絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

5 件中 1 - 5 件表示
カバー画像

キッチンとリビングが緩く分かれた間取り

014 キッチンとリビングが緩く分かれた間取り 3LK+Kから2DK+L+WICL へのマンションリノベ 長細い部屋の間取り。 その形を利用して、リビングとキッチンダイニングの空間を分け、くつろげる空間に。ココナラでプラン作成や図面の作成もお受けしております。 よろしくお願いいたします。
0
カバー画像

キッチンリフォームの当日の工事の流れ~キッチンリフォームの工事中の注意点~

初めてキッチンの商品を発注した時、サイズを間違えて取りつかないことがありました。最終的に何とかなったんですが、この世の終わりかと思うぐらいめちゃくちゃ焦りましたね・・・。どーも、Ponchaです('ω')キッチンリフォームの流れについてプラン~契約までの流れについてご説明しました。こちらの記事を参考にどうぞ!キッチンリフォームの流れ~キッチンリフォームの依頼からプランを確定するまで~プランが決まり、請負契約までしたけど、リフォーム当日ってどういったことをしとけばよいのか不安になる方は結構多いです。ということで今回は、キッチンリフォームの当日の流れと注意点というテーマでお話をしたいと思います。当日の過ごし方や注意すべき点、日数などについてもお話ししたいと思います。近年は情報に溢れています。相談する場所はいっぱいありますが、結局のところ自社で依頼してもらう為の集客方法に過ぎません。不動産、リフォームや新築などご不明点やわからない箇所がわからないなど、初歩的なところからプロの方までご相談のっております。プロの第3者の目によるご相談を受け付けております。おかげさまで、大変多くのご依頼有難うございます!また、不動産に関するお話しやお部屋探しについてものお問い合わせも受け付けております!気になることがある方はお気兼ねなく、お問い合わせフォームよりお問い合わせください!キッチンリフォームの流れ一度キッチンリフォームの流れをおさらいしてみましょう。➀キッチンリフォームの依頼をする➁依頼されたリフォーム会社等が現地確認に来て、要望などをヒヤリングをし、採寸を行う。➂要望にそったキッチンプランを作
0
カバー画像

キッチンレイアウトについて

今回は「キッチンレイアウトのバリエーション」についてご紹介していきます。壁付、対面といっても様々な種類のレイアウトが存在するので、簡単にまとめてみました。レイアウト検討の参考にしてみてくださいね。●I型よく聞くこのI型というキッチンは基本の形だと思ってください。そのままローマ字のIのような形をしているキッチンのことを指します。壁付のキッチンだけだと勘違いされがちですが、まっすぐなキッチンであればすべてI型キッチンと呼ばれます。ご存じでしたか?●L型つづいてL型キッチン。その名の通りローマ字のL字型をしたキッチンです。コーナー部分がデッドスペースになってしまうことを除けば動線も短く、非常に作業効率のいいキッチンの形です。今はコーナー部分が引き出しになっているものや、扉の中にターンテーブルのあるものなどデッドスペースを有効に活用したものも多く存在します。●U型コの字型とも呼ばれる三方を囲まれたキッチン。面積が広いため作業スペースがゆったりとれ、収納力がたっぷりあるのが魅力なのがU字型キッチンです。L字同様に作業効率がいいキッチンですが、どうしてもスペースが必要になるため間取りと相談が必要です。●二の字型二列型とも呼ばれるキッチンで、その名の通りキッチンが二つに分かれて平行に配置されているキッチンのことです。個人的には一番好きな形でお客様へ提案することも多いレイアウト。基本的にシンクと調理台がアイランド、コンロ側が壁付で設置されることが多いのでシンク(洗い物)側で使いやすい高さとコンロ(加熱調理)側で使いやすい高さをそれぞれ選んでレイアウトできるのがおすすめポイント。2名以上でキッチ
0
カバー画像

キッチンプランニングの基本ってなんだろう?

みなさんはじめまして!キッチンプランナーの小嶋たからです。みなさんにキッチンプランニングをより身近に、楽しく考えていただきたいと思いブログをスタートしました。記念すべき1回目の投稿は「キッチンプランニングの基本」についてお話します。●キッチンプランニングではじめに考えることプランニング、という言葉を聞くとなんとなく「難しそう」「専門知識がないのに私にできるかな」と考える方がほとんどだと思います。ですが、キッチンプランニングの基礎の基礎は「自分がその空間でどんな暮らしがしたいのかを考える」ことから。最新型で高級な部品を組み込んだキッチンが「いいキッチン」でしょうか?そのキッチンが自分の使い方や暮らしにあっていなければ、それは「いいキッチン」とは言えません。実際に使用する人にとって「使いやすい」ことが大切なのです。自分にとっての「使いやすさ」とは何なのでしょうか。・モノが多いから収納が多いほうが嬉しい!・腰痛持ちなのであまり立ち上がったりしゃがんだりしなくていいとラク!・料理が好きじゃないので好きな色やデザインでテンションをあげたい!などなど。考えてみると自分にとっての「使いやすさ」って、結構スラスラ出てきませんか?「家事導線が……」「収納量とサイズが……」というのはプロにおまかせしていただき、まずはフラットな気持ちで考えてみてくださいね。●レイアウトを考える自分にとって使いやすいキッチンを思い浮かべたところで、今度は「キッチンをどんなレイアウトにしたいのか」を考えてみましょう。キッチンレイアウトというと「対面キッチン」とか「壁付キッチン」というのが真っ先に思い浮かぶと思います。自
0
カバー画像

キッチンの配置を変えたリフォーム~壁付けから対面キッチンに~

自身でもブログやっておりますが、せっかくなのでこちらにも同じ内容載せています。 是非参考にして見て下さい♪ 自身のブログでは、関連記事等も記載しており、複数に分けて記事を書いております。 ここでは、関連記事のリンクを行っておりませんので、ご了承いただければと思います。 自身のブログPoncha Blog リフォームで検索してみてください! Poncha Blog 建築・リフォーム相談所 占いを信じない週末占い師で出てきます! Poncha Blogだけですとトップは別の方のブログなのでご注意ください!どーも、Ponchaです('ω')キッチンリフォームを検討する上で、せっかくキッチンをリフォームするなら配置を変えたり、対面キッチンにしたいと思ったりします。これは、中古物件をリフォームして売り出すときにも、よく検討するプランです。ということで、今回は、キッチンの配置を変えるリフォームについて書きたいと思います。キッチンリフォームについて、以前記事を書いてますので、参考にして見て下さいキッチンリフォームのするには!?~キッチンリフォームの流れ~キッチンをもっと使いやすく 〜システムキッチン紹介〜リフォームを始める際大半の方は不安を抱えています。本当にこの金額が合っているのか?このプランで大丈夫なのか?この商品以外はないのか?近年は情報に溢れています。相談する場所はいっぱいありますが、結局のところ自社で依頼してもらう為の集客方法に過ぎません。リフォームや新築などご不明点やわからない箇所がわからないなど、初歩的なところからプロの方までご相談のっております。プロの第3者の目によるご相談を
0
5 件中 1 - 5
有料ブログの投稿方法はこちら