絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

1 件中 1 - 1 件表示
カバー画像

月初の買いは見られたのに・・・持高調整の売りなのだろう・・・

日々是相場 -夕刊-   2023年10月2日(月)   日経平均   31,759.88 円 ▼97.74円 ≪東証一部≫ 売買高    16億0,848万株 売買代金  3兆7015億03百万 円 値上り銘柄数 515 銘柄 値下り銘柄数 1,266 銘柄 騰落レシオ(25日) 109.67 % 為替 1ドル=149.65 円   ☆ 市況概況 ☆   買い先行も手仕舞い売りに押されて冴えない展開 米国株はまちまちで夜間取引やシカゴ市場の日経平均先物も冴えない展開だったのだが、米国の政府機関の閉鎖が免れたことから買い先行となった。大きく買いが先行し日経平均も32,200円の節目を抜けて大きく上昇、月初の買い期待もあって一時32,400円まで上昇となった。ただ、買い一巡後は戻り売り圧力も強く、上値の重い展開となった。 昼の時間帯は先物が手仕舞い売りに押され、後場は節目と見られる32,300円を下回っての始まりとなった。上値の重さを嫌気するような動きから先物にまとまった売りが出ると一斉に売られ、32,000円の節目を割り込んでいったん売られると戻れば売りという状況で一気に先週末の終値を下回り、再度下値を試す動きとなった。さすがに31,800円水準ではいったん下げ渋りとなったもの、月初の買いに売り向かう動きは止まらず安値引けとなった。 小型銘柄は手仕舞い売りに押されるものが多く総じて軟調、マザーズ指数やグロース指数は大幅安となった。先物はまとまった売りが散発的に見られるという状況で買戻し一巡後は指数を下押す要因となった。下がるから売る、売るから下がるというような感じで指数を下押す
0
1 件中 1 - 1
有料ブログの投稿方法はこちら