絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

2 件中 1 - 2 件表示
カバー画像

お言葉

建築の仕事(他の仕事もそうかと思いますが)では、いろいろな条件や希望(無理な希望も笑)があって、その都度対応するのですが、完成までの日数があまりなく計画が煮詰まらないまま見切り発車、なんてのもあったりします。そういう時には大抵計画の進みが後戻りします。お客さんから「やっぱり前の案が良かったなあ」「もっと煮詰めたいなあ」etc...。ちょっと勘弁してほしい、なんて思ったりするのですが(仕事ではよくありますよね)、その切羽詰まった状況に限って、、、ふとどこからかお言葉が・・なんてことはあったりしませんか?わたしはなかなか来てくれないのですが、考えて考えて諦めかけたときにたまに来てくれることがあります(写真の住宅改修でありました)。どこから来るのだろう。。写真は住宅の全面改修。予算が限られリーズブルな材料や設備を使用した分、目につく所や直接肌が触れる部分(青い壁は自然由来の塗料、無垢のテーブルトップ。フローリングを使用)にはちょっと贅沢しました。
0
カバー画像

リフォーム業者の選び方と工事費について

リフォーム業界は、小規模な事業のリフォーム業者には 免許が不要ですので、 実は、誰でも参入が可能な業界なんです。  そして、リフォームは、明確な定価というものがありません。 提供されるものが『工事』という形のないものなので、 相場よりも高く費用をとる業者も少なくありません。 それを防ぐために、複数のリフォーム会社から 見積もりを出してもらいましょう。 但し、職人の力量で、日当(人件費)が違います。 少し高くても腕の立つ職人さんを多く抱えてる会社は、 後々の施工トラブルも少ないのも事実です。 そして、リフォーム会社によっても得意とする工事が違います。 水廻りの工事や壁紙など、一部の施工に特化している会社、 デザイン性を売りにしている会社など、 それぞれの特色に合わせて依頼することも需要となります。 そこで、複数の会社から見積もりをもらう際は、 希望の条件や内容の基準を設けることが重要です。 そうすることで、比較しやすくなります。 業者の中には、まだまだ、“工事一式”のどんぶり勘定で 見積もりを出すところが多く、 そういう見積もりではなく、詳細を明記してほしいと 事前に伝えておくことも後々の行き違いを防ぐことが出来ます。  さらに、工事の後のアフターがしっかりしているかも 判断材料にしてくださいね。 最後に、お客様の方で、過剰な値引きをされる方がおられますが、 それは、間違いです。 リフォーム会社の利益まで削ってしまうと、 手抜き工事につながりかねません。 例えば、クロスですが、 ホルムアルデヒドという有害物質を含む 基準値ギリギ
0
2 件中 1 - 2
有料ブログの投稿方法はこちら