絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

2 件中 1 - 2 件表示
カバー画像

涙💧でデトックス

本日、涙を流しデトックスしました。私が何度見ても泣いて、号泣(笑)してしまう大好きなアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』Netflixで劇場版が配信されたので早速見ました。映画館でも2回鑑賞し、号泣しました。そして今回もまた(笑)軍人として生き、戦争で両腕を失った少女ヴァイオレットが、唯一心を許していた少佐ギルベルトからの言葉「愛している」の意味を探しながら、自動手記人形(代筆業)の仕事をし、人として女性として成長していきます。1話、2話ぐらいまでは、正直私の気持ちは動いてはいませんでした。でも、3話ぐらいからヴァイオレットが、不器用にも人の気持ちに寄り添うように、素直な言葉で話しているのが、好きになりその言葉が、私の心に響き次第に物語に引き込まれていきました。3話以降は、いつの間にか泣いてました。特に私は、10話が涙腺崩壊でしたね(笑)ちなみに10話は、映画に繋がる物語です。そして今回劇場版を見て、1シーズン、スペシャル、外伝を見返したくなりました。見たらまた、涙を流すでしょう(笑)でも、涙を流すと何だか気持ちがスッキリしないですか。(^-^)たまには、泣くのも良いものです。このアニメを見ると誰かに手紙を書きたくなるんですよね。私だけかな(笑)最後まで読んでいただきありがとうございました。それでは、また                 ゆう
0
カバー画像

【HappyEnd】シン・エヴァから見る物語の結末に視聴者が求めるもの

EVAシリーズの最新作にして最後の作品となるシン・エヴァンゲリオン劇場版。公開日ないし、その後に続いて見に行った人たち(私の知人達です)の意見を聞くと殆どの人の回答が「とてもよかった」か「まぁよかった」との意見を聞きました。現在コロナの影響で映画館に足を運ぶのも中々に厄介だったため私は見に行かないつもりだったのですが、AmazonPrimeで会員は無料で見れるとわかり早速視聴しました。(2021/10/13現在もまだ見れるようなので気になる方は是非)また、Q:3.333なるものが8/25に発表された模様で、Qとシンを全面的に見直しして、くっつけたような形になるかもとのこと。気になる方はチェックしてみるのもいかがでしょうか。以下ネタバレになりますため、上をみて、自分も見てからにしたいと思った方はここでお帰りください。結論から言うと、見た人はわかると思いますがシン・エヴァンゲリオン劇場版は「だいぶわかりやすい」ハッピーエンドで物語が終了となります。そして身も蓋もない事を言うと、人々は物語にハッピーエンドを求めていることが確か統計的にもデータが有ったはずです。また、人は理解できない要素が混じり合うのを嫌うというのがあります。例えば極論ですが、ごつい男性がゴスロリの服装して電車に乗ってたら「なんだありゃ!?」ってなって、たぶんほとんどの人はいい気分はしない、むしろ不気味さを感じて不快感を覚えるでしょう。これは差異が強いほど、不快感を覚えるとのことなので例えば女性か?というほどの美男子がボーイッシュな女性の服を着ている場合はさほどの不快感がないでしょう。一応断っておきますが、別にごつい男
0
2 件中 1 - 2
有料ブログの投稿方法はこちら