ウェディングドレスの選び方|結婚式で後悔しないためのポイントって?

ウェディングドレス 選び方

女性にとって、一生に一度の晴れ舞台である結婚式。ウェディングドレスを着るのが夢だったけど、いざ選ぶとなると、どうやって選んだら良いのかわからないという方も多いはず。この記事では、ウェディングドレスの選び方のポイントをご紹介しちゃいます。自分にあったウェディングドレスを着て、みんなに祝福されちゃいましょう!

ウェディングドレス選びの失敗例

ウェディングドレス 失敗
レンタルにしろ購入するにしろ、たくさんの種類があるのがウェディングドレス
でも、自分で納得して選んでも、実際に本番を迎えてみると、「なんか違う……」となることも多いんです。
実際に失敗しないように、失敗例を学んでから、選んでいきましょう!

もっと試着をすれば良かった

ウェディングドレスを決めるときは、お店選びから小物まで揃えたりと、やることが盛り沢山。
そのため、試着をおざなりにしてしまう方が多いんです。
自分はこのシルエットのドレスが良い!と決めつけてしまうと、自分に合うドレスを見逃してしまうかもしれません。

そのため、ドレス選びに同行する人も大切です。
きちんと率直な客観的な意見を言ってくれて、長時間になっても飽きない人が◎
パートナーや親、友人などが一般的ですよ。

ポイント
試着の際は、実際に歩いてみるのも大切。
歩いたときのシルエットが、思っていたのと違う!ということも多いんです。
自分に合った1着を見つけるためにも、試着は重要ですよ!

式場の雰囲気とのバランスが悪かった

意外と陥りやすいのがこの失敗。
ウェディングドレス単体で選んでしまうと、失敗につながりやすくなってしまいます。
式場や挙式スタイルが豪華なのに対し、ウェディングドレスがナチュラルすぎた!など、式場とドレスが合っていないと違和感を感じてしまうんです。

式場の内装や挙式スタイルはもちろんですが、ウェディングドレスにも統一感を持たせましょう。
そのためには、全体を通しての雰囲気を事前に決めておくのが◎
好みだけでなく、雰囲気も加味して選びましょう。

サイズが合わなかった

ウェディングドレスを選ぶのは、当日よりかなり前。
そのため、痩せたり太ったりする可能性が出てきます。

大きな体型の変化は、ウェディングドレスのお直しに繋がります。
手間をかけないためにも、試着時と本番の体型は同じくらいが理想的。
もし、ダイエットを行おう!と考えている人は、計画的に行いましょう!

また、綺麗に見せたい!という思いが強すぎて、ウエスト部分を締め過ぎてしまい体調が悪くなってしまう方も。
晴れ舞台で綺麗に見せたいのはもちろんですが、体調を崩してしまっては元も子もありません。
自分に合ったドレスを選びましょう!

周囲の人からの反応が悪かった

夫婦、または自分1人で選ぶことの多い、ウェディングドレス。
自分たちは大満足で選んだドレスでも、本番で親族に「思っていたのと違った……」と言われてしまう可能性も。

結婚式は自分たちの晴れ舞台ですが、親族もとても楽しみにしているんです。
もし、意見が食い違いそうなら、一緒に選びにきてもらったり、事前に確認しておくのが吉。

ウェディングドレスの選び方って?

ウェディングドレス コツ
ここまで、実際の失敗例をご紹介してきました。
では、実際どのようなポイントを押さえて、ウェディングドレスを選ぶべきなのでしょうか。
ウェディングドレスの選び方の3つのポイントをご紹介します!

自分のなりたいイメージで選ぶ

ウェディングドレスはこんなドレスが着たい!と、イメージしていたという方も多いはず。

結婚式は自分が満足しないと意味がありません。
そのため、自分のなりたいイメージで選ぶのが大切です。

ウェディングドレスの形は様々。
自分がなりたいイメージはどのようなものなのか、実際にモデルさんが着ている写真を見て、イメージを膨らませましょう!

会場の雰囲気で選ぶ

意外に見落としがちなのが会場の雰囲気
ウェディングドレスは、会場の背景と合うからこそ輝きます。

ガーデンウェディングなのに、裾の長いドレスを選んでしまっては少し違和感が生じてしまいますよね。
同じように、豪華な雰囲気なのに、シンプルなドレスだと少し寂しい印象に。

自分に似合うかももちろん重要ですが、会場の雰囲気に合っているかも確認しましょう。

自分の体型で選ぶ

ウェディングドレスは自分に似合うドレスを選ぶのも◎

例えば、高身長なスレンダーな女性なら、身体のラインが出るマーメイドラインがよく似合いますが、ふくよかな方は似合いにくい傾向に。

他にも、二の腕が気になる方は、二の腕部分がレースになっているものなど、自分のコンプレックスを隠すという選び方も、1つの選び方ですよ。

自分の骨格を知って、似合うドレスを見つけよう!

