中学数学の「自学」の難しさ:教科書って難しい

記事
学び

中学数学の教科書の難しさ

私が出品するサービスの大きな目標は教科書レベルの学力の習得です。
しかし教科書を読んでいて思ったのは、
教科書は「定義」に厳密であるがゆえに
わかりにくいということです。
定義というのは厳密であり、かつ一言でたくさんの現象を説明しようとするから、言い回しはわかりにくく、しかも一言こうだと言われても、
個々の現象すべてをそれで理解するのは難しいと私は考えています。

こんな時難しい

たとえば
正負の数の逆数は、その数の絶対値の逆数にもとの符号をつけた数である
これを読むことで、できるようになることを「期待される」計算は最低でも次の通り。
①2/5→5/2、②-4/7→-7/4、
③-2→-1/2、④3→1/3、⑤1/4→4、⑥-1/5→-5
簡単な①、②に加えて
③④「整数の逆数は分子が1」、⑤⑥「分子が1なら逆数は分母の整数
ということが期待され、さらにそれを正負の符号とからめて答えられることが期待されます。
これを定義だけで思いつくというのは結構難易度が高いです。
教えられればああそんなものだな、で済むんですけどね。

まず教科書の文章を理解できる回路がない可能性

中学生くらいの成長具合では教科書を読むことがまず難しい。
教科書に出てくる単語を、大人の成長具合なら意味がわかるように並べても、中学生の言語能力ではそれを解釈する回路がまだできていないということが十分あり得ます。
ましてや定義だけ教えられても、テストで問われるところはわからない可能性があります。
定義を暗記することと、「その意味するところ」がわかることはイコールではありません。

教科書と学校授業の限界

さらにそうした「注意すべきところ」の説明が紙面の都合上省略されています
学校の授業でそれをすべて完璧にするのは難しい。
おそらく授業で最低限の解説はなされるでしょう。
しかしそれを授業時間内にすべて理解して、使いこなせる人というのはクラスの全員ではないのではないでしょうか?

学校の授業の復習と練習問題を解きましょう

学校で習った例題をきちんと理解できる状態にしておく、これがまず初歩でしょう。
そこすらあいまいでは何も身についていません。
次に教科書の章末問題や問題集の問題を解くというのが簡単な次のステップです。
そこで良質な練習問題を様々なパターンで経験するということが必要です。
私はパターン学習はある程度必要だと思います。
先に述べたように定義だけ教えてあらゆる問題が解けるというのは普通の人間には不可能です。
色々使える道具を渡されて、説明書には使い方が1パターンだけ解説されているようなものです。
あとの5パターンはどっかで身につけてね、方法は教えない。
そんな話です。

こんなとき私のサービスをご活用ください

ただ章末問題や問題集の問題は答えは載っていますが、質問ができません
本はそこに書かれている情報がすべてです。
解答にはこう書かれているけど、自分はここの意味がわからない、この解説が教科書のどことつながっているかわからない。
こういうとき質問できる人がいたら、多少は安心ではないでしょうか?

あるいは授業の復習の時の質問にこのサービスを活用できます。
授業でノートに書いた内容は、わからないなりにメモした情報でしかありません。
わかってから注意して覚えておこうという情報がノートに都合よくあるとは限りません
学校の授業で習ったところを復習しようとして、わからないことが出てきたとき、質問できる人がいると多少は安心ではないでしょうか?

というわけでそうしたところを解説していこうというのが私のサービスです。
お気軽にご相談ください。



サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す