絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

24 件中 1 - 24 件表示
カバー画像

昨夜の長男

今までセミダブルベット2つで川の字になって家族で寝ていた我が家。でも、息子達が成長するにつれて窮屈になり…私が不眠になりました。そしてとうとう、数日前から息子達は以前から部屋に会った2段ベットで寝てもらっています。我が家の寂しがりや代表の長男にとっては大事件だったようで…毎晩「一緒に寝たいなぁ…」と言いながら寂しそうにベッドに向かっていました。昨夜、寝ているときに目が覚めたようで、私の寝室に来た長男。寝たふりをした私。私に抱き着き、布団に潜り込んできました。そのまま寝たふりをしていると…数分後、自分のベッドへ戻っていきました。長男なりにいろいろ考え、想って頑張っていることが感じられた夜になりました。
0
カバー画像

転勤族のワンオペ育児 長男のパパ愛

パパが大好きな長男。家族の誰よりも単身赴任の旦那の帰りを心待ちにしているのは長男です♡♡パパ愛が深いのは幼い頃からで…仕事柄、不規則な仕事時間になることもある旦那。朝が早かったり、休みの日に突然仕事に行くことになったりすると、その都度大泣きをしていた長男でした。私が隣にいるのに…(笑)忘れもしない。「今日は早く帰ってくるよ。帰ったら公園に行こう!!」と長男と約束をして、仕事に出かけた旦那。でも急遽、帰りが遅くなってしまって…(旦那あるある)薄暗くなった公園で泣きながら遊び続けた長男。『パパを待つ』と言って帰らず…真っ暗になるまで二人でパパを待ち続けました。大変でしたが、今ではいい思い出♡そして我が家では確定でない約束はしないことが暗黙の約束になりました。
0
カバー画像

転勤族のワンオペ育児 一人目育児②

どちらかというと家庭的な旦那に支えられながら、慣れない土地での初めての育児をスタートさせていた私。でも、思うようにいかない育児にイライラしてしまう時もありました。私がイライラしてしまった一番の原因は…思ったように1日の時間配分ができない事。〇分まで休もう。〇分になったら買い物へ行こう。〇分までに料理を作ろう。こういった計画は全くできませんでした。そう、赤ちゃんは時間に縛られることなく生活しているから。いつ休めるのかわからない。いつ終わるのかがわからない育児。先が見えないってこんなに不安に感じるのか…お母さんになって初めて知りました。1日として同じように進む日はなく、思ったようにいかない…息子に振り回されているように感じる毎日。息子の事は大好きだったけれど、この気持ちをどう消化していいのかわからず、泣いている息子を抱きながら、私も声を殺して泣きました。
0
カバー画像

転勤族のワンオペ育児 一人目育児①

転勤してすぐにスタートした一人目育児。初めはほとんど引きこもり生活でした。慣れない息子との生活や夜の授乳でまとまった休息が取れずに、私自身が毎日くたくた…集合住宅だったこともあり、息子が泣いてしまうと周囲に迷惑をかけてしまうのではないかという恐怖でヘトヘトになるまで抱っこをしていた日もありました。思い描いていたキラキラした子育てとは程遠い毎日。私自身がそんな自分に嫌気がさして、泣いたこともありました。不安定になっていく情緒。そんな私を旦那はとても心配していたのでしょう。休日は外に連れ出して気分転換をさせてくれました。でも、日によっては家でのんびり一人でいたい時もあったり…旦那からみればわがまま女ですよねwwwでも我が家の旦那はそんなわがまま女にもひたすら優しく接してくれました。↑↑世の旦那さん。これ、かなりポイント高いです!!旦那もまだ慣れない場所で仕事も大変な中、必死で私を支えてくれる…ひたすら私に寄り添ってくれる旦那。私は一人で子育てをしているのではない。そう気が付くことができました。
0
カバー画像

