『クライアント視点が納得する品質基準』覚えておきたいポイント!

記事
学び
■このような人たちは必読です❣️
✅品質基準でクライアントへの説得に苦戦する方
✅PJリスクを集めているPMやPMO
✅プロマネ初心者を抱える管理者
こんにちは。
YUICHIRO HAYASHIです。
さて、
プロジェクト計画では、
予め『品質基準』を考え、
各工程における成果物に対して品質基準をクリアしたかの判定をします。
これが、
『品質管理』というものです。
品質基準は、
大きく『技術的視点の品質基準』、『クライアント視点の品質基準』があり、どちらが欠けても品質は不合格になります。
特に、
クライアント視点の品質基準を疎かにした結果、
システムが完成してもクライアントの理解と納得を得られず、リリース直前にトラブルが起こることもあります。
プロジェクトマネージャーであれば、
必ず品質基準に『クライアント視点』を盛り込まなければなりません。
意外にも、このことを知らないPMが多いって、ご存知でしょうか?

このことから、
トラブってしまった実際のプロジェクトをご紹介します。
■今回のトラブルプロジェクト
プロジェクト計画における『品質基準の作成』の検討の中で、『クライアント視点での品質基準が準備されていない』ことにより、
『クライアントが品質合格に納得しない』
というトラブルでした。
このトラブルを
わたしがリモートPMOとして、
どのように解決したのか、動画で解説します。
※プロジェクトの紹介にあたり、架空の企業である「株式会社XYZ」での出来事としています。

それでは動画をご覧ください。

いかがだったでしょうか?
今回のトラブルの
『原因』
『解決策』
『リスク管理表への落とし込み』
の一連のプロセスをご理解いただけていれば幸いです。
また
1)今回の解決までの経緯をお知りになりたい人
2)同じようなトラブルに遭遇していて困っている人
3)他にも同様なトラブル事例を探している人
4)品質基準でクライアントへの説得方法のヒントを探している人


コチラまで
お気軽にご相談ください👇


最後までご覧いただき有難うございました。
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す