青は藍より出でて

記事
コラム
「青は藍(あい)より出でて藍より青し」ということわざがあります。

簡単に言えば「弟子が師匠を超える」みたいな意味です。
最初は師匠が弟子に教えていたのに、いつの間にか弟子に超えられちゃった、みたいな。

私は初心者さんからコンサルを求められたとき、そのつもりで教えています。
どうせなら自分を抜かしてもらいたい、という気持ち。

もちろんそれ相応の代金はいただいているのでお仕事の一部ではあるのですが、楽しい。
自分が苦労して身につけたものが誰かの役に立つことが、嬉しいんですよね。


この間も、私が徹底していろいろと教え込んだ初心者さんが、着実に実績を伸ばしていまして(営業じゃないですよ!)。

初めてリピーターさんがついてくれたとか、販売件数が◯件を超えただとか、DMでご報告をいただいています。
すでにプラチナランクの条件もクリアしたようで。
それに伴って、とあるカテゴリーでのランキングも、最初は遥か遠くの圏外だったところから、ときには一日で400位も上昇しています。

ゲームでも、最初のうちはすぐにレベルが上がりますよね。
スライム数体倒したらレベル3、みたいな。
最初がいちばん伸びるときです。
努力したことや教わったことの成果が、いちばん目に見えてわかる時期。
成果が見えるから、楽しい。

それはプレイヤー本人だけでなく、教えた側も同じこと。

もちろん全員が、すぐに結果が出るわけではありません。
ただ、その人が元々持っている素質と、こちらが教えたことが噛み合い、なおかつ運やタイミングに恵まれれば、こういうこともあります。

今までに多くの方に頼っていただきましたが、皆にうまくいってもらいたいな、という気持ちは持っています。
正直なところ、自分の売り上げが上がるより嬉しい。



私が「出品者さんの相談に乗る出品者」というお仕事を始めてから2年近く経ちますが、すぐに結果が出る人は、教えたことをすぐにやる人です。
早い人は私との電話を終了して、その直後にやっていました。はやい。


そういう私は初心者時代、先輩から教わったことを「時間ができたらやります~(^^)」とか言いながら、実際にやるのは一ヶ月後とかだったんですけどね。ひどいもんです。

ただ、私も初めて売り上げ件数が10件を超えたときには、先輩にお礼を伝えたりしていました。

今、初心者さんからお礼を言ってもらえる側になれたことは、感慨深いものがあります。

やるのなら徹底的に。
教えるのなら、自分を超えてもらうつもりで。

という日記でした。
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す