ココナラ17日目!!!後半戦

こんばんはー!!!後半戦スタートでございます!!!気合入れてがんばります!!!スタートおおおおおおおお!!!洗い物→上履き洗って→夜ご飯のお味噌汁とご飯だけ先に準備→とりあえず疲れたので子供とヒロアカ新シーズンを見ながら休憩→夜ご飯めんどくさくて親子丼にしました→僕が疲れて横になりたくて、お昼寝に子供を誘う→僕だけ寝てました→洗濯物が乾いたので洗濯物畳んで、2回目の洗濯結局やっちゃいました(笑)→子供の友達がアポなしで遊びに来る→飲み物飲んで帰った(笑)何しに来たんすか(笑)→ご飯食べさして→お風呂→やっと一通り終わりましたね。。。結局子供はお昼寝をせずまだ起きています(笑)後は歯磨きさせればもう終わりなので、ここからは自分の時間にしたいと思います(*´з`)後はYouTube先生とネトフリに任せます(笑)これにてワンオペ終了です(*´з`)疲れたああああああああああああああああああ(´;ω;`)ウゥゥ朝から夜まで一人で家事、育児してる人マジで尊敬するわ。。。毎日これはきちいですね(笑)疲れた奥様いつでもお待ちしております(笑)こっからは時間たっぷりあるのでいっぱいチャットの返信返せますよ(笑)いきなり営業開始!!!!(笑)お話いっぱいしましょーよおおおおおお(´・ω・`)。。。ここからは暇ちゃんです。。。いつでもお待ちしております!!!そんでこっからは急にアイコンの話(笑)もう色んなこと話たくて(笑)すいません(笑)なんかさーアイコンすごい悩んでてね(´・ω・`)メンヘラくんってミニキャラじゃん(´・ω・`)だからやっぱりミニキャラがいいなーって思ってはいるんだけど、ミニキャ
0
カバー画像

転勤族のワンオペ育児 旦那編①

私達が新たに生活をしていく場所を初めてみた時。涙が溢れてきました。何の涙だったんだろう…不安。孤独。恐怖。その時の景色を今でも覚えています。新居での生活は慣れるまで少し大変でした。引っ越しの片付けに、なかなか思うようにいかない子育て…頼る人がいない私は、何度か泣きながら旦那に助けを求めたこともありました。そのたびに、嫌な顔一つせずに家事や育児を助けてくれた旦那。仕事を早退してきてくれたこともありました。彼がいたことで、私は孤独に感じる事が少なくなりました。何かあったら旦那が私の力になってくれるから大丈夫。少しずつ安心して子育てに向かえるようになっていきました。家族で支え合いながら新居で頑張っていくんだ。この頃の私はそう思っていました。
0
カバー画像

転勤族のワンオペ育児 初めての転勤編

初めての転勤の知らせは息子を産んで数日後でした。もしかしたら転勤があるかもしれない…そう思ってはいましたが、実際に話を聞くと涙が溢れてきたことを覚えています。幼少期のほとんどを東京で過ごしてきた私。両親も親戚もみな関東に住んでいて、関東圏からほぼ出たことがありませんでした。転勤先は旅行で数回しか行ったことのない中国地方。初めての育児や新生児を連れての引っ越し。そして転勤先の周りには頼れる人がいないというプレッシャーで数日体調を崩しました。情緒不安定になり、泣きながら荷作りをしていました。今思うとその頃の私は周りから見ても心配に感じていたようで、毎日のように友達が私と息子に合いに来てくれて、楽しい時間を作ってくれました。旦那も私を不安にさせないようにと、中国地方の旅行雑誌を買ってきて、楽しみを持てるようにしてくれていたように感じます。たくさんの人に心配をかけながら、私の初めての転勤は不安のどん底からスタートするのでした。
0
カバー画像

