絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

3 件中 1 - 3 件表示
カバー画像

猫がADHDの薬飲んじゃった!メチルフェニデート中毒の怖さとは?!獣医師が解説!

メチルフェニデートは、中枢新規刺激役であり、人では注意欠如、多動性障害(ADHD)の治療に用いられます。猫ではナルコレプシーと多動の治療に用いられることもあります。○ペットに害を及ぼした危険なお薬トップ10ASPCAが2007年にペットが間違って処方薬や一般用医薬品を飲んでしまった89000事例を調査した結果です。数が多い順ですが、消炎鎮痛剤抗うつ剤アセトアミノフェン(解熱・鎮痛薬)メチルフェニデート(AHDHの治療薬)フルオロウラシル(抗がん剤)イソニアジド(結核治療薬)エフェドリン(咳止め)経口糖尿病薬ビタミンD(骨粗鬆症薬)バクロフェン(筋弛緩薬)当記事では、猫が人のADHDの薬を口にしてしまった時に起こる症状、病態、対処法に至るまでをまとめました。猫にとって危険な物を知りたい飼い主必見です。限りなく網羅的にまとめましたので、人のADHDの薬が猫に与える影響をご存知でない飼い主は是非ご覧ください。病気について直接聞きたい!自分の家の子について相談したい方は下記よりご相談ください!✔︎本記事の信憑性この記事を書いている私は、大学病院、専門病院、一般病院での勤務経験があり、 論文発表や学会での表彰経験もあります。今は海外で獣医の勉強をしながら、ボーダーコリー2頭と生活をしています。臨床獣医師、研究者、犬の飼い主という3つの観点から科学的根拠に基づく正しい情報を発信中! 記事の信頼性担保につながりますので、じっくりご覧いただけますと幸いですm(_ _)m» 参考:管理人の獣医師のプロフィール【出身大学〜現在、受賞歴など】や詳しい実績はこちら!✔︎本記事の内容猫がADHDの薬飲ん
0
カバー画像

犬がダイエット薬飲んじゃった!アンフェタミン中毒の怖さとは?!獣医師が解説!

アンフェタミンはダイエット薬、ナルコレプシーや活動亢進の治療に使われる薬剤です。また、注意欠陥多動性障害(ADHD)やナルコレプシー(睡眠障害のひとつ)の治療に用いられる薬剤です。○ペットに害を及ぼした危険なお薬トップ10ASPCAが2007年にペットが間違って処方薬や一般用医薬品を飲んでしまった89000事例を調査した結果です。数が多い順ですが、消炎鎮痛剤抗うつ剤アセトアミノフェン(解熱・鎮痛薬)メチルフェニデート(AHDHの治療薬)フルオロウラシル(抗がん剤)イソニアジド(結核治療薬)エフェドリン(咳止め)経口糖尿病薬ビタミンD(骨粗鬆症薬)バクロフェン(筋弛緩薬)当記事では、犬が人のダイエット薬:アンフェタミンを口にしてしまった時に起こる症状、病態、対処法に至るまでをまとめました。犬にとって危険な物を知りたい飼い主必見です。限りなく網羅的にまとめましたので、人のアンフェタミンの薬が犬に与える影響をご存知でない飼い主は是非ご覧ください。病気について直接聞きたい!自分の家の子について相談したい方は下記よりご相談ください!✔︎本記事の信憑性この記事を書いている私は、大学病院、専門病院、一般病院での勤務経験があり、 論文発表や学会での表彰経験もあります。今は海外で獣医の勉強をしながら、ボーダーコリー2頭と生活をしています。臨床獣医師、研究者、犬の飼い主という3つの観点から科学的根拠に基づく正しい情報を発信中! 記事の信頼性担保につながりますので、じっくりご覧いただけますと幸いですm(_ _)m» 参考:管理人の獣医師のプロフィール【出身大学〜現在、受賞歴など】や詳しい実績はこちら
0
カバー画像

犬がダイエット薬飲んじゃった!アンフェタミン中毒の怖さとは?!獣医師が解説!

アンフェタミンはダイエット薬、ナルコレプシーや活動亢進の治療に使われる薬剤です。また、注意欠陥多動性障害(ADHD)やナルコレプシー(睡眠障害のひとつ)の治療に用いられる薬剤です。○ペットに害を及ぼした危険なお薬トップ10ASPCAが2007年にペットが間違って処方薬や一般用医薬品を飲んでしまった89000事例を調査した結果です。数が多い順ですが、消炎鎮痛剤抗うつ剤アセトアミノフェン(解熱・鎮痛薬)メチルフェニデート(AHDHの治療薬)フルオロウラシル(抗がん剤)イソニアジド(結核治療薬)エフェドリン(咳止め)経口糖尿病薬ビタミンD(骨粗鬆症薬)バクロフェン(筋弛緩薬)当記事では、犬が人のダイエット薬:アンフェタミンを口にしてしまった時に起こる症状、病態、対処法に至るまでをまとめました。犬にとって危険な物を知りたい飼い主必見です。限りなく網羅的にまとめましたので、人のアンフェタミンの薬が犬に与える影響をご存知でない飼い主は是非ご覧ください。病気について直接聞きたい!自分の家の子について相談したい方は下記よりご相談ください!✔︎本記事の信憑性この記事を書いている私は、大学病院、専門病院、一般病院での勤務経験があり、 論文発表や学会での表彰経験もあります。今は海外で獣医の勉強をしながら、ボーダーコリー2頭と生活をしています。臨床獣医師、研究者、犬の飼い主という3つの観点から科学的根拠に基づく正しい情報を発信中! 記事の信頼性担保につながりますので、じっくりご覧いただけますと幸いですm(_ _)m» 参考:管理人の獣医師のプロフィール【出身大学〜現在、受賞歴など】や詳しい実績はこちら
0
3 件中 1 - 3
有料ブログの投稿方法はこちら