絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

35 件中 1 - 35 件表示
カバー画像

事例と回答ブログ コロナ禍における鬱病 篠田等(仮名)60歳 居酒屋経営

【事例】東京都内で居酒屋を経営する篠田さん。創業して35年になる。この度のコロナ禍で、営業時間を自粛されたり、顧客が遠のき、売上が激減してしまい、更には近隣の心無い人から自粛営業を促すビラまでまかれてしまいました。この居酒屋の強みは、新鮮なお魚料理とやきとりです。また、店主の篠田さんは無類の日本酒の「通」で味を一瞬で見極められます。しかし、お客さんが遠のき、酷い時は売上がゼロの時もあります。そのせいもあって、店主の篠田さんは「鬱病」になってしまいました。事業化給付金など国からの援助や融資もおりて、資金繰り的には全然余裕ですが、篠田さんにとっては、居酒屋で自分が中心となって動き、お客さんの喜ぶ顔を見るのが生きがいで、毎日いろいろな仕入れをこしらえて、やきとり・お魚・おつまみなどを創意工夫していました。しかし、その働きができなくなってしまっては、ご自身の思考がおかしくなり目の前のことや今まで普通に出来たことが出来なくなってしまいました。お店的には、現在「休業中」にしていますが、お得意さんや近隣からは、あまり心配されていなくて、コロナが落ち着き、店主が回復したら元通りにぎやかなお店に戻ると言われてます。それは、店主の篠田さんの人柄や腕前がそのようなポジティブなイメージにつながっているのだと周囲は言います。それでも、現金を回さなくてはと。。。駅から近い利便性や学園都市でもあるので、テイクアウトのお弁当を奥さんと娘さんでまかなっています。やはりこの居酒屋のブランド力は絶大なのでお弁当の評判はとても良いです。しかし店主の篠田さんにとっては「暖簾に腕押し」状態で、まったくといっていいほど鬱状
0
カバー画像

事例と回答ブログ コロナ禍におけるひきこもり 大久保聡(仮名)40歳 イタリア料理店経営

【事例】現在、奥さんと店長、バイト2人でお店を経営しています。コロナ禍の影響で、売上は昨年の8割減になり、大久保さんは自信をなくして、うつ症状になり、家にひきこもるようになってしまいました。実質オーナー不在ではあるが、奥さんと店長が切り盛りしてなんとか現金は回り苦しい状況ではあるがお店は維持できています。給付金申請をして上限の100万円が入り当面、少しの間は継続できる状況である。家賃は12万円で、店長は30歳でおとなしく、無理を言わず、素直な人である。大久保さんの奥さんは、会計業務をメインだが、人柄が良く表に出てお客さんを盛り上げるのが上手で、ファンも多い。現在の施策としては、コロナ対策でお店の消毒をかかさず、客席も間隔を開けて対応している。また、テイクアウトでイタリア料理にこだわらず、庶民が好む定番のお弁当を展開して近所の方々に支持されている。お店の売りは、生生地で作るピザやパスタ、フィットチーネなどを材料としてシンプルな味付けで出している。また、肉の素材にこだわり、牛・豚・鶏の3種類の肉料理は大久保さん独自の仕入れルートで新鮮な素材を使い、リーズナブルの単価で提供して、週末はカップルや家族連れが多くレストランに訪れていた。しかし、オーナーの大久保さんは経営者目線で先を見過ぎてしまい、不安になり、この先どうやっていいのかわからず、誰にも相談できず、抗鬱剤と睡眠薬を服用して、療養にはいっている。大久保さんの奥さんはお店を守る使命感で運命だと気づき出来る限りのことやっている。【やっさんからの回答】まずは、オーナーである大久保さんが、どこまで動けるかだと思います。ひきこもりであって
0
カバー画像

【飲食業界必見】新たな給付金の発表!!

持続化給付金や特別定額給付金等があって、給付金の動向については皆様興味を持たれているかと思います!そんな中で新しい給付金の告知が出ていますので、ご案内します。①持続化給付金の申請期限延長1月31日までだった期限が2月15日まで延長されています。なんらかの理由で受給できるのにされていない方は期限延長申請を1月31日までに提出しておけば2月15日まで期限を延ばせるので、まだ申請されていない方は諦めず、行動してみましょう!携帯でもできるし、操作方法も記載されていますので比較的容易に申請できると思います。②緊急事態宣言の再発令に伴う支援措置不確定な部分もまだありますし、申請の方法等はまだ発表されていませんが、現在わかる範囲で記載していきます。[対象]緊急事態宣言に伴う飲食店の時短営業、外出自粛の影響により売上減少した中小企業者売上は50%以上減少していることフリーランスといった個人事業主も当てはまれば受給できます!具体的な職種は発表されていませんが・飲食店と直接・間接的に取引がある先例、農業、漁業、飲食料、割り箸、おしぼりなど飲食業に提供される財・サービスを担う企業難しく書いてありますが、飲食店と取引があって、時短営業等で今まであった取引が減って、結果売上が下がった先は使えると考えていいでしょう。・外出自粛による直接的な影響がある先例、タクシー、民泊、旅客、土産屋、観光施設これは今のところ想定となっていますが、主に観光や交通系の職業に関連した先がメインとなってくるでしょう。注意点!!緊急事態宣言が発令されていない地域は、感染者数が増加しており、営業時間短縮等の取り組みがなされ、特措法担
0
カバー画像

小規模事業者持続化補助金 『一般型』と『コロナ特別対応型』の違いは?

