絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

9 件中 1 - 9 件表示
カバー画像

ナスの栄養素をたっぷり摂りたい時に知っ得こと

『ナスの栄養素をたっぷり摂りたい時に知っ得こと』体質分析&マインドフル食事法を提案する米国NTI認定栄養コンサルタントの美鍵(ミキー)です『ナス』といえば、“自称昭和の貧乏家族”だった我が家の食卓では、夏場になると麻婆茄子や茄子の肉詰め、茄子の天ぷらなどで食の好き嫌いだらけだった私が『美味』と思うレシピから好む野菜の1つでした加熱することで、ほのかな甘みと柔らかくトロッとした食感になる『ナス』は味噌汁の具としても好きだった記憶があります『ナス』の種類『茄子』といえば、細長くて紫紺色のものが昭和の時代の『茄子』でしたが米ナス(緑色のヘタで丸っこくて大型)水ナス(大阪の岸和田市特産 アクが少ないので漬物として有名)青ナス(皮が硬いので加熱必須 焼きなすにぴったり)白ナス(紫色素も葉緑素も含まない加熱でとろーり食感に)ゼブラナス(白と紫のシマウマ模様でイタリアナスとも呼ばれる)など、色も見た目もいろいろな品種が存在するのを知ったのは、私の場合は成人後だったと思います(笑)新鮮な『ナス』の見分け方特有の紫紺色が均一でツヤのあるもので、ヘタのトゲが鋭く尖っていて反り返っていない切り口の白いものが新鮮古いナスはカットすると、中身の白い部分(実)がフカフカになっていてタネが黒く見えます(腐っているわけではないので食べられます)他に低温障害を起こしたナスは、茶色くふやけてしまうので保存方法にも注意が必要です『ナス』の保存方法『ナス』の保存方法としては、風に当てなければ、常温でも2〜3日保存可能です冷蔵庫で保存する場合は、冷気に直に当たってしまうとしぼんでしまうので、新聞紙などに包んでポリ袋に入
0 500円
カバー画像

ブルーベリーの栄養素がたっぷり欲しい時に知っ得こと

『ブルーベリーの栄養素がたっぷり欲しい時に知っ得こと』体質分析&マインドフル食事法を提案する米国NTI認定栄養コンサルタントの美鍵(ミキー)です『ブルーベリー』といえば、現在ではスーパーフードの1つとして有名ですが、私の頭の中で連想されるブルーベリーといえば『ブルーベリーアイ』というお目目に良いと言われるサプリメントで、それはブルーベリーに含まれる栄養成分からついた名前だと小鳩サイズの脳をフル稼働させなくてもわかります私がブルーベリーアイならぬ『ブルーベリー』の栄養素が必要になったのは遡ること平成初期の時代水と空気が美しく緑あふれる山々に囲まれた山間部のDo田舎で育った私は小学校まではお勉強には一切興味がなく黒板の前で?ω?顔で微動だにしない姿に、先生に黒板消しでしょっちゅう頭を叩かれていました真冬じゃなくても自分の周りだけ年中粉雪が舞っていたあの頃・・・一番ご縁がなく必要がなかったもの『メガネ』。一生不要かと思っていたそのメガネが高等教育あたりからいつしか必需品になっていましたブルーベリー『アイ』が必要となる緊急事態発生そうブルーベリーの『アイ』?が必要となる緊急事態が発生し、気づいたら視力がドンドコ低下し、『勉強しすぎてぇ目悪くなっちゃったテヘ』と『恐らく悪いのは頭だ』と突っ込みたい周りの気持ちとは裏腹な中程度の冗談をたまに言っていましたそんな時代から社会人になる頃にはコンタクトを着用を開始し、さらにはパソコン(だけ)が恋人の職業につくとコンタクトでは負担が大きいため仕事中は眼鏡っ娘に逆戻り、さらにさらに世の中に巨大な液晶テレビやPC、スマホとズンドコ増えていき…目の健康に
0 500円
カバー画像

ダークチョコレートの栄養素を摂りたい時に知っ得こと

『ダークチョコレートの栄養素を摂りたい時に知っ得こと』体質分析&マインドフル食事法を提案する米国NTI認定栄養コンサルタントの美鍵(ミキー)ですチョコレートといえば、子供の頃から大好きだったお菓子の1つですただお肌や臓器(消化器官)の貧弱な私の場合は、乳製品は週一のみのお楽しみ※なので頻繁に食べられないですがダークチョコレート、ミルクチョコレート、ホワイトチョコレート、ルビーチョコレートの中でいえばホワイトチョコレートが大好きです※自分としての人生は一度きりなので人生の楽しみとしてご褒美食(食べたいもの好きなだけ)を週2食設けているのですが、そのうち1食は麦・乳・白砂糖はNGのご褒美食日チョコレート禁止令今でこそ週2(乳製品NGのご褒美食日は乳製品不使用のローヴイーガンホワイトチョコ↓を堪能)程度、チョコレートを堪能していますが病院で『チョコレート禁止令』を受けて過去がありますというのも平成初期の中学校2年生の夏に今までポツポツ程度だったニキビが火山が噴火するがごとく一気に顔面がブツブツで真っ赤かにそのニキビは顔面だけでなく、胸(デコルテ)、背中全体にも広がり、その隙間を埋めつすがごとく全身の至る所にアトピー性皮膚炎まで発症最後のトドメとばかりに、縦はほとんど伸びないのに横の身長まで伸びる(要はふくよか体型に進化?!)そんな全身大炎上を起こしたことから、皮膚科との付き合いが始まるわけですが、今のような知識はないのは勿論の事平成初期の時代の皮膚科での治療法といえば、謎の液体と塗り薬と食生活でいえばスナック菓子やチョコレートを控える事(ニキビができやすい体質の人には沢山摂らない方が
0 500円
カバー画像