転勤族のワンオペ育児 我が家の紹介編

我が家の旦那は私より6つ年上。仕事柄、全国転勤。初めての転勤は長男が産まれて3か月の時。東京から中国地方への移動でした。その間に次男が誕生し、次男が2歳になった頃に2回目の転勤。北海道でした。そして長男7歳。次男が5歳の時に東京に戻りました。ちなみに現在、旦那は単身赴任中です。息子達の将来を考え、私と息子達は現在の家に永住予定です。旦那は…不明。できるだけ家族で生活をしたいと思っていますが…仕事柄、なかなか難しいようです。振り返るとほぼワンオペ育児。旦那はとてもイクメンで、協力的ですが…仕事に振り回され、自宅にいないことが多いので…お察しください(笑)元保育士・幼稚園教諭の私なので子育ての事はお任せください♡♡…と言いたいところですが、仕事と育児はちがいますね。上手くいかない事ばかり。特に自分自身の感情のコントロールが出来ない。こんな私の転勤生活&ワンオペ育児生活を自分自身の反省を込めてこれから振り返っていきたいと思います。
0
カバー画像

日常の会話と電話相談

こんばんわ。利根川ようたです。今日は、「日常の会話と電話相談の違い」について書いていこうと思います。この記事を読むと、「電話相談の良いところ」がわかります。最後まで、読んでいただけたら幸いです。あなたは今日、誰かと「お話すること」って出来ましたか?子育て中、特に産まれたばかりの赤ちゃんを育てているときって誰かと話をする機会ってかなり少ないと思います。ぼくもそうでした。新生児に付きっ切りの生活をしていて、話しをすることが無さ過ぎて、突然宅急便の人が来たときに言葉がスッと出て来なくて、「しゃべり方忘れてる、、、」と焦った記憶があります。その限られた「話をする機会」のなかで「自分の本音を話せる機会」ってどのくらいありますか?日常の会話って、「人からどう見られるか」「その人との今後の人間関係」「その話がほかの人にも伝わってしまう怖さ」みたいなものがあって、「本心から話すこと」が結構むずかしいと思うのです。しかも、家事育児の悩みや愚痴は、子供の前では言えない。でも、基本ひとりで家事育児をしているママは子供から離れられない。そして、誰にも言えずに溜め込んでしまいやすいのだと思います。「人を育てる」という一番大切な大仕事をしているのに、、、そんな「日常会話」とくらべて、「電話相談」はどうでしょうか?ぼくは、お金の話を後回しにするのは嫌なので、先にします。「電話相談」はお金が掛かります。1分100円~正直、安いとは言えない。まずこれが違う。でも、こんな良いところがあります。メリット1電話相談は、「人間関係」を考えず、話したいことが話したい分だけ話せます。それは、あなたと僕が知らない人同士だから
0
カバー画像

母親である前に私である。だけどやっぱり母親。

世の中は共働きが多くて普通。皆こんなに毎日大変な思いして家事育児仕事をこなしているのか…と育休復帰初日に実感しました。1日があっという間に終わってしまい、口癖は「早くして!」でした。そんな子育てをしていると、もっと時間が欲しい。お金が欲しい。自由が欲しい。そんな風に考えることが増えてきました。日本では欲深いことはなんだかいけない事のように言われてしまいますが、実際はとても良いことなんですよね。欲がないと高みにいけませんし、ずっと変わらないまま。だから私は欲出しノートにたくさんの欲を書き出しています。書いて自分に約束することが大切です。家族のため、夫のため、子どものため、そんな欲ではなくて自分のための欲。いざ欲を書き出してみようと思ったら全然書けなくて…結局子どものことばかり考えてしまって、【母親である前に私個人】と思ってるけど、結局は母親である自分が好きなんだなぁと再認識しました。子どものためにどうこう、じゃなくて、子どもの笑顔が好きな自分のために。って結論に至りました。だから自分の好きなことをして稼ぐ。ママがハッピーになれば皆ハッピーと思っています。子どものために時間が欲しい。ではなくて、自分が子どもともっと一緒にいたいから時間が欲しい。同じ時間が欲しいという内容でも、誰のためにが違うだけで、こんなにもニュアンスが変わってしまうんです。子育ての仕事の両立ってとても難しく、正解なんてないんですが、すべてのママが満足できるように役立っていきたいなぁと思っています。
0
カバー画像

子育てあるあるシリーズ!子育てに大切な3つのポイント!!