前回の記事では、持続化補助金と持続化給付金の違いについてご説明しました。 今回は、持続化補助金についてもっと詳しく見ていきましょう。 持続化補助金とは? 持続化補助金は、正式名称を「小規模事業者持続化補助金」と言います。 小規模事業者が行う販路開拓、生産性向上のための取組に必要な経費の一部を支援する制度で、現在「一般型」と「コロナ特別対応型」の2種類があります。 商工会や商工会議所のサポートを受けながら経営計画書や補助事業計画書などの書類を作成し、審査にかけて採択が決定されたら、補助を受けることができます。 ※2020年12月10日でコロナ型特別対応型の新規受付は締め切っております。 一般型とコロナ特別対応型の違いは? 【コロナ特別対応型】 今回の新型コロナウイルス感染症流行の影響を受け、今まで持続化補助金を申請していなかったけど挑戦してみた、という事業者の方も多いのではないでしょうか。 こちらは、新型コロナウイルス感染症によって影響を受けた事業者を対象として、それを乗り越えるための対策を講じ経営計画を作成し、その計画に沿って地道な販路開拓等に取り組むための費用を補助するものです。 コロナ特別対応型で補助を受けるには、補助対象経費の6分の1以上が以下のいずれかの要件に当てはまっている必要があります。 複数の類型に当てはまっている場合、投資額の合計額が補助対象経費の6分の1以上であれば補助対象となります。 [コロナ特別対応型 3つの類型] A サプライチェーンの毀損への対応 顧客への製品供給を継続するために必要な設備投資や製品開発を行うこと。 B 
0
カバー画像

『持続化補助金』と『持続化給付金』の違いとは?

新型コロナウィルス感染症の流行により日本国内外の経済は停滞し、苦しい状況となっている事業者の方も多くいらっしゃると思います。 政府から様々な経済支援が打ち出されていますが、「持続化給付金」と「持続化補助金」の違いが判らず、混同されてしまっている方も見受けられます。 そこで、今回の記事ではこのふたつの違いについて紹介していきます。 どちらも活用すればかなり有用ですので、ぜひ申請を検討されてください。 そもそも、「補助金」と「給付金」の違いって? 【給付金】 給付金とはその名の通り、ある一定の条件を満たした人全員に支払われるお金で、返済する必要はありません。 10万円が給付された特別定額給付金もこれに該当し、この場合の給付対象者は「令和2年4月27日において、住民基本台帳に記録されている」人で、受給権者は「その者の属する世帯の世帯主」となっていました。 つまり、令和2年4月27日までに住民基本台帳に記録があれば、誰でも10万円給付の対象となりえる、というものでした(世帯主の口座に振り込まれるため、お父さんやお母さんに回収された、というお子さんも居たみたいですが…)。 補助金は事業者の主体的な取り組みや事業計画などが必要ですが、給付金は要件を満たしていれば比較的簡単な手続きで『申請者全員』が給付金を貰えます。 【補助金】 補助金は給付金とは違い、事業者が主体的な取り組みを行っている場合に、その経費の一部を補助する制度です。 決められた予算の中で対象者を決めるので、競争が発生します。要件を満たしていても、より質のいい事業計画を策定しなければなりません。また、給
0
カバー画像

●持続化給付金・家賃支援給付金の受給資格の再検討(本年死亡による個人事業承継があったが、一旦あきらめた方へ)

 ご存知の方も多いと思いいますが、新型コロナの影響により収入が激減(特定のひと月の売上が前年の1/2以下など)した個人事業者の方に最高100万円(法人は200万円)給付するという制度が現在実施されています。 受給をするためのは幾つかのパターンがあり、それに応じた書類の提出が必要です。 私が相談をお受けした納税者の方は、次のとおりでした。1 本人(故人)は20年以上個人事業を行っていました。2 緊急事態宣言・休業要請により事業所(店舗)について、約2カ月休業(閉 鎖)しました。(その間の収入はゼロ円です。)3 そんな状況なので、「持続化給付金」の申請を視野に入れておりました。4 ところが、本年の5月中旬に本人急死してしまいました。(病気闘病中では ありましたが。)事業はそのまま妻が継承しました。(生活ができなくなる ので。)5 その時点で支給要件(申請要領)を調べると、事業承継の場合は「4月1日 までの承継で、1カ月以内の税務署への届出が必要」とされていました。6 そこで、持続化給付金事務局へ電話・LINEで尋ねたり、理由書を付けてそ のまま申請すること等を何回か繰り返しましたが、「マニュアルにはない」  して、すべて拒否されました。(担当者としては当然の対応でした。)7 それが6月中旬に、突然100万円が振り込まれたという連絡が、妻(申請 者)からありました。実情をご理解いただき、感謝でした。8 その後、6月29日版の「持続化給付金申請要領」には、「事業の承継を行 った者の死亡による事業承継である場合はこの限りでない」として、例外と して、追加されました。 同様に、「家賃支援給
0