絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

12 件中 1 - 12 件表示
カバー画像

コラム⑦ 飲食店のLINE公式アカウント設計には何を入れる?

こんにちは、フリーランスでLINE構築の代行を行っているひでゆきです。これまでLINE公式アカウントを20件以上構築してきました。たくさんの方にビジネスとしてのLINEを活性化して利益を最大化していただきたいと思い、ブログを執筆する運びとなりました。今回は具体事例をもとに飲食店に使われるLINEの機能設計をお伝えしていきたいと思います。今回のアジェンダはこちらのようになっています。▼▼▼▼▼✅アンケート機能LINEといえばユーザー層の把握から!ユーザーがわかることでニーズがわかるだけでなく、今後の配信の仕方がわかるようになります。例えば、、、 ・サラリーマンの利用が多い、、、ということはアフター5の飲み会メニューに一品加えてみてはどうだろう? ・主婦層がランチに予約してくれるな、、、ということは朝10時ごろに案内を打つのはいいかも!など今後打つべき施策がわかるようになります!実際にお客さんがどんなメニューを求めているのか、アンケートをとってみてもいいかもしれませんね!✅メニュー掲載お店に行ったり、HPを確認することなくLINE内だけでメニューが見れるとユーザーからすると何かと便利です。と言いますのも、、、====LINEにメニューがない場合===== Aさん「あっお店の予約しよう!何を頼もうかな、、、HP見るか!」 Bさん「あれ?Googleマップに前行きたかったお店が乗ってる!キャンペーンもやってるって!ここ行かない?」 Aさん「いいかもー」・・・あれっ?あなたのお店の予約されてないやん!外部のホームページに遷移する前に、別のお店に浮気しちゃうってパターンよくあると思うんです
0
カバー画像

コラム⑤ LINE広告の特徴と最適化する方法?

こんにちは、フリーランスでLINE構築の代行を行っているひでゆきです。これまでLINE公式アカウントを20件以上構築してきました。たくさんの方にビジネスとしてのLINEを活性化して利益を最大化していただきたいと思い、ブログを執筆する運びとなりました。これまではLINEの運用に関する事例を取り上げてきました。今回は集客媒体となるLINE広告について述べていきたいと思います。今回のアジェンダはこちらのようになっています。▼▼▼▼▼✅LINE広告とは?LINE広告と聞いてどのように表示されているかご存知でしょうか?LINE広告は下図のようにトーク画面の一番上、LINE Newsの一部にあったり、タイムラインウォレットLINEマンガ等に様々なLINE媒体に表示されます。主に他の広告媒体と同じように画像・動画ベースの広告媒体になりますが、YouTubeのように広告として大きく取り上げて表示されるようなものではなく、数あるニュースの中に潜んでいるイメージに近いです。ユーザー層はもちろんLINEを使っている人たちになりますね。✅主なターゲットLINE広告の主なターゲットはLINEを使用している人たちになります。ですので対象は日本の9000万人という大きなマスに対してアプローチできるのが特徴です。また年齢層も様々で老若男女、職業問わず使われているため、アプローチしたい層も選びたい放題という状態ですwLINE広告の配信方法として、、、①ユーザーの属性や興味の対象に合わせて配信できる②すでにアプローチしたユーザーと似たような属性に配信できる③地域を限定してアプローチできるという方法もあるので、多く
0
カバー画像

コラム③LINEに外部ツールをわざわざ導入すべき理由

初めまして、フリーランスでLINE構築の代行を行っているひでゆきです。これまでLINE公式アカウントを20件以上構築してきました。たくさんの方にビジネスとしてのLINEを活性化して利益を最大化していただきたいと思い、ブログを執筆する運びとなりました。さまざまなビジネスを行う上で活用されるSNSのうち、最近ではLINEが注目されています。LINE公式アカウントは無料で利用できますが、ポジショントーク抜きで私は絶対外部ツールを入れるべきだと思っています。今回はそこを深堀してお話していきたいと思います。LINEに連携できる外部ツールとしてはさまざまなモノがありますが、今回は配信機能を拡張するLステップやECAIなどの特徴について私の意見を述べていきますね。今回のアジェンダはこちらのようになっています。▼▼▼▼▼◆理由その1 自由度の高い配信機能まず一点目が充実した配信機能です。LINE公式アカウントだけでできない配信機能として以下のようなモノがあります。 ・ステップ配信  ⇨例えば来店した日をトリガーにして数日間毎日違うメッセージを配信する機能 ・セグメント配信  ⇨例えば男性だけに配信したい情報、女性にだけ配信したいクーポンなど、それぞれの属性に分けたメッセージ ・リマインダ配信  ⇨セミナーなどの開催日に合わせて3日前、2日前、前日、当日というように配信する機能 ・応答メッセージ設定  ⇨リッチメニューなどのボタン応答、キーワードによる自動応答などを設定することができ、顧客へよくある質問などを自動で返答できる機能これらをLINE公式アカウントより綿密に設定することが可能になるのが
0
カバー画像

