絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

4 件中 1 - 4 件表示
カバー画像

エニアグラムから考える3つの特性、火事場のバカ力を信じるか否か?

エニアグラムをここ1年勉強してきて、自分はタイプ7(楽天家)からタイプ5(研究家)であることが分かった。それで、先月タイプ7の集まりをYoutube撮影していて、タイプ9(平和)の方の意識が飛んだ話を思い出した。 タイプ9の彼女は、強盗が家に入った時に突然真っ白になって、気づいたら撃退していたのである。 ガッツセンター(本能)は、今を生きる本能をフル活用したタイプで、8と9と1がベースとなる。 俺がその方の話を聞いた時に、「火事場のバカ力」がガッツセンターの本領発揮では? と思ったのだ。 右脳さん左脳さんを書いたネドじゅんさんは、恐らくタイプ9で彼女と同じだと考えると合点が行く。 ネドじゅんさんは、縄文時代の原始的な生活、マンモスを狩るために本能に従って行動するという話があった。 タイプ9の女性も、ネドじゅんさんもガッツセンターであり、みげか診断における「現在共感型」である。 怒りを原動力にするガッツセンターは理論でも心でもない、本能に生きる人が使える必殺技がある。それが「火事場のバカ力」であり、ヘッドセンター(未来)の自分には驚きだった。 何故なら、自分が生きてきた中でその「真っ白時間飛び」を経験したことがなく、怒りは結果を悪くする要因だと考えていたからだ。 漫画やアニメにある「冷静になれ、怒りに任せていてはいつか失敗する」という先輩の教えである。 いつも冷静である事であり、生存本能に従うことは危ないと俺は思っている。よくあるドラゴンボールやハンターハンター等、少年ジャンプものには「怒りが勝利に導く」パターンが多い。でも実際、怒りによる勝利はパワーリフティングのような、短期集
0
カバー画像

右脳と左脳とみげか3タイプ、使い方次第の現在共感型が大半だから今のようになった

前に、みげか3タイプは、相手=読者層のどれに向けるか3x3=9タイプが出てくると予言した。ネドじゅんさんの右脳さん左脳さんの本は、現在共感型のネドじゅんさんが、現在共感型で伸び悩む直感を受信できない方向けの本である。なので、図でいうと緑6割から緑6割への本なので、カバー力はある。でも大阪オカンは、残りの4割の「逆に合わない」ことへの言及は一切なかった。それはYoutube彼女は「現在共感型における最善の直感の受信方法」を伝授している、それはほぼ間違いない。そして何でも知っている1つの意識に触れて色々知っているのであれば「これら3タイプの違いやエレベーターの呼吸が悪影響を与える事」も知っているはずである。でもそれを言わないのは、不動産が千三つというように、千の言うことに真実は3つしかない事と同じ、本人を下げる(無知)を広めることはしないのである。それが利点でもあり、現在共感型の決定的な欠陥でもある。彼女がもし知っているなら、ある程度ぼかしてでも「私の呼吸は一部限定で、他の方(ここをある程度線引き)には合わない」というのを言うべきだ。これら、知識に長けた医者が無知のお客に処方する時に副作用を説明することと同じである。俺は、おなじ直感族であり、叡智も地位も名誉も手に入れた大阪オカンのネドじゅんさんなら、こんな利己に走った行動はしないだろうと信じていた。でも結局、利己に溺れたのである。善フィルタによって、ワンパンマンの神のはく奪と同じような、直感が届かない、もしくは間違ったノイズの多い結果が返ってくるようになる。彼女は恐らくそれらを知っている。でも言わない。どこぞの幸福の科学の人のよう
0
カバー画像

ネドじゅんさん、北野唯我さん、すきづきんのみげか3タイプ診断と直感の受信感度とアウトプットの違いについて

久しぶりにみげか3タイプの直感解説をする。①すきづきん 未来6現在3過去1②北野唯我 未来1現在3過去6③ネドじゅん 未来1現在7過去2今回は3名の方の3タイプ別の解説をする。①6割:現在共感型 今を感じる。左脳=慣例や保守的、論理的な先入観を意識的に抑制して、左脳=直感や言語に従って行動することで人生が良くなる 要素: 心地よさ、信じる心、幸せ感、幸福感、今現在に集中②3割:過去再現型 統計や再現性を重視した、努力と組み合わせの直感。技術的で既存の組み合わせから新しい需要を見つけ出して売り出す経営のプロ 要素: 再現性、法則性、比較、不屈、努力、守るべきもの、自尊心③1割:未来創造型 幾多の世界線の先から、自分が見えた未来のイメージに情熱をもって取り組める直感能力。 要素: 好奇心、情熱、未知を既知に俺が直感で感じた「3つの受信スタイル」。それは、今を大切にする感情重視の現在共感型、過去を大切にする努力と比較の再現の組み合わせの過去再現型、未来への情熱と好奇心の未来創造型。こう考えると、とてもしっくりくる。俺は「ネドじゅん」さんの右脳さん左脳さんの本を読んで、確かに近い部分を感じることはあった。でも違和感があった。直感のベクトルが「今」ではなく「誰も知らない未来」にドキドキワクワクできるのである。ネドじゅんさんの本は、今この時! というワードが多く、過去や未来ではないと断言している。それは、ネドじゅんさんが受信しやすいレンジであり、自分や北野唯我さんが同じように瞑想しても、受信しやすいのは違うのだと思う。敢えて統一感あるように言うが、受信している「1つの統合意識=アカシックレ
0
カバー画像

ネドじゅんさんたちが伝える、右脳と左脳の活用法!

ここ数カ月、右脳左脳って流行ってる。ジル・ボルト・テイラーさんや、エベン・エレクサンダーさんの体験から、何かしらありそうだよね!実際問題、右脳と左脳の物理的な機能がどんなものなのか、調べてみれば細かく記載されているが今回は割愛。ざっくり、右脳は直感や空間や言語で「今」が主軸、左脳は論理で「過去」が主軸だと思っている。ネドじゅんさんは、左脳が過去未来、右脳が今と言っている。でも俺は違うと思う。左脳が過去で、右脳が「今」と「未来」だ。何なら未来の情報は「右脳が作っている」のではなく「右脳で受信している」という感じだ。人によっては、「右脳も左脳も全て本人の五感の全てから作った幻影」という場合がある。ネドじゅんさんも話からすると本人のおなか? の中から右脳や意識の焦点さんの声が聞こえているので「内部」なのかもしれない。俺は、未来の情報は「本人の経験の外」から受信だと思っている。ネドじゅんさんの提示する理論を破綻させるなら、「右脳は今、左脳は過去未来」という3つの条件を崩すか、「右脳左脳を内側からすべて作っている」という条件を崩せばよい。みげか診断においては、生物の「動物的欲求=性欲食欲睡眠欲排泄欲」の次に来るかなり原始的な3タイプ特性だ。それは、男女の性差を超えるほど影響が大きいと思っている。ネドじゅんさんの場合は、今の状況と直感が大事と語っていて「過去の再現性」や「遠い未来の予言」的なモノは本や動画ではなかった。その為、未来1現在7過去2の現在共感特化と診断する。すきづきんは、未来6現在3過去1の未来創造特化と自己診断している。現在共感型の直感力というのは「浮気を見破る妻の第六感」が
0
4 件中 1 - 4
有料ブログの投稿方法はこちら