「メタスキルの重要性と旅の必要性」

記事
コラム

ロジカル・シンキングやクリティカル・シンキングなど、グローバル人材に必要な様々な基礎スキルに加えて重要なのは、新しいスキルを学ぶスキル
メタスキル」です。


絶え間ない技術革新や環境の変化の中で、次から次へと変わる必要とされるスキルを習得するスキルで、スキルをつなぐスキルとも言えます。


これは体系だった教育によるスキルの習得だけでは身につかない、いわば、変容力を担保するスペースとなるものです。

メタスキルを身につけるには、心がけて多様な人との出会い、異質な文化や環境に身を置く体験を重ねることが重要です。


情報感度を磨き続け、失敗を恐れずに挑戦するマインドセットも不可欠です。それには「」がもっとも役に立ちます。それも、

人間としての完成度がまだ低い多感な時期である高校生時代に旅に出ることで、体系化されただけの知識やスキルでは世界は渡り歩けないという体験ができます。


そこから、深い学びの必要性、自分自身を常に変化させ続けることの重要性に気づくことができます。旅は人に学びの動機を与え、成長させ続けます。


旅は永遠の師匠であるとも言えます。若いビジネスパーソンも意識的に世界へ旅に出て、自分のメタスキルを鍛え直す必要があると思います。


これは大谷真樹著「世界で学べ」からの引用です。 これからの時代に必要な情報が満載の本、まさに2030年に生き残るために私達は学習し続ける必要がある。


ではどのように学び、成長し続けていく必要があるのか、
その答えは学習はオープンエンドであり、好奇心である。
そしてまさにその糸口が多様なコミュニティにあると思います。
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す