絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

7 件中 1 - 7 件表示
カバー画像

ろうきんなら異動でも住宅ローンを組めるのか

住宅ローンを組むためには一括払いでない限り、何らかの金融機関から住宅ローンの融資を受けてローンを組みます。しかしながら、誰でも住宅ローンを組めるわけではなく、個人信用情報の綺麗な個人信用情報が汚れていない人が基本的には住宅ローンを組む事実が可能です。個人信用情報の悪い記載の中でも上位で信用性が低い最悪の状態が、「異動」です。今回は個人信用情報に異動の記載がある人が、「ろうきん」で住宅ローンを組めるかに迫っていきます。異動ってなに?個人信用情報の異動は、おそらくインターネットで検索すれば正しい定義が書いてありますので、ここでは簡単に異動をお話します。異動は、あなたが借りた借金が他の機関に異動になった事を言います。簡単に言えば、借金を踏み倒したので、今の会社では手に負えず他の機関にあなたの借金の権利が異動になったのです。度重なる返済の通知が来ても無視し続けて、個人信用情報に最悪の低評価でもある異動が付いたのです。異動の人が住宅ローンを組める?それでは、個人信用情報に異動の記載がある人は金融機関から住宅ローンの融資を受ける事が可能なのでしょうか?答えは...ほぼ不可能になります。個人信用情報に異動の記載がある人は、基本的には住宅ローンを含むクレジットカード作成や携帯電話本体の分割払いなどのローンは通りません。いわゆるブラックリスト扱いです。住宅ローンを組むためには、金融機関があなたの個人情報を審査機関に申請します。その審査機関からNGが出れば住宅ローンを組むのはほぼ100%無理です。個人信用情報の異動の記載は、この審査機関がほぼ100%NGを出すので、個人信用情報に異動の記載がある人
0
カバー画像

建てれない?ブラックリストが家を建てたいならこの2つの方法

ご自分がブラックリストに載っている、または旦那さんがブラックリストに載っている奥さん、その逆もしかり。ブラックリストに載っている人が不安に思っている最悪のシナリオが、「ブラックリストに載っている人は家を建てられない事」でしょう。まさに最悪の事態です。家を建てたいのにブラックリストに載っている事が原因で家を建てられない可能性があるのです。いや...。これから家を建てたい、ブラックリストに載っている人には本当に申し訳ありませんが、ブラックリストに載っている人は、「ほぼ家を建てられない」です。このブログ記事では、ブラックリストに載っている人が家を建てられない理由、そして、●ブラックリストに載っている人あ家を建てる2つの方法についてお話します。ブラックリストに載っている人はなぜ家を建てられないのかまず最初に、なぜブラックリストに載っている人は家を建てられないのかをハッキリしておきましょう。ブラックリストに載っている人が家を建てられない原因は、ズバリ「個人信用情報」にあります。ブラックリストは、いわゆるこの個人信用情報に何らかのネガティブでマイナスな事項が書いてあるのです。この個人信用情報に重大な欠陥がある人がいわゆるブラックリストに載っている人にあたります。個人信用情報は、個人の信用情報です。個人が信用できるか、住宅ローンを組んでも大丈夫か、お金を貸しても返済できる人間か。これを図るのが個人信用情報になります。つまりこの個人信用情報に悪いマイナスな記載のある人がブラックリストに載っている人であり、家を建てられない(住宅ローンを組めない)人です。個人が信用されていない人には住宅ローンの審
0
カバー画像

ばれる?内緒の借金が住宅ローン審査でばれるのかの答え

これから住宅ローンを組みたい方は、必ずどこかの金融機関から住宅ローンの融資を受ける事になるでしょう。金融機関から住宅ローンの融資を受ける時に不安になるのが...『内緒にしていた借金が家族にばれるかも...。』でしょう。家族に内緒で借金をしている方は、なるべく家族に借金の存在がばれるような事態にはなりたくないはずです。このブログ記事では、住宅ローン審査の時に借金がばれるのかの答えをズバリ言います。住宅ローン審査は個人信用情報を見られるまず第一に、金融機関から住宅ローンの融資を受ける時には、あなたが住宅ローンの融資を受けるだけの信用や財力、資産があるを審査されます。この住宅ローンの審査は、色々な条件をクリアしてようやく審査に合格します。単純に...『貯金がいっぱいあるなか審査に受かる』『頭金用意できるから審査に受かる』『一流企業に勤務しているから審査に受かる』のような話ではありません。いくら資産が潤沢にあっても、一流企業に勤務していても公務員であっても、「個人信用情報」が汚れている方は住宅ローンの審査に落ちます。この個人信用情報が住宅ローンの審査に受かるかの最重要ポイントです。個人信用情報を開示したら借金はばれる住宅ローンの審査に必要な個人信用情報の開示。これは金融機関から住宅ローンの融資を受けるために必ずやらなければならない事です。個人信用情報の開示無しに住宅ローンの審査に受かる事は100%あり得ません。個人信用情報は、あなたが住宅ローンを組んでも問題のない人物か、信頼できる人物か、借金の返済の能力があるか、借金の返済に対してしっかり返す人物かを判断するものです。もちろん、現在組
0
カバー画像

ブラックリストでも住宅ローンを組めた実話

ブラックリスト入り。本来であればこのブラックリストは、個人信用情報が汚れる事を意味しており、住宅ローンやクレジットカード審査には通過できません。しかしながら、実際にブラックリストの名前が消えていない人間でも住宅ローンが組めた実話があります。このブログ記事では、ブラックリストや住宅ローン、そして実際にブラックリスト入りしても住宅ローンを組めた人はどんな内容だったのか。それについてお話します。ブラックリストはどれくらいやばいもの?ブラックリストはよくテレビ番組などでも度々出てくるワードですが、一体このブラックリストはどれくらいやばい状態なのかをおさらいしておきましょう。住宅ローンなどに関するブラックリストはいわゆる個人信用情報が汚れる事です。個人信用情報、これは国民それぞれが受けている個人の信用度です。CICで検索すればわかりますが、日本には個人信用情報機関があり、国民全員の個人信用情報が管理されています。過去に携帯電話料金の滞納や、クレジットカードやキャッシングカードに延滞などのお金に関わる不誠実な事実が個人信用情報機関に情報が残ります。ブラックリスト、いわゆる個人信用情報が無い、低い人の悪い情報です。ブラックリストの異動情報そんなブラックリストの中でも1番悪い状態なのが、「異動」です。異動についての詳細は長くなるので割愛しますが、ブラックリスト(個人信用情報)の中に異動の文字がある人はかなり深刻な個人信用情報の状態です。異動がある人は住宅ローンを組める確率は極めて低くなるでしょう。同じ個人信用情報、同じブラックリストでも異動がある、異動がない、では住宅ローンを組めるか組めないか
0
カバー画像

追証は個人信用情報が汚れる?住宅ローンへの悪影響は?

これから住宅ローンを組みたい方や、クレジットカード作成をしたい方は、個人信用情報を気にされているでしょう。個人信用情報が汚れていたら、住宅ローン審査もクレジットカード審査も通過できない可能性が高くなります。特に個人信用情報に異動の記載があった場合などは、クレジットカード審査はほぼ100%落ちる、住宅ローン審査も同様です。そんな個人信用情報で気になるのが、追証の存在です。果たして追証で個人信用情報が汚れる、住宅ローン審査やクレジットカード審査に悪影響を及ぼす可能性はあるのでしょうか...?追証は証券会社の中の話まず、追証がそもそも何なのかを再確認しておきましょう。追証を簡単に言えば、株式投資やコモディティや為替取引でレバレッジをかけてトレードをし、証拠金が足りなくなった状態ですよね。いわゆる証券会社から追加で証拠金を払うように催促される状態が追証です。この追証が発生しているのは、証券会社→あなた、になります。つまり追証は証券会社の中の話になります。追証の情報は外部に漏れない追証は証券会社の中の話。追証が発生した事実は、証券会社のみが知っている事です。いわゆるあなたの株式取引の内訳のような個人情報です。他の投資家のトレードの内容が外部に漏れないように、あなたの株式投資の追証の個人情報は外部に漏れるような事はありません。個人信用情報機関にも漏れない同じく証券会社の中の追証の情報は、個人信用情報を扱っている機関にも漏れません。CICなどの機関です。住宅ローン審査やクレジットカード審査の際の個人信用情報は、全てこういった個人信用情報機関が保有している情報です。住宅ローン審査をする金融機関
0
カバー画像

住宅ローンの審査前、体験談で語る個信の異動の兆候、これは異動なの?

これから住宅ローンやクレジットカード審査を受ける方は、自分の個人信用情報に傷がないか、自分の個人信用情報はブラックリスト入りしていなか心配になるでしょう。このお話は、実際に個人信用情報に異動の記載があった私が体験した、個人信用情報開示前の「異動の兆候や傾向」のお話です。まだ個人信用情報開示前の段階で、「こんな出来事が起きたら異動かも...?」のようなお悩みの参考になれれば幸いです。携帯電話の分割払い契約ができなかったまず、最初に携帯電話(スマートフォン)を新規契約する時に、「分割払い」ができませんでした。これは個人信用情報に異動がある事が原因です。携帯電話の本体を購入する時には、●一括で購入するか●月々の携帯電話料金に合わせて分割払いで購入するかの2択になります。個人信用情報に異動があった私はこの携帯電話本体新規購入の分割払いができませんでした。携帯電話ショップに行ってこれから携帯電話の本体を購入する予定の方は、注意した方がいいでしょう。一括払いなら購入はできます。クレジットカードが作れなかったもう1つの個人信用情報に異動の兆候はクレジットカードです。個人信用情報に異動がある状態は、いわゆるローンの返済の危険性がある状態です。クレジットカードは、一時的に代金をクレジットカード会社が支払い、後々、自分が利用分を返済するようなものです。ですので、個人信用情報に異動がある状態のうちはクレジットカードが作れませんでした。クレジットカード作成をインターネットなどで申請しても、断わられてしまいます。この際に、クレジットカードの審査落ちの理由はクレジットカード会社の方から開示されませんが、理
0
カバー画像

個人信用情報の異動が消えなくても住宅ローン