コラム①実店舗がLINE公式アカウントを取り入れる理由

初めまして、フリーランスでLINE構築の代行を行っているひでゆきです。これまでLINE公式アカウントを20件以上構築してきました。たくさんの方にビジネスとしてのLINEを活性化して利益を最大化していただきたいと思い、ブログを執筆する運びとなりました。今回のアジェンダは、、、・LINE公式アカウントの位置付けと役割・効果的なアプローチ法・実店舗で配信する内容について話していきたいと思います。◆LINE公式アカウントの位置付けと役割「企業がLINEを導入する」と言ってどういう役割で運用されるか答えられるでしょうか?ズバリLINEは教育ツールとして運用されます。モノやサービスを売るときに必要となる要素が・・・①集客・・・SNSや広告を使ってたくさんの人に会社を認知してもらう行為②教育・・・自社のモノやサービスの魅力を知ってもらう行為③販売・・・実際に商売として売る行為の3つに分けられます。①の集客を行うためにはオープンメディアと呼ばれるインスタグラムやTwitterなどを活用して、不特定多数の人に触れられるようアプローチします。この「集客(認知)」においてよりたくさんの人に触れられ、そのうち限られた人があなたの商品に興味を持つことで販売までの次のフェーズに進みます。それが②の教育です。教育は商品やその人について詳しく知ってもらい、「購入欲求」「来店欲求」を高める役割がありますこれを行うためにLINE公式アカウントを活用します。LINE公式アカウントはクローズドメディアと呼ばれ、広く公開されることなく登録者の属性・セグメントに分けて配信ができるようになります。限られた人にだけアナウンス
0
カバー画像

【広告】LINE:ITP対策について(2021年10月)

こんにちは。現役広告プランナーかなひびmamaです。LINE広告で以前から課題になっていた、iOSユーザーのCVが取れない問題。。直近で、ITP対策を提示してくれましたね!1)手動詳細マッチング  LINE Tagを改修することにより、  LINE Tagを通して広告主Webサイトから  送信される電話番号/メールアドレス情報を受け取り   LINEユーザーとのマッピングを行うことで  コンバージョンユーザーとして管理画面に反映します。     そのため、今まで欠損していたCVデータが  拾えるようになるそうです。  ※もともとどれくらい欠損していたか?は言及されていませんが…  この手動詳細マッチングを導入するしたことで  CVRやCPAが改善した会社様が65%以上とのことでした。    是非これは対応していきたいですね。  ※恐らく広告主様で気になるのはそのマッチングした情報って   LINEに吸い取られるの?があると思いますが、   マッチング後に削除しているそうですよ。   (LINE広告規約、第17条 オーディエンスデータの取扱いより)2)クロスドメイン設定  広告で設定している遷移先LPとサンクスページの  ドメインが異なる場合でもコンバージョン計測が  できるようになる機能です。  よくあるのが、記事は別ドメインで作成して  本ドメインの商品LPに遷移させてCVさせるパターンや  サンクスページはドメインが違うよ、のパターン。   今まではこれも計測欠損が大きかったはずです。    ベースコードをクロスドメイントラッキングに対応したものに  変更すると適用すること
0
カバー画像

【広告】YDA:LINE面への配信開始(2021.10.13〜)