0
カバー画像

夫不参加のワンオペ育児疲れのお悩み②

☆前回①の続きです。まずはお悩みから就学前の子どもと生後6ケ月の2児の母親です。 夫は仕事が忙しく、私が育児を1人でやっていて毎日イライラしてしまっています。 いつも体中が痛く、時折涙がブワっとあふれ出てくることもあります。 心身ともに疲弊していてツライです。もっと楽に子育てできるようになりたいです。前回は体の痛みが伝えるメッセージや涙の浄化作用、子育てをもっとラクに楽しむための向き合い方についてお話ししてみました。今回はご主人とのことについてお話ししてみようと思います。今の状況やご自身の気持ちをご主人に素直に話したり、相談したりしていますか?ご主人は仕事が忙しく、それどころ(育児に関わるどころ)ではないから「仕方ない」と思う一方で、「子どものこと、私のことにももっと関心を向けてほしい」という気持ちを抑え込んでいないでしょうか?たとえご主人の仕事が忙しく、子どもたちの育児を1人で行っていたとしても、ご主人がお子さんやあなたのことを大切にされている感覚を感じていたら、心身ともに疲弊するほど1人で育児を頑張っている感覚にはならないと思うんです。たとえば、今日の子どもの様子、出来事、今日感じることができた子どもの成長を、ご主人に話したりすることで、その喜びを一緒に分かち合うこと、「こんな事あってさ~」なんて笑いあうことで、今日の疲れがフワッと癒されることもあるかもしれません。疲れて帰ったご主人を早く休ませてあげたいと、自分やお子さんの話をするのを遠慮していませんか?もしくは以前、話しかけた時に冷たくあしらわれてしまって「もういいや」と諦めたような気持ちになっていませんか?夫婦間、人間
0
カバー画像

夫不参加のワンオペ育児疲れのお悩み①

就学前の子どもと生後6ケ月の2児の母親です。夫は仕事が忙しく、私が育児を1人でやっていて毎日イライラしてしまっています。いつも体中が痛く、時折涙がブワっとあふれ出てくることもあります。心身ともに疲弊していてツライです。もっと楽に子育てできるようになりたいです。本当に頑張っていらっしゃると思います。就学前のお子さんってとても元気でパワフルですし、まだ目を離すのも怖い感じがする時期。それでいて何かとお母さんにくっついてくる 笑お子さんの個性にもよりますが、そんな特徴の年頃のイメージがありますね。また、下のお子さんは夜泣きやミルク、おむつ交換と手のかかる時期。そんな中、ご主人は仕事で頑張ってくれているとはいっても、育児をほぼ1人でこなさなければとなると、毎日がフル稼働のとてもせわしない感覚になりますよね。子育ては思うようにいかないことも多く、イライラしてしまう気持ちはとてもよくわかります。私もよく「キィ~‼」ってなってました 泣体中が痛いと仰ってますね。もちろん、お子さんを抱っこしたり、おぶったりしながら家事など色んな事ををこなしていく必要があったりして物理的に痛みが発生していることもあるでしょうが、一方で体の痛みは心からのSOSのサインでもあると言われています。「頑張りすぎてますよ、もっと力を抜いて」という本心からのメッセージにも聞こえます。また、涙があふれてくることがあるということですが、これは心が必要を感じて、浄化を行ってくれているのかもしれません。「涙活」というストレス解消法もあるように、涙を流すことで副交感神経を優位にしてリラックスを促してくれたり、感情を解放することで溜ま
0
カバー画像

