公務員試験の効率的な勉強法とは|合格のためにはスクジュールから逆算した対策を!

公務員はいつだって人気の職種。特に不況の時代だからこそ人気が高まり、より一層過激な競争となってしまいます。そんな時に大切なのは、戦略的な試験対策を行うこと。この記事ではスケジューリング戦略と銘打って、スケジュールを軸とした公務員試験の勉強法をご提供します!

公務員試験へのスケジューリング戦略


あらゆる試験では、試験当日から逆算する戦略的な学習が必要です。
それは公務員試験も同じ。

特にこの不況の時代、公務員は特に人気な職種となっています。
それはすなわち、競争倍率が高いということ。
そこで差別化できるのが、スケジューリング戦略です。

学習を開始するタイミングは、人それぞれ。
そのそれぞれのタイミングから逆算した、最も最適な学習プランを設定しましょう。
ここではその手法をお教えします。

進む道に合わせた、スケジュール構築を

あなたが進みたい公務員は、国家公務員、地方公務員どちらでしょうか?
それぞれにおいて、仕事内容は異なります。
(仕事内容については、次章において詳細にご紹介しますのでご参照ください)
そのため、勉強すべきことや試験で問われる科目も異なってきます。
まずはどちらを選ぶかを確認して、スケジュール管理に臨みましょう。

試験スケジュールについては、「公務員試験総合ガイド」を参考に。
これをもとにスケジュールを逆算するべきです。

とはいえ公務員試験を初めて受ける、という方がほとんど。
適切なスケジュールを構築できる人は少ないでしょう。
そこで公務員試験に対するスケジュール戦略、これをサポートできるアドバイザーをご紹介します。

こんな人におすすめ

公務員試験の経験者から生の声を聞きたい方

公務員試験コンサルします 公務員試験相談のります。最終合格多数の公務員試験経験者

細かくスケジュール管理しよう

スケジュール戦略が定ったら、早速それに沿って勉強を開始します。
その際に、例えば大きめのカレンダーにスケジュールを書き込んだり、視覚的に理解ができるとなおいいでしょう。

この時、自己管理だけで常にスケジュール通りに学習を進めることが、難しいと感じる人は一定多数いるはず。
そんな時は家族や友人にスケジュールを共有し、常に監視される環境を整えると気が引き締まり、勉強が捗ります。

なかなかそれが頼めない、という方は思い切って第三者に頼むことをおすすめします。
ココナラにはあなたのスクジュールを管理してくれる人がいるのです。
ぜひスケジュールを管理してくれるアドバイザーへの相談も、ご検討ください。

こんな人におすすめ
  • スケジュール管理をお願いしたい方
  • 勉強だけに専念したい方

オンライン秘書が業務をサポートさせて頂きます 秘書業務全般、お客様に合わせて時間をカスタマイズいたします。

タスク管理をしよう

全ての公務員試験は、多数の科目によって構成されています。
“ある科目のこの単元をいつまでに終わらせる”など、スケジュールよりさらに細分化して管理するといいでしょう。
こうすることで、学習の進捗具合を視覚的に確認でき、モチベーション維持にもつながるでしょう。
これをタスク管理と言います。
タスク管理の詳細については、以下の記事をご参照ください。

タスク管理に役立つ関連記事

国家公務員と地方公務員


公務員とは、日本国憲法第十五条で「すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。」と定義されています。
すなわち公務員は、国民の公益を目的として職務に従事する人を指しているのです。
この時、国に雇用されている場合は国家公務員(※)、地方公共団体に雇用されている場合は地方公務員と呼びます。
同じ公務員といえど、それぞれにおいて職務内容は異なり、また公務員試験の内容も大きく異なります。
まずは各公務員の違いについて紹介していきます。
(※国務大臣や国会議員、司法職(裁判官や検察官)なども国家公務員ですが、一般的に誰でもすぐに目指せるものではないので、本記事は前述の職業を対象としたのもではありません。)

国家公務員

国家公務員は、総合職、一般職、専門職に分類することができます。
それぞれについて詳細な情報をご紹介します。

総合職
総合職は「主として政策の企画立案等の高度の知識、技術又は経験を必要とする業務に従事することを職務とする官職」と定義されており、院卒、大卒程度を対象とした区分です。
主に1府12省庁に配属され、勤務地は主に霞ヶ関となります。
一般職
一般職は「主として事務処理等の定型的な業務に従事することを職務とする官職」と定義されており、大卒程度、高卒、社会人を対象とした区分です。
主に1府12省庁に配属され、勤務地は主に霞ヶ関、もしくは各府省庁の地方関連機関です。
専門職
専門職は大卒程度、高卒程度を対象とした区分。
職種は皇宮護衛官、航空管制官、入国警備官など多岐に渡ります。

国家公務員に関する詳細情報は人事院HPをご参照ください。

地方公務員

地方公務員は、特別職と一般職に分類することができます。
それぞれについて詳細な情報をご紹介します。

特別職
特別職は都道府県知事、市区町村長、議会議員などを指します。
これらの職種は誰でもすぐに目指せるものではないので、本記事は前述の職業を対象としたのもではありません。
一般職
一般職は大きく、行政職、公安職、教育職などに分類することができます。
それぞれについてご紹介します。
行政職
一般的に各都道府県の役所で働く公務員を指します。
公安職
各都道府県の警察官、また各市区町村の消防吏員(東京都の場合は東京消防庁)のことを指します。
教育職
学校教育法で定められた、全ての教育機関(私立を除く)の教員及び事務職員を指します。
その他
その他、技術職や心理職、福祉職などに分類することもできます。
それらの中には、一部病院の医師や看護師、また図書館司書も含みます。

公務員試験の概要


公務員試験は非常に科目数も多く、知識を問う学力試験のみならず、作文(小論文)試験や面接も科されます。
また出題内容は国家公務員の各分類、地方公務員においても各分類によって内容は異なります。
志望する職種によって勉強方法は異なるので、読者自身が正確な情報を取得することが重要です。

国家公務員を志す方

国家公務員採用試験については、人事院HP内の「国家公務員採用試験 受験案内一覧」に全ての受験案内が記載されています。
ぜひご参照ください。

地方公務員を志す方

地方公務員試験は各都道府県によって、また職種によって、大きく内容が異なります。
個人で調べることももちろん良いのですが、それでも不安な方は公務員や役所に関する質問を受け付けている方への相談をおすすめします。

こんな人におすすめ
  • 地方公務員を目指す方
  • 電話で分かりやすく指導してもらいたい方

公務員、役所に関する質問なんでも答えます 地方公務員から転職した元国家公務員がぶっちゃけます!

公務員試験の勉強法


ここでは一般的な公務員試験に共通する科目の、学習対策をご紹介します。
ただし、科目名は同じでも、問われるレベルや内容は職種によって大きく異なります。
まず志望職種の決定をした上で、試験対策に臨みましょう。

作文(小論文)

公務員試験対策において、作文(小論文)試験は慣れることが重要。
文章を書くスキルというのは、学力とは一切比例しません。
また暗記でどうにかなるものではなく、長期的な対策が必要です。
その点では難易度が高い科目とも言えるでしょう。

作文のクオリティを上げる唯一の方法は他者の添削。
家族や友人に依頼をするのもいいですが、ここはやはり公務員試験の作文科目に知見のある人に相談をするのがいいでしょう。
添削やアドバイスをくれるアドバイザーをご紹介するので、ぜひ活用してください。

添削に精通したプロを紹介!

こんな人におすすめ

元国家公務員から直々に指導してもらいたい方

公務員試験のエントリーシート、添削します 元キャリア公務員、大手公務員予備校でESの添削を担当中!

こんな人におすすめ

公務員試験受験生指導の実績13年を持つプロに相談したい方

就活・公務員試験のES・面接回答の添削をします 【面接指導のプロが添削】応募先・経歴に応じてカスタマイズ!

作文対策に役立つ関連記事

面接

公務員試験において、面接は必ず実施されます。
そして面接は最終試験であることが多いでしょう。
しかし面接で落選することが多いという現状……。
どんなに学力が高くとも、魅力的な作文ができたとしても、最後の判断軸は人柄なのです。

そこを突破するには自分を最大限にアピールする練習が重要。
これは数をこなすこと、また的確なアドバイスをもらうことで可能となります。

これから紹介する2人のアドバイザーは、すでにココナラで圧倒的な実績を残す信頼できるアドバイザーです。
きっと的確なアドバイスやフィードバックがもらえるはず。
ぜひ相談してみてください。

面接対策に精通したプロを紹介!

こんな人におすすめ

公務員試験の対策を長年経験している人に相談したい方

公務員試験専門家が面接練習いたしますます 公務員試験の面接で失敗したくない方へ(想定質問も作成します)

こんな人におすすめ

ココナラが「PRO認定」したアドバイザーに相談したい方

2千人面接したプロがあなたの面接をレベルUPします 模擬面接とフィードバックの質に自信あり。面接対策は投資です!

面接対策に役立つ関連記事

オンライン 面接

今後の勉強に不安がある方へ

公務員試験対策は非常に重くて複雑なものです。
一人で抱えることはとても大変でしょう。
だからこそ、公務員試験の経験者にわからないことを相談するのがおすすめ。

ポテンシャルだけでは突破するのが難しいのが公務員試験。それを最も理解しているのは皆様だと思います。
今後の勉強に不安がある方は、このアドバイザーに相談してみてはいかがでしょうか。

こんな人におすすめ

公務員試験の相談をしたい方

公務員試験のご相談承ります 優しくフランクに、がモットー!どんな相談もお気軽にどうぞ!

まとめ


公務員とは国と国民のための職務にあたる、非常に素晴らしい職業です。
きっと公務員を志す皆様も、そんな公務員に憧れがあることでしょう。

しかし公務員は希望する人が誰でもなることができる職業、というわけではありません。
公務員試験という大きな関門があるからです。
昔から公務員という職業は人気ですが、今後はより一層人気が高まり、公務員試験の合格倍率は上がるでしょう。
それはこれまでの民間企業における就職活動は売り手市場でしたが、昨今の情勢により買い手市場へと遷移しつつあるからです。

そんな状況下での公務員試験を突破する手段の一つが、スケジューリング戦略。
ぜひこの記事を通して戦略的にスケジュールを構築し、公務員試験対策に励み、そして夢を叶える一助になれれば幸いです。
皆様の成功を心から祈っています。

ココナラを詳しく見る