絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

7 件中 1 - 7 件表示
カバー画像

さすがに手仕舞い売りに押されるか、買いが買いを呼ぶ展開が続くのか!? 日々是相場-朝刊-

日々是相場 -朝刊-2021年1月12日(火) NYダウ    31,008.69 ▼ 89.28 NASDAQ  13,036.43 ▼ 165.54 CME(シカゴ市場)日経平均先物終値 27,595 円 ▼ 545 円 NY為替      104.21 円 日経平均  28,139.03 円 △ 648.90 円 本日の「朝一番!」動画   朝のライブ配信 -今日の相場見通し-  (8:35開始です、この時間以外でも見られます。) 昼のライブ配信 -お昼の相場見通し-  (12:20開始です、この時間以外でも見られます。) 夕方のライブ配信 -明日の相場見通し-  (原則として16:00開始です、この時間以外でも見られます。) ☆ 米国市場 ☆ 週明けは手仕舞い売りに押されて冴えない展開  日本市場が休場中の米国市場は週末は芳しくない雇用統計の発表があったにも関わらず堅調だったが、週明けは手仕舞い売りに押されて冴えない展開となった。トランプ大統領のツイッター停止などもあって、改めて政権交代を意識し始め、目先的な買われ過ぎ感もあって手仕舞い売りに押される展開となった。
0 500円
カバー画像

☆ 株式相場展望 -週報- ☆  2020/12/27(日)

☆ 株式相場展望 -週報- ☆  2020/12/27(日)   相場見通し動画  ☆ 来週の相場見通し   ☆ 米国市場    先週の米国市場は新型コロナウイルスの感染拡大が続く中でもナスダック指数が高値更新となるなど堅調な地合いが続いた。経済対策が決定したということや英国とEU(欧州連合)との貿易交渉も合意したこともあり、買戻しを急ぐ動きとなり、クリスマス休暇前の手仕舞いの買戻しもあって総じて堅調となった。特に目新しい材料があったということでもないのだが、雇用指標の悪化や消費悪化などの悪材料も特に見られず、金余り相場で値持ちの良いことも買戻しを急がせたものと思う。ただ、一方で、新型コロナウイルスの感染拡大はいっこうに収まらず手仕舞い売りもあって堅調ながらも上値の重い展開となった。    今週はクリスマス休暇明けで新年相場に期待する向きもありそうだが、逆に新年相場への懸念や景気回復の遅れなども気になるところであり、冴えない展開となるだろう。積極的に買い上がる材料は相変わらず乏しく、買戻し一巡となったものから売られるということになりそうだ。買われすぎているハイテク銘柄なども買戻し一巡感から売られることになるのだろうし、新型コロナウイルスの感染拡大を嫌気する動きも出て来るだろう。    今週は火曜日にS&Pコアロジック・ケース・シラー住宅価格指数が発表され、水曜日はシカゴ購買部協会景気指数やNAR仮契約住宅販売指数が発表される。木曜日は新規失業保険申請件数が発表され、金曜日は新年の祝日で休場となる。   ☆ 日本市場    先週の日本市場は新型コロナウイルスの感染拡大を嫌気する動
0
カバー画像

新型コロナウイルスの影響は!? 今週の日米株式市場の相場見通し

☆ 株式相場展望 -週報- ☆  2020/12/13(日)    ☆ 来週の相場見通し   ☆ 米国市場    先週の米国市場は新型コロナウイルスの感染拡大が続く中で芳しくない経済指標なども見られたが、特に売り急ぐという場面も少なく、高値圏での保ち合いとなった。週初からハイテク銘柄などの買戻しでナスダック指数は高値更新となったが、買い戻し一巡後は手仕舞い売りに押されるという展開で結局は前週と変わらない水準となった。さすがに買われすぎ銘柄も多く、新政権の政策に関しても楽観視できないような雰囲気もあって買い急ぐようなことはなかった。逆に、上値の重さが確認されると追加の経済対策の遅れなどが取り沙汰されて冴えない展開となった。    今週はFOMC(公開市場委員会)での追加の金融緩和が期待されるが、ある程度織り込まれているものとしてサプライズのあるような金融政策が見られないと特に反応はないだろう。逆にクリスマス休暇を控えての持高調整の売り買いが中心となりそうで、積極的n買い上がるような動きにはならないだろう。新型コロナウイルスの経済への影響が取り沙汰されて緩和強化となっても逆に景気悪化懸念が強まるということになりそうだ。緩和強化がみられないと失望感から売られるのだろうし、いずれにしても買われすぎ銘柄などを中心に冴えない展開となるだろう。    今週は火曜日に輸出入物価指数やニューヨーク連銀景気指数、鉱工業生産指数が発表され、水曜日は早朝に国際資本統計(TIC)が発表される。夜には小売売上高や企業在庫・売上高、NAHB住宅市場指数が発表され、木曜日未明にFOMCの結果や経済見通しがFR
0
カバー画像

