絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

3 件中 1 - 3 件表示
カバー画像

日頃からのイメージ体験

皆さん、こんにちは。Ska Vi fikaです。 このところニュースなどで防災についての話題を見かけることが多くなりました。そこで今週は「防災に備えて」についてお話させていただいています。今日のテーマは「日頃からのイメージ体験」です。前回の投稿の中で少し触れていますが、現在の私たちは自然本来とはかけ離れた様々なシステムに頼った生活をしています。温度はエアコンが調節してくれるし、スケジュール、血圧血糖値、歩いた歩数、ダイエットの献立メニューなどなど、、。数えたらきりがありません。そんな時、思い出すのがチャップリンの「モダンタイムス」という映画。ご覧になったことがある方はいらっしゃいますか?ちょっと大げさな比喩になっていますが、上映された当時にしたらものすごく画期的な内容です。そして現代にも訴えるものがあるというのが名作といわれる映画なのかもしれないですね。話が少し逸れました、、そのようなことがどんな時でも活用できれば良いのですが、災害時に置き換えた時はどうでしょうか?電柱がなぎ倒され、電波が遮断。多少の電波が残っていたとしても多くの人が一斉に電話を掛けている状態では回線が繋がらず話したいひとと会話もできません。ということは、システムもろもろは電気で稼働することが多いのでこちらも使用が出来なくなる可能性が大です。そうなったとき、あなたはどうしますか?日頃から、そんな時のことをイメージしながら色々体験してみると、普段思いもしなかったことに気が付いたりします。たとえば、おうち時間軸で生活している場合、オートロック式のおうちに住んでいる方。鍵を掛けた状態で災害が発生した時のこと、とか、靴
0
カバー画像

私たちの脳は繰り返すたびに学習している

アメリカの慣用句でUse it or lose itという言葉があるそうです。直訳すると、使うか?使わないか?という意味ですが、使わないと、使えるものも使えなくなってしまうよ。という意味を伝えるものだそうです。私たちの脳は、まさにこのことわざのルールにのっとって日々進化しているそうなんです。例えば、集中力を高めたい場合、『勉強に集中しよう』と思っていてもなかなか集中し続けることが出来なかったり、思うような結果が出せなかったり…しかし、ここで諦めてしまうのは脳科学的には『もったいない』ことのようです。仮に結果が出ていなくても『集中しよう』という意識を持つだけで→①集中する力を鍛える神経細胞が太くなり→②さらにその情報をキャッチするリセプターの密度も同時に高くなり!→③結果的に集中力を高めることにつながるそうです。脳の構造自体が自分の意識次第で成長していくという事です★すごいですよね。プロのスポーツ選手などはこの理論を知っているので、イメトレやルーティンなど自分の脳からアプローチする方法を取り入れて緊張状態でも、自分の実力を出せるように工夫しているのですね(^^♪
0
カバー画像

結果を出すには行動の前に「考える時間(イメトレ)」を増やすことが大事!

あなたは「自分が芸能人になるんだったら、どんな人になりたいですか?」、むらいちです。 私は高校の時の友人にこんな質問をされて、面白いなーと思っていました。 当時は「東野幸治さん(楽しそうにしながら発言力がある)」と答えていましたが、今もそんな気がします! 今回のテーマは「結果を出すには行動の前に「考える時間(イメトレ)」を増やすことが大事!」です。 イメトレ(イメージトレーニング)の力ってどれくらい信用あるものなのでしょうか? どうやら、かなりの効果があるようで、 「オーストラリアの心理学者アラン・リチャードソンさん」 という方が 「バスケットボールのフリースロー」 の心理的研究を行ったそうです。 アランさんは3人の学生にバスケのフリースローを20日行ってもらい、 Aの学生:実際のフリースローの練習を20日行う Bの学生:20日全く練習せずにじっと過ごす Cの学生:20日フリースローのイメージトレーニングだけを行う という指示を出しました。 最初のフリースロー成功率から、20日間で結果はどう変わったのか・・・ 実際のフリースロー実験の結果、 Aの学生:フリースローの成功率「24%アップ」 Bの学生:フリースローの成功率「変わらない」 Cの学生:フリースローの成功率「23%アップ」 という結果となりました。 この実感からは 「実際に行うのと、イメトレをするのでは、結果はほとんど変わらない」 ということが分かりました。 サンプルは少ないものの、1つの確証あるデータであり、 「イメトレ(イメージトレーニング)の力を怠ってはいけない」 ということが分かりますね。 脳科学的にもイメトレと
0
3 件中 1 - 3
有料ブログの投稿方法はこちら