会場や自分のなりたいイメージを重視して選ぶのはもちろんですが、やっぱり自分に似合うウェディングドレスが着たいですよね。
実は、骨格や顔のタイプによって、似合うドレスがわかるんです。
プロの方に診断をしてもらって、簡単に自分似合うドレスを選んじゃいましょう!

骨格診断×顔タイプ診断で魅力を引き出します

自分にどんな服が似合うのかがわからないという方におすすめなのが、こちらのRuruColorさん。
自分の雰囲気や似合うものを知ることで、ウェディングドレス選びの参考になりますよ!

骨格診断と顔タイプで本当に似合うものが分かります 自分に何が似合うのか分からない・・そんなお悩みを解決します。

正確な骨格診断をします

サロンでの情報を基に診断してくれるのが、ヴォッカさん。
正確な診断結果を教えてくれます。
ウェディングドレスだけでなく、普段の洋服選びの参考にもなるので、おすすめですよ!

好評!!★現役プロの骨格診断★服選び楽しくなります ★プラチナランク診断士❤自分が好きになります!

ウェディングドレスの種類って?

ウェディングドレス 種類
ここまで、ウェディングドレスの選び方のポイントをご紹介してきました。
でも、実際にどんなドレスの種類があるのかはよく知らないのでは?
そこで、一般的なウェディングドレスの種類をご紹介しちゃいます!

ウェディングドレスの色

ウェディングドレスといえば、純白
でも実は、白にも3種類あるんです。
それぞれの色と、 イメージをご紹介します。

ピュアホワイト

一般的な純白の白はこのピュアホワイト
混じり気のない白なので、色白で黒髪の方が似合いやすいです。

パキッとした色なので、大人っぽい印象に◎

オフホワイト

日本人が最も似合うと言われているのが、オフホワイト
王道の色なので、迷ったらオフホワイトを選んで間違いありません。

ふんわりとした印象で、可愛らしい印象になりますよ。

アイボリー

さらに黄みがかかっているのがアイボリー
肌の色の黄みが強い方が似合う傾向にあります。

ナチュラルな健康的な美しさを演出できるので、ガーデンウェディングなどにぴったりですよ。

ウェディングドレスのシルエットの種類

ドレス姿の印象を左右するのがシルエット
次は、代表的なウェディングドレスのシルエットをご紹介します。

Aライン

ウェディングドレスといえばAライン!と言っても過言ではないほど、王道的な人気を誇るシルエット。
アルファベットのAのように、上半身はすっきりとしていて、裾がふわっと広がるようなデザインです。

同じAラインでも、背中が空いていたり、レースを使用したりと、様々な印象に変化させることが可能。
そのため、基本的にどのような人でも似合います◎

また、トレーンと呼ばれる、ウェディングドレスの引き裾部分が長いものも多く、ヴァージンロードや階段の演出にぴったりですよ!

プリンセスライン

ふわふわとした可愛らしい印象を与えることのできる、プリンセスライン
ウエストの切り替えがあり、Aラインよりもスカートの膨らみが大きいシルエットです。

裾のボリュームがあるため、大きな式場にも見劣りすることなくぴったり。

プリンセスラインも誰でも着こなしやすいシルエットになっています。
華やかで可愛らしい印象を与えたい人におすすめです。
また、ボリュームがあるため、マタニティドレスとしても人気がありますよ。

マーメイドライン

膝上あたりまで身体にフィットし、膝下から裾が広がるマーメイドライン
女性らしい曲線を活かして、綺麗な印象になりますよ。

こちらは、比較的大人っぽい印象を与えたい!という方におすすめ。
エレガントな女性らしい美しさを演出できちゃいます。

小物使いによって、エレガントにもシンプルにもすることができるので、式場に合わせるのも◎

スレンダーライン

シルエットが細く、シンプルなデザインが多い、スレンダーライン
落ち着いた大人っぽい印象を与えたい方におすすめです。

どのドレスよりも圧倒的に動きやすく、便利なのも特徴の1つ。
ゲストの距離が近かったり、コンパクトな式場や、二次会にもぴったりですよ。

エンパイアライン

胸下で切り替えがあり、ストンと落ちるようなシルエットのエンパイアライン
スレンダーラインと同じように、大人っぽい印象を与えることができます。
胸下切り替えなので、マタニティドレスとしても人気があります。

こちらも、コンパクトな式場にぴったりのドレスです。
ナチュラルな雰囲気の式場にも◎

ベルライン

教会のベルのような、ふんわりとした丸みが特徴のベルライン
中世のヨーロッパの舞踏会で使用されているようなデザインのドレスです。

こちらは、プリンセスラインよりも落ち着いていますが、可愛らしいふんわり感は残したい……というわがままを叶えたドレス。
可愛らしさの中に大人っぽさが残り、誰でも似合うドレスです。

存在感のあるドレスのため、豪華な式場などとの相性バッチリですよ!