こんにちは、現役広告プランナーのかなひびmamaです。結構衝撃的な記事をみかけたので共有します。とうとうYahoo!社とLINE社の連携が始まってきましたね。そのなかの1歩として、YDAでLINEへの配信が始まるようです!▼リリース日2021年10月13日(水)▼概要Yahoo!ディスプレイ広告(運用型)で配信している広告が、LINE NEWS ⾯の一部広告枠にも配信開始!!※配信ボリュームは最初は少ないようですね▼プレイスメント設定は必要不要?アプリ⾯の除外や特定⾯のみへの配信設定などをしていなければ自動で配信開始されます。▼理解しておくべきポイントは?・配信対象の広告タイプはレスポンシブ(画像)のみです。 画像サイズ「300pixel × 300pixel」 「1200pixel x 628pixel(アスペクト比:1.91:1)」共に対象・10月13日の配信開始時点の掲載面はLINE NEWSの一部掲載枠 極少量での配信開始※順次拡大予定とのこと!・広告の審査は通常通り、Yahoo!広告のガイドラインに沿って ヤフー側で実施。ただし、掲載⾯(LINE側)の規定も適用されるとのこと。・LINE掲載枠への配信時、レスポンシブの画像の 4隅の角が丸く加工される場合がある。・プレイスメントターゲティングを利用し LINE⾯への配信(または除外)を指定することも可能。 iOSとAndroidそれぞれ、特定のURLを含んだ プレイスメントリストを作成する必要あり。・LINE掲載枠への配信有無は、配信先URLレポートから確認可能。いままでLINEに挑戦できていなかった広告主様はYaho
0
カバー画像

1600人のメルマガとLINEに号外広告を承ります

◆サービス内容※5件売れる度に値上げします お急ぎください。 ※ターゲットリーチ350人のLINE公式アカウントでも配信いたします。 LINEは規制が厳しくリスクがある為、LINEの文章に関してはコチラで決めさせて戴き、リンクはリッチメニューを制作し配信させて頂きます。 ※土日配信はオプション購入者様のみになります。 ◆こんな方に特におすすめです ・自分の商品やサービスを宣伝したい ・自分の商品やサービスの認知度を少しでも広げたい ・メルマガやLINE公式アカウントのリストを増やしたい ・広告を打ちたいけど他が高額すぎて手を出せない ・お手頃に打てる広告先が見つからない ・まずは少額の広告を打ち広告文面のテストをしたい ・LPなどの反応率のテストを行いたい ・リスクを抑えた上で小さく広告を打ちたい 私が有料の広告を検討した際 どの広告も非常に高額であり お手頃な感じで打てる広告がありませんでした。 1配信10万円、20万円とかけていくには 非常にリスクが伴うことになります。 「まずは広告を小さく打ちリスクを抑えつつ反応率を確認したい」そんなサービスを実現したいと考え 今回の商品の出品に至りました!◆購入にあたってのお願い号外広告は効果に対してではなく 1配信そのものに価格がついているサービスです。 従って宣伝する商品や配信内容、コピーライティング、 ならびにタイミングによって効果が変動しますので あらかじめご了承ください。 中にはリストが50件以上取れた方もいれば、 全く反応がない方もいらっしゃいます。 効果は内容によって様々です。 ◆ご注意 ・号外広告の文面につきましては、お
0
カバー画像

LINEマーケティングが最強な理由を徹底解説

・LINEをつかったマーケティングって必要なの?・新しい施策としてLINE運用は気になっているけど…世の中には、様々な発信プラットフォームがあり、インスタやTwitter等のSNSやメルマガ、ブログ等がありますよね。こういった沢山の選択肢の中で、LINEを活用すればいいのか、そもそも自分のビジネスにLINEがあっているかなど悩むでしょう。こういったお悩みを解決します。ビジネスでLINEを使うべきワケとはビジネスでLINEを使うべき理由は、大きく絞ると下記の3つになります。1:国民の約7割が使用している巨大SNSである2:業種や商品関係なく導入できる対応力がある3:開封率が高く、関係性を構築しやすい頭ごなしに『LINEが良いらしい』といった単純思考ではなく、なぜ、LINEをビジネスに導入すべきなのかを理解しておきましょう。かなり重要なところになります。理由①:国民の約7割が使用している巨大SNSであるなんと、LINEの利用者は日本国内で8,600万人以上が使用している日本最大のSNSです。単純計算だと、国民の約7割(68%)が使用していることになります。この数値だけみても、ビジネスで利用する材料としては十分ですね(笑)ちなみに、他の主力SNSと比べてもユーザー数は一目瞭然で、LINEがぶっちぎりといった感じです。このような事実から、より多くの顧客を対象にビジネスをやりたいのであれば、LINEは第一候補となるでしょう。理由②:業種や商品関係なく導入できる対応力があるLINEは、業種や商品関係なく、基本どのようなビジネスにも応用可能な対応力があります。すでに、様々な業種の方々がLIN
0
カバー画像

LINE号外配信で1日目で678クリック程出せます。

昨日4/23にLINEでココナラブログを一斉配信しました。結果はこんな感じ。「メルマガ号外広告で合計300クリック出せます」みたいなサービスが12万円の値付けでうれてるけど・・・。この場合は、2倍の金額で提供してOKなの?(今回の場合、合計じゃなくて1日目のクリック数です)LINEで拡散します系のサービスが相変わらず売れてるけど、騙されている人が多そう。コメントみると「効果出るの期待してまってます」とか。LINEって瞬間的に効果出るものだから、配信直後に効果ないなら、期待するだけ無駄な気がするんだけど・・・。特に2000円~3000円のサービスあたりのお手頃価格のコメントは全部そんな感じ。「登録者数◯万人のLINEで配信します」ってのも実際アクティブなリストが何人いるかで効果は全然ちがう。今はブランディングリスト(見せかけのリスト)も買えちゃうんで、コメントで判断するしかないね。そもそも効果あるなら2000円~3000円で提供しないよね。自分でコンテンツ作って配信したほうがよっぽど儲かるから。ぶっちゃけ「配信しました」って言って、実際は配信してない人もいそう。闇が深い。
0
カバー画像

LINE公式アカウントの認定パートナーが現れました

どうも初めまして。LINE認定パートナーのNAKAMU(ナカムー)です。普段はLINE認定パートナーとしてLINE公式アカウントの開設から運用代行、LINE広告やCRM設計など幅広くマーケティング支援をさせて頂いております。この記事を読んでいるということは『LINE公式』や『LINE@』と検索したのではないでしょうか?そんな今興味を持っていただいているLINE公式アカウントを活用する上で必ず押さえるべきポイントを少しだけご紹介したいと思います。そもそもLINE公式アカウントを導入する前に大事な事を忘れてはいけません。それは・・・・以上の4つです。これはLINEに限った話ではないですが意外とここが定まっていない企業様が多いんです。逆に言うと上記をしっかりと決めておけば運用で挫折してしまう確率はぐっと減るでしょう。あとよくあるのが、LINE公式アカウントにはたくさんの機能(クーポン・抽選・ショップカード・リッチコンテンツ・カードタイプetc…)があります。その機能を最初から使いこなそうとするとこれも時間がかかってしまい挫折してしまいやすいポイントです。じゃあ何から始めればいいの?と思った方はLINE認定パートナーへお気軽にご相談ください♪懇切丁寧にまずはどの機能からマスターしていけばいいのかもお伝えさせて頂きます。勿論、既に運用開始してLINEの配信解析をやっていきたいんだーって方もご相談ください。担当者のレベルによってサポート内容もご相談に乗らせて頂きます。以上皆さんの少しでもお役に立てれば幸いです。
0
カバー画像

最近おもうのですが・・・

SNSのお手伝いをたくさん頂いて、最近思うのですが、、、、SNSは個人情報がたくさん詰まっている箱のようなものなので、、、個人個人、お客さまの方で、お取り扱いにはご注意いただいた方がいいなと思います( ;∀;)設定を確認していると、ごちゃごちゃになっている事があったり、わからないまま設定を他人にお願いして、権限を奪われたままだったり、、、、他の知らないカウントが管理人になっていたりなんてことも可能性がありますので、少しだけ、ご注意頂けたら嬉しいと思っております(*^-^*)ココナラでも、SNSを取り扱うときには・機密保持契約(NDA)・本人確認が済んでいる業者様にお願いされた方が何かあった時に対処できるのでオススメだったりします('ω')ノ現在、たくさんお問い合わせ・ご依頼を頂いて、本当にありがとうございます☆順番に作業を進めてまいりますので、今後とも、どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m
0
カバー画像

限定価格実施中

現在、新規ココナラアカウント作成キャンペーンを実施しております。通常6000円の広告アドバイスが1000~2000円で実施しております。是非、Web広告運用にお困りの方は、お気軽にご相談ください!
0
12 件中 1 - 12
有料ブログの投稿方法はこちら