ビジネスの成果が出る瞬間はどんなとき?

記事
ビジネス・マーケティング
【感情をコントロールする】のところでもいいましたが、

なかなか成果が出ない、いつになったら成功出来るんだろう、
成果が出ている人のようになれるのはいつなんだろうとか、

或いは寝る間も惜しんで頑張ってきても成果が出ない状態が続くと
成功している人って果てしなく遠い存在と思うかもしれません。


一体これからどれくらいの時間が必要なんだろうと不安になったりしませんか?


私も実は同じことを考えた時期があります。
今でもたまに浮かぶときがありますが、もう以前のような恐怖につながる不安ではありません。

それは成功体験をしているからです。

今のままではと考えてばかりだと確かに不安ってなんとなく湧き上がるんですよね。
まして成功体験がないと今のままじゃとなります。

成功している人に対してのイメージが着実に毎月成果を上げていっている人と考えるとその土台もおぼつかない状態で一体いつまでかかるんだろうと考えるからです。


でもね。

成長曲線ってきれいな右肩上がりしませんよ。
ずっと低空飛行を続けた後、ある日突然急激に上昇し始めます。

上がり始めたらあっという間です。
今まで壁だと思っていたものが壁でも何でもなくて、
それよりずっと先に進み始めるんです。


例え数年間低空飛行を続けたからといっても、そこで投げ出さないことです。
上昇し始めれば本当にあっという間に上がっていきます。


私は歴史が好きなので歴史用語で使う【画期】だと思っています。
よく【画期的な出来事】とかで使う【画期】です。
その時何かきっかけがあるんです。


前月に比べて2%上がった、この調子で来月も再来月も上がり続ければ、
複利的に1年後は・・・とか考えたりしませんか?

それはかなり成長が進んで落ち着いた状態になってから考えることで、
初期段階は次の月はまた下がったり同じぐらいだったりして、
後から見ると小さなうねうねした波があるだけなんです。


【画期】があるとそこから直角のようなイメージで上がっていきます。


この状態を得るために必要なのが まずはスキルです。


初心者は何を始めようかな? 

からスタートです。
でも商売をする以上当然ですが、何かを買ってもらってお金を得ます。

そのためには買ってもらえる何かを準備しておかなければいけません。
そしてその道の開拓者であることが一番良いのですが、
何であれその道のプロでなくてはいけないですよね。


自分は大丈夫といえない人は、買ってもらうための商品とそれを
売れるスキルを人並みで良いですから高めていきましょう。

もう一度言いますが、その道の開拓者であることが一番良いんです。

ほうっておいても買いたい人が集まってきますから。
それがうまくはまったとき、
それこそその瞬間が【画期】なんです。


でも仮に開拓者じゃなかったとしても
まずは同業者が平均的に持っているであろうスキルは一通りマスターしてください。

まあプロで食べている人の中で、超が付く一流のテクや技を持っている人は、
実はごくわずかです。

画期を手に入れれば一気に売上も利益も上がります。

私はそれまでの平均に比べてある時期に5倍の売上となり、さらに倍々で増えていって1ヶ月かかっていた売上を1日かからずに得られるようになりました。


人並みのスキルを身につけて、まずは人並みには食えますから画期が起こるまでにスキルを磨き続けて行きましょう。


そして夢にまで見た急上昇を描き始めたとき、
慌てないでいられるようにいろいろ準備をしておきましょう。
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す