ワンオペ育児の大変さは話し出したらキリがない

今日はTwitterのトレンドに「ワンオペ育児」が上がっていました。 愛知県の一宮市で幼い3人の姉妹が母親によって殺害されたという事件でした。 近所の方のお話では、穏やかな感じのお母様と仲の良さそうなご家庭とのこと。 一人で頑張っていらっしゃる姿もあった様です。 全てテレビからの情報ですし、もちろん大事な命を傷つけてはいけません。 ただ、子供を育てたことのある方、特にワンオペ育児をされていた方は「大変だったんだろうな。」「誰か頼る方がいれば。」「周りは何をしていたの?」等々、いたたまれない気持ちでいっぱいではないでしょうか。 私もほぼワンオペ育児でした。まあ、ワンオペ育児の大変さは話し出したらキリがないぐらいたくさんあります。 ゆっくりお風呂に入れるようになったのはいつ頃だったかしら?トイレだって子供たちのことを気にしながらだったような気がします。 一人が病気になれば、時間差でうつってしまい、眠れない日々が続きます。自分も熱はあるけど、寝ている訳にもいかず、今思うとよくやっていたな〜と感心します。 ただ、助かったのは、究極に困った時は、両親に頼ることができると思っていたので、そこが救いではありました。 また、何でも包み隠さず話せる友人がいたというのも良かったのだと思います。話すだけでも心が軽くなるものです。 3姉妹のお母様にも話せる人や場所、頼るところが1つでもあったら、大切な命を守ることが出来たのではないかと。 皆さんはどう思われたでしょうか。 同じような状況で困っている方がいらっしゃったら、お声をかけてくださいね。 それでは今日もあたたかくしておやすみくださいませ。
0
カバー画像

🔮ママが子供の行動にイライラする本当の理由!

子育てをしていると子供の行動にイライラする場面って結構あったりしますよね💦特に急いでいたり自分の体調が優れなかったりするとイライラがマックスになってしまったりして💦でもそのイライラの本当の理由は子供の行動にあるのではなくママ自身の潜在意識に原因があったりします🔮本当はママだって子供のように自由奔放に振る舞いたいけれどそんなの大人だから無理と思っていたり子供のようにゆっくり1つのことをやりたいけれどそんな時間なんて自分には無いと思っていたりそんなふうに我慢して自分を押し殺しているママの心の中は目の前の子供の行動を通して投影されていたりします自由にならないジレンマママ自身に対してのイライラが子供に対するイライラだと感じてしまうこともそんな時はママが子供のように自由を手に入れてみましょうそんなの無理と思わずにまずは5分からはじめて自分も自由を手に入れてもいいんだ!という許可を自分自身に出してあげましょう😇その気持ちを持つだけでも子供に対するイライラの回数が減少していきますそれでも無理と思う時には周囲に助けを求めましょう親族がいない場合でも助けてくれる公共機関もあります📲💞ワンオペ育児という言葉もありますが子供は無限の可能性を秘めている社会の宝物だと🌸👶👦👧👱🌸私は思っていますなんだか政治家の演説みたいになってしまいましたが😅💦ママひとりで頑張る必要はありません今日も頑張ったママさんお疲れさまです😂自分で自分を褒めてあげてくださいね😊💐
0
カバー画像

【恋愛】これを読むとモテる女性になります❤

こんにちは。このブログは、お金、子供、仕事、男、幸せな結婚。全てを失い途方にくれていた40歳目前の初夏。セミの鳴き声が鳴り響く中で、人生を全てリセットし、頭の中を自己洗脳で入れ替え、今は何人もの高スペックな彼とお付き合いしています離婚は、女としての幸せを加速させられる最大のチャンスです。潜在意識恋愛カウンセラーkimiです。【恋愛】モテる女性に対する憧れ私は、ずーっと過去モテなかったので、魅力的で、モテる女性についての憧れがありました。どうやったら、彼女らのようになれるのか、勉強して、研究してきました。せっかく女性として生まれてきたんだから、モテたい!私が過去モテてなかった時って、本当に人の上げ足ばかり取る、つまらない女だったんです。やっかみ僻み根性が染みついていて、モテてる女子が羨ましいだけなのに、本音では「あんな風になりたい。素敵。」なのに、僻み根性で「なんで、あんな八方美人のどこがいいの?」ってすごく思ってたし、態度にも、言葉の端々に出てましたね。(反省)では、モテる女性ってなに?答えは、モテる女性とは自分軸がしっかりあり、且つ他人を楽しませることが出来る女性です。反対に、モテない女性は、他人に楽しませてもらおうとしている他人軸の女性。はい。過去の私です。(反省)モテる女性とは、自分自身が【幸せ・喜び】で満たされており、その溢れる【幸せ・喜び】のエネルギーを回りに振りまき、更に、大きな【幸せ・喜び】として、2倍、それ以上何倍もの【幸せ・喜び】のエネルギーを自分の元に戻して、そして、受け取った【幸せ・喜び】を使ってまた周りを幸せにする。このような、好循環の流れの中にいる女性
0
カバー画像

