マンツーマンのフリーランス養成合宿でよくある質問と回答

記事
ビジネス・マーケティング

⭐お知らせ(2022.09.10.更新)

今年は2022年10月の1ヶ月間、オンラインでのフリーランス養成合宿が開催決定、そして2023年から2年のサバティカル休暇を取るため、ココナラで出品している「好きな場所に住めるフリーランスを養成します」は9月いっぱいでサービス受付が終了となります。ご希望の方はそれまでにお問い合わせいただければと思います。




はじめまして、イギリス在住のフリーランス養成コーチの井元と申します。

2年に1度、地方や海外で開催しているフリーランス養成合宿をココナラ向けにアレンジした「好きな場所に住めるフリーランスを養成します」のサービスについて、


お問い合わせをたくさん頂くので、ブログでもまとめました。

⭐問い合わせ内容1

具体的な実現手段・方法も明確に決まっていませんが、こちらのサービスにとてもとても興味を持っています。
このような状況でもこちらのサービスを受けることが可能でしょうか?
もう何年も前から、好きな場所で好きなことを好きなだけ好きな人たちと仕事をしたいと思っており(時間、場所、規則、お金に縛られない)、私が長年探し求めていたサービスではないかと勝手に思っており、是非お話をお聞かせいただけますと幸いです。

よろしくお願いいたします。

⭐回答

はい、やりたいことを見つけていれば可能です。

本商品でお伝えする内容は、専門家になることで、その人にしかできない価値を提供、

一文に凝縮して説明するなら

「No1よりOnly1」を作っていきます。

その対価としてお金をいただくスモールビジネスです。

物販はモノを販売するもので、オンリーワンなモノが作れるのであれば、物販になる可能性もありますが、モノなのか、サービスなのか、形は重要ではなく、どんな価値を提供できるのかを徹底的に深堀りしていきます。

商品は有形のもの、無形のもの、どちらにもなりえますが、初期費用がかからない無形のもの(サービス)になることが多いです。

「自分は人に誇れるものを何も持ってない」

と言われる方がほとんどですが、

本人が気付いていないだけで、隠れた才能があることも多く、それはコーチングの質問をしていく中で見つけていったり、

もし才能を発掘していく中で、秀でたものがなかったとしても、一人ひとりに合わせた得意×好きをベースにビジネスアイデアを一緒に考え、スキルを習得しながら商品を提供して、ノマドワーカーになることが可能です。

⭐問い合わせ内容2

サービス終了後にはどのような状態を想定していますでしょうか?(フリーランス一本でやっていける状態が目標なのか等)

⭐回答

サービス終了後には、どのように好き4を達成していくのか、全てのステップ(鍛え方も含めて)が見えている状態です。好き4への詳細な地図を手に入れたと考えてもらうとわかりやすいかと思います。


サービス終了後にもう好き4ができているというわけではないのでご注意下さい。スポーツと同じで理論を完璧に習得しても、実践は必ず必要で、それは、一人ひとりが1日に取れる練習時間×質にもよります。

⭐問い合わせ内容3

・頻繁にではなくともビデオ電話はご対応いただけますでしょうか?

⭐回答

こちらは文字ベースでのやりとりが中心ですが、対応可能です。
文字ベースでのやりとりにしてるのは、復習がビデオ電話よりも圧倒的にしやすいからというのがあります。

全てのプロセスが残り、すぐに履歴を振り返ることができるので、どうしてもビデオ電話でしか伝われない内容や最後のまとめと後押し、などで使うこともあります。

⭐問い合わせ内容4


・1日の勉強時間はどれくらいを想定しておけば良いでしょうか?

⭐井回答


結論を先に書くと、理論と実践を合わせて1日1時間は必ず取るようにしてもらえればと思います。理想は4時間です。

こちらの講座はもともと対面でおこなっている合宿の内容をオンライン用にしたもので、合宿では2時間の講義、4時間の実践を7日間、計42時間となっています。多少、延長したりもするので、計50時間と見ていただいて構いません。

レベルや理解度にもよるので、ここからは、あくまで一般出来な話になってしまいますが、目安と詳細も書いておきますね。

サービス提供中は合宿の内容が文字ベースになりますので、

ラーニングピラミッドという学び方と学習定着度の関係を表したもので、講義を受けるのと読むのとでは、逆に講義を受けた理解度の方が文字を読むよりも2倍になるので、読むのを2回繰り返せば講義と同じ学習定着度になります。

ただし、話すのは平均1分300文字、文字を読むのは1分600文字、文字を読む方が話すよりも倍のスピードで速く進むので、先程の読むのを2回繰り返せば講義と同じ学習定着度ということから、読むのを2回繰り返すということを前提にすれば、文字ベースも講義も合宿提供にかける時間と変わらない50時間になります。

3ヶ月を予定していますが、これまでの受講生だと、1日1時間、お互いの1往復のやりとりに平均2日かかり、1日1時間だと50時間なので1ヶ月半ほど、1往復に2日で、計3ヶ月という計算になります。

この計算は最低時間なので、もし1日4時間取ることができたら、それだけ好き4の実現に近づきます。

⭐問い合わせ内容5

これまで受けてきた方々は終了後どのようになったのか(before/after等)差し支えない程度に教えていただけますでしょうか?

⭐回答

ココナラでの評価/感想の欄で、そちらも見ていただいた上で、掲載許可をいただけた具体的な実績の方も2つ載せしますね。

特に2つ目の2記事は、詳細を記事で書いていただき、一過性のものではなく、ずっと稼ぎ続けていることがわかりやすいかと思います。また、こういったサービスを出し惜しみなく全てを提供して、レベルアップしていただくことで、生涯、切磋琢磨する仲間といった関係を作れればという気持ちで取り組んでいます。(掲載許可をいただいた仲間は今でも関係を続けています。)

1.
Before:2020年までに、井元さんのような”好き4”の生活が送るのが僕の夢で、まだまだ実現には程遠い状況です。
微力かもしれませんが、ぜひ貢献させて頂けることがあれば嬉しいです。

After:以前、お世話になった時に教えていただいたQ&AサイトのQuora。実はあれから1年で400万円(¥3,948,978)近いQuoraパートナー報酬が発生しました。

井元さんから学んだ情報収集術のおかげで、人生が変わったとも言えます。

お遍路旅にも出ることができました。Quoraが実質1日2時間の質問をして収入を生み出せたので、時間的余裕が生まれて旅に出られました。クライアントさんに思い切ってお休みをもらって長期休暇が取れたんです。お遍路では毎日朝に出発して、1日20-25kmほど歩いて、午後には宿に到着。スマホでポチポチQuoraをやる、っていうサイクルで生活してました。野宿の日は、テントの中でQuoraをして日銭を稼いでいたので、面白い生活を体験できたな、と振り返って感じます。匿名とはなってしまいますが、もしよろしければ井元さんの生の実績データとして使っていただけますと幸いです。

2.
Before:東京住まい5万の収入でうまい棒が楽しみという生活
After:合宿中に月25万以上、その後継続して月に40万、現在タイムチケット歴代総売上ランキング /1位 / 600,000人 達成中など。

以下は記事の引用です。
私自身、合宿参加前は会社を辞めた直後で、月5万程度の副収入しかない状態。毎日、コンビニでうまい棒2本を買うのが生活のささやかな楽しみという暮らしぶりでした。

しかし、しかしですよ・・・。
なんと!合宿中にシェアサービスだけで生活費(月25万以上)を稼ぐところまで実現できました。

特に、一時的ではありますが、ココナラをはじめて1ヶ月で60万人中、総合1位になれたことが収入アップへのインパクトが大きかったです。 (注文多くて現在は受付停止中・・・)

シェアエコは月5万円程度を稼げる人は多いのですが、生活費まで稼ぐ人はまだまだ少なく、自分としても正直ここまで早く成果がでると思っていませんでした。

特に、一時的ではありますが、ココナラをはじめて1ヶ月で60万人中、総合1位になれたことが収入アップへのインパクトが大きかったです。(注文多くて現在は受付停止中・・・)
好きな時に・・・・シェアエコは「個人事業主」の働き方だから「働く時間」が自由。
・好きな場所で・・・スキルシェアはオンラインで自宅でもカフェでも対応可能。
・好きな事を・・・・自分のちょっと得意な事が仕事になる。
・好きな人と・・・・シェアエコは価値観の合う人とストレスフリーで繋がれる仕組み。

そんな生活を今年の9月からは実現できている実感があります。

自分の大好きなことが仕事だから楽しいし、自分の入れたスケジュールの全てが「まだその日にならないかな…」と感じるくらい楽しみです。憂鬱になるような予定がなく、「生活の主権」が自分の手に戻ってきたという感覚です。

オーバーな表現にも聞こえてしまうのですが、、働く時間、働く場所、何を仕事にするか、誰と仕事をするか、自分の意志でコントロールできている感覚があります。

「シェアエコ」と検索すると検索の1ページ目に表示されるシェアエコ主義というサイトの「シェアリングエコノミーを極めた先にある理想のライフスタイルを実現した」という記事で公開、

月間5000万ビューのビジネス・インサイダーでの寄稿で、
「1日4時間労働、シェアエコ生活で僕が月40万円を稼げるようになるまで」
という記事で公開されています。

ここまで読んでいただいた意欲のある方からのお問い合わせをお待ちしています!