SNSアイコンに隠された心理とは?写真や画像が表す、深層心理を紹介

SNS アイコン 心理

SNSのアイコンには個性が出ますよね。それと同時に、本人の心理状態もアイコンに反映されているのをご存知でしょうか?今回はSNSのアイコンが表す、心理状態についてご紹介。気になる人の心理を読み解くのはもちろん、自分のアイコン選びにも役立つはず!

自分の写真をアイコンにしている人の心理

SNS アイコン 心理

SNSのアイコンといえば、自分の顔が写った写真を使うのが一般的。
実は、写真の撮り方や選び方にその人の心理・性格が反映されています。

まずは自分の写真をアイコンにしている人の心理を見ていきましょう。

かわいくorかっこよくキメた自撮り

自撮りは自分が素敵に見えるポイントをドンピシャで捕らえられますよね。
そのため、かわいい、またはかっこいい写真になりやすいです。

自撮りをSNSのアイコンにしている人は、自己評価が高い人だと言えるでしょう。
良くいえば「自分に自信がある」と言えますが、悪くいえば「ナルシスト」
少し自己アピールが強い一面があるかもしれません。

上目遣いや睨みをきかせた顔ではなく、自然に笑った自撮りであればナルシスト感を軽減できるので、良い面だけを引き出すことも可能です。

顔が見えないように隠している写真

口元を手で覆ったり、横顔や斜め後ろから撮ったりして、顔がハッキリ見えないように隠している写真。
「SNSで素性を隠したいけど、チラ見せくらいならOK」という方に多いアイコンです。

顔が見えないように隠している人は、自分のコンプレックスを抱えている人です。
とにかく他人の目を気にする性格で、顔に関しては「自分では悪くないと思うけど、人からどう思われるか心配……」という心理が隠れています。

人から撮ってもらった写真

知人であれ、プロモカメラマンであれ、人から撮ってもらった写真が「いいな」と思ったらアイコンに設定する人も多いですよね。
中には、自分で撮影しているけど「人から撮ってもらった風」の構図にしている人もいるでしょう。

このように、人から撮ってもらった(風の)写真をアイコンに設定している人は承認欲求が高め
自分が良い感じに写っていて、なおかつナルシストっぽくない写真を選ぶことで自分の良い面を強めに見せたいと思っています。

ただこの写真は、他人に安心感と好印象を与えられているのがポイント。
良い印象を与えると仕事でより良い成果にもつながりやすく、ビジネスマンの方に戦略的に使ってほしいアイコンです。

友達やグループの集合写真

仲の良い友達やグループとの集合写真をアイコンにすると「どれがあなたですか?」なんて質問が飛んできそうですが、社交性があることの証明になります。

協調性があり人付き合いが良い方で、誘われたらわりと何でも応じてくれる性格。
しかし一人でいるより他人といる方が落ち着くので、一人になると突然マイナス思考になることもあります。

一人が寂しい人は、SNSのアイコンを集合写真にすると遊びに誘われやすくなるかもしれませんね。

人物以外の写真をアイコンにしている人の心理

SNS アイコン 心理

SNSのアイコンに人以外の写真を設定している人は、顔も性格も見えにくく、少し絡みにくい印象があるのではないでしょうか?

実は、自分の写真を使う人に比べると自信がない傾向にあります。

ペットの写真

ペットの写真は見ているだけで癒されますよね。
余談ですが、ペットの写真を投稿すると、いいねやコメントの数がいつもより増えるんです。
騙されたと思って、一度試してみてください。

では、ペットの写真をSNSのアイコンにしている人はどんな人なのかというと、人一倍寂しがりの可能性があります。
単純にそのペットへの愛情が溢れたことも考えられますが、実は人付き合いが苦手な方も多いんです。

与えるよりも与えられることが好き、甘えることが好きなので、自分がペットになったつもりで甘えられる相手を見つけると心が安らぐでしょう。

風景の写真

綺麗な風景を見て気分を悪くする人は少ないですよね。
そのことから、いつも無難な選択をする人がよく風景の写真をアイコンに設定しています。

良い人に見られたいけど、自分を出すのが嫌だ、もしくは苦手という人が多く、他人との距離感もつかず離れず。
リアルでは世渡り上手な一面もありますが、SNSだけでは人柄や本音が見えにくい傾向があるため、フォロワーもそれほど多くありません。