孤独な子育て「ワンオペ育児」が危険すぎる9つの理由【保育士が解説】

 誰に頼ることもできず、誰かに相談をしたり愚痴を聞いてもらったりもできず、1人きりで子育てをしていたりしませんか? 外との繋がりを持つことでのストレスは確かにありますが、【孤独な子育て】はそんなストレスによるリスクを遥かに上回る危険なリスクを抱えています。 その悪い影響は、孤独に悩むあなただけでなく、子どもにまで影響を及ぼす危険なものです。 今回は、孤独な子育てが招く9つの危険について解説をしていきます。育児相談受付中!    はい、みんさんこんにちは!  子育てに関わる全ての人が「子育てがもっと楽しく、ちょっと肩の力を抜いて子どもと関われる」ようにサポートしている、男性保育士のRyU先生です。 RyU先生に育児相談ができます!  保育士の資格を持ち現場勤務経験もある僕に育児相談ができるのはココナラだけ!  チャット形式での育児相談で、じっくりとあなたの悩みや不安、課題に寄り添わせてもらいますので、良ければご活用下さい。  それでは、本題に入りましょー!結論 ワンオペという言葉が使われる様になって久しいですが、言葉の響きとは裏腹に、子育てにおいてのワンオペ=孤独な子育ては想像を上回るような様々なリスクを抱えている状態と言えます。 孤独な子育ては、育児に奮闘するママやパパに継続的に強いストレスを与え、身体的な不調を引き起こしたり、長引いたり強いストレスを受けたりすれば精神疾患を発症させるリスクがあります。 また、子どもにとっても親のストレスによる悪影響があるだけでなく、親意外との関係性を持てない、経験を十分にすることができないことで、社会性の発達を阻害してしまったり、真似ること
0
カバー画像

ワンオペ育児がしんどいお母さんへ

こんにちは臨床心理士のアイカですワンオペ育児という言葉はもうすっかりと定着しましたねかくいう私も、ほとんどワンオペ育児です(涙)実際に手が足りない子どもから目を離せない気が休まるときがない休む暇がない という点で、ワンオペ育児はしんどいものです疲れてくると判断力も落ちるし、疲れすぎるとうまく眠れないし、眠れないと疲労は倍増するし、、本当に全国のお母さん方(もちろん私も!)おつかれさまです!ですが、 夫と話をする時間が取れない 夫が育児に興味を持ってくれない 土日に夫がいるのに一人で全部やらねばならないというように、本来は助け合うはずのパートナーが存在するのに助けにならないという部分で精神的にしんどくなってしまうお母さんもたくさんいるのではないでしょうかそのようなときに、前回お話をしたような考え方のクセがないかな?と振り返ってみましょう例えば土日に夫がいるのに手伝ってくれない夫に「手伝って」とか「これやって」と伝えたことはありますか? ⇒『言ってもどうせやってくれないのではないか』 ⇒1回頼んだ時に嫌な顔をされてしまったので 『きっと次も嫌な顔をされるだろう。  きっと夫は育児が嫌いなんだ。  なんなら、私のことが嫌いなんだ』そう思っていませんか?断られること、嫌な顔をされることは、多くの人にとって嫌な経験ですなので・断られないように、嫌な顔をされないように、そのようになるかもしれない状況を最初から避ける・一度、断られたり、嫌な顔をされた経験があると、同じような状況を避けるようになるということは、人間の当たり前の反応ですですが、過度に避けてしまうと、それがより自分を追い詰めてしま
0
カバー画像