“いちご”の栄養素がタップリ欲しい場合に知っ得こと

『“いちご”の栄養素がタップリ欲しい場合に知っ得こと』体質分析&マインドフル食事法を提案する米国NTI認定栄養コンサルタントの美鍵(ミキー)です令和の現在では、一年中おおよその果物が手に入るようになりましたが、私が子供だった昭和の時代、我が家では果物はその季節が旬の果物を食後に家族団欒で食べるものでしたそんな果物の中でも現在でも見た目の可愛さや味から不朽の人気を誇る果物の1つ『いちご』日本は世界的にみても、有数のイチゴ生産地として沢山の品種(約300種以上)があり、特に甘みと酸味どちらも濃厚なイチゴといえば福岡県『あまおう』が有名ですが、北は北海道の『すずあかね』南は熊本県の『ゆうべに』など日本全国にあります旬はハウス栽培であれば12月後半〜2月、露地栽培のイチゴの旬は3〜4月があり、現在では夏の品種もあり長い期間食べれるようになりました今回は、そんな『いちご』の栄養素も根こそぎ美味しくいただく為にはどうしたら良いのか?についてやや甘めに掘り下げていきます『いちご』の栄養成分まずは『いちご』の栄養成分から確認してみると(可食部100gあたり)カロリー  34kcalタンパク質 0.9g炭水化物  8.5g(糖質7.1g 食物繊維1.4g)ミネラル・カリウム・カルシウム・マグネシウム・鉄・亜鉛ビタミン・B1・B2・B6・ビタミンC・葉酸と色々なビタミンやミネラルも含みます『いちご』は特に女性に嬉しい栄養素が豊富そんな『いちご』の栄養成分の中で、特に豊富なのが体内のコラーゲン生成サポートや免疫を強化して風邪予防&回復、鉄分の吸収率アップなどに有効なビタミンCでミカンの4倍含まれ、1
0 500円
カバー画像

ブルーベリー摂取後30分で効果が期待できる栄養素?

『ブルーベリーの栄養の中には、食後30分で効果が現れるものがある?』ブルーベリー=『アイ』のイメージがあるアラフォー世代右寄り米国NTI認定栄養コンサルタントの美鍵(ミキー)です水と空気が美しく緑あふれる山々に囲まれた山間部のDo田舎で育った私は小学校まではお勉強には一切興味がなく黒板の前で?ω?顔で微動だにしない姿に、先生に黒板消しでしょっちゅう頭を叩かれていました真冬じゃなくても自分の周りだけ年中粉雪が舞っていたあの頃・・・一番ご縁がなく必要がなかったもの『メガネ』。一生不要かと思っていたそのメガネが高等教育あたりからいつしか必需品になっていましたブルーベリー『アイ』が必要となる緊急事態発生そうブルーベリーの『アイ』?が必要となる緊急事態が発生し、気づいたら視力がドンドコ低下し、『勉強しすぎてぇ目悪くなっちゃったテヘ』と『恐らく悪いのは頭だ』と突っ込みたい周りの気持ちとは裏腹な中程度の冗談をたまに言っていましたそんな時代から社会人になる頃にはコンタクトを着用を開始し、さらにはパソコン(だけ)が恋人の職業につくとコンタクトでは負担が大きいため仕事中は眼鏡っ娘に逆戻り、さらにさらに世の中に巨大な液晶テレビやPC、スマホと目を酷使するものが増えるとPC(ブルーライト対応)用メガネも登場自宅の『デスクトップPC』『ノートPC』『タブレット』『スマホ』とブルーライト対応シートにPCメガネとお目目酷使対応は一気に強化とはいえブルーライトは100%カットとはいかないため眼精疲労対策としては内側対策も必須となりましたお口の恋人ならぬ『目の恋人』ブルーベリーそんなお目目対策として、お口の恋人
0 500円
カバー画像

ビーツちらし寿司で美人度3割増し

ロシアの郷土料理、ボルシチに使われている深紅の大根がビーツ。日本のスーパーではあまり見かけることがありませんけどね。外側の皮はくすんだ薄い茶色ですが、切ると中はとってもきれいな紅色。この紅色はベタレインもしくはベタラインと言われる色素で、ポリフェノールの一種。ポリフェノールと言えば、抗酸化作用がありがんや動脈硬化、高血圧の予防に良いとか腸内環境の改善が期待できるとか、貧血にも良いとか女性にとって良いこと尽くめなんです。そんなポリフェノールをどっさりと含んでいるビーツ。スーパーでは見かけないけど冷凍や水煮の状態で大きめのデパートなどでは販売されていますし、通販なら生のビーツも買えます。ビーツは水で煮るととってもきれいな紅色の煮汁になります。この煮汁を入れてすし飯を作ると、かわいいピンク色のちらし寿司ができちゃうんです♡保育園の給食で、3月3日のひな祭り献立として出しましたよ♡2年くらい前に冷凍のビーツを見つけて以来スープに入れたりちらし寿司の具にしたりと年に数回、ビーツを使っています。最初の頃は初めて食べるビーツに慣れず、園児たちも嫌々食べていました。今の子どもたちは家庭で野菜を食べることが減っていて、食べる種類も限られています。マヨネーズをたっぷりかけないと野菜サラダを食べることができないの。だったら保育園の給食でしっかり野菜を食べてもらいたい!色んな野菜に慣れてほしい!ってことで、あまりお目にかからない物も頻繁に使っています。☆ラディッシュ☆セロリ☆パセリ☆ヤーコン芋☆そうめん瓜などそしてビーツなんです♪2,3回給食に出していたら、園児はすぐに慣れてくれて、「あっ!これ、前も
0