趣味を連想させる写真

趣味を連想させる写真とは、地面に転がったサッカーボールの写真や、ラーメンを真上から撮った写真など、「これが好きなのかな?」と思わせるような写真です。

その対象物をSNSのアイコンにするほど、その趣味が好きだという心理の現れなんですね。

SNSでは自分のことを良く見せるよりも同じ趣味の人同士で繋がりたい、または趣味に関する発信をしたいと思っています。
趣味に没頭しているため、ある意味「リア充」と言えそうです。

イラストをアイコンにしている人の心理

SNS アイコン 心理

写真ではなくイラストをアイコンにする人も増えてきました。
いきなり顔出しに抵抗がある人でも設定しやすいイラストアイコンですが、あえて顔写真ではなくイラストを選ぶ人には自分でも気付かない深層心理があるようです……。

自分のイラスト

自分をモチーフにした似顔絵やイラストをアイコンに設定している人も多くなってきました。
顔出しをしなくても親近感を持って接してもらいやすく、SNSでのコミュニケーションが活性化しますよね。

しかし、顔出しをしてもいいのにかかわらずあえてイラストを選んでいる人は、プライドが高い傾向にあります。
自分をより良く、コミカルで明るく見せようとして、SNSでのキャラと現実でのキャラに差が生まれていることも。

とはいえ、アイコンだけ見れば「楽しそうな人」「明るい人」と認識されるので、損することはありません。 ただ、SNS疲れにはご注意を!

キャラクターのイラスト

自分の好きなアニメやゲームのキャラクターをSNSのアイコンにしていると「このキャラが好きなんだな」と簡単に推測できますよね。
あなたの思っている通り、その人はオタク気質なところがあります。

オタク気質の人はモテるかどうかで言えば正直モテませんが、類は友を呼ぶ効果で同じくオタク気質の人が集まりやすいです。
「俺はこの子が好きなんだ!!」と、他人の目を気にしない芯の強さを持っています。

SNS用写真の撮影代行やレタッチならココナラ!

SNS アイコン 心理

あなたはどんなアイコンを設定しているでしょうか?
アイコンによって他人からどう思われるかが変わるため、できるだけ良い印象を与えるアイコンに設定したいですよね。

ココナラにはSNS用の風景写真などを撮影代行してくれるクリエイターや、自分の写真をいい感じにレタッチしてくれるクリエイターがいます。
そうしたクリエイターに依頼して、SNS用写真を準備してみてはいかがでしょうか?

素敵な風景からおしゃれなレストランまで、撮影代行に依頼

記録に残したい大切な瞬間 ☆ 撮影代行致します ★初回割引きあり★ご希望に沿った写真をあなたにお届けします!

“惜しい!”そんな写真に写真にひと工夫加えてみる

その写真、諦めないで! 私がレタッチ致します 体型補正、不要物の消去、合成などご相談ください!!

プロクオリティで不自然になりすぎないレタッチを

プロがクオリティ重視で写真修正加工いたします どんな内容でもご満足行くまで何度でも修正・加工いたします。

SNS用イラストを描いてもらうならココナラ!

SNS アイコン 心理

「顔出しは無理だし、人物以外の写真もちょっと……」
そんな人は、SNS用の似顔絵・イラストを描いてもらうのもおすすめ。
好きなキャラクターを好きなシチュエーションで描いてもらうのもいいですね。

ココナラにはイラストレーターがたくさんいるので、好みの絵柄から選ぶのも楽しいですよ。

デッサン風似顔絵で自分らしい1枚を

写真からデッサン風似顔絵(人物/ペット)を描きます リアル鉛筆スケッチ画。写真組み合わせ・原画郵送・ポスター印刷

癒し系ミニキャラで可愛い自分に変身!

SNS用のアイコンやヘッダーなどのイラスト描きます 即日対応も可能です ◎ お気軽にご相談ください!

仕事用SNSにも使えるシンプルでスタイリッシュな似顔絵

シンプルでスタイリッシュなアイコンお描きします ビジネスマンに人気!sns,ブログのプロフィール画像などに

SNSのアイコンで自分の印象をコントロール!

SNS アイコン 心理

心理学をよく知らない人でも、SNSのアイコンがキメキメの自撮りなら「ナルシストかな」、何かのキャラクターなら「このキャラが好きなのかな」と推測できるもの。
となると、あなたのアイコンから、あなたがどんな人物なのかを推測されていてもおかしくありませんよね。

逆にいえば、人からプラスイメージを持ってもらえるアイコンにしたり、自分の好きなものを主張するアイコンにしたりと、自分の印象をコントロールすることも可能です。

本記事で紹介した心理を参考にしつつ、あなたらしいアイコンに設定してみてください!

ココナラを詳しく見る