迷宮謎解き脱出ゲームの人生

記事
コラム
私たちは頭で理解できることだけを
「知っている。分かっている。」
というのであれば、
それ
「知らない。分からない。」
と言うでしょう。

その分からないそれを知りたくて、分かりたくて、
知る旅に出ます。
その旅を終えて振り返ると、
それは確かに
自分にしかありえなかった道だと思うはず。

それは全て自分が望んで選んだものの軌跡なのだから。

それでも
「知りたい。分かりたい。」というのは、
その選択の為に必要で、
その為に
「知らない。分からない。」設定を
あえて作り出しているとも言えます。

一つ一つ思い出しながら、
辿るように。

人生は迷宮謎解き脱出ゲームのようなものなのかもしれません。
過去の成功や失敗も
次の問い(選択)の材料となるし。

そういえば
「無知の知」
というソクラテスの言葉がありましたね。
自らの無知を自覚することが真の認識に至る道であるとする、ソクラテスの真理探究への基本になる考え方。
デジタル大辞泉より

今日も、ここまで読んで頂いてありがとうございました!




サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す