文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~1話の文豪ポイントを解説するよ!

記事
マンガ
DMMGAMESから配信されているゲーム『文豪とアルケミスト』がアニメ化し、1話が放送されましたね!
第1話でのBGP(文豪ポイント)を勝手に解説してしまおうと思います。
文豪に詳しい方には「そんなん知っとるわ!」という内容になってますが、アニメから入った人やそんな文豪に詳しくない人向けです。

『走れメロス』

AviHUrBOOERgzEE.jpg

そんなに文豪を知らないという人も、教科書に載っているぐらいなので少しは読んだことがある人が多いのでは?
メロスは激怒した」の一文は覚えているんじゃないかな。
1話を観てお分かりの通り、作者は太宰治
教科書もアニメも途中から始まっているので、読んでみようかなって人は青空文庫でも公開されているよ。
余談だけど、熱海の旅館から太宰が帰ってこないのを心配した太宰の奥さんは、太宰の友人の檀一雄に交通費と宿代を預けて様子を見に行ってほしいと頼んだんだ。
熱海の旅館に来た檀を太宰は大歓迎!奥さんが檀に預けたお金で大豪遊!
そんなことをしているから宿代が払えなくなった太宰は、檀を宿代の人質として熱海に残して東京の師匠の井伏鱒二のところに行くんだ。
でも、待っても待っても太宰が帰ってこない!
困った檀は事情を宿に話して、東京の井伏の元を訪れるんだ。
そこで檀が見たのは、のんきに将棋を指している太宰と井伏の姿だった……。
メロスではなく、檀が激怒したということがあったりする。
後に檀は「小説 太宰治」で「少なくともこの出来事が走れメロスの発端になったのかもと考えた」と書き残してるよ。

『芥川が出した蜘蛛の糸』

JmseqLVrFRQbLLQ.jpg

激流の川を渡るために芥川が出した蜘蛛の糸。
元ネタは芥川龍之介作の「蜘蛛の糸」、これも教科書に載っていたかもしれない。
お釈迦様が地獄に蜘蛛の糸をたらし、極悪人だが生前小さな蜘蛛を助けたカンダタがそれを掴んで極楽へ登ろうとする。
カンダタに続いて蜘蛛の糸に縋り登ってくる罪人たちの重みで蜘蛛の糸が切れてしまうと思ったカンダタは「この蜘蛛の糸は俺のものだ!」と叫びます。
すると蜘蛛の糸は切れてカンダタは落ちて地獄へ逆戻りになってしまいました。
という内容。
文アルはまだ謎な部分が多いんですけど、作者である文豪は自分の作品を能力として使えるのかもしれない…。
「蜘蛛の糸」も青空文庫で読めるよ!

『太宰治と佐藤春夫』

HRTnKIbDBKoRwsx.jpg

メロスとして王の元に戻った太宰、親友セリヌンティウスの姿は師である佐藤春夫の姿であり動揺をしている。
アニメの中でも太宰は佐藤春夫に裏切られたと言っているのは、芥川龍之介を尊敬してやまない太宰治はどうしても芥川賞が欲しかった。
尊敬する芥川龍之介の名の賞だし、当時薬物中毒な上にギリギリな経済状況だった太宰は賞金500円(当時はかなりの高額な相場)も欲しかったのだ。
芥川賞候補にの作品が残れた太宰は、師であり賞の選考委員である佐藤春夫に「芥川賞ください!!!!」と手紙を出します。
4mの長さの手紙を。
しかし残念なことに、太宰は芥川賞を取ることが出来なかった。
そこから、アニメで太宰は佐藤春夫に「裏切られた」と言っていた訳なんだな。
まあ太宰は薬物中毒でメンタルが弱っていたので、余計に裏切られたと感じてしまったのかもしれないね。
アニメでも佐藤が言っていたように実際でも佐藤は太宰の作品を高く評価していた、でも選考委員は自分一人ではないのでどうにも出来ないことでもあったんだ。
ちなみに太宰は選考委員の一人だった川端康成に「刺す」とブチ切れてるよ。

『パビナールって?』

EUsWyhKUYAIawWf.png

太宰が中毒だったパビナール、何の薬だ?と思った方も多いかなと思ったので触れとこう。
パビナールは簡単に言うと「鎮痛剤」なのだけど、現在麻薬及び向精神薬取締法で麻薬と扱われている劇薬だ。
ヤバい強い薬だと思っていればOKだよ、今はがんの治療の鎮痛剤で使われてるけど3段階中3段階目に使われるから相当強い薬なんだ。
そんな薬を太宰は1日に50本注射していたのもあって、薬代で借金も多い状態だったんだ。
それで芥川賞の賞金も欲しい!とのことで、佐藤に4mの手紙を出してしまう程だったのだ。
文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~第1話のBGPはこんな感じかな!
2話にも解説出来るようなところがあったら続きます!多分!

サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す