自分の体型でドレスを選ぼう!

ウェディングドレス 体型
ここまで、代表的なドレスの種類をご紹介してきました。
でも、自分のスタイルに自信がないから、どれが似合うのかわからないという方も多いはず。
そんな方に、体型のお悩み別で似合うドレスをご紹介しちゃいます。

背が高い

高身長さんは比較的似合うものが多いです。
自分のなりたいイメージに合わせて問題ありません。

もし、高身長を活かしてスラっと見せたいなら、マーメイドラインやスレンダーラインなどの、シンプルなドレスがおすすめ。
高身長を目立たせたくないという方は、Aラインやプリンセスラインなどの、スカートが広がっているタイプのドレスが◎

背が低い

低身長さんは、可愛らしい印象を持たれがち。
そのため、Aラインやプリンセスラインが似合います。

でも、大人っぽいドレスが良い!という方は、エンパイアラインやマーメイドラインがおすすめ。
胸下で切り替えがあり、ストンとおちるシルエットのエンパイアラインは、低身長さんの足が短く見えてしまうというお悩みを解決できて、スタイル良く見えるんです。
また、マーメイドラインも、きちんとお直しをすれば、自分の身体にフィットした素敵なドレスになります。

ヒールを履くことで、より一層大人っぽくなりますよ!

二の腕が気になる

普段の生活で出すことの少ない二の腕。
ダイエットをしても、なかなか脂肪が落ちにくいですよね。

二の腕が気になるという方は、思い切って二の腕を出したデザインがおすすめ。
隠したい!と思う方が多いですが、中途半端に隠すよりも、思い切って出してしまった方がすっきりとします。

どうしても隠したいという方は、袖があるドレスを選ぶのも◎
その場合は、手首が出るくらいの袖の長さにしましょう。
手首の細い部分を隠してしまうと、余計に太って見えてしまいますよ。

体型がふくよか

体型を隠したい!という方には、Aラインやプリンセスラインなどのふわっとしたシルエットのドレスがおすすめ。

上半身がすっきりして見えるので、着痩せ効果がありますよ。
また、気になる部分に装飾がついているのはNG。
隠そうとしすぎて、目立ってしまいます。
できるだけシンプルなドレスを選びましょう。

自分にあったウェディングドレスを選びたいならプロに依頼しよう!

ウェディングドレス姿は人生で一番の宝物。
これまで挙げた悩み以外に悩みがあるという方も多いのではないでしょうか。
そんな方は、ココナラでプロに相談してみましょう!

自分にあうドレスを提案してくれますよ!

試着したドレスのアドバイスします

こちらは、テレビやファッション雑誌などで活躍する、ファッションスタイリストのYUKOさん。
実際に試着してみたけど、客観的な意見が欲しい!という時に、アドバイスをしてくれます。
ドレスを決めかねている時に頼ってみてはいかがでしょうか。

運命のウェディングドレス探しお手伝いします プロのスタイリストが貴方に似合うウェディングドレスアドバイス

ウェディングドレス選びに関する相談に乗ります

nenecolorさんは、ブライダルスタイリスト歴10年のプロ。
たくさんのウェディングドレスをみてきたプロだからこそ、一番素敵なウェディングドレスに導いてくれますよ!

ウェディングドレスの相談受付けます ドレス迷子?!どんなドレスを着たらいいか分からない新婦さんへ

パーソナルカラー診断&骨格診断を基にアドバイスします

1級色彩コーディネーターである、かなこ|「個」育てコンサルタントさん。
パーソナルカラー診断や骨格診断をした上で、ドレスのアドバイスをしてくれます。

自分の骨格にあったアドバイスをしてくれますよ!

ウェディングドレス選びのアドバイスします 【カラーやデザインの専門家が判定】

人生で一番幸せな一日に!

ウェディングドレス 骨格
結婚式は人生で一度の晴れ舞台。
そのために、自分に似合うウェディングドレスを見つけちゃいましょう。
そして、結婚式を人生で一番幸せな一日にしてくださいね!

ココナラを詳しく見る