週末の手仕舞い売りに押されるか!? 日々是相場-朝刊-

日々是相場 -朝刊-2020年12月11日(金) NYダウ    29,999.26 ▼ 69.55 NASDAQ  12,405.81 △ 66.86 CME(シカゴ市場)日経平均先物終値 26,710 円 △ 80 円 NY為替      104.24 円 △ 0.01 円 日経平均  26,756.24 円 ▼ 61.70 円 本日の「朝一番!」動画   朝のライブ配信 -今日の相場見通し-  (8:35開始です、この時間以外でも見られます。) 昼のライブ配信 -お昼の相場見通し-  (12:20開始です、この時間以外でも見られます。) 夕方のライブ配信 -明日の相場見通し-  (原則として16:00開始です、この時間以外でも見られます。) ☆ 米国市場 ☆ 追加の景気対策や目先の持高調整でまちまち
0 500円
カバー画像

再度買われすぎ銘柄の修正安に!! 日々是相場-朝刊-

日々是相場 -朝刊-2020年12月10日(木) NYダウ    30,068.81 ▼ 105.07 NASDAQ  12,338.95 ▼ 243.82 CME(シカゴ市場)日経平均先物終値 26,690 円 ▼ 170 円 NY為替      104.23 円 △ 0.07 円 日経平均  26,817.94 円 △ 350.86 円 本日の「朝一番!」動画   朝のライブ配信 -今日の相場見通し-  (8:35開始です、この時間以外でも見られます。) 昼のライブ配信 -お昼の相場見通し-  (12:20開始です、この時間以外でも見られます。) 夕方のライブ配信 -明日の相場見通し-  (原則として16:00開始です、この時間以外でも見られます。) 朝の銘柄選び
0 500円
カバー画像

いよいよ保ち合いを放れるか!? ハイパー(3054)テクニカルレポート

 ハイパー(3054) チャート分析レポート  いよいよ保ち合いを放れるか!? 日経平均が29年ぶりの高値水準まで急騰したが、日経平均やTOPIXに影響の大きな銘柄が買われているだけで、遅れ感が強い銘柄が多い。特に、小型銘柄の中には、買われすぎから大きな調整となるものも見られるが、買われすぎているわけでもないような銘柄は売られることもなく、保ち合いが続いている銘柄が多い。日経平均などの指数に過熱感が出るなかで、まだ買える銘柄はないかということで注目してみると、ようやく保ち合いを放れかけているようなものが散見される。 今回の相場は世界的な金余りの中で、買える銘柄を物色するという流れなのであるから、これまで見向きもされなかったような銘柄が、今度は「まだ買える銘柄」として取りざたされる可能性もあるのではないかと思う。特にハイテク銘柄などが買われすぎており、買われすぎ銘柄の利益確定後に注目される次の銘柄としてハイパー(3054)をピックアップしてみた。 先週の値動きは売り飽き気分からの買い直しという雰囲気で、一目均衡表で言うところの「三役好転」となってきており、いよいよ保ち合い放れとなるかどうかというところである。3月の暴落からの立ち直りや暴落前の節目と見られる水準が600円台に見られ、ここからまた、600円台で高値を付けて、結局は保ち合いが続くという可能性もないことはないが、保ち合いが長いなかで、一目均衡表の雲や75日移動平均線のサポートをしっかりと確認したうえでの上昇と見られ、上値追いも期待される。さすがに一気に年初の高値水準まで上昇というわけにはいかないのだろうが、移動平均
0
カバー画像

相場は何も変わっていない? 日々是相場-朝刊-

0 500円
7 件中 1 - 7
有料ブログの投稿方法はこちら