転勤族のワンオペ育児 「強くなったね」

結婚して、がむしゃらに子育てをしてきた。 知らない土地に引っ越しをして、周りに頼れるような人もいなくて…今までは一人でできなかったようなことも 必死で頑張ってきた。 そんな時に旦那に言われた一言 「強くなったね」 誉め言葉だったのかもしれない。 でも私はとても悲しくなった。 私は強くなりたかったわけじゃないから… でも結果、強くなった。 こうやって、自然と気が付かぬうちに 母は強くなっていくのだと思う。
0
カバー画像

転勤族のワンオペ育児 次男のパパ愛

長男と違い、我が家の次男はクール。次男が幼かった時期の旦那は仕事が忙しく、家にいないことが多かった為か、幼い頃はパパの抱っこを嫌がるほどでした。次男がパパ好きになってきたのは…最近です(笑)全力でパパに甘えている姿はまるでネコ♡そんな次男に負けるものかと長男もパパにベッタリ♡♡最近は、単身赴任でレアキャラになったパパの取り合いをしています。
0
カバー画像

転勤族のワンオペ育児 一人目育児⑤

「規則正しいメリハリのある生活を送ること」我が家の育児に足りなかったのはこのことのようでした。 もちろんこれが全ての原因ではありませんが、このことをきっかけに我が家のワンオペ育児生活は 良い方へ進んで行きました。 様々な家庭環境。子ども達の性格もそれぞれ違います。 正解はないけれど、 いろいろな人と関わり合う事で たくさんのヒントをもらうことができました。 一人で育児をしているのではない という安心感ももらえました。 開かれた子育ての大切さを私は知った気がしました。
0
カバー画像

転勤族のワンオペ育児 一人目育児④

考えて、考えて… 私の出した答えは 「外の世界に出てみよう」 ということでした。 幸い、息子も外に出ると機嫌がよくなることが多く 私もいい気分転換になりました。 地域で行っている子育てサロンや保育園の園開放などには 積極的に参加しました。 私も周りに人に話を聞いてもらったり、 人の話を聞いたりすることで気持ちが軽くなっていきました。 息子も周りのお友達からたくさんの刺激を受けているようで 遊んだ後は、しっかりとお昼寝してくれるようになり、 自然とメリハリのある生活が送れるようになっていきました。
0
カバー画像

転勤族のワンオペ育児 一人目育児➂

誰かに助けて欲しいと思っても 誰に言ったらいのかわからない… でも、助けて欲しい。 でも、慣れない職場で毎日遅い時間に 疲れた表情で帰宅する旦那にそんなことは言えませんでした。 私は私でしっかり頑張らなくては。 この環境を少しでもかえていかなければ。 今振り返ると、この時の私の頭の中は息子の事ばかり… 毎日息子の事を考えていました。
0
カバー画像

転勤族のワンオペ育児 旦那編②

どちらかというと家庭を第一に考える旦那でした。でも仕事柄、数日泊まり込みで仕事をすることもありました。家庭よりも仕事を優先しなくてはならない事もありました。特に転勤して少ししてからは、仕事が忙しく、上司のパワハラもすごかったようで平日はほとんど顔を合わせることがありませんでした。休日も仕事に行くことがありました。家族の時間がとれなくて旦那は当時、転職を考えていたそうです。転勤・不在が多いこれは旦那の仕事柄仕方がない事。いろいろと悩んだり、泣いたりした時期もありましたが…旦那がいないときは私が全力で家事や育児を頑張る。旦那が休みの時は私は全力で休む。これで、今のところバランスはとれています。
0
24 件中 1 - 24
有料ブログの投稿方法はこちら