絶妙に幸せにいれる距離感#54

記事
学び
こんばんは!楠木詩織です^^*

今日は【長い期間をかけて取り組んだことと見えた幸せ】

なことを書いてみたいと思います^^。

どうぞお付き合いくださいましたら嬉しいです♬


昨日、一昨日は実家に帰ってペットもふもふしたり
一人でいると(今はとくに)思考過多になってしまう頭を休めたりしてきました。


最近は家族の一つのターニングポイントで、
実家に帰るかそれともまだ一人暮らしを続けるのか
一人でも悩んでいて
家族でもちょっとずつ話していたのですが

全体的にもひとつの方向でまとまった気もするのと

帰ってきてノートに一人で向き合ってみたら
自分の想いや、大事な点も見えた気がしました。


自分がノートで向き合ったことで見えたものは

・今、時々帰るのが幸せに感じれること
・お互い幸せでいるにはちょうど良い距離で支えつつ
であることが
いいということもあるということ

・それが自分もみんなも幸せに感じられる理由なのであって家族合意しているならばそれ以上自分が自分の中で掻き回して悩まなくてもいいということ^^

などです^^。


実家に2泊以上帰ると結局最後よくない方面にいってしまうので^^:





去年は趣味→夢を追いかける!

ことまでできた趣味もあるので、
1年1年コツコツ意味があるし

やっぱりするっと今までを超えるのは今までの自分に対してとても大き過ぎて
すぐにはできませんでした。
今その趣味もインスタでさえしっかりと見ることはまだできませんが
今後も続く趣味だとは感じているので
趣味が少なかったし、心から気分を上げられる趣味に出会ったと思えているので去年はいい趣味を見つけられた一年となりました^^*


極めていけるなら極めていこうと思います^^*








自身の【ペースが遅い人生なりに積み重ねていることからの幸せの肯定】から思い出し感じたことを書いてみました^^



2024・5・26
楠木詩織でした*^^*


サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す