プロジェクト成否として意識したい『工数の算出』の落とし穴!

記事
IT・テクノロジー
■このような人たちは必読です❣️
✅工数の算出に自信のない方
✅PJリスクを集めているPMやPMO
✅プロマネ初心者を抱える管理者
こんにちは。
YUICHIRO HAYASHIです。
さて、
プロジェクト計画において、
作業工数やスケジュールの見積もりは、
どんなベテランのPMも、自分の見積もりに確固たる自信を持てないものです。
やはり、
心の中では『当たっててくれ!』のような神頼みをしているのが事実です。
プロジェクトは、
人間がやることなのでミスはあるものですが、
見積もりミスは非常に痛いものです。
そのため、見積もりにどんだけ慣れていても、
有識者のレビューや複数人による見積もりを比較して
慎重に進めたいものです。
意外にも、このことを知らないPMが多いって、ご存知でしょうか?

このことから、
トラブってしまった実際のプロジェクトをご紹介します。
■今回のトラブルプロジェクト
プロジェクト計画における『工数の算出』の検討の中で、『そもそも算出した工数が誤っていた』ことにより、
『予算が超過する』
というトラブルでした。
このトラブルを
わたしがリモートPMOとして、
どのように解決したのか、動画で解説します。
※プロジェクトの紹介にあたり、架空の企業である「株式会社XYZ」での出来事としています。

それでは動画をご覧ください。

いかがだったでしょうか?
今回のトラブルの
『原因』
『解決策』
『リスク管理表への落とし込み』
の一連のプロセスをご理解いただけていれば幸いです。
また
1)今回の解決までの経緯をお知りになりたい人
2)同じようなトラブルに遭遇していて困っている人
3)他にも同様なトラブル事例を探している人
4)工数の算出方法のヒントを探している人


コチラまで
お気軽にご相談ください👇


最後までご覧いただき有難うございました。

サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す