今日も冴えない展開となるのだろうが・・・ 月末の売りに押されるか、月初の買い期待で堅調となるのか・・・

記事
マネー・副業
 おはようございます。

 ようやく季節感が出ているが、やはり寒い朝は布団から出るのが億劫になる。株式市場も上がれば売られという状況ではあるが、下がらないと言う状況でもあり、方向感に乏しい展開が続いている。ただ、米国の金利が低下してもドルが買われるというような場面も見られ、リスク回避のような面もあるので、どこまで買えるのかと言うことなのだと思う。日本でも円高が良いのか悪いのか、円安が良いのか悪いのか個々の企業によっても当然変わってくるのではあるが、為替への反応も鈍くなっている。

 地政学リスクなども含めて外部環境はほとんど変化は見られないのだが、反応が鈍くなっている。それだけ今の株価に織り込まれていると言うことだと思うので、足元はやはり目先の需給だけで相場全体が右往左往することになるのだろう。日証金ベースでしか日々の信用取引の状況などがわからないが空売りの積み上がり方次第で個々の株価も動いているというような感じだ。日経平均に影響の大きな銘柄などの空売りが減少すれば一気に下値を試すことになるのだろうし、逆に空売りが積み上がれば踏み上げ相場で上昇となる展開が続くのだろう。

33,200円~300円水準での底堅さを確認することになるのか、33,200円を割り込んで一気に32,800円あたりまで下落となるのかということになりそうだ。月初の買いに対する期待などが見られれば、買戻しを急ぐ動きで33,500円を目指すことになるのだろうが戻れば売りという状況のなかで33,500円まで上昇できないのではないかと思う。指数に影響の大きな銘柄の買戻し一巡感が強まれば下値を試すことになるのだろう。

米国株の上値も重かったことから、本日の日本市場も冴えない展開となりそうだ。夜間取引やシカゴ市場の日経平均先物は米国株が堅調という場面でも上値が重く、昨日同様に買戻し一巡となったものから手仕舞い売りに押される展開となるのだろう。指数に影響の大きな銘柄の空売り次第ということなのだろうが、月末の持高調整の売りに月初の買い期待があいまって右往左往することになるのだろう。半導体関連銘柄などが下支えとなるのだろうが、全体としては冴えない展開となりそうだ。

詳しくは無料メルマガや無料動画をご覧ください。(売り買いのシグナル銘柄一覧が見られるようになりました)


サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す