絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

3 件中 1 - 3 件表示
カバー画像

妊娠力を弱める3つのタブー

受精前から、精子や卵子を弱めたり、傷つけたりする原因となるものがいくつかあります。そこで今回は、妊娠関係なく気を付けてほしいことなのですが、特に妊娠を望まれる方は気を付けて!という想いでそれらの原因についてお話させていただきますので少しでも参考にしてもらえたら幸いです♪それでは、いってみましょう~(*´▽`*)1.心の動揺人間は、心が穏やかなときは血液や体液が弱アルカリ性で、バランスのとれた健康な状態だそうです。それが、動揺してしまった時には、体内が酸性に傾いてバランスが崩れ不健康になってしまうんだとか。よって、心が動揺して不健康な状態の時は精子や卵子も、不健康になってしまうんですね。心穏やかな状態が常にあることが本当は望ましいですが人間、生きているとそうもいかないですよね(´・ω・`)ですから、もし不安や恐れなどネガティブになった時や予想外のことが起きて、混乱している時はまずは深呼吸をしましょう!自分の心に「どうしたの?」など問いかけたり思ったこと、感じたことを紙に書き出してその思いを自分自身で認め、慰めてあげましょう。それでも、解決しなかったり、モヤモヤが晴れない時には誰かに相談してみることをオススメします(*^^*)2.アルコールお酒が好きな方は多いかと思いますが、飲み過ぎてしまい精子や卵子がアルコールに侵されると調子が狂ってしまい、老化が早まり、不健康な状態になってしまいます。また、アルコールが入った状態で性行為をするのは新しい命の赤ちゃんにとっては危険なこと。アルコールは約24時間体内に残るそうなので健康な赤ちゃんを授かるためにも毎日飲まれている方は、最低2日ほどはお
0
カバー画像

41歳高齢不妊治療のすべてを公開します

こんにちは。 自分が経験してきた不妊治療を隠すことなくすべて公表することにしました。 なぜかというと、クライアント様から子供が欲しくて結婚したい。と、ご相談を多く頂く中で、現実的な出産のタイムリミットを知って頂きたいと思ったからです。将来子供が欲しくて婚活を頑張っている女性の皆さんに、この不妊治療の実体験を読んで頂き、不妊治療の大変さを感じて頂く事が出来れば結婚したい年齢、婚活の目標も現実的に立てれるのではないかと思ったからです。 自分が不妊治療を経験して思うのは、子供を望むのであれば1歳でも若い方が不妊治療で苦しむことが無いのではないかと実感しています。 私も子供は欲しいと頭の中で思いながら、結婚したのは40歳。 世間では不妊治療や高齢出産をしている方が多く取り上げられ、不妊治療について安易に考えていた部分がありました。 結婚してから妊活をしてもなかなか子供が授からず、不妊治療の看板を上げている産婦人科に思い切って受診しました。40歳を過ぎ妊活をして半年子供を授からない場合は、直ぐに不妊治療へ取り掛かること。初産の40歳以上の出産確率はほぼ0%です。産婦人科では35歳以上は高齢者扱いになります。40歳は閉経に向けて更年期が始まる年齢です。不妊専門クリニックの医師から言われた、出産確率0%と言われた不妊治療のすべてをこのブログに残していきます。
0
カバー画像

8月20日 静脈麻酔下で採卵。軽度のOHSSを発症し絶対安静の日々を過ごしています。

こんにちは!しばらく休業してご迷惑をお掛けしております。8月20日に体外受精へ向けて採卵してきました。静脈麻酔を使用して採卵しましたが。麻酔が効きにくい体質の為、最初は意識があり痛みを感じている中での施術でした。痛い事を訴え、麻酔量を増やしていただいたお陰で眠ることができました。目覚めと共にのどの渇きとトイレに行きたくなって、ナースコールを鳴らすと。看護師さんが来てくれて、飲み物はまだダメ。酸素マスクをして安静にする様に言われたこと。そして尿道に管が入れてあったのでトイレは行く必要がありませんでした。しばらくして再び看護師さんが来て、尿管を抜き、それからやっと飲み物を口にできたのですが。麻酔が残っている為に、体がフラフラしていて、直ぐにベッドへ倒れていました。それからトイレに行き、血尿になっていないか。検査をされてようやく点滴が腕から抜かれました。採卵する為にオペ室に入ったのは午前9時半、麻酔から目が覚めたのは午前10時半。それからもう一度眠って、着替えたのは正午ごろでした。帰宅する時にはグッタリしていましたし、お腹がパンパンに膨らみ、腹痛があります。血栓症と腹水が溜まらないように、一日1.5lのOS-1とタンパク質を意識して取り、体重は毎日量ることを言われていたので、体重計にのると59.8kg。普段の体重は53kg。懸念していたOHSSを発症していることが解り、絶対安静の日々を過ごしています。体外受精は初めての事ばかりで、こんなに大変な事だとは夢にも思わず。不妊治療をしているご夫婦の大変さ、治療をしながら働く女性の大変さを身をもって痛感しています。しばらくは今までの様に鑑定に
0
3 件中 1 - 3
有料ブログの投稿方法はこちら