絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

4 件中 1 - 4 件表示
カバー画像

恐怖症と共に生きる

こんばんは。あなたに光を降り注ぐライトワーカー、光の仕事人@SACHIKOです。昨日、迷いに迷って勇気を出してこの出品メニューを出しました。人や自分が嘔吐することに異様に恐怖を感じるという嘔吐恐怖。子供の頃から自覚をし、未だに共存している私の恐怖症です。。。今は健康だし、特に大きく生活に支障をきたすことはありません。でも、私の30代の時は大いに支障がありました。おそらく嘔吐恐怖を持ちながらの妊娠、出産、子育ては私には結構なストレスがかかったのだと思います。長らく体調を崩し、嘔吐恐怖に加えて会食恐怖密室恐怖パニック障害・・・恐怖が恐怖を呼ぶといった感じです。どうやって向き合ってきたかなんて、、、、もう、必死で、もがいてここまで来たとしかいいようがありません。でも、誰にも言えませんでした。家族にも友達にも。ずっと隠してきたんです。言ってもわかってもらえなかったかもしれない。誰だって嘔吐はいやなものよ!それが何?って感覚かもしれない。でも、嘔吐恐怖は誰でも嫌なもの、という感覚とはちょっと違うんです。当事者しかわからないこと当事者ならではの思考や行動の癖当事者だから辛いこと沢山あります。もうこれだけでブログ開設できるくらい色々あるんです。誰かに話すことができたらどれだけ楽だったかしれないどれだけ救われたかしれないそれで、思い切って出品しました。ほんと少数の人であったとしても必要な人に見つけていただき、気持ちが楽になりますように。
0
カバー画像

人も自然に・・・

おはようございます*^^*綺麗な黄金のハート✨ご縁ある方がシェアしてくださいました。落ち葉も、私たちと同じ・・・分離の視点からだとそうは感じられないかもだけど全体からすれば、全てに浸透するそれの現れとして表現されている同じ生命。なので、目に映るものへの愛おしさが増していくのを感じます。この間、結婚当初住んでいたアパートの友人とランチしたのですが、そのころ、アパート内が一つの家族のようになっていて皆でこどもたちを育てている感じだったのです。そして、助け合いながら・・・そのときのことを懐かしくお話しました。自然はそのようにして生かし合ってるんですよね。。。縁が起きたものに与えあって、影響しあい育まれてる。落ち葉も為すがままに散りそして、土の養分となりまた別のものに変化して生き続ける。人も奪い合うよりも、あくせくお金を儲けるというストレスからも離れることができひとつの家族として目の前に現れてきたものたちと与えあったり生かし合えたら素敵だなあと落ち葉を見ていて感じたのでした。人も自然みたいに、共存しあえたらいいな*^^*
0
カバー画像

synchronicity💞&周波数の異なる世界が展開している❣️

爆チン接種会場の兄の元へ押しかけて(笑)以来一昨日、初めて兄に会いました敬老の日のお祝いに、兄家族と両親とが集った場でその時は何も話せませんでしたが昨日、偶然(必然かナッ)兄と合う事ができ、体調はどぅかを尋ねました何等問題は無ぃとの話を受け2回目の接種について💉腕に痛みがなかったか尋ねると「痛かったけど〜」…実弾に当たりましたネッ💔コレを聞くのが恐かった※はぃ、私、コノ恐れの波動を、ずっと手放さずにおりました💦 故に、見事に思考を実現させましたネッ兄が実弾くらった悲しみを感じつっ😢気を取り直し、Goritan Japanさんの新作動画の視聴を開始(笑)す る と以前、Haruちゃんが開発中だと教えてくれていた遺伝子組換え爆チン接種者にも対応可能なメドベットが、完成している模様‼️ほんの一瞬で悲しみから救われました😛💕 synchronicity ゥヒッ♪その他、嬉しぃ情報含め6分程の動画ですので、良かったらご覧下さぃネッGoritanさん、私も地球が軽ぅ〜くなってきているのを感じます😄✨心が軽ぅ〜くなる動画を提供くださり💝有難うございます〜私はただ 私の中心 を感じれば良ぃ〜 ある職場での体験談です普通に接する間柄だったパートの方からすれ違い様に、怒りに満ちた口調で注意されたかと思うと周りに居る人達が沈黙する程、鬼の形相で攻め立てられ離れた場所からもなお、執拗に注意された何やら、相当怒りを買ったらしぃ😅その後1人になった時に『さて🤔彼女に嫌われた様だ…』次の瞬間 ほわっ と、自分の内から 安全な空間 が辺りに広がったんです『…私には、彼女を嫌う理由がなぃ😃✨』その感覚に 心地良
0
カバー画像

気楽に読んでください、呼吸のおはなし ~その79~

本日もお読み頂きまして誠にありがとうございます。引き続き、どうぞ宜しくお願い致します。何らかの不調や不具合は、その種類や捉え方次第で生き方の転換点にも成り得るし、力の出し惜しみへの理由付けにも成り得ることを書いて来ました。後者のことをコンフォートゾーンなどと言ったりもします。物凄く卑近で俗な例を挙げますと、休日の朝に余りの心地好さに二度寝三度寝を重ねると、その時は良くても結局は寝過ぎで却って疲れが抜けずに翌日の活力までが落ちてしまうといった事になりますでしょうか。あるタイミングで意を決して体を起こすこと、背骨を立てること、自分の脚・足で立つことが、本当の意味での心地好さ・充実を生み出します。覚えてくださっている方も居ると思います、このブログで頻繁に述べていた立つということ、力を込めて地面を踏みしめるのでは無く、逆に全ての力感を緩めて委ねることで自分の意識や意思とは無関係に体は立ち姿勢は構築されることを。同じ委ねるにしても、このように自分自身の中心軸を鉛直方向に純粋に委ね切れないまま、先に水平方向の他者や物に委ねることを中心として多くの関係性を形作ってしまっているのが現状だとすると、この自分で立つという決断がそう生易しいことで無いのは充分に理解出来ます。「 " 人 " という字は互いに支えあって出来ている」という例えに代表されるような関係性は一見すると分かり易いですが、ちょっと共依存臭も帯びています。つっかえ棒を外されるといとも簡単に倒れてしまう、この " 人 " という字のような関係性は、一人一人が弱い立場としての人間性をよく表してもいますが、ここには先程久し振りに述べたような
0
4 件中 1 - 4
有料ブログの投稿方法はこちら