自分の悩みは自分で解決する

記事
コラム
今、私は介護士の悩み相談のアドバイザーとして、
LINEで相談者とやりとりをしています。

その中で人間関係で悩んでいる方がいました。
その方Aさんは50代で4月に入職したばかり。
資格は取得していたが、現場で働いたことはない。
年も年だし、周りがみんな若くて心配だけど、
頑張るしかない。と仰っていました。

その中で、入居している利用者さんの食事の準備の仕方で、
一人で何でもやってしまう人がいる。

私が何かお手伝いをしましょうか?と声を掛けても
大丈夫だから!と素っ気なく言われてしまう、、。
一人で何でもやってしまうので、まるで私が何もしてない人だと思われてしまう。

それとも私のことが嫌いだからわざとやっている気がするのです、、。
この方とうまくやっていける方法を教えてほしいと
相談してきました。

この相談を聞いて、あなたはどう思いますか?
このAさんの質問について、

色々言う方は、そんなこと思っていませんよ。
Aさんらしく頑張って、その方のことは気にしなくもいいと思いますよ。
(簡潔にしています)と返信をしたのですが、

Aさんは納得はいかないのです。

要するに、私はこれだけやっているのに、
あの人は何で、気づかないの?
それとも気づかないふりしてわざと私のことを無視しているのではないか?
と客観的に状況を捉えることをせず、感情で動いているのです。
恐らくAさんは、その方のことを苦手だからこそ、
感情論で動いている可能性があるのです。
結果的に、解決策は何であったかというと・・・
その方の行動を上司に伝えることになりました。

もちろん、相手を悪い言い方はせず、
冷静に淡々と上司に報告をし、上司の意見を聞くことになりました。
ここだけの話し、上司に言ったからどうにかしてくれるわけでもありません。
自分がその方の見方を変えなければ、何も変わりません。

自分がこう思うから、こうしてほしい。と相手に伝え、
相手ははい、分かりました。変わるね。など
すぐには変わらないですし、相手もAさんの思っていたことがあり、
直してほしいんだけど、、と言い始める可能性もあります。

自分が変わらなければ、何も変わらないこと

こことても大事です。

人間関係だけではなく、仕事も家庭も人生そのもの、自分が変化していかなけ
れば、
何も変わらないのです。

だからこそ、こうしたい・ああしたいと嘆いているのであれば、
まずは行動をしてみましょう。

今回の人間関係のこともとても嫌な人がいたとしたら、
文句ばかり言うのではなく、その人とやっていくためには、
どうしたら良いのだろうか?

自分とはどうやら相性が少し違うみたいだから、距離をとろうとか。
自分でどう良くしていくか、考えることも大事になります。

その中で、自分の心の持ち方、発想の持ち方など分からなければ、
仲間に聞いたり、友達に聞けば良いと思います。

常に変わるのことがが出来るのは自分です

読んでいただきありがとうございました。
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す