!今回は以上になります!よろしければ他のブログもどうぞ!ガンプラ全塗装やって
0
カバー画像

タミヤ1/24日産スカイライン2000GT-R(KPGC10)

ご依頼を受けて作成しました。ご注文内容は一枚の写真と同じ仕様での作成です。大きな変更点はリヤフェンダーのオーバーフェンダー撤去。オーバーフェンダー取り付け用の形状になっているところを、プラ板で埋めてリップを作成。パテで整形していきました。参考にしたのは当時の4ドアGT-Rです。このキットはチンスポイラーやリアスポイラーなども再現されていますが、それらも撤去するため取り付け穴を埋めました。フロントグリルにケンメリGT-Rのネームプレート移設のため、フロントグリルを開口してステンレスメッシュに変更。ケンメリのネームプレートはアオシマのキットからコピーして取り付けました。いつもの様にボディを600番のやすりで下地調整し、サフェーサー塗装、1500番での研磨と進めます。ボディカラーのシルバーは若干黄色味がかった色なのでクレオス のシルバーにクリアカラーを混ぜて調色。納得の色が出せたと思います。ボディカラー塗装後は研ぎ出しのご注文だったのでクリアを厚塗りして中研ぎ、クリア2回目の塗装、本研ぎ出しと進めて鏡面仕上げとします。完成後は展示ケースに固定されるのでほとんど見えなくなるのですが、サスペンションなどもスチールらしさを感じられる塗装としました。キットのライトレンズは形状がおかしいのでここも修正。意外に大変だったのがタイヤのレタリング。文字が小さく不明瞭なものになってしまいましたが、肉眼で見る分にはそれっぽく仕上げられたと思います。今回はプレゼントとのことでお取引後すごく喜ばれたとのメッセージをいただけました。作り手として大変嬉しい限りでございます。
0
カバー画像

#5 ガンプラ製作代行を始めるまでの道のり

久々の投稿になります。オッバマです。今回は記念すべき5体目!大人気モビルスーツのニューガンダムを作成しました。購入した理由は何といっても安かったから!MGの人気ガンダムが1600円と破格の値段と思い中古ショップで購入しました。しかし状態はひどく、アンテナはボロボロでプラスチックも日焼けしてかわいそうな状態でした。~製作~まずはアンテナの修復から!今回はプラバンを重ねて接着剤で修復しました。後はひたすらやすりで削って整えていきます。これがめちゃくちゃ時間かかりました(-_-;)慣れてる人は数時間で出来るかもっと早いかもしれませんね私は4時間ほどかかりました(笑)後はひたすらやすりがけやディテールアップをして塗装です!まずは内部フレームから内部フレームはジャーマングレーで塗装してライトグレーやシルバー、ゴールドで部分塗装をしました!さらに黄色部分はキャンディ塗装を施してリッチな感じに仕上がりました。装甲も塗装して完成したのがこちら!白の装甲はグレーと2色で分けることでディテールアップしました!ちらっと見えるシリンダーの銀がいいですね~後ろはこんな感じ!バーニアは金属が焼けたような表現に挑戦しました。これからも使っていきたい技法ですねしかしよく見ると白のグラデーションがつぶつぶしています。電動のエアブラシを使用していましたがエア圧が足りなかったようです。~結果~こちらは9800円で購入され、利益は6000円といい値段が付きました!まー時給にすると多分200円ぐらいですかね(笑)遊んでお金もらえるなら文句ないですけど!~反省~ガンプラ製作においてアンテナの修復は今回初めてでしたので時間
0
カバー画像

#4 ガンプラ製作代行を始めるまでの道のり

こんにちは製作代行をさせていただいているオッバマです。全塗装開始から4体目に作成したものがこちら!HGCEインフィニットジャスティスです。3体目にMGゼータを作成しましたが、黒立ち上げ塗装は私にはどうやらまだ早かったことを知らされましたので初心にかえり基礎力を上げることを目的としました!今回の目的は塗分けです!HGリバイブのインフィニットジャスティスは塗分けがもともとされているのでそのまま塗装するだけでもかっこいいですが、アレンジを加え全身の色味も変更して作成しました。今回もスジ彫り、プラバンを追加してディテールアップさせました!しかし、この作品まだ売れていません。この時、需要を意識するようになりました。この作品が売れなかった理由の一番の原因は希少性がないことです。実際家電量販店のプラモデルコーナーではインフィニットジャスティスはよく置いてあります。さらに今回グラデーションなどのアレンジもせずに塗装したことでさらに希少性がなくなっています。おまけに欠品があり、色も本来より少し違います。4体目は完全敗北でした\(^o^)/
0
カバー画像

#3 ガンプラ製作代行を始めるまでの道のり

ブログ閲覧ありがとうございます。今回は3体目は人気の機体であるゼータガンダムを作成しました!私にとっての初めてのMGとなります。今回ゼータを作るにあたっての目標は「完成させる」ということでした。完成させるってハードル低くない?と思う方多いと思いますが初心者にはこれがまた大変なんですよ。HGより圧倒的に多いパーツ量ですから完成がすごく遠くに感じます(´;ω;`)しかし塗分けはあらかじめパーツでわかれているMGの方が簡単かもしれません。黄色いパーツがなくなりかけたり乾いていないところを触って指紋がついたりその手で他のパーツに触ってまた指紋がついたりしながらなんとか完成したのがこちらです!これはメルカリで出品したときの画像です!少々文字を入れるだけでしっかり作品という感じになりました!今回は初のグラデーション塗装でした。最初にしてはうまくいったのではないかと感じています。オリジナルのディテールアップや塗分けもして満足しました(⌒∇⌒)ただ反省点も多くありました(;^_^Aまずは黄色が統一されていないところがやはり気になりますね。赤色も暗すぎるのでもう少し重ねてもよかったと思います。後はデカールを貼るならバランスよく下にも追加するべきでした。まだまだ塗分けや塗装のむらなど気になるところはいっぱいありますが過去の自分がかわいそうなのでこれぐらいで終わります。これから全塗装してみたい!興味ある!という方がいましたらこの反省点が参考になると幸いです(o^―^o)最後に宣伝です!ココナラで製作代行やってます!まだ始めたばかりですのでできるだけ安く提供しています。ココナラと他のフリマアプリでの売
0
カバー画像

#2 ガンプラ製作代行を始めるまでの道のり

ブログ閲覧ありがとうございます。前回デスティニーガンダムを完成、出品して大敗北した話をしました。今回はその後の話です。私が2作目に選んだものはHGフォビドゥンガンダムです。フォビドゥンガンダムってなに?という方に簡単に説明しますと、ガンダムSEEDの終盤に登場する敵の新機3体のうちの一つです。なぜこれを選んだかというと実家に眠っていたからというなんとも愛のない選択理由です(笑)しかし練習にはちょうど良く合わせ目けし、マスキング、エナメル塗装など基本のことが盛りだくさんでした。これが今回の完成品です。今回の課題は塗分けです!淡い色の緑ほぼ一色の機体ですが、2色で塗り分けることで立体感を出しました。ちなみにこちらはメルカリで出品し初めて利益が出た機体です!時給に換算するととんでもなく安いですが前回のマイナスよりましです(笑)それに誰にもやとわれることなく利益を出すことができたので大満足です。ガンプラで副業!とか見ますが仕事と呼べるほど稼ぐことができるのは一握りですね~ここまで見ていただきありがとうございました! 最後に宣伝です! ただいまココナラで製作代行承っています。新品のキットだけでなく昔作ったものや武器だけ塗装してくださいという依頼もお受けしていますのでよろしければご利用ください!
0
カバー画像

#1 ガンプラ製作代行を始めるまでの道のり

こちらのブログを見ていただきありがとうございます。ガンプラ製作代行をしているオッバマです。これから気ままにブログ書いていけたらいいなと思ってます!少し自己紹介をしますと私は2021年5月にプラモデル副業にチャレンジし始めました。父親もプラモデルが趣味だったので小さいころから見てある程度の知識は持っていましたので、「プラモデル作ってお金が入るって最高じゃん!」という大体の人が思うことを例外なく私も感じて始めました。そして2万円ぐらい出して環境をある程度整えて作った作品が画像のデスティニーです。始めの作品らしいなんとも言い難い作品が完成しました!パチ組品を800円で購入、塗料とデカールで2000円の合計2800円のこれをヤフオクで売った結果450円で落札されました!(⌒∇⌒)現実とはこういうものです。と言われた気がしました(笑)ここまで見ていただきありがとうございました!最後に宣伝です!ただいまココナラで製作代行承っています。新品のキットだけでなく昔作ったものや武器だけ塗装してくださいという依頼もお受けしていますのでよろしければご利用ください!
0
15 件中 1 - 15
有料ブログの投